20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:73件が該当しました
きな粉とバナナのハニートースト
きな粉とバナナのハニートースト

栄養たっぷりで朝食にぴったりのトースト。バナナは歯ごたえもあり、咀嚼が増えると満腹感の増加される上に、消化能力が低くなりがちな午前中の胃腸の負担を最小限に抑え、胃腸の機能を回復させます。きな粉も同様に栄養価も高く、消化も良いので、お子様や高齢者の方に食べていただきやすいメニューです。

きな粉とバナナのハニートーストの詳細を見るきな粉とバナナのハニートーストの詳細を見る

あさりとプチトマトのグリル
あさりとプチトマトのグリル

利用法が多い貝の1つあさり。あさりには、タウリンは血圧の上昇抑制やコレステロールの低下、血糖値の低下などに有効な栄養成分が含まれている他、カルシウム、鉄分、亜鉛などミネラル、ビタミンも多く含まれています。
加熱したときに汁が出ますが、この汁にはうまみと栄養素がタップリ含まれていますので、バケットなどと一緒に汁ごといただきましょう。あさりが最も美味しい時期は早春~初夏。栄養価も高いので、この時期に美味しくいただきたいですね。

あさりとプチトマトのグリルの詳細を見るあさりとプチトマトのグリルの詳細を見る

ししゃものチーズ焼き
ししゃものチーズ焼き

酒の肴にポピュラーなししゃもは丸ごと食べられるため大変バランスの良い食品です。特に子持ちししゃもはたんぱく質やカルシウムに加えてビタミンAやB2も豊富に含まれており粘膜を強くしたり、免疫機能を調整する効果があります。動脈硬化やさまざまな生活習慣病の予防にも効果があります。
カルシウム素材の最強コンビ、骨量をアップしたい方におすすめの1品です。

ししゃものチーズ焼きの詳細を見るししゃものチーズ焼きの詳細を見る

きな粉ボーロ
きな粉ボーロ

幼い頃に口にした乳ボーロは、懐かしい日本の味として定着しています。 洋風クッキーよりもバターの配合量が少ないので、カロリーが気になる方やお子様のおやつにもおすすめです。 きなこは大豆をじっくりと炒り上げ粉状したもの。香ばしい香りが美味しく、大豆サポニン、大豆イソフラボンなどの大豆の成分を手軽にとれるので、健康食品として幅広く利用されています。きな粉を入れて"和風"のボーロをお楽しみください。

きな粉ボーロの詳細を見るきな粉ボーロの詳細を見る

カニかまサラダのオープンサンド
カニかまサラダのオープンサンド

手軽に作れるオープンサンドは、お子様の朝食やランチにピッタリ。ほうれん草は軽く水で洗ってからレンジでチンして、すぐに冷水にとって冷ますとアク抜きできますので、茹でるより楽に調理ができます。マヨネーズはヨーグルトを使うことで少量に抑えることができてカロリーカットに。ツナやコーンなどお子様がお好きな食材を使ってアレンジしてみてください。

カニかまサラダのオープンサンドの詳細を見るカニかまサラダのオープンサンドの詳細を見る

ジャーマンカレートースト
ジャーマンカレートースト

じゃがいもとよく合うカレー風味はお子様からお父様まで大好きな1品。お弁当やお手軽ブランチにいかがでしょうか。電子レンジで調理することで、スピーディーに仕上がります。マヨネーズの代用に牛乳とお酢を加えてカロリーOFFに。じゃがいもに含まれるビタミンCの損失を防ぐには茹でてから皮をむいて調理するとよいでしょう。

ジャーマンカレートーストの詳細を見るジャーマンカレートーストの詳細を見る

キャロット&パセリエッグ
キャロット&パセリエッグ

にんじんの甘みを活かしたシンプルな卵焼きを添えた朝食メニュー。野菜嫌いなお子様もにんじんの甘みをしっかり出せば、美味しくいただけます。パセリは栄養が凝縮された万能選手!飾りにつかわれることが多いですが、ぜひ調理に利用してほしいお野菜です。

キャロット&パセリエッグの詳細を見るキャロット&パセリエッグの詳細を見る

ヘルシー鶏塩つくね
ヘルシー鶏塩つくね

さっぱり味の鶏塩つくねは、角切りにんじんやきのこを入れてさらにボリュームアップ!あっさり味ですが、コリコリとした食感なので、メタボなお父さんのお酒のおつまみにも満足いただけます。さらにオーブントースターで焼くことで、調理時に出る油をカットでき、カロリーはぐんと抑えられます。

ヘルシー鶏塩つくねの詳細を見るヘルシー鶏塩つくねの詳細を見る

さば缶のトマトトースト
さば缶のトマトトースト

保存食の役割もある缶詰のアレンジレシピ。簡単に作れ、忙しい朝にも簡単にいただけます。
さばは、カルシウムも豊富で、おなじみのEPAやDHAも豊富に含まれ、さらにビタミンB2は青魚の中で最も多く含まれていますので、美肌効果や動脈硬化の予防、老化防止に役立ちます。
トマトやパセリのビタミン、茹で卵のたんぱく質も一緒に摂取し、簡単で栄養バランスの取れた朝食をいただきましょう。

さば缶のトマトトーストの詳細を見るさば缶のトマトトーストの詳細を見る

ナスとズッキーニのアンチョビピザ
ナスとズッキーニのアンチョビピザ

6月~8月が旬の夏野菜、ズッキーニ。オリーブ油との相性が良く、一緒に炒めるとカロテンの吸収率が高まり、免疫力アップが期待できます。さらにナスと一緒にいただくと、肥満防止や糖尿病予防の効果も期待できる食べ合わせ◎のコンビ。じゃことチーズでカルシウムも強化されますので、メタボパパからお子様までピッタリのメニューです。

ナスとズッキーニのアンチョビピザの詳細を見るナスとズッキーニのアンチョビピザの詳細を見る

ツナマヨのレタス包み
ツナマヨのレタス包み

熱々のご飯に大人気のツナツナマヨをまぜ、残っているサラダ菜で包むと、見た目も可愛らしい1品になります。マヨネーズを使いすぎるとカロリーオーバーとなるため、ひと工夫を。ツナは開封した缶のふたを押さえながら、汁けをしっかり切って使いましょう。

ツナマヨのレタス包みの詳細を見るツナマヨのレタス包みの詳細を見る

さっぱりネギ肉巻き
さっぱりネギ肉巻き

冬の甘いネギだからおいしい1品。ネギの白い部分は加熱すると甘くておいしくなり、辛みと香りのもとは硫化アリルを含み、消化液を分泌して食欲増進の働きがあります。
豚肉は疲労回復に効果的で、筋肉に溜まっている疲労物質「乳酸」を取り除いてくれます。又、脳の働きを活発にさせるビタミンB12 も豊富に含んでくれるので、体が疲れている人、頭(脳)が疲れている人にうれしい食材です。ロース肉は脂肪が適度に含んでいる部位ですが、牛肉と同じ部位に比べるとカロリーはやや低いので、ダイエット中にはおすすめです。

さっぱりネギ肉巻きの詳細を見るさっぱりネギ肉巻きの詳細を見る

ひじき入りだし巻きたまご
ひじき入りだし巻きたまご

ひじきはカルシウムが豊富であり牛乳の約12倍!!
鉄分の不足は冷え性・肩や首筋のこり、悪性貧血の原因にもなるので、日常の食卓でひじきの栄養をしっかり摂っておきたいです。
そして、約半分が食物繊維であることから、肥満予防効果も期待できます。
育ち盛りのお子様やメタボ気味のお父様、妊婦の方や、授乳婦さんにもぜお勧めしたい1品です。

ひじき入りだし巻きたまごの詳細を見るひじき入りだし巻きたまごの詳細を見る

レーズン入りバナナジャム
レーズン入りバナナジャム

バナナはそのまま食べも美味しいですが、調理をすれば保存もきき、さらに美味しくいただけることも。
バナナはポリフェノールによる抗酸化作用は果物、野菜の中でトップクラス。免疫力を高める効果も期待されます。冷やしすぎると傷みやすいので常温で保存しましょう。

レーズン入りバナナジャムの詳細を見るレーズン入りバナナジャムの詳細を見る

さけとちりめんじゃこのふりかけ
さけとちりめんじゃこのふりかけ

お子様の成長や女性に必要なカルシウム。
そのカルシウムをたっぷりのちりめんじゃこに加え、カルシウムの吸収を促進するビタミンD が豊富に含まれる鮭を使ったふりかけは、常備菜にも、お弁当のおかずにもピッタリです。生活習慣病やガン予防のためには、日常的に免疫力を高めることが有効。そのためには「抗酸化力」をつけるライフワークを実現していきたいですね。
ちりめんじゃこは軽く洗って塩けを少し落とすと、さけの塩けとなじみやすくなって、口当たりも柔らかくなります。

さけとちりめんじゃこのふりかけの詳細を見るさけとちりめんじゃこのふりかけの詳細を見る

あっさりすき焼き丼
あっさりすき焼き丼

すき焼きは、鍋料理の中でも人気の鍋メニューの一つですが、ダイエット中の方に取っては、避けてしまうメニューの1つではないでしょうか。牛肉は、脂肪が少ない赤身のもも肉にすると、普段よりも低エネルギーにすることができますため、しゃぶしゃぶやすき焼きには選んでほしい部位の1つです。

あっさりすき焼き丼の詳細を見るあっさりすき焼き丼の詳細を見る

いわしとナッツのシンプルパスタ
いわしとナッツのシンプルパスタ

イワシには脂肪酸のDHAやEPAが特に豊富で、頭の働きをよくする効果が期待されます。ただ、その脂肪酸は酸化しやすいため、ビタミンEを補給するためにカシューナッツなどのナッツ類で補いましょう。イワシの香ばしさとプチトマトの酸味、カシューナッツの食感を楽しめる満腹感ある1品です。

いわしとナッツのシンプルパスタの詳細を見るいわしとナッツのシンプルパスタの詳細を見る

まぐろのカリフォルニア風サラダ
まぐろのカリフォルニア風サラダ

暑い日は、火を使わずに簡単にお料理したい。そんなときのおすすめ栄養満点レシピです。
香味野菜をたっぷり使ったメニューは、風味が出て食欲をそそる1品になります。
まぐろは、脳の機能を高め、学習・記憶能力の向上や痴呆症の予防にもなるDHA(ドコサヘキサエン酸)の含有量が魚の中でもトップ。アボカドは、時間が経つととどんどん色が黒ずんでくるので、レモン汁をふりかけますが、ない場合は、食べる直前に切って盛り付けましょう。

まぐろのカリフォルニア風サラダの詳細を見るまぐろのカリフォルニア風サラダの詳細を見る

ごぼうハンバーグロコモコ丼
ごぼうハンバーグロコモコ丼

ごぼうのささがきがたっぷり入ったお肉に負けないボリュームのハンバーグを彩り豊かなロコモコ丼にしてみました。
お肉の代わりに木綿豆腐を使うことでカロリーを抑えています。
ごぼうに含まれる食物繊維は、便秘解消、整腸、発がん性物質の排除などに効果的。血糖値の上昇を抑制する働きもありますので、メタボ対策にもバッチリ!
よく噛んで食べることが大切なお子様にも、お昼ご飯にいかがでしょうか。ごぼうは水にさらすとうまみも出てしまうので、そのままささがきにして調理しましょう。

ごぼうハンバーグロコモコ丼の詳細を見るごぼうハンバーグロコモコ丼の詳細を見る

ロースハムとキャベツの米粉焼き
ロースハムとキャベツの米粉焼き

小麦アレルギーの方の代替品として利用することができる米粉。小麦粉はパンや菓子だけでなく、麺類や天ぷらなどの衣など広範囲で使われているので米粉を代用することで、バラエティに富んだ食事を楽しむことができますね。また、食べた感じが軽いのが米粉で焼いたときの特徴です。ダイエットにぴったりなお野菜のキャベツでお試しください。

ロースハムとキャベツの米粉焼きの詳細を見るロースハムとキャベツの米粉焼きの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...