20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

LDLコレステロール

ldl.gif 一般に悪玉コレステロールといわれていますが、 LDL自体はコレステロールを細胞に届ける役割を担う 重要なリポタンパクで悪さをしているわけではありません。

細胞はLDL受容体というLDLを受け取るポストを持っていて、 そこから入ってきたコレステロールを利用します。
食事からの脂肪摂取が増えると、肝臓でのコレステロール合成が盛んになり、 血液中のLDLコレステロールが増えてきます。
増えすぎると細胞が使い切れないコレステロールが 血管の内張の細胞(内皮細胞)に取り込まれます。 こうなると血管にコレステロールの塊ができて、 そこに白血球などがよってきて炎症を起こし動脈硬化が始まるのです。

血液検査でLDLコレステロールが高い人では、 このように血管壁にコレステロールがたまっている可能性が高くなり、
“要注意!”ということになります。
ですから、LDLコレステロールは悪玉コレステロールといわれているのです。

LDLとHDLの判定目安
-----------------------------------------------------
LDL 正常範囲(119以下) 要注意(120~139) 要治療(140以上)
HDL 正常範囲(40以上)  要注意(39~35)  要治療(34以下)
-----------------------------------------------------
(数値の単位は1デシリットルあたりのミリグラム)

LDLコレステロール
フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ