20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:18件が該当しました
トマトのカルパッチョ
トマトのカルパッチョ

・「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれているほど、トマトにはさまざまな効能があります。
その中でも高血圧の予防と治療としてトマトなど、野菜に多く含まれるカリウムがあげられます。
その上、トマトは低エネルギーで、生でまるごと1個たべても約40キロカロリー。
血液の流れをよくし、脂肪の消化を助けてくれます。

トマトのカルパッチョの詳細を見るトマトのカルパッチョの詳細を見る

トマトの肉詰め焼き
トマトの肉詰め焼き

ヘルシーながらボリュームのある1品。本来は夏野菜であるトマトは、「からがを冷やす」効果があるため、焼きトマトにして「基礎代謝を上げる」効果を出しましょう。新陳代謝を良くすると言われているトマトの栄養成分であるリコピンは、生トマトで摂取した場合に比べて、焼きトマトにすることで2倍近くの吸収率に変わります。パセリは、人に必要なビタミン・ミネラルが多く含まれている代表的な緑黄色野菜。少量づつでも日常的に摂取していきたいですね。

トマトの肉詰め焼きの詳細を見るトマトの肉詰め焼きの詳細を見る

ヘルシートマト雑炊
ヘルシートマト雑炊

トマトとお出汁の組み合わせが美味しい雑炊。夏の冷房で冷えた体を温めることもできます。トマトの栄養といえば、抗酸化作用の強いリコピン。ガンや動脈硬化などの予防効果が高いことが分かっています。ヘルシーで消化も良いため、メタボパパの遅めの夕食や、小さいお子様のメニューにピッタリです。

ヘルシートマト雑炊の詳細を見るヘルシートマト雑炊の詳細を見る

トマトのさっぱりサラダ
トマトのさっぱりサラダ

さっぱりといただける夏向けのサラダ。夏バテ予防や疲労回復効果も期待できるトマトをメインに旬野菜のみょうがとおくらを加えて仕上げます。旬野菜の味を楽しめるよう、余分な調味料はカットし減塩効果も◎
みょうがの独特の香りと3種の異なる食感が食欲をそそるサラダです。

トマトのさっぱりサラダの詳細を見るトマトのさっぱりサラダの詳細を見る

プチトマトのオープンサンド
プチトマトのオープンサンド

バターを塗るかわりにしめじとプチトマトをのせ、少量のチーズで焼き上げたシンプルサンド。
黒胡椒でアクセントをつけ減塩効果も◎
1枚は具をのせずにトーストし、サンドしていただきます。プチトマト・しめじは低カロリーなのでボリュームがあるのにヘルシー!メタボが気になる、でもしっかり食べたい方にピッタリなサンドです。

プチトマトのオープンサンドの詳細を見るプチトマトのオープンサンドの詳細を見る

トマトのファルシ(きのこソテー)
トマトのファルシ(きのこソテー)

トマトに含まれる赤い色素は抗酸化作用をもつ「リコピン」
リコピンは悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の酸化を抑制してくれるメタボ予防にはかかせない栄養素の一つです。

トマトのファルシ(きのこソテー)の詳細を見るトマトのファルシ(きのこソテー)の詳細を見る

夏野菜とトマトの冷製パスタ
夏野菜とトマトの冷製パスタ

・ パスタを茹でる時は、お湯に対して1%のお塩を加えておくと、 パスタに塩味がつき、味がしまります。
冷水でしめるので、通常より1分多めに 茹で上げて、氷水で冷ますとちょうどよい
アルデンテの歯ごたえが楽しめます。
ソースと合わせる時は、 水気を十分にとることがポイントです!

・ このトマトソースは温製でも冷製でも おいしくいただけます。カジキマグロの
角切りソテーを加えたり、鶏肉やベーコン、 生ハムなどをトッピングしても。

・ トマトの赤い色はリコピンという色素によるもの。
赤色の濃いトマトほどリコピンが 多く含まれています。 リコピンには抗酸化作用があり、
老化を防ぎ、肌や皮膚を若々しく保つ美容作用、 がん予防に効果があるなど多くの働きを持っています。
トマトの栄養素は完熟した時が最も多くなると言われています。
生で食べるときは、完熟のものを選ぶとよいですね。

夏野菜とトマトの冷製パスタの詳細を見る夏野菜とトマトの冷製パスタの詳細を見る

プチトマトのマリネ
プチトマトのマリネ

そのまま頂いても美味しいプチトマトですが、一手間かけると前菜の一部になってくれます。
また、マリネ液につけこむと、酸味とトマトの甘さが引き立てあってフレッシュとは違った美味しさが広がります。

プチトマトのマリネの詳細を見るプチトマトのマリネの詳細を見る

トマトのリングイーネ
トマトのリングイーネ

・パスタはたっぷりの湯(1リットルの水対して1%の塩を加えた湯)で、茹で上げましょう。なめてみて少ししょっぱいと感じるくらいの湯がちょうどよいです。
・手軽に無塩のトマトジュースを煮詰めて作った、濃厚なトマトソースです。フレッシュのトマトも加えて、ほどよい酸味を加えます。メープルシロップを加えるとほんのり甘味がまし、ソースにコクがでます。

トマトのリングイーネの詳細を見るトマトのリングイーネの詳細を見る

ひよこ豆のトマト煮
ひよこ豆のトマト煮

トマトの爽やかな酸味にドライトマトペーストでコクを加えた
お豆たっぷりの常備菜。
カリカリに焼いたバゲットにのせてブルスケッタにしたり、
サンドイッチにしても○!

・ひよこ豆(ガルバンゾー)はたんぱく質、ビタミンB、カリウム、
食物繊維が豊富。ダイエットやメタボ予防にも有効な
 たんぱく質をもつ豆類は積極的にとりたい食材です。

・フレッシュなトマトの代わりに、
 缶詰のホールトマトを使ってもコクがでます。

・ハーブはお好みで、タイム、エストラゴンなども合います

ひよこ豆のトマト煮の詳細を見るひよこ豆のトマト煮の詳細を見る

蛸とトマトのグラタン
蛸とトマトのグラタン

・旬のトマトから旨みがじゅわっと出て、ソースいらずの夏向きの簡単グラタンです。
青シソのパン粉は覚えておくと便利!魚介類はもちろん、お肉、お野菜にもぴったりの万能香草パン粉です。

蛸とトマトのグラタンの詳細を見る蛸とトマトのグラタンの詳細を見る

トマトの酢味噌和え
トマトの酢味噌和え

・トマトは、ビタミンA、Cが豊富なほか、ビタミンH、Pといったビタミン類を多く含んでいます。ビタミンH、Pはあまり聞き慣れないビタミンですが、細胞と細胞をつなぐコラーゲンを作ったり血管を丈夫にしたりと、重要な役割をもつビタミンです。
旬の時期に生で、焼いてたっぷり日々の食卓にとりいれましょう。

トマトの酢味噌和えの詳細を見るトマトの酢味噌和えの詳細を見る

ビーフロールのトマト煮こみ
ビーフロールのトマト煮こみ

・牛肉には、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、
パントテン酸など、美容と健康に効果的なビタミンB群が
豊富に含まれています。脂肪の少ないもも肉を使って、
カロリーを抑えてたんぱく質を摂取しましょう。

・マスタードはマイユのハニーマスタードがおすすめ!
 塩気があるので、こしょうだけで下味をつけましょう。

・トマトの酸味と玉ねぎの甘さがほどよい
 おいしいソースです。ソースが余ったら、
 ショートパスタなどをからめて食べてもおいしいですよ!

・玉ねぎはゆっくり炒めて、甘味をひきだすようにするとよい。
 また、お肉を焼くときは、しっかり焼き色をつけてから
 煮込むと香ばしく、柔らかくなります。

ビーフロールのトマト煮こみの詳細を見るビーフロールのトマト煮こみの詳細を見る

トマトと三つ葉の炒め物
トマトと三つ葉の炒め物

・おいしいトマトがお店に並ぶ季節です。トマトはリコピンという成分をたっぷり含んでいます。このリコピンは、活性酸素の働きを抑制する強力な抗酸化作用があります。活性酸素は、ガンや動脈硬化などの原因となるものです。トマトの栄養成分リコピンは、これを予防する効果がとても高いといいます。
また、ビタミンCも豊富!大人もお子様も、家族みんなで生で、焼いて、煮込んでと、日々の食卓にたっぷりとりいれたいものです。

トマトと三つ葉の炒め物の詳細を見るトマトと三つ葉の炒め物の詳細を見る

トマトと卵の炒め物
トマトと卵の炒め物

炒め物にトマトを入れると思いがけず美味しい
味わいになります。
色も美しいですし、フレッシュのまま頂くよりも、
たくさん食べられます。 
お野菜は、その時にあるものを彩りよく加えて下さい。

トマトと卵の炒め物の詳細を見るトマトと卵の炒め物の詳細を見る

鶏肉と大豆のトマト煮こみ
鶏肉と大豆のトマト煮こみ

・鶏もも肉を使うことで旨みもたっぷりでますが、
脂身が気になる方は、皮をとりのぞいて使うと
カロリーダウンすることができます。
骨付きの鶏肉を使っても
コラーゲンたっぷりの煮込みになります。

・大豆は低カロリーでビタミン、ミネラル、カルシウム、
脂質、鉄分と小さいながらも栄養がいっぱい
つまっている食材。
水煮缶やドライパックを使えば簡単に調理できます。
もちろん、キドニービーンズやヒヨコ豆、
白いんげん豆などお好みの豆類を使っても
美味しくいただけます。

鶏肉と大豆のトマト煮こみの詳細を見る鶏肉と大豆のトマト煮こみの詳細を見る

トマトのサラダ
トマトのサラダ

トマトの栄養を丸ごと頂くサラダです。
にんにくがアクセントになり、しばらく置くと
本当にトマトとにんにくだけなのかしら?
という程美味しいサラダになります。 

手間がかからない分、オリーブオイルとお塩は
ちょっと奮発をして、上等なものをお勧めします。

トマトのサラダの詳細を見るトマトのサラダの詳細を見る

ミニトマトのハニーセサミ
ミニトマトのハニーセサミ

トマトが苦手なお子さんでも食べられる、野菜嫌い克服メニューです。
栄養の詰まった小さくて甘いミニトマトをデザート仕立てにして召し上がれ!

ミニトマトのハニーセサミの詳細を見るミニトマトのハニーセサミの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

9月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...