20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

赤血球数/ヘモグロビン・ヘマトクリット

赤血球は核の無い細胞で、酸素を運ぶヘモグロビンを含んでいます。
ヘモグロビンは血色素ともいい、赤血球の中にあって酸素を運搬するタンパク質です。
ヘマトクリットは血液を毛細管に入れて遠心分離して赤血球成分の比率をいいます。
この値はほぼ赤血球の容積を示します。
これら項目のそれぞれの状態から病気かどうかを考えます。
赤血球数の減少は貧血ですが、いろいろな種類の貧血があり、原因も様々です。

多いのは赤血球数とヘモグロビン両方が減ってくる場合

鉄欠乏性貧血といって出血が慢性的に続いている場合が考えられます。
たとえば女性では月経での出血量が多い場合はこの型の貧血になります。
またヘモグロビンは鉄を中心に作られているタンパク質なので、
胃の手術などで鉄の吸収障害がある場合にも鉄欠乏性貧血となります。

赤血球数が増えている場合で多いのは脱水です。
たとえば前日に飲み過ぎで検査した場合など
赤血球数が高値で異常マークとなることがあります。
そうではなくて増えている場合は多血症といい、
症状はありませんが、血管が詰まったりすることがあるので精密検査を受けましょう。

赤血球数/ヘモグロビン・ヘマトクリット
フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

12月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ