20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

AST、ALT、LDH、CK、γ‐GTP、などについて

通常の血液検査で、検査項目に入っている重要な酵素がいくつかあります。
AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)、
ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)、LDH(乳酸脱水素酵素)、
CK(クレアチニンキナーゼ)、
γ-GTP(ガンマグルタミールトランスペプチダーゼ)
などがよく見かける検査項目です。
全体として肝臓やその他の臓器の機能を測る上で重要な酵素ですが、
それぞれ上昇、下降に意味があり、
それらの組み合わせで病気の種類を特定していきます。

異常値マークはそれぞれの検査項目単独でつきますから、
それが心配な状態か、放っておいて良い状態かは一概には言えません。
しかし一般的には、これらの項目のうち1項目だけの
異常ならまずそれほど心配はいらないといえるでしょう。

AST、ALT、LDH、CK、γ‐GTP、などについて
フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ