20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:73件が該当しました
ジャーマンカレートースト
ジャーマンカレートースト

じゃがいもとよく合うカレー風味はお子様からお父様まで大好きな1品。お弁当やお手軽ブランチにいかがでしょうか。電子レンジで調理することで、スピーディーに仕上がります。マヨネーズの代用に牛乳とお酢を加えてカロリーOFFに。じゃがいもに含まれるビタミンCの損失を防ぐには茹でてから皮をむいて調理するとよいでしょう。

ジャーマンカレートーストの詳細を見るジャーマンカレートーストの詳細を見る

きな粉とバナナのハニートースト
きな粉とバナナのハニートースト

栄養たっぷりで朝食にぴったりのトースト。バナナは歯ごたえもあり、咀嚼が増えると満腹感の増加される上に、消化能力が低くなりがちな午前中の胃腸の負担を最小限に抑え、胃腸の機能を回復させます。きな粉も同様に栄養価も高く、消化も良いので、お子様や高齢者の方に食べていただきやすいメニューです。

きな粉とバナナのハニートーストの詳細を見るきな粉とバナナのハニートーストの詳細を見る

七夕ちらし寿司
七夕ちらし寿司

老若男女問わず、みんな大好きなうなぎ。具だくさんのちらしずしは、美味しくて、見た目にも華やかですので、お子様の偏りがちな食事から味覚や健康を守るためにも、ぜひ取り入れたいメニューです。うなぎは、夏バテ解消の疲労回復の効果や、皮膚などを健康に維持する美容効果、脳卒中の予防、口内炎、丈夫な骨の維持、高血圧の予防などさまざまな効果があります。食材としてごちそう感がありますので、ホームパーティーのメニューとしても便利ですね。

七夕ちらし寿司の詳細を見る七夕ちらし寿司の詳細を見る

さんまのしょうが煮
さんまのしょうが煮

・圧力鍋で骨ごと食べられるさんまの煮もの。
 圧力鍋はお使いになるものによって加圧時間や 放置時間が異なります。表示通りに加圧してください。 短時間で、骨まで柔らかくなるので、 カルシウムもたっぷり摂取でき、お子様やお年寄りにも安心していただけます。

さんまのしょうが煮の詳細を見るさんまのしょうが煮の詳細を見る

ひとくちロールサンド
ひとくちロールサンド

見た目も可愛らしいひとくちサイズのロールサンドは、大人の方はもちろん、お子様も喜んで食べていただけます。卵の代わりにウィンナーやハムを巻いたり、いちごジャムの代わりにチョコクリームを挟んでもOKとアレンジもたくさんありますね。ご家族で一緒に作られても楽しいですね。

ひとくちロールサンドの詳細を見るひとくちロールサンドの詳細を見る

さんまご飯
さんまご飯

手間をかけずに簡単旬の炊き込みごはん風。
さんまには魚の油脂成分DHAが豊富です。
脳の機能を維持し、頭をよくするといわれるDHA、受験生の強い味方です。

さんまご飯の詳細を見るさんまご飯の詳細を見る

トマトのファルシ(きのこソテー)
トマトのファルシ(きのこソテー)

トマトに含まれる赤い色素は抗酸化作用をもつ「リコピン」
リコピンは悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の酸化を抑制してくれるメタボ予防にはかかせない栄養素の一つです。

トマトのファルシ(きのこソテー)の詳細を見るトマトのファルシ(きのこソテー)の詳細を見る

スティック野菜&コーンディップ 
スティック野菜&コーンディップ 

色々な野菜で楽しめるアレンジ豊富な野菜料理。今回はパプリカとセロリですが、おなじみの胡瓜やにんじん、大根などでも美味しくいただけます。コーン本来の甘さが引き立つディップなので、野菜嫌いのお子様にも召し上がっていただきやすい1品。生でいただくので、パプリカなど熱に弱いビタミンcを多く含む野菜を積極的にとるのに適したメニューです。

スティック野菜&コーンディップ の詳細を見るスティック野菜&コーンディップ の詳細を見る

青汁フレンチトースト
青汁フレンチトースト

日常の野菜不足を補うだけでなく、便秘やむくみの解消にも一役かってくれる青汁は、アンチエイジングや美肌効果もあります。
トマトのさっぱりしたソースと一緒に食べると、苦みもなくいただけますので、お子様の朝食にもピッタリ。
牛乳の代わりに豆乳を使ったり、はちみつの代わりに砂糖を使ったりと、お好みでアレンジしてみてください。

青汁フレンチトーストの詳細を見る青汁フレンチトーストの詳細を見る

小魚とだいこんの酢の物
小魚とだいこんの酢の物

・ いわしは学習能力や視力を高めるDHA、血液がサラサラになるEPA、またカルシウムを多く含んでいます。
丸干しにする事によって 生魚よりカルシウムの含有率が高くなり、抜群の栄養食となります。 お子様やお年寄りの方にも積極的にとってほしい食材です。

小魚とだいこんの酢の物の詳細を見る小魚とだいこんの酢の物の詳細を見る

まめ鯵の南蛮漬け
まめ鯵の南蛮漬け

・さっぱりと辛味がきいた南蛮漬け。
半日以上漬け込むと味が良くしみ込んで
美味しくいただけます。
 鯵は骨までしっかり食べられるように、
低温でじっくり揚げるとよいでしょう。
カルシウムもたっぷりとれます。

・お酢はアミノ酸、クエン酸を含んでいます。
血液をサラサラにし、
血圧・血糖値・コレステロールを正常化、
中性脂肪の蓄積を防ぎ、 カルシウムの吸収を促す、
肩こりや疲労回復、
 防腐・殺菌作用などの効果があり、
 健康をサポートします。

まめ鯵の南蛮漬けの詳細を見るまめ鯵の南蛮漬けの詳細を見る

切り干し大根の焼きそば風
切り干し大根の焼きそば風

大根を天日乾燥して作られるのが切り干し大根ですが、水分がぐんと減る代わりに、ビタミン、ミネラル類をはじめ、食物繊維、タンパク質、糖質が増えるため、栄養分が生の大根よりも凝縮されています。
煮物の味付けが定番ですが、こんな風に焼きそば風にアレンジしてもおいしくたっぷりいただけます。カルシウムもたっぷり、お子様にもぴったりの一品です。

切り干し大根の焼きそば風の詳細を見る切り干し大根の焼きそば風の詳細を見る

オクラともずくの冷やしとろろ汁
オクラともずくの冷やしとろろ汁

もずくのヌルヌルと、おくらのネバネバのW効果でのどごしよく仕上がる冷汁は、夏バテ対策にぴったりな1品。
もずくは、現代人が不足しがちなカルシウムや鉄分などのミネラルが非常に多く、低カロリー。
食物繊維も豊富ですので、ダイエットの強い味方です。
さらに、オクラに含まれるビタミンB群やビタミンCを栄養として摂るにはスープにして汁も飲めるとベスト!
ヘタの部分には苦味があるため、オクラ切り落とし、さらに、塩で表皮をこすってから水洗いすると、うぶ毛が取れて食べやすくなります。

オクラともずくの冷やしとろろ汁の詳細を見るオクラともずくの冷やしとろろ汁の詳細を見る

鯵(あじ)シュウマイ
鯵(あじ)シュウマイ

・魚と青菜をたっぷり使った低カロリーのシュウマイです。生姜汁は、鯵(あじ)の臭みをとってくれます、お好みで調節してください。
小松菜の代わりにホウレン草やチンゲン菜、水菜などでもおいしくいただけます。水気をしっかり取るのがポイントです。

鯵(あじ)シュウマイの詳細を見る鯵(あじ)シュウマイの詳細を見る

高野豆腐の3色はさみ煮
高野豆腐の3色はさみ煮

高野豆腐の、主成分はたんぱく質と脂質で、たんぱく質は一般豆腐の7倍、脂質は8倍あります。
含まれるたんぱく質は脂肪燃焼効果の高いアミノ酸がたっぷり!
低カロリーで太りにくいたんぱく質食品ですから、ダイエットには効果的な食品ですので、
高野豆腐=「脱メタボの強い味方」なのです。

高野豆腐の3色はさみ煮の詳細を見る高野豆腐の3色はさみ煮の詳細を見る

新三色丼
新三色丼

まぐろの赤、納豆の茶、大葉・小葱の緑の色鮮やかな三色丼です。
お母さんにもうれしい簡単どんぶりなので、
塾帰りのお子さんや、残業帰りのお父さんの夜食メニューにもぴったりです。
まぐろ&納豆の良質たんぱく質と緑黄色野菜の組み合わせで栄養バランスも良好。
唯一の注意点は・・・どんぶりにすると、ついご飯が多くなりがちなので、量に注意したり、
ご飯に玄米や雑穀を混ぜるなどするとよいですね。

新三色丼の詳細を見る新三色丼の詳細を見る

豆あじの南蛮漬け
豆あじの南蛮漬け

・豆あじは低温でじっくり揚げて、半日以上タレに漬け込んでおけば骨まで全て食べることができます。カルシウムがたっぷり摂取できるので、ぜひ小さな鯵が手に入ったら作ってみてください。

豆あじの南蛮漬けの詳細を見る豆あじの南蛮漬けの詳細を見る

ほうれん草とベビーホタテのグラタン
ほうれん草とベビーホタテのグラタン

・牛乳に含まれる主なビタミンはAとB2。
ビタミンAは発育の促進や、肌や目の健康を維持します。
ビタミンB2は栄養分の代謝を高め、 成長促進に大切な役割を果たします。また、
カルシウムが豊富。コップ1杯(200ml)に カルシウムが200mgも含まれる上、
 タンパク質や乳糖の働きにより他の食品に比べ吸収率が高いといわれています。
 お子様の発育にも大切な栄養源となりますね。
 カロリーや脂質も多く含まれているので、メタボ気味のお父さんは低脂肪乳などを選ぶとよいでしょう。

・ホワイトソースは手作りするのが一番おいしくいただけますが、忙しい時にはなるべく添加物の少ない缶詰を利用しても!フィリングとあわせる前に、ホワイトソースを別鍋に明け、牛乳とローリエ、こしょうなどを加えて温めると、缶詰臭さをのぞくことができます。

ほうれん草とベビーホタテのグラタンの詳細を見るほうれん草とベビーホタテのグラタンの詳細を見る

バナナナッツケーキ
バナナナッツケーキ

よく熟れたバナナを使うことによって、自然の果物の甘みで、
お砂糖を控えめにすることができます。
また、ナッツをたくさん入れることで、ビタミンEも摂取できてバランスのいいおやつになりました。 

バナナナッツケーキの詳細を見るバナナナッツケーキの詳細を見る

いわしの蒲焼プレート
いわしの蒲焼プレート

ワンプレートで主食・主菜・副菜がとれるバランスプレートです。
蒲焼丼よりもプレートにすると見た目も豪華で食べ応えがあります。
青魚の代表「いわし」にはおなじみのDHA、EPAが含まれてます。
DHAは脳細胞を活性化させ、EPAは血液をさらさらにし、コレステロール値の低下に働きかけます。
さらにカルシウムも豊富ですので、育ち盛りのお子さんや、女性の骨粗しょう症予防に役立ちます。
子供からお年寄りまでみんなで積極的に摂りたい魚のひとつです。

いわしの蒲焼プレートの詳細を見るいわしの蒲焼プレートの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

11月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...