2008年度から健康保険組合に義務付けられる、メタボリック対策の健診も担当する「ドクター内山」が、長年の臨床や製薬企業の医療コンサルタントとしての経験を元に健康維持のための様々な情報を気軽に書き綴るブログ

タバコの依存性と治療薬のおはなし

連日、元野球選手清原の覚醒剤問題がマスコミを賑わしています。
今回はタバコに含まれるニコチンも覚醒剤に匹敵する依存症を引き起こすというお話を
したいと思います。

ご存知のとおり、タバコには煙の中に有毒物質が含まれており、
これが様々な健康被害をもたらします。
これだけなら誰もタバコなど吸わないと思いますが、一度吸ったら止められなくなるのは
タバコの煙の中に含まれるニコチンが強力な依存を誘発するからです。
ただ覚醒剤と異なり幻覚などの精神症状は出てこないので、犯罪に結びつかないことから
野放しにされていますが、本人への健康被害という面ではほぼ同じですし、
また受動喫煙を考えると他人への加害という面でも考えないといけませんね。

私がクリニックで行っている禁煙外来では、タバコが如何に健康にとって
危険なものであるかをまず説明しています。

WHOでは、
◆死亡する10人に1人はタバコが原因である、吸わない人に比べて
肺ガンになる確率は50倍とか70倍といった報告がある

◆肺ガン以外にも咽頭がん、喉頭がん、胃がん、大腸がんとほとんどすべての
がんになる確率を上げている

◆がん以外にも閉塞性肺疾患(COPD)といって肺の組織を壊して酸素交換が
できなくなる病気になる

等々、これでもかというくらいの状況証拠を示して、禁煙の方向に意識を向けます。

しかし、そのようなことを頭では理解していても吸うのを止められない人が
ほとんどではないでしょうか。
どうやらヒトの脳は、ネガティブなことは自分に当てはめた場合に割り引いてしまう
習性があるようです。

そこで最近では、逆にタバコを止めるとどんなによいことがあるのかを説明するように
していますが、その方がむしろ積極的に止めようという気になってくれるようです。

たとえば、女性で一番多いのは肌の改善です。
タバコを止めて2,3週間くらいでカサカサの乾燥肌がもちもち肌になりました、という人が
大多数です。もちろん咳や痰が多かった人は止めた途端に減ってきますし、
体に染みついたタバコ臭もなくなります。
においの感覚も戻ってきて敏感になるので、禁煙したほとんどの人は、喫煙者が
こんなに臭かったのかとびっくりしています。

よく禁煙できないのは根性がないからだ、とか意志が弱いとかいわれますが、
そんな問題ではありません。それくらいニコチンの導く依存症は強力なのです。
脳の中には、特にニコチンがくっつきやすい場所(ニコチン受容体)があり、
ここにニコチンがくっつくと、脳の中でごほうび物質が放出されます。
そうすると脳はうれしいと感じ、また脳はうれしいと感じた行動を強化するくせが
ありますので、どんどんこの喫煙という行動が強化されてしまい、最後には
止められなくなってしまうのです。

「禁煙はお医者さんと相談だ」というテレビコマーシャルをご存じですか?
最近では子供がお父さんに作文を読むというコマーシャルになっていますね。
これは、チャンピックス(一般名バレニクリン)という禁煙補助剤を医療機関での
処方薬として発売している製薬会社のコマーシャルですが、
このチャンピックスというお薬は脳の中でこのニコチンがくっつく場所を先取りして、
ニコチンがくっつかないようにしてしまうお薬なのです。

つまり、『ニコチンがくっつかない→ごほうび物質がつくられない』ため、
タバコを吸っても、脳がタバコを美味しく感じられなくなります。
それに加えてタバコを止めようという意識が後押しすれば、
脳の中で強化されたタバコを吸うという行動が弱まってくるのです。

タバコが非常に吸いたくなる時期を無事に過ぎれば徐々にタバコなしでも
いられるようになります。
この治療方法はいくつかの条件はありますが、該当すれば健康保険が使えます。

しかし、この治療法を続けられなくなる一番の原因として、副作用があります。
脳に作用するお薬のため、吐き気、便秘などの胃腸症状が出やすいのです。
副作用の出方は人により様々ですが、このため継続できなくなってしまう人もいます。
そのような人には吐き気止めなどを一緒に飲んでいただき、なるべくがんばって
継続するようにしてもらっています。
保険で認められている治療期間は12週間、3ヶ月ですが、もう少し幅広く、
柔軟性をもって使えるようになると禁煙に成功する人も増えるのではないかと思います。

東京オリンピックをひかえ、全てのレストラン等人の集まる場所を禁煙にしましょうと
いう法律案が出されようとしています。もちろん政治家の中には愛煙家の人たちも
多いので、成立するか微妙なところですが、病気の原因になることがわかっていて、
その原因となるものを禁止もしくは制限できないのはなぜなのでしょうか?!

健康被害をもたらす行動を取っていながら同じ医療保険料を払うのは、
納得できないと思うのは私だけではないでしょう。

投稿者 webmaster : 2016年2月 5日 09:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.metabo-help.com/cms/mt-tb.cgi/1904

コメント

コメントを送ってください

名前:
メールアドレス:
URL:
保存しますか?
コメント: (書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォントサイズ変更エリアここまで

プロフィール

医師、医学博士。メタボリックシンドロームに精通し、大手製薬会社にメタボ体策健康栄養指導を提供。

著作一覧

ラジオ出演履歴(2014~2017)

radio_bn.jpg2017年1月31日(火)
「ノロウィルス」と「インフルエンザ」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2016年11月29日(火)
「インフルエンザ」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2016年8月16日(火)
「夏バテ対策最新情報」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2015年10月6日(火)
「乳がん」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2015年8月18日(火)
「夏バテの時期、気を付けたい病気」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2015年3月3日(火)
「卵子凍結保存」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2015年1月13日(火)
今年1年を健康に過ごすコツ
(ベイFM78.0MHz)

過去の履歴へ>>

TV出演・メディア掲載履歴