20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:220件が該当しました
プチトマトとセロリのピクルス
プチトマトとセロリのピクルス

独特の香りが魅力なセロリと日常的にいただきたい栄養たっぷりの緑黄色野菜、トマトを使った常備菜。ピクルスは口の中をさっぱりさせるので、油っこい料理のつけ合わせに向いています。プチトマトはビタミンCを含むセロリと一緒に食べれば、美肌効果も期待されます。

プチトマトとセロリのピクルスの詳細を見るプチトマトとセロリのピクルスの詳細を見る

れんこんと鶏ささみの梅肉サラダ
れんこんと鶏ささみの梅肉サラダ

れんこんの美味しい時期は11月~春先まで。ビタミンCが豊富でビタミンB1、B2も含まれているため、疲労回復や目の充血、肌荒れ防止に役立ちます。他にも食物繊維も豊富なので腸内の発がん物質など有害物質を排泄し、善玉菌が増え、腸内環境が整います。ヘルシーな鶏ささみで少しボリュームのある食感になり、満腹感も期待できます。れんこんと鶏肉の食べ合わせは、造血作用による貧血防止や肝機能の強化にも効果があり、貧血がちな女性にはおすすめしたい1品です。

れんこんと鶏ささみの梅肉サラダの詳細を見るれんこんと鶏ささみの梅肉サラダの詳細を見る

トマトとなすのポン酢マリネ
トマトとなすのポン酢マリネ

糖尿病予防、ガン予防、肥満防止の食べ合わせの代表選手のトマト&ナスをさっぱりマリネに仕上げました。しょうがの香りがさっぱりとして食が進む副菜メニューです。
ナスは油を吸いやすいので、素揚げではなくフライパンでグリルをしてヘルシーに仕上げましょう。味を染みやすくさせるために、トマトは湯剥きをしましょう。ひと手間加えることで味が全く変わってきます。

トマトとなすのポン酢マリネの詳細を見るトマトとなすのポン酢マリネの詳細を見る

豆腐入り和風ラタトイユ
豆腐入り和風ラタトイユ

南仏の煮込み料理を和風にアレンジ。
第6の栄養素とも言われる食物繊維がたっぷりとれ、
低カロリーでも満腹感が得られる夜食にもおススメのレシピです。

豆腐入り和風ラタトイユの詳細を見る豆腐入り和風ラタトイユの詳細を見る

夏野菜のラタトィユ
夏野菜のラタトィユ

野菜の中で特に夏期に収穫される夏野菜。その中でも代表的なナス、トマト、ズッキーニを使ったトマト煮のラタトゥイユ。夏野菜は、カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどを多く含む野菜が多く、夏ばてなどに効果が高いと言われてます。温かくても冷たく冷やしても美味しくいただけるラタトゥイユはぜひ一度作りたいメニューの1つですね。セロリや南瓜など、お好みで野菜を足してみてください。

夏野菜のラタトィユの詳細を見る夏野菜のラタトィユの詳細を見る

にんじんと押し麦の豆乳スープ
にんじんと押し麦の豆乳スープ

風邪をひきやすい時期、免疫力UPの野菜を使った栄養たっぷりのスープ。人参、パセリの食べ合わせは風邪予防にピッタリ!押し麦は、食物繊維やビタミンB群、さらに日本人には不足しがちな栄養素のひとつであるカルシウムを多く含んでおり、さらに低カロリーな豆乳を使えば、ダイエットにもピッタリなスープに早変わり!スープランチにもおすすめです。

にんじんと押し麦の豆乳スープの詳細を見るにんじんと押し麦の豆乳スープの詳細を見る

大根ときゅうりのなます
大根ときゅうりのなます

見た目も味にも清涼感のある箸休めの1品。スライサーで薄く切ったきゅうりで巻けば、おもてなしの前菜にいかがでしょうか。きゅうりは他の野菜のビタミンCを壊す働きがありますので、生食の場合は酢を一緒に加えてましょう。きゅうりのカリウムが塩分や老廃物を排出してくれ、大根が胃腸を整えてくれる効果がありますので、食欲のない暑い夏におすすめの1品です。

大根ときゅうりのなますの詳細を見る大根ときゅうりのなますの詳細を見る

豆腐とれんこんのつくね
豆腐とれんこんのつくね

れんこんのシャリシャリした歯ざわりが柔らかいお豆腐とマッチした1品。冷めてもかたくならないので、お弁当にもピッタリです。今が旬のれんこんにはビタミンCが多く、野菜にはめずらしいビタミンB1、B2も含まれているので、疲労回復や口内炎、肌荒れを防ぐのに効果的です。食物繊維も豊富なので、体の内側からきれいにしてくれますね!

豆腐とれんこんのつくねの詳細を見る豆腐とれんこんのつくねの詳細を見る

ほうれん草の煮浸し
ほうれん草の煮浸し

・たっぷりのお出汁で煮含めるとおいしく、
 煮ることで野菜のカサも減るので、たっぷりいただけます。
油揚げは必ず油抜きしましょう。
一手間でおいしさが違います。
今が旬のちぢみほうれん草など 使ってもとてもおいしく、
旬の野菜をたっぷり使ってビタミンを摂取しましょう。

ほうれん草の煮浸しの詳細を見るほうれん草の煮浸しの詳細を見る

アボカドと海老のグラタン
アボカドと海老のグラタン

「森のバター」といわれるほど脂肪分が多い果物、アボガド。しかしこの脂肪分の8割は不飽和脂肪酸のリノール酸やリノレン酸なので、コテステロールの心配はなく、動脈硬化を防ぎ、若々しさも保ってくれるアンチエイジング食品なのです。ヘルシーダイエットの頼もしい味方!女性に好まれる1品です。

アボカドと海老のグラタンの詳細を見るアボカドと海老のグラタンの詳細を見る

アボガドとヨーグルトのパスタサラダ
アボガドとヨーグルトのパスタサラダ

チョウのような形のパスタ、ファルファッレを使ったサラダはおもてなしにもピッタリ。アボカドは抗酸化作用の強いビタミンEを含んでおり、ビタミンCやリコピンの吸収を助ける効果があるので、トマトとの食べ合わせは◎です。ヨーグルトの栄養価の特徴は乳酸菌の働。悪玉菌の繁殖を抑えて腸の免疫力を高め、便秘や下痢の改善が期待されます。

アボガドとヨーグルトのパスタサラダの詳細を見るアボガドとヨーグルトのパスタサラダの詳細を見る

シーフード&ビーンズサラダ
シーフード&ビーンズサラダ

ランチやディナーの主役にもなれそうなビタミン満点のおかずサラダ。ガーリックドレッシングが食欲をそそります。冷凍シーフードミックスと豆の缶詰で手軽に作れます。エビやイカは、高タンパクで低脂肪、低カロリーの食材であり、ベビーリーフはビタミン類の宝庫。さらに食物繊維を多く含むと言われる豆類も入っていますので、栄養バランスの採れた1品に。ドレッシングはかけるのではなく、和えることで量を減らせてカロリーを抑えることができます。

シーフード&ビーンズサラダの詳細を見るシーフード&ビーンズサラダの詳細を見る

ブロッコリーとかぼちゃの温サラダ
ブロッコリーとかぼちゃの温サラダ

かぼちゃとブロッコリーで、ビタミンA・C・Eが揃った体のサビを防ぐACE(エース)が摂取できるサラダ。私たちの体は、食べ物から炭水化物や脂肪などの栄養をとり、酸素を使って燃焼させてエネルギーにしていますが、その酸化をある程度防御してくれる役割が、ビタミンA・C・Eです。シンプルな調理法なので時間もかからず、美味しく現代人にとって必要な栄養素を補ってくれる1品です。

ブロッコリーとかぼちゃの温サラダの詳細を見るブロッコリーとかぼちゃの温サラダの詳細を見る

新玉ねぎと春キャベツのポタージュ
新玉ねぎと春キャベツのポタージュ

春に収穫する春キャベツと新玉ねぎのスープ。
キャベツは、胃を守る効果がよく知られていますが、新陳代謝を高める作用も注目されており、ダイエッターには嬉しいお野菜の1つ。キャベツに含まれるビタミンC、ビタミンUは、ともに水溶性ビタミンのため、スープとして一緒にいただくと効率良く栄養を摂取できます。新たまねぎは、水分が多く、やわらかく、辛味が少ないたまねぎと一緒に優しい甘みをたっぷり味わいましょう。

新玉ねぎと春キャベツのポタージュの詳細を見る新玉ねぎと春キャベツのポタージュの詳細を見る

野菜たっぷりチーズリゾット
野菜たっぷりチーズリゾット

残りご飯で手軽に作れるリゾットは、主婦の方のランチや休日の朝食におすすめ。
バターの代わりに、ベーコンとしいたけの旨みでコクを出すことで、カロリーをOFFさせましょう。
生しいたけは、低カロリーで美容やダイエットに最適のビタミンB2が含まれており、たくさん食べて欲しい食材の1つ。また、料理に使う前に陽にあてると、チーズなどに含まれるカルシウムの吸収を助けるビタミンDが増えます。

野菜たっぷりチーズリゾットの詳細を見る野菜たっぷりチーズリゾットの詳細を見る

雑穀ロールキャベツ
雑穀ロールキャベツ

キャベツとトマトのほのかな甘みが美味しい野菜たっぷりの栄養満点の1品。キャベツは食物繊維が豊富で、ダイエットをサポートするヘルシー食材としておすすめしたいお野菜です。ビタミンCがずばぬけて豊富で、大きめの葉を2~3枚ほど食べれば、1日に必要なビタミンCを補うことができますので、日常の献立にぜひ取り入れたいですね。

雑穀ロールキャベツの詳細を見る雑穀ロールキャベツの詳細を見る

コーンとじゃが芋のミルクスープ
コーンとじゃが芋のミルクスープ

牛乳をたっぷり使ったスープレシピ。牛乳・乳製品のカルシウムは吸収性がよく、牛乳1本(200ml)を飲むと約200mgのカルシウムがとれ、成人の1日に必要なカルシウム量の約1/3を摂取できます。食生活が豊かになった今も不足しがちなカルシウム。吸収率を高める食べ方として乳製品から積極的に摂っていきたいですね。

コーンとじゃが芋のミルクスープの詳細を見るコーンとじゃが芋のミルクスープの詳細を見る

ビーフロールのトマト煮こみ
ビーフロールのトマト煮こみ

・牛肉には、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、
パントテン酸など、美容と健康に効果的なビタミンB群が
豊富に含まれています。脂肪の少ないもも肉を使って、
カロリーを抑えてたんぱく質を摂取しましょう。

・マスタードはマイユのハニーマスタードがおすすめ!
 塩気があるので、こしょうだけで下味をつけましょう。

・トマトの酸味と玉ねぎの甘さがほどよい
 おいしいソースです。ソースが余ったら、
 ショートパスタなどをからめて食べてもおいしいですよ!

・玉ねぎはゆっくり炒めて、甘味をひきだすようにするとよい。
 また、お肉を焼くときは、しっかり焼き色をつけてから
 煮込むと香ばしく、柔らかくなります。

ビーフロールのトマト煮こみの詳細を見るビーフロールのトマト煮こみの詳細を見る

かぶとお麩の豆乳丼
かぶとお麩の豆乳丼

身体も心もほっと和むような優しい味のどんぶりです。かぶは豆乳で煮ることで甘みが増し、苦手な方でも美味しく食べられます。かぶは、葉の部分もカロテンやビタミンB群、ビタミンCと栄養効果が高いので、捨てずに使いましょう。ごまは、活性酸素を撃退するパワーもありますので、日常に積極的に取り入れてほしい食品の1つです。

かぶとお麩の豆乳丼の詳細を見るかぶとお麩の豆乳丼の詳細を見る

えびとアボカドのチョップドサラダ
えびとアボカドのチョップドサラダ

材料のすべてをチョップ(小さく切る)する見た目も可愛らしいサラダ。たっぷりの野菜がいただけ、豆類やえびのタンパク質、炭水化物のマカロニも入っているので、満腹感が得られるサラダです。
アボガドにはコレステロールを減らす働きがあるオレイン酸がたっぷり。美肌作りにも強い味方です。
レタスや茹で卵、ハムなどを使っても美味しく作っていただけるバリエーション豊富なサラダです。

えびとアボカドのチョップドサラダの詳細を見るえびとアボカドのチョップドサラダの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...