20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:11件が該当しました
生姜たっぷり水餃子鍋
生姜たっぷり水餃子鍋

餃子にもスープにも生姜をふんだんに使った体がホカホカ温まる鍋料理です。
生姜には、辛味成分が熱をだして体を芯から温めます。そして血行促進し、免疫力がアップ、新陳代謝が活発になり肌の老廃物を取り除き栄養素を届けます。その流れで、ダイエットにも効果があるまさに寒い冬にぴったりの食材です。ねぎとの食べあわせで高血圧予防や動脈硬化の予防にも期待できます。
スープは薄味ですが、好みで塩を少々いれてよいかと思います。
生姜は冷凍が出来るので、まるのまま冷凍しても「すりおろし」に便利です。

生姜たっぷり水餃子鍋の詳細を見る生姜たっぷり水餃子鍋の詳細を見る

ホットしょうが紅茶
ホットしょうが紅茶

しょうがのジャムを加えてた体を温める紅茶。
しょうがジャムの作り方はこちら>>

紅茶にはポリフェノールの1種、テアフラビンが含まれており、抗酸化作用や抗ウィルス作用があります。またしょうがには、抗菌作用や血行を良くする効果が期待できますから
合わせていただくと、冷えや風邪予防に役立ちます。
しょうがジャムの代わりに、手軽にすりおろししょうがとはちみつで代用してもOKです。

ホットしょうが紅茶の詳細を見るホットしょうが紅茶の詳細を見る

枝豆生姜ごはん
枝豆生姜ごはん

すがすがしい夏の訪れを楽しめるシンプルな混ぜご飯。豆と野菜の両方の栄養的特徴を持った緑黄色野菜で、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、食物繊維、鉄分などが豊富に含まれています。また、しょうがの辛み・香り成分には抗酸化作用があり、老化を防ぎ、がんの発生・進行を防ぐ効果がありますので、メタボパパにはぴったりなメニューですね。

枝豆生姜ごはんの詳細を見る枝豆生姜ごはんの詳細を見る

しょうがご飯
しょうがご飯

しょうがの清涼感ある香りが食欲をそそる夏にピッタリなご飯です。
しょうがは体を温める作用があることから冬のイメージがありますが、夏も是非しょうがパワーを活用したいもの。その独特の辛味成分には強い殺菌作用があり、夏に多発する食中毒予防に役立ちますし、本来の体を温める作用は冷房病対策にも効果的です。さらには血行を促進し、新陳代謝を活発化させるので、ダイエットの常備食品としてもおすすめです。
炊き上がりを寿司飯風にアレンジしたり、豚肉やごぼうなどと一緒に炊き込みご飯にしても美味しくいただけます。

しょうがご飯の詳細を見るしょうがご飯の詳細を見る

しょうが風味の肉じゃが
しょうが風味の肉じゃが

新じゃがと豚肉の肉じゃがです。寒さが残るこの季節にしょうがを加えて、体温まる1品です。新じゃがは水分が多く皮が薄いので、むかずに調理でき、皮の部分の香りも楽しめます。
エネルギーの源の炭水化物が主成分ですが、ビタミンCを豊富に含み、加熱しても壊れにくいのが特徴です。地域によって「豚肉」を「牛肉」で使うようですが、炭水化物はエネルギーに変換するのに必要な栄養素はビタミンB1で、これが不足すると、エネルギーになりきれず、疲れの素の「乳酸」に変化してしまいます。「牛肉」よりも「豚肉」の方がビタミンB1を多く含み、相性のいい食べ合わせなので、「豚肉」を使いましょう。

しょうが風味の肉じゃがの詳細を見るしょうが風味の肉じゃがの詳細を見る

しょうが昆布
しょうが昆布

えごま油はα-リノレン酸が豊富。
このα-リノレン酸は体内で合成されないので、
食品から摂らなくてはなりません。
細胞の活性化に役立つ必須脂肪酸でもあるので、
上手にお料理に活用しましょう。

噛み応えのある切り昆布と昆布茶のダブル使いで
昆布のうまみを楽しめる1品です。

しょうが昆布の詳細を見るしょうが昆布の詳細を見る

新しょうがの甘酢漬け
新しょうがの甘酢漬け

新生姜の美味しい時期には、保存ができる甘酢漬けにしましょう。簡単に出来て、箸休めの1品にピッタリです。しょうがの辛み成分ジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロンには血行を促進する作用や、体を温める働きがあるほか、新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きがあり、健康増進、美容促進、ダイエットに、また血の巡りが悪い方におすすめの食材です。

新しょうがの甘酢漬けの詳細を見る新しょうがの甘酢漬けの詳細を見る

鶏ムネ肉のしょうが南蛮
鶏ムネ肉のしょうが南蛮

万能調味料のしょうがのジャムを使ったメインのお料理。
しょうがと唐辛子のW効果で体を温めてくれる1品。鶏ムネ肉を使て皮を取り除き、油で揚げずにこんがり焼けば、カロリーも抑えられるので、ダイエッターには嬉しい1品。唐辛子の主成分であるカプサイシンは、食欲増進作用があり、アドレナリンの分泌を促してくれるので、エネルギーの代謝がUPして血行が良くなり、体を温めてくれます。

鶏ムネ肉のしょうが南蛮の詳細を見る鶏ムネ肉のしょうが南蛮の詳細を見る

しょうがの卵かけご飯
しょうがの卵かけご飯

さくさくした食感が新鮮なしょうがつけの生姜をかけた卵かけご飯。しょうゆつけの生姜を常備しておけば、忙しい朝にもかけるだけで美味しく、栄養を摂取することができます。しょうゆ代わりに使っていただけますので、焼き魚にかけたり、お豆腐にかけたり万能調味料としてご利用ください。清潔な保存瓶に詰めておけば、冷蔵庫で1、2ヵ月保存できます。

しょうがの卵かけご飯の詳細を見るしょうがの卵かけご飯の詳細を見る

お豆のしょうがスープ
お豆のしょうがスープ

缶詰があれば簡単にできる優しい味のスープ。豆に含まれる良質なたんぱく質と消化にもよいスープは、朝食にはもちろん、お弁当にもいかがでしょうか。しょうがと温かい料理のW効果ですぐに体が温まってきます。お好みでパルメザンチーズなどをふりかけても美味しくいただけます。セロリやパセリなど香味野菜を加えても美味しくいただけますので、冷蔵庫に余っているお野菜を加えてみてください。

お豆のしょうがスープの詳細を見るお豆のしょうがスープの詳細を見る

しょうがのジャム
しょうがのジャム

しょうがを手軽においしく食べることができる「しょうがの素」。飲み物に入れたり、お料理にかけたり、混ぜたりするだけであっという間に1日分のしょうが(8~10g)を摂取できます。少量使えば、体が温まるのはもちろんのこと、魚や肉の臭みを消したり、脂質の酸化を防止するなど効果もたくさん。常備しておけば、毎日の食事の中に簡単に取り入れられます。

しょうがのジャムの詳細を見るしょうがのジャムの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

3月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...