20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

血糖値

血液中のブドウ糖の量をいいます。
通常は8時間以上何も食べない状態で測った値を空腹時血糖値といい、
これが基本になります。

正常値:100mg/dl未満

この値が126mg/dl以上になりますと糖尿病を疑うわけですが、
110mg/dl以上でメタボリックシンドローム疑いとなります。

この値が正常値でも油断できません。
食事をすると血糖値は上がりますが、
正常ですとインスリンが膵臓から出て時間がたてば血糖値は下がります。
ところがインスリン抵抗性(インスリンがたくさん出てはいるのに、働きが悪い)になりますと、
時間たっても血糖値が高いまま、ということもあります。
食後2時間のとき200mg/dl以上あるようですと、やはり糖尿病を疑います。

空腹時血糖値が低くても、
ヘモグロビンA1cという検査項目の値が高いとインスリン抵抗性を疑います。

血糖値
フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

12月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ