20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:219件が該当しました
シーフード&ビーンズサラダ
シーフード&ビーンズサラダ

ランチやディナーの主役にもなれそうなビタミン満点のおかずサラダ。ガーリックドレッシングが食欲をそそります。冷凍シーフードミックスと豆の缶詰で手軽に作れます。エビやイカは、高タンパクで低脂肪、低カロリーの食材であり、ベビーリーフはビタミン類の宝庫。さらに食物繊維を多く含むと言われる豆類も入っていますので、栄養バランスの採れた1品に。ドレッシングはかけるのではなく、和えることで量を減らせてカロリーを抑えることができます。

シーフード&ビーンズサラダの詳細を見るシーフード&ビーンズサラダの詳細を見る

ブロッコリーとかぼちゃの温サラダ
ブロッコリーとかぼちゃの温サラダ

かぼちゃとブロッコリーで、ビタミンA・C・Eが揃った体のサビを防ぐACE(エース)が摂取できるサラダ。私たちの体は、食べ物から炭水化物や脂肪などの栄養をとり、酸素を使って燃焼させてエネルギーにしていますが、その酸化をある程度防御してくれる役割が、ビタミンA・C・Eです。シンプルな調理法なので時間もかからず、美味しく現代人にとって必要な栄養素を補ってくれる1品です。

ブロッコリーとかぼちゃの温サラダの詳細を見るブロッコリーとかぼちゃの温サラダの詳細を見る

新玉ねぎと春キャベツのポタージュ
新玉ねぎと春キャベツのポタージュ

春に収穫する春キャベツと新玉ねぎのスープ。
キャベツは、胃を守る効果がよく知られていますが、新陳代謝を高める作用も注目されており、ダイエッターには嬉しいお野菜の1つ。キャベツに含まれるビタミンC、ビタミンUは、ともに水溶性ビタミンのため、スープとして一緒にいただくと効率良く栄養を摂取できます。新たまねぎは、水分が多く、やわらかく、辛味が少ないたまねぎと一緒に優しい甘みをたっぷり味わいましょう。

新玉ねぎと春キャベツのポタージュの詳細を見る新玉ねぎと春キャベツのポタージュの詳細を見る

野菜たっぷりチーズリゾット
野菜たっぷりチーズリゾット

残りご飯で手軽に作れるリゾットは、主婦の方のランチや休日の朝食におすすめ。
バターの代わりに、ベーコンとしいたけの旨みでコクを出すことで、カロリーをOFFさせましょう。
生しいたけは、低カロリーで美容やダイエットに最適のビタミンB2が含まれており、たくさん食べて欲しい食材の1つ。また、料理に使う前に陽にあてると、チーズなどに含まれるカルシウムの吸収を助けるビタミンDが増えます。

野菜たっぷりチーズリゾットの詳細を見る野菜たっぷりチーズリゾットの詳細を見る

雑穀ロールキャベツ
雑穀ロールキャベツ

キャベツとトマトのほのかな甘みが美味しい野菜たっぷりの栄養満点の1品。キャベツは食物繊維が豊富で、ダイエットをサポートするヘルシー食材としておすすめしたいお野菜です。ビタミンCがずばぬけて豊富で、大きめの葉を2~3枚ほど食べれば、1日に必要なビタミンCを補うことができますので、日常の献立にぜひ取り入れたいですね。

雑穀ロールキャベツの詳細を見る雑穀ロールキャベツの詳細を見る

コーンとじゃが芋のミルクスープ
コーンとじゃが芋のミルクスープ

牛乳をたっぷり使ったスープレシピ。牛乳・乳製品のカルシウムは吸収性がよく、牛乳1本(200ml)を飲むと約200mgのカルシウムがとれ、成人の1日に必要なカルシウム量の約1/3を摂取できます。食生活が豊かになった今も不足しがちなカルシウム。吸収率を高める食べ方として乳製品から積極的に摂っていきたいですね。

コーンとじゃが芋のミルクスープの詳細を見るコーンとじゃが芋のミルクスープの詳細を見る

ビーフロールのトマト煮こみ
ビーフロールのトマト煮こみ

・牛肉には、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、
パントテン酸など、美容と健康に効果的なビタミンB群が
豊富に含まれています。脂肪の少ないもも肉を使って、
カロリーを抑えてたんぱく質を摂取しましょう。

・マスタードはマイユのハニーマスタードがおすすめ!
 塩気があるので、こしょうだけで下味をつけましょう。

・トマトの酸味と玉ねぎの甘さがほどよい
 おいしいソースです。ソースが余ったら、
 ショートパスタなどをからめて食べてもおいしいですよ!

・玉ねぎはゆっくり炒めて、甘味をひきだすようにするとよい。
 また、お肉を焼くときは、しっかり焼き色をつけてから
 煮込むと香ばしく、柔らかくなります。

ビーフロールのトマト煮こみの詳細を見るビーフロールのトマト煮こみの詳細を見る

かぶとお麩の豆乳丼
かぶとお麩の豆乳丼

身体も心もほっと和むような優しい味のどんぶりです。かぶは豆乳で煮ることで甘みが増し、苦手な方でも美味しく食べられます。かぶは、葉の部分もカロテンやビタミンB群、ビタミンCと栄養効果が高いので、捨てずに使いましょう。ごまは、活性酸素を撃退するパワーもありますので、日常に積極的に取り入れてほしい食品の1つです。

かぶとお麩の豆乳丼の詳細を見るかぶとお麩の豆乳丼の詳細を見る

えびとアボカドのチョップドサラダ
えびとアボカドのチョップドサラダ

材料のすべてをチョップ(小さく切る)する見た目も可愛らしいサラダ。たっぷりの野菜がいただけ、豆類やえびのタンパク質、炭水化物のマカロニも入っているので、満腹感が得られるサラダです。
アボガドにはコレステロールを減らす働きがあるオレイン酸がたっぷり。美肌作りにも強い味方です。
レタスや茹で卵、ハムなどを使っても美味しく作っていただけるバリエーション豊富なサラダです。

えびとアボカドのチョップドサラダの詳細を見るえびとアボカドのチョップドサラダの詳細を見る

まるごとトマトの和風煮
まるごとトマトの和風煮

トマトをまるごと豆乳で煮込んだ和風おかず。つぶしながらスープと一緒に食べることで、トマトに含まれるビタミン類を逃すことなくいただけます。さらにトマトの特長的な風味は豆乳独特の臭みを消してくれます。有害な活性酸素をおさえる抗酸化作用があるので、日常的にいただきたい野菜の1つです。

まるごとトマトの和風煮の詳細を見るまるごとトマトの和風煮の詳細を見る

れんこんとまいたけのきんぴら
れんこんとまいたけのきんぴら

薄切りれんこんでさっとできる1品。れんこんは冬においしい野菜で、粘りが出て甘みを増します。まいたけとの相性も抜群で、冷めておいしいおかずなので、お弁当にもぴったりです。
れんこんにはビタミンB1、B2が含まれているので、疲労回復にも役立ちます。又食物繊維も豊富なので体の内側からきれいにしてくれます。まいたけにはβグルカン(免疫機能を回復させガン細胞の増殖を抑える成分)の効力がきのこ類の中でも群を抜いて強いとされています。つまり「腸内環境を整え、免疫機能をアップしてくれる」うれしい1品です。

れんこんとまいたけのきんぴらの詳細を見るれんこんとまいたけのきんぴらの詳細を見る

野菜のカチャトーラ
野菜のカチャトーラ

イタリア料理の一つで、トマト味の肉の煮込みのカチャトーラは、ごろごろ入った野菜のうまみを凝縮したスープです。これ1品で朝食の栄養がぐっとアップし、食べ応え満点。パンにも合います。
鶏むね肉は低脂肪で淡白な味の食材なので、スープに入れても食べやすく頂けます。余り野菜で作れるので、野菜の具材はお好みで。セロリは冬に美味しい時期です。独特な香りがあるので好みがあるかと思いますが、スープに入れると気になりません。鶏肉と食べ合わせる事でスタミナ回復にも効果があるので、少量でも摂取しましょう。

野菜のカチャトーラの詳細を見る野菜のカチャトーラの詳細を見る

ポテト&パセリグラタン
ポテト&パセリグラタン

風邪をひきやすいこの時期、免疫力を高めたい時のお助けメニュー。玉ねぎの抗酸化作用、じゃがいものビタミンCと一緒に、栄養価の高い万能選手であるパセリも一緒にいただきましょう。パセリはカロテンやビタミン類などのミネラルを含むだけではなく、食物繊維も豊富に含まれています。あまった場合はきざんだ状態で急速冷凍で保存できます。

ポテト&パセリグラタンの詳細を見るポテト&パセリグラタンの詳細を見る

エリンギのトムヤムクンスープ
エリンギのトムヤムクンスープ

唐辛子の辛さは体を温めて代謝をアップさせてくれる効果があります。エリンギは大きく切って食感を活かせば満腹感も十分得られます。辛さが苦手な方は赤唐辛子の量を調整してください。

エリンギのトムヤムクンスープの詳細を見るエリンギのトムヤムクンスープの詳細を見る

お豆腐ペッパースープ
お豆腐ペッパースープ

たっぷりの野菜を入れ、こしょうをたっぷり入れるので体が温まるヘルシーなスープ。豆腐は歯ごたえもあり、絹ごし豆腐に比べると約3倍のカルシウムが含まれていますので、女性や育ち盛りのお子様にもおすすめです。片栗粉でとろみをつけていますので冷めにくく、節電の冬にもぴったり!ダイエット中でも満腹感が得られる1品です。

お豆腐ペッパースープの詳細を見るお豆腐ペッパースープの詳細を見る

もやしとニラのあんかけ焼きそば
もやしとニラのあんかけ焼きそば

とろみをつけて冷めにくくしたあんかけ焼きそば。ニラは血行を良くして体を温め、胃腸の働きも整えてくれる効果があり、さらにもやしに含まれているビタミンB群の吸収を高めるアリシンも含まれていますので、もやしとの食べ合わせもバッチリ!ごま油の風味がさらに食欲をそそる1品です。

もやしとニラのあんかけ焼きそばの詳細を見るもやしとニラのあんかけ焼きそばの詳細を見る

鶏のみぞれ鍋
鶏のみぞれ鍋

大根のみじん切りをベースにした優しい味のお鍋。おろすと気になる臭みもみじん切りなら安心です。冬が旬の小松菜は、昆布だしでいただくと骨粗鬆症予防にもなり相性抜群!さらに、豊富なビタミンCが含まれ風邪予防や美容効果があり、さらに動脈硬化やガンなどの生活習慣予防に効果のあるカロテンも含まれます。そのままいただくか、ポン酢だれでお召し上がりください。

鶏のみぞれ鍋の詳細を見る鶏のみぞれ鍋の詳細を見る

大根の照りしょうが煮
大根の照りしょうが煮

シンプルですが、ごはんが進む野菜たっぷりおかず。お弁当のおかずにもよく合うメニューです。ご飯の上にのせて、温泉卵を添えれば立派な丼にも早変わり!大根の葉部分には豊富な栄養素が含まれており、特に大根の葉には抗酸化作用の強いβカロテンが豊富に含有されていますので、葉がついている場合は一緒に調理していただきましょう。

大根の照りしょうが煮の詳細を見る大根の照りしょうが煮の詳細を見る

豆腐とれんこんのつくね
豆腐とれんこんのつくね

れんこんのシャリシャリした歯ざわりが柔らかいお豆腐とマッチした1品。冷めてもかたくならないので、お弁当にもピッタリです。今が旬のれんこんにはビタミンCが多く、野菜にはめずらしいビタミンB1、B2も含まれているので、疲労回復や口内炎、肌荒れを防ぐのに効果的です。食物繊維も豊富なので、体の内側からきれいにしてくれますね!

豆腐とれんこんのつくねの詳細を見る豆腐とれんこんのつくねの詳細を見る

鶏ささみのゴボウサラダ
鶏ささみのゴボウサラダ

秋から美味しくなるゴボウ。時間短縮のために市販のごまドレッシングを使いましたが、カロリーが高くなるため、分量には気をつけましょう。量を減らすコツは、かけるのではなく、和えていただくこと!食物繊維が豊富なごぼうと、免疫力を高めてくれるにんじんの食べ合わせは便秘予防や肥満防止に効果が期待されますので、ダイエット中の方にはおすすめサラダです。

鶏ささみのゴボウサラダの詳細を見る鶏ささみのゴボウサラダの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

3月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...