20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)とALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)

AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ):かつてはGOTと呼ばれていましたが、
酵素の命名法が変わったためこの名前になりました。
肝臓以外にも心臓や筋肉にも多く存在します。
ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)かつてはGPTと呼ばれていましたが、
酵素の命名法が変わったためこの名前になりました。
主に肝臓に分布しています。

これら2つの酵素は異常値マークが付いていたら両者のバランスを見るのがよいでしょう。

酵素の値が100U/L以下の場合でAST/ALT(ASTの値をALTで割り算する)が1以上

この場合軽いアルコール性肝障害、脂肪肝が考えられます。
このときγ-GTPも100U/L以上に上がっていたらまず間違いありません。
また心臓に病気がある人(心不全)、
筋肉に異常がある人(筋ジストロフィー症など)もこのパターンとなります。

酵素の値が100U/L以下の場合でAST/ALTが1以下

この場合は慢性肝炎などの肝臓の病気を疑います。
日頃だるい、疲れやすいなどの症状もともなっているはずです。

酵素の値が100U/L~500U/Lの場合でAST/ALTが1以上

これは中等度以上のアルコール性肝炎が疑われます。
飲酒の状況を思い出してください。
またγ-GTPも上がっていないかどうか必ずみてください。

酵素の値が100U/L~500U/Lの場合でAST/ALTが1以下

心筋梗塞、筋疾患が疑われますが、このくらいの値になると胸が痛い、
だるくて動けないなど何らかのかなり強い症状があるはずです。

酵素の値が500U/L以上の場合

重症の心不全でない限り急性のウイルス性肝炎、
中毒性肝炎などが疑われますが、かなりひどい症状があるはずですので、
健康診断でこの検査結果を受け取ることはまず無いはずです。

AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)とALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)
フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

5月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ