2008年度から健康保険組合に義務付けられる、メタボリック対策の健診も担当する「ドクター内山」が、長年の臨床や製薬企業の医療コンサルタントとしての経験を元に健康維持のための様々な情報を気軽に書き綴るブログ

楽観主義者と悲観主義者?!

久しぶりにジムのサウナでの会話シリーズです。
ジムのサウナでお会いする方でパキスタン出身の方がいらっしゃいます。
この方は日本に長く住んでおられて日本語も達者です。

彼の知り合いとおぼしき30歳台後半くらいの方がサウナに入ってきました。
パキスタン人:「最近調子どう?」
日本人:「たいしたことないね」
パキスタン人:「何か悪いことでもあったの?」
日本人:「別に悪いことはないよ」
パ:「お子さんはちゃんと学校行ってる?」
日:「もちろん、ちゃんと行ってるよ」
パ:「奥さんも元気?」
日:「元気だよ」
パ:「それなら悪いことないじゃない、最高だよ」
日:「そうなのかな?」
パ:「奥さんもお子さんもあなた自身も元気で、仕事もちゃんとやっている。こんな素晴らしいことないね。最高の幸せね」
日:「そうなのかな、でももっと出世してお金稼ぎたいし・・・」
パ:「何を言ってるの!そんなこといっていたら永久に幸せになんかなれないよ」
日:「それはそうだけど・・・」
という具合で、大変興味深い会話でした。

脳科学的にいうと何でも前向きに捉える楽観主義的考え方が、健康にとってもよい作用をもたらすということがあります。脳がすべての出来事を記憶することは難しいので、そこで取捨選択が起こります。

そのとき、楽観主義者は見るもの・聞くもの・記憶するもの様々な領域で、明るい話題を選んでいるという実験結果もあります。

逆に何かにつけて悲観的なものの考え方をする悲観主義者では、見るもの・聞くもの・記憶するものは、暗い話題を選んでしまう傾向にあるということです。

楽観主義者が明るい話題だけを信じて脳天気で居るから健康だというわけではありません。明るい未来を信じていろいろと挑戦できる人が健康になれるのです。
したがってこのサウナでの会話は、日本人とパキスタン人という国による哲学の違いではないのでしょうが、いろいろ考えさせられる内容でした。

投稿者 webmaster : 2015年7月17日 11:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.metabo-help.com/cms/mt-tb.cgi/1894

コメント

コメントを送ってください

名前:
メールアドレス:
URL:
保存しますか?
コメント: (書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォントサイズ変更エリアここまで

プロフィール

医師、医学博士。メタボリックシンドロームに精通し、大手製薬会社にメタボ体策健康栄養指導を提供。

著作一覧

ラジオ出演履歴(2014~2017)

radio_bn.jpg2017年1月31日(火)
「ノロウィルス」と「インフルエンザ」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2016年11月29日(火)
「インフルエンザ」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2016年8月16日(火)
「夏バテ対策最新情報」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2015年10月6日(火)
「乳がん」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2015年8月18日(火)
「夏バテの時期、気を付けたい病気」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2015年3月3日(火)
「卵子凍結保存」について
(ベイFM78.0MHz)
radio_bn.jpg2015年1月13日(火)
今年1年を健康に過ごすコツ
(ベイFM78.0MHz)

過去の履歴へ>>

TV出演・メディア掲載履歴