2008年度から健康保険組合に義務付けられる、メタボリック対策の健診も担当する「ドクター内山」が、長年の臨床や製薬企業の医療コンサルタントとしての経験を元に健康維持のための様々な情報を気軽に書き綴るブログ

新型ブタインフルエンザ

ついに日本でも新型インフルエンザに感染している患者が確認された、というニュースが飛び交ったと思ったら、今日になって新型ではないことが判明したようです。しかし、高速の遠距離大量輸送が可能な時代ですから、いつ起こってもおかしくない状態です。
またタイミングが大型連休というのも最悪です。おそらく脳天気に(失礼!)海外旅行で感染国にいってもし何らかの接触があると、このウイルスは感染力は強そうですので、感染が起こります。潜伏期間が3日ほどあるので、帰国する頃にはまだ症状が出ず、空港での検疫はすり抜け、自宅に帰った頃に発症、という事態がかなり発生することが推測されます。つまり連休明けが大変になるということです。感染国への旅行を計画している人は中止することをお勧めします。

この新型ウイルスはH1N1のブタウイルスで、これが人への感染力を持つように変異したものです。H1N1型は本来それほど強い毒性を持っているわけではありませんので、なぜメキシコだけあのように死亡者がでているのか不思議です。たとえば、インフルエンザは気温の低い乾燥した時期に流行しますので、メキシコでは同じ型のヒトウイルスがあまりはやったことがなく、多くの人がH1N1の通常のウイルスに対する抗体も持っていないとか、特殊な状況があるのかもしれません。
ただこの新型ウイルスと従来のヒトのH1N1型インフルエンザの抗原性と全く違っているのか、交差反応性があるのかどうか、この辺の情報はまだ詳しくでていないようです。

どの型のウイルスであってもインフルエンザウイルスである限り、呼吸器粘膜への入り方はいっしょですので(詳細は私のインフルエンザブログを見てください)、タミフル、リレンザは有効なはずですし、実際米国ではこの両薬剤への耐性はないことが確認されています。

ただインフルエンザウイルスは変異が速いので、いつなんどきこの冬にはやったような薬剤耐性のインフルエンザウイルスがでないとも限りませんが。

ということで何はともあれ、手洗いにうがいをしっかり、また最近のマスクは高性能になって、ウイルスを除去できるレベルのものも出てきておりますから、そんなマスクを使いましょう。
日本国内でも連休明けに海外旅行組の帰国を境に患者が激増しそうですが、くれぐれもインフルエンザに感染したかと思われたら保健所に連絡して、決して電車などの人混みにでないようにしてください。
連休明け、インフルエンザにかかっているのに無理して出勤するのは絶対にやめてください。

投稿者 Dr.uchiyama : 2009年5月 1日 01:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.metabo-help.com/cms/mt-tb.cgi/605

コメント

コメントを送ってください

名前:
メールアドレス:
URL:
保存しますか?
コメント: (書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォントサイズ変更エリアここまで

プロフィール

医師、医学博士。メタボリックシンドロームに精通し、大手製薬会社にメタボ体策健康栄養指導を提供。

著作一覧

ラジオ出演履歴(2014~2017)

radio_bn.jpg2017年1月31日(火)
「ノロウィルス」と「インフルエンザ」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2016年11月29日(火)
「インフルエンザ」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2016年8月16日(火)
「夏バテ対策最新情報」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2015年10月6日(火)
「乳がん」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2015年8月18日(火)
「夏バテの時期、気を付けたい病気」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2015年3月3日(火)
「卵子凍結保存」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2015年1月13日(火)
今年1年を健康に過ごすコツ
(ベイFM78.0MHz)

過去の履歴へ>>

TV出演・メディア掲載履歴