20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:23件が該当しました
鮭とナスのおろし和え
鮭とナスのおろし和え

大根おろしを添えて、さっぱりめに仕上げた1品。ナスやししとうの他に、ズッキーニ、オクラなど夏野菜を代用しても美味しくいただけます。ビタミンが豊富な魚。胃腸を温めたり、血行を良くする、肩こりを解消するビタミンEや、脳細胞を活性化するDHAも多く含まれているので、疲れやすい人には、最適の食品といえます。ししとうは油を使った調理でカロテンを効率よく摂れるので、素揚げにはピッタリです。

鮭とナスのおろし和えの詳細を見る鮭とナスのおろし和えの詳細を見る

なすとズッキーニのパスタ
なすとズッキーニのパスタ

低カロリーでヘルシーな茄子とズッキーニを使ったダイエット中でもうれしいパスタです。
トマトベースのソースにも栄養がいっぱい!
トマトに含まれる赤い色素「リコピン」は抗酸化作用があるので、老化防止や
生活習慣病予防に役立ちます。
さらに、このリコピンは熱に強いので今回のようにソースにすることで
体内への吸収率がアップするというメリットもあるすぐれもの。
まとめて作って、パスタだけでなく、白身魚や鶏肉、オムレツのソースなどに幅広く活用したいソースです。
また、トマトには血圧を下げる作用のある「ルチン」も含まれていますので、メタボ予防にも効果大です。

なすとズッキーニのパスタの詳細を見るなすとズッキーニのパスタの詳細を見る

ナスのピザ風チーズ焼き
ナスのピザ風チーズ焼き

夏野菜を使ったカルシウム補強レシピ。乳製品では、牛乳・ヨーグルト・チーズなどが豊富に含まれています。カルシウム不足により「骨粗鬆症」といった健康障害になるのはもとより、そもそも歯や骨の形成をはじめ多くの生理作用に関わっている重要な栄養成分ですので、積極的に摂取することが大切ですね。

ナスのピザ風チーズ焼きの詳細を見るナスのピザ風チーズ焼きの詳細を見る

豆腐と茄子の揚げ浸し
豆腐と茄子の揚げ浸し

・季節のお野菜、小松菜やホウレン草、揚げた椎茸などもおいしい煮浸しになります。
・焼き豆腐は、木綿豆腐を硬めに製造し、それをしっかりと水分を除去してから、ガスバーナーなどで焦げ目をつけるために焼いたものを言います。良質なたんぱく質として、おでん、炒め物やすき焼き、田楽、煮物など、積極的に取り入れましょう。

豆腐と茄子の揚げ浸しの詳細を見る豆腐と茄子の揚げ浸しの詳細を見る

茄子のみょうが味噌焼き
茄子のみょうが味噌焼き

さらりとしてクセのない米油にはビタミンEやオレイン酸が豊富です。
なすは油を多く吸うので、フライパンで調理するとついつい油を追加し、カロリーが上がりがち・・・
オーブントースターならその心配もなく、焦げずに焼け、油をコントロールできます。
これからが旬のみょうがには香り成分「アルファピネン」が含まれており、
食欲促進や体温を下げる効果など、夏にうれしい効果があります。

茄子のみょうが味噌焼きの詳細を見る茄子のみょうが味噌焼きの詳細を見る

なすのオーブン焼き
なすのオーブン焼き

野菜の栄養とたんぱく質を上手に摂れるメニュー。お肉の量を控え、その分野菜を加えてあるので満腹感も得られます。オーブンで焼きっぱなしの簡単メニューなので、作る側もうれしい1品。
さらに、盛り付けの工夫で主菜にも前菜にもなるメニューです。茄子は淡色野菜なので、添える野菜は彩りもよい緑黄色野菜にすると見た目はもちろん、栄養バランスもよくなります。

なすのオーブン焼きの詳細を見るなすのオーブン焼きの詳細を見る

水茄子のバルサミコマリネ
水茄子のバルサミコマリネ

・旬の水茄子を使ったヘルシーな
簡単冷製アンティパスト。
水茄子から出る水分はきっちりふきとるとよい。
パルミジャーノ・レッジャーノ、
黒こしょうはぜひ削りたてをたっぷりかけて!
風味がいっそうひきたちます。
バルサミコ酢はお好みの量で、
シェリーヴィネガーなどもさっぱりいただけますよ。

・ハード系のチーズはビタミンB2、
カルシウムなどが豊富に含まれており、
女性の美肌作りや骨粗しょう症の予防にも最適。
もちろん、脂質も含むので食べすぎはよくありませんが、
楽しみとともに日々の食卓に取り入れたいものです。

水茄子のバルサミコマリネの詳細を見る水茄子のバルサミコマリネの詳細を見る

なすのカペリーニ 夏野菜のグリルのせ
なすのカペリーニ 夏野菜のグリルのせ

そのまま焼いて食べても十分美味しく頂けるナスですが
一手間加えたら、美味しいおソースになります。

お野菜のグリルは、
その時お家にあるものをなんでも。 
焼くことによって、お野菜そのものの甘みが増し、
美味しく頂けます。
また生野菜とは違い、身体を冷やすこともありません。 

なすのカペリーニ 夏野菜のグリルのせの詳細を見るなすのカペリーニ 夏野菜のグリルのせの詳細を見る

ナスとみょうがのピリ辛和え
ナスとみょうがのピリ辛和え

・ さっぱり辛みのあるお浸し。
塩もみしたキュウリや、キャベツ、モロヘイヤなどの葉野菜にもぴったりのマリネ液です。
冷蔵庫で味をなじませるとよりおいしくいただけます。

・ショウガには辛み成分であるジンゲロール・ ショウガオール・ジンゲロンが含まれています。
血行を促進する作用や、体を温める働きがあるほか、 新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きがあります。 またショウガの香り成分には、食欲増進の働きもあります。 薬味にたっぷりと使い、夏バテ解消に役立てましょう!


ナスとみょうがのピリ辛和えの詳細を見るナスとみょうがのピリ辛和えの詳細を見る

なすのグラタン
なすのグラタン

・なすの大部分は水分からできており、主な成分は糖質で、ビタミンとミネラルをわずかに含みます。
なすには、紫色の成分であるナスニンとポリフェノールを含んでおり、コレステロール値を下げる効果があります。
なす自体は低カロリーですが、油と相性がよく、スポンジのように吸収してしまうので、高カロリーになりがち。
カロリーが気になる場合は、焼いたり、煮ものなどにして、油は適量使うとよいでしょう。

なすのグラタンの詳細を見るなすのグラタンの詳細を見る

タコと茄子のサラダ
タコと茄子のサラダ

・タコは、アミノ酸のバランスが非常に良いいため、少ないタンパク質でも体に吸収しやすく、
血液中のコレステロール値を下げるタウリンも豊富なので血圧を下げる働きや視力低下も防ぎます。
また味覚障害に効果がある亜鉛も含まれてます。低カロリーのタコ、ダイエット中にも強い見方の食材ですね。

タコと茄子のサラダの詳細を見るタコと茄子のサラダの詳細を見る

米茄子とトマトのファルシ
米茄子とトマトのファルシ

・パルメザンチーズのコクでボリュームたっぷりの野菜の前菜。フォカッチャやバゲットなどを添えれば、ランチにもぴったりです。フィリングは水気がなくなるまで煮詰めると旨みが凝縮されます。

・夏から秋が旬の米茄子。アメリカのブラックビューティという品種を改良したもので、アメリカ産ということから米なすと呼ばれるようになったそうです。
果肉はしまっていて煮崩れしにくく、油との相性も良いので、焼き物や煮物、炒め物などに向いています。

米茄子とトマトのファルシの詳細を見る米茄子とトマトのファルシの詳細を見る

茄子とプチトマトの冷製パスタ
茄子とプチトマトの冷製パスタ

・夏の定番野菜「ナス」と「トマト」の組み合わせ!
茄子のマリネは、前日に作っておくと味がなじんでよいです。
そのままおつまみにも、カリカリのバゲットにのせたりしてもおいしくいただけます。シソの代わりにバジルも合います。パスタのソースにする場合は、味をしっかりつけるのがおいしいポイントの一つです!

茄子とプチトマトの冷製パスタの詳細を見る茄子とプチトマトの冷製パスタの詳細を見る

キュウリとなすの即席漬け
キュウリとなすの即席漬け

・キュウリは全体の90%以上が水分で、栄養素はビタミンC、カロチン、カリウムなどが含まれています。
カリウムはナトリウムの排出をうながし、利尿作用があるため腎臓の働きを助けるので、血圧を正常に保つ効果が期待できます。
しかし、含有量は低く、「世界一栄養が無い野菜」としてギネスブックに登録されるほどという面白い野菜。ただ、暑いこの時期は、水分もたっぷり、口当たりもよいもの。キュウリのビタミンCを摂取する時には、酢と一緒にとると効果的だそうです。

キュウリとなすの即席漬けの詳細を見るキュウリとなすの即席漬けの詳細を見る

なすとズッキーニのグラタン
なすとズッキーニのグラタン

・お野菜をたっぷり使い、ささみの良質なたんぱく質をプラスした夏グラタンです。
お野菜はお好みで、トマトやブロッコリーなどを加えてもおいしいです。
ホワイトソースに豆乳を使うことで、カロリーダウン。小麦粉は、具材全体にからまるくらいが目安です。弱火で焦げないように、しっかりと粉気を飛ばすのが美味しさのポイントです。

なすとズッキーニのグラタンの詳細を見るなすとズッキーニのグラタンの詳細を見る

茄子のそぼろあんかけ
茄子のそぼろあんかけ

・茄子の主な成分は糖質で、わずかにビタミンとミネラルを含む程度。
また、体を冷やす作用があり、紫色の成分であるナスニンとポリフェノールは
コレステロール値を下げる効果があります。
茄子自体は低カロリーなので、焼き茄子などはダイエット中にもおすすめの食材です。
油を吸収しやすいので、調理法により高カロリーになってしまうので注意が必要です。

茄子のそぼろあんかけの詳細を見る茄子のそぼろあんかけの詳細を見る

なすの含め煮
なすの含め煮

・お出汁や干し海老のうまみでナスを煮込んだ冷製でも温製でもおいしい一品です。
なすの紫色は赤ワインと同じポリフェノールを含んでいます。
ポリフェノールは活性酵素の働きを抑える効果があり、老化防止やガン予防によいと言われています。

なすの含め煮の詳細を見るなすの含め煮の詳細を見る

茄子の香味和え
茄子の香味和え

・いつもポン酢にたっぷりと薬味をいれることで、爽やかなソースになります。蒸し野菜やしゃぶしゃぶ、白身魚などにもぴったりのソースです。

・茄子は体を冷やす作用があり、紫色の成分であるナスニンとポリフェノールはコレステロール値を下げる効果があります。油と相性がとってもよいので、ビタミンEを含む食物油で揚げものや炒めものに調理していただくとよいですが、たっぷりと油をすってしまうため、高カロリーになりがち。茄子自体は低カロリーなので、ダイエットには焼きナスや蒸し茄子がおすすめです。

茄子の香味和えの詳細を見る茄子の香味和えの詳細を見る

揚げ茄子とイカの煮浸し
揚げ茄子とイカの煮浸し

・茄子は皮を下にして揚げると、
綺麗な色に揚げられます。割り醤油の加減は
お好みで、一味唐辛子をふったり、また、
割り醤油の代わりに酢醤油と
もみじおろしというアレンジでも
おいしくいただけますよ!

・低脂肪、低カロリー、高タンパク質のイカ、
コレステロールを下げ、疲労回復するタウリンも
豊富に含まれています。和、洋、中の
どんなお料理にも合わせやすい食材、
日々の食卓に取り入れたい食材です。

揚げ茄子とイカの煮浸しの詳細を見る揚げ茄子とイカの煮浸しの詳細を見る

茄子とかぼちゃの味噌炒め
茄子とかぼちゃの味噌炒め

・夏野菜をたっぷりと使った副菜です。生姜の千切りやシソを加えてもさっぱりとします。
オクラ、ズッキーニなどお好みの夏野菜を使ってもおいしくいただけますよ。

茄子とかぼちゃの味噌炒めの詳細を見る茄子とかぼちゃの味噌炒めの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

3月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...