20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:73件が該当しました
ひじき入りだし巻きたまご
ひじき入りだし巻きたまご

ひじきはカルシウムが豊富であり牛乳の約12倍!!
鉄分の不足は冷え性・肩や首筋のこり、悪性貧血の原因にもなるので、日常の食卓でひじきの栄養をしっかり摂っておきたいです。
そして、約半分が食物繊維であることから、肥満予防効果も期待できます。
育ち盛りのお子様やメタボ気味のお父様、妊婦の方や、授乳婦さんにもぜお勧めしたい1品です。

ひじき入りだし巻きたまごの詳細を見るひじき入りだし巻きたまごの詳細を見る

レーズン入りバナナジャム
レーズン入りバナナジャム

バナナはそのまま食べも美味しいですが、調理をすれば保存もきき、さらに美味しくいただけることも。
バナナはポリフェノールによる抗酸化作用は果物、野菜の中でトップクラス。免疫力を高める効果も期待されます。冷やしすぎると傷みやすいので常温で保存しましょう。

レーズン入りバナナジャムの詳細を見るレーズン入りバナナジャムの詳細を見る

ヘルシー鶏塩つくね
ヘルシー鶏塩つくね

さっぱり味の鶏塩つくねは、角切りにんじんやきのこを入れてさらにボリュームアップ!あっさり味ですが、コリコリとした食感なので、メタボなお父さんのお酒のおつまみにも満足いただけます。さらにオーブントースターで焼くことで、調理時に出る油をカットでき、カロリーはぐんと抑えられます。

ヘルシー鶏塩つくねの詳細を見るヘルシー鶏塩つくねの詳細を見る

さけとちりめんじゃこのふりかけ
さけとちりめんじゃこのふりかけ

お子様の成長や女性に必要なカルシウム。
そのカルシウムをたっぷりのちりめんじゃこに加え、カルシウムの吸収を促進するビタミンD が豊富に含まれる鮭を使ったふりかけは、常備菜にも、お弁当のおかずにもピッタリです。生活習慣病やガン予防のためには、日常的に免疫力を高めることが有効。そのためには「抗酸化力」をつけるライフワークを実現していきたいですね。
ちりめんじゃこは軽く洗って塩けを少し落とすと、さけの塩けとなじみやすくなって、口当たりも柔らかくなります。

さけとちりめんじゃこのふりかけの詳細を見るさけとちりめんじゃこのふりかけの詳細を見る

あっさりすき焼き丼
あっさりすき焼き丼

すき焼きは、鍋料理の中でも人気の鍋メニューの一つですが、ダイエット中の方に取っては、避けてしまうメニューの1つではないでしょうか。牛肉は、脂肪が少ない赤身のもも肉にすると、普段よりも低エネルギーにすることができますため、しゃぶしゃぶやすき焼きには選んでほしい部位の1つです。

あっさりすき焼き丼の詳細を見るあっさりすき焼き丼の詳細を見る

いわしとナッツのシンプルパスタ
いわしとナッツのシンプルパスタ

イワシには脂肪酸のDHAやEPAが特に豊富で、頭の働きをよくする効果が期待されます。ただ、その脂肪酸は酸化しやすいため、ビタミンEを補給するためにカシューナッツなどのナッツ類で補いましょう。イワシの香ばしさとプチトマトの酸味、カシューナッツの食感を楽しめる満腹感ある1品です。

いわしとナッツのシンプルパスタの詳細を見るいわしとナッツのシンプルパスタの詳細を見る

キャロット&パセリエッグ
キャロット&パセリエッグ

にんじんの甘みを活かしたシンプルな卵焼きを添えた朝食メニュー。野菜嫌いなお子様もにんじんの甘みをしっかり出せば、美味しくいただけます。パセリは栄養が凝縮された万能選手!飾りにつかわれることが多いですが、ぜひ調理に利用してほしいお野菜です。

キャロット&パセリエッグの詳細を見るキャロット&パセリエッグの詳細を見る

まぐろのカリフォルニア風サラダ
まぐろのカリフォルニア風サラダ

暑い日は、火を使わずに簡単にお料理したい。そんなときのおすすめ栄養満点レシピです。
香味野菜をたっぷり使ったメニューは、風味が出て食欲をそそる1品になります。
まぐろは、脳の機能を高め、学習・記憶能力の向上や痴呆症の予防にもなるDHA(ドコサヘキサエン酸)の含有量が魚の中でもトップ。アボカドは、時間が経つととどんどん色が黒ずんでくるので、レモン汁をふりかけますが、ない場合は、食べる直前に切って盛り付けましょう。

まぐろのカリフォルニア風サラダの詳細を見るまぐろのカリフォルニア風サラダの詳細を見る

ごぼうハンバーグロコモコ丼
ごぼうハンバーグロコモコ丼

ごぼうのささがきがたっぷり入ったお肉に負けないボリュームのハンバーグを彩り豊かなロコモコ丼にしてみました。
お肉の代わりに木綿豆腐を使うことでカロリーを抑えています。
ごぼうに含まれる食物繊維は、便秘解消、整腸、発がん性物質の排除などに効果的。血糖値の上昇を抑制する働きもありますので、メタボ対策にもバッチリ!
よく噛んで食べることが大切なお子様にも、お昼ご飯にいかがでしょうか。ごぼうは水にさらすとうまみも出てしまうので、そのままささがきにして調理しましょう。

ごぼうハンバーグロコモコ丼の詳細を見るごぼうハンバーグロコモコ丼の詳細を見る

ロースハムとキャベツの米粉焼き
ロースハムとキャベツの米粉焼き

小麦アレルギーの方の代替品として利用することができる米粉。小麦粉はパンや菓子だけでなく、麺類や天ぷらなどの衣など広範囲で使われているので米粉を代用することで、バラエティに富んだ食事を楽しむことができますね。また、食べた感じが軽いのが米粉で焼いたときの特徴です。ダイエットにぴったりなお野菜のキャベツでお試しください。

ロースハムとキャベツの米粉焼きの詳細を見るロースハムとキャベツの米粉焼きの詳細を見る

サーディンのココット
サーディンのココット

オイルサーディンとは、頭や内臓を除いて軽く塩漬けしたいわしを油漬けしたものです。カルシウム含有量が高く、「姿勢を良くする」「お子様の背をのばす」「ストレス、イライラを和らげる」などに効果的。手軽に使える缶詰クッキングをマスターしておけば、「もう1品加えたい」という時にも重宝してくれますね。

サーディンのココットの詳細を見るサーディンのココットの詳細を見る

ナスとズッキーニのアンチョビピザ
ナスとズッキーニのアンチョビピザ

6月~8月が旬の夏野菜、ズッキーニ。オリーブ油との相性が良く、一緒に炒めるとカロテンの吸収率が高まり、免疫力アップが期待できます。さらにナスと一緒にいただくと、肥満防止や糖尿病予防の効果も期待できる食べ合わせ◎のコンビ。じゃことチーズでカルシウムも強化されますので、メタボパパからお子様までピッタリのメニューです。

ナスとズッキーニのアンチョビピザの詳細を見るナスとズッキーニのアンチョビピザの詳細を見る

さば缶のトマトトースト
さば缶のトマトトースト

保存食の役割もある缶詰のアレンジレシピ。簡単に作れ、忙しい朝にも簡単にいただけます。
さばは、カルシウムも豊富で、おなじみのEPAやDHAも豊富に含まれ、さらにビタミンB2は青魚の中で最も多く含まれていますので、美肌効果や動脈硬化の予防、老化防止に役立ちます。
トマトやパセリのビタミン、茹で卵のたんぱく質も一緒に摂取し、簡単で栄養バランスの取れた朝食をいただきましょう。

さば缶のトマトトーストの詳細を見るさば缶のトマトトーストの詳細を見る

ツナマヨのレタス包み
ツナマヨのレタス包み

熱々のご飯に大人気のツナツナマヨをまぜ、残っているサラダ菜で包むと、見た目も可愛らしい1品になります。マヨネーズを使いすぎるとカロリーオーバーとなるため、ひと工夫を。ツナは開封した缶のふたを押さえながら、汁けをしっかり切って使いましょう。

ツナマヨのレタス包みの詳細を見るツナマヨのレタス包みの詳細を見る

鶏と野菜のグリル丼
鶏と野菜のグリル丼

肉のかわりに食べ応えのある野菜を増やし、油を使わないグリル丼。
「子供の肥満予防」に役立つメニューです。
作り手のお母さんにもうれしい漬け込むだけの手間無しメニュー!
多めに作ってお弁当の1品にも・・・

鶏と野菜のグリル丼の詳細を見る鶏と野菜のグリル丼の詳細を見る

とろ~りかき玉汁
とろ~りかき玉汁

卵は記憶力を鍛える食材のひとつ。
これにβ-カロテンやカルシウム豊富な青梗菜を加えれば「無敵のスープ」に・・・
ごま油と一緒に調理することで青梗菜の栄養も効率よく摂取でき、
片栗粉を2度使いすることで食感もよく仕上げます。

とろ~りかき玉汁の詳細を見るとろ~りかき玉汁の詳細を見る

洋風コーン茶碗蒸し
洋風コーン茶碗蒸し

「完全栄養食」である卵を使った茶碗蒸しにコーンを加え、
コンソメ風味の洋風仕立てに・・・お子さんも喜ぶメニューです。
豆乳を加えて蒸しあげるので、ダイエットや美肌効果もある、お母さんにもうれしい1品です。

洋風コーン茶碗蒸しの詳細を見る洋風コーン茶碗蒸しの詳細を見る

グリーンピースとじゃこのチーズトースト
グリーンピースとじゃこのチーズトースト

グリーンピースは、豊富な食物繊維が含まれ、体を内側からキレイにしてくれる効果が期待できます。筋は、ヘタの部分を折って片側の筋を取り、反対側の花落ち部分をつまんで取りましょう。風味を損なわないように乾燥を防いで保存しましょう。
じゃこはおなじみのカルシウムが豊富!メタボパパやお子様の朝食を少し栄養価をプラスしていただきましょう。

グリーンピースとじゃこのチーズトーストの詳細を見るグリーンピースとじゃこのチーズトーストの詳細を見る

メープルバナナシェイク
メープルバナナシェイク

食べきれなくなったバナナはスライスして冷凍しておき、すぐに作れる栄養ドリンクです。
バナナは、大腸で善玉菌の栄養になるオリゴ糖も豊富に含まれているので、腸内環境の改善の効果もあります。また抗酸化力は、果物の中でもトップクラス。牛乳のカルシウムをプラスして、老若男女全ての方に食べていただきたい1品です。
メープルシロップの代用は、はちみつ、お砂糖をご利用ください。

メープルバナナシェイクの詳細を見るメープルバナナシェイクの詳細を見る

ぶりの照り焼き 野菜酢のせ
ぶりの照り焼き 野菜酢のせ

ついついご飯がすすんでしまう定番メニュー「ぶりてり」
たっぷり野菜と酢を合わせれば、栄養豊富&ご飯控えめでさっぱりといただけます。
晩酌のお供にもおススメです。

ぶりの照り焼き 野菜酢のせの詳細を見るぶりの照り焼き 野菜酢のせの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

11月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...