20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:190件が該当しました
キュウリと鶏むね肉の塩昆布和え
キュウリと鶏むね肉の塩昆布和え

・夏の野菜、みょうがには、 香りや歯触りに食欲が増したり、 また体を温める効果もあります。
夏ばて気味の体にもぴったりです。

・パサつきがちな鶏ムネ肉もラップを はずさないで冷ますことによって しっとりと仕上がります。
塩昆布の旨みがきいたさっぱりした和え物です。 お好みで酢を加えてもおいしくいただけます。

キュウリと鶏むね肉の塩昆布和えの詳細を見るキュウリと鶏むね肉の塩昆布和えの詳細を見る

オクラとなめこの寒天寄せ
オクラとなめこの寒天寄せ

寒天のつるんっ、おくらとなめこぬめっとした食感が楽しい寒天寄せは、清涼感があって夏のおもてなしメニューにも加われそうです。
おくらとなめこの食べ合わせは滋養・強壮効果があってスタミナをつけてくれますので、夏のベストコンビといえます。アレンジとしては、枝豆、ナス、トマトなどの夏野菜を使っても美味しくいただけます。

オクラとなめこの寒天寄せの詳細を見るオクラとなめこの寒天寄せの詳細を見る

ピーマンとじゃこ炒め
ピーマンとじゃこ炒め

・ピーマンはビタミン豊富な野菜。1個におよそ80mgのビタミンCが含まれています。これはレモンと同等かそれ以上! ビタミンCはメラニン色素を分解する働きがあるので、夏の日焼け対策に十分摂りたい栄養です!加熱に弱いビタミンCですが、ピーマンに含まれているビタミンCは熱にも強く、いろいろな調理法でもビタミンCを残すことができます。じゃこを加えてカルシウムもプラスしましょう~

ピーマンとじゃこ炒めの詳細を見るピーマンとじゃこ炒めの詳細を見る

トマトとナスのサラダ
トマトとナスのサラダ

・旬のトマトとナスをたっぷりいただけるサラダ。ナスとトマトの食べ合わせは、貧血予防、ガンや糖尿病の予防にも効果があります。前もって作っておいて、たれに漬けこんでおくと、ナスに味がしみておいしくいただけます。きゅうりやキャベツの塩もみなど、旬のお野菜をプラスしてもよいでしょう。

トマトとナスのサラダの詳細を見るトマトとナスのサラダの詳細を見る

夏野菜とトマトの冷製パスタ
夏野菜とトマトの冷製パスタ

・ パスタを茹でる時は、お湯に対して1%のお塩を加えておくと、 パスタに塩味がつき、味がしまります。
冷水でしめるので、通常より1分多めに 茹で上げて、氷水で冷ますとちょうどよい
アルデンテの歯ごたえが楽しめます。
ソースと合わせる時は、 水気を十分にとることがポイントです!

・ このトマトソースは温製でも冷製でも おいしくいただけます。カジキマグロの
角切りソテーを加えたり、鶏肉やベーコン、 生ハムなどをトッピングしても。

・ トマトの赤い色はリコピンという色素によるもの。
赤色の濃いトマトほどリコピンが 多く含まれています。 リコピンには抗酸化作用があり、
老化を防ぎ、肌や皮膚を若々しく保つ美容作用、 がん予防に効果があるなど多くの働きを持っています。
トマトの栄養素は完熟した時が最も多くなると言われています。
生で食べるときは、完熟のものを選ぶとよいですね。

夏野菜とトマトの冷製パスタの詳細を見る夏野菜とトマトの冷製パスタの詳細を見る

枝豆香るナスのずんだ和え
枝豆香るナスのずんだ和え

・枝豆の香りが豊かな旬の和え衣です。水分によって、お出汁の分量を加減してください。
枝豆の栄養成分のビタミンB1は糖質をエネルギーに変えてくれます。
エネルギーに変わった糖質は、体の疲労を防ぎ、新陳代謝を促し、疲労から来るスタミナ不足の解消に効果があるといわれています。
また、大豆には含まれていないビタミンCも豊富。
残暑の厳しいこの季節、夏バテ防止に枝豆をいただきましょう!

枝豆香るナスのずんだ和えの詳細を見る枝豆香るナスのずんだ和えの詳細を見る

水茄子のバルサミコマリネ
水茄子のバルサミコマリネ

・旬の水茄子を使ったヘルシーな
簡単冷製アンティパスト。
水茄子から出る水分はきっちりふきとるとよい。
パルミジャーノ・レッジャーノ、
黒こしょうはぜひ削りたてをたっぷりかけて!
風味がいっそうひきたちます。
バルサミコ酢はお好みの量で、
シェリーヴィネガーなどもさっぱりいただけますよ。

・ハード系のチーズはビタミンB2、
カルシウムなどが豊富に含まれており、
女性の美肌作りや骨粗しょう症の予防にも最適。
もちろん、脂質も含むので食べすぎはよくありませんが、
楽しみとともに日々の食卓に取り入れたいものです。

水茄子のバルサミコマリネの詳細を見る水茄子のバルサミコマリネの詳細を見る

みょうがと玉ねぎのミルクスープ
みょうがと玉ねぎのミルクスープ

・玉ねぎの甘味と、みょうがの爽やかさが マッチしたミルキースープ。牛乳はお好みで
低脂肪を使ってさっぱりさせて夏らしく、 また、豆乳を使ってもおいしくいただけます。

・みょうがは、主に薬味として添えるなど、 量を食べる食材ではありませんが、
シャキシャキした食感と爽やかな香り、ほんのりした辛味が特徴の夏野菜。
香りの元となる成分には、血液の循環をよくしたり、
消化の促進などが含まれています。
薬味や和風の付け合せだけでなく、
フレンチ風のスープ仕立てにしても
おいしくいただけますよ!

みょうがと玉ねぎのミルクスープの詳細を見るみょうがと玉ねぎのミルクスープの詳細を見る

生ハムとモッツァレーラのピンチョス
生ハムとモッツァレーラのピンチョス

・生ハムの塩気でモッツァレーラがひきたち、
またマンゴーなどの甘味がマッチした パーティーにもぴったりのピンチョス。

・季節のフルーツを合わせて、マンゴー、キウイ、イチジク、
メロンなど、型崩れしないフルーツが楊枝にさしやすく、
保形性がよいです。

・トマトや彩りも豊かにできるので、お弁当にもいかがでしょうか。

生ハムとモッツァレーラのピンチョスの詳細を見る生ハムとモッツァレーラのピンチョスの詳細を見る

豚ひき肉とゴーヤのふりかけ
豚ひき肉とゴーヤのふりかけ

・ご飯に混ぜ込んだり、
丼にしてもおいしくいただけます

・ゴーヤにはビタミンC、ビタミンE、
その他カルシウム、 カリウムなどの ミネラル、
食物繊維なども豊富に含まれている野菜。
ビタミンCにおいてはキャベツの約2倍、
トマトの約5倍、同じウリ科のキュウリと
比べると約10倍にもなるといわれています。 
夏にたっぷり食べて、ビタミンを補いましょう!

・ゴーヤの苦味が気になる方は、
薄く切って冷水にさらすと少し苦味が抑えられます。

・豚ひき肉は低脂肪の赤身のひき肉を使うと
カロリーがぐんと下がりますよ!

豚ひき肉とゴーヤのふりかけの詳細を見る豚ひき肉とゴーヤのふりかけの詳細を見る

焼き枝豆
焼き枝豆

・茹でて食べることの多い枝豆ですが、 フライパンで焦げ目をつけて、ちょっと香ばしくした
枝豆もほっくりおいしいものです。
サヤの中でお豆が蒸されて旨みが ギュッとつまった枝豆に。栄養分も逃げません!

・枝豆は未熟な大豆を収穫したもので、 ビタミンA(カロチン)やC、良質なたんぱく質、
食物繊維がたっぷり含まれています。
ビールのおつまみとしても栄養的に最適といえます。
ついついビールがすすんでしまう季節。
脂っこいおつまみは控えて、 枝豆や冷奴など大豆製品のおつまみを選んででみるとよいでしょう。

焼き枝豆の詳細を見る焼き枝豆の詳細を見る

スズキのソテー・ラタトウユ添え
スズキのソテー・ラタトウユ添え

・野菜はお好みで、ナスやヒヨコマメの蒸し煮、ハーブはバジルなども加えてもおいしくいただけます。

・魚はスズキの他に真鯛や鱈など白身のお魚がよく合います。皮目から焼き上げて、
 カリッとさせ、裏返してからは軽く火を通す程度にするとふっくら、パリッとしあがります。
 チキンソテー、ポーチ・ド・エッグなどもラタトウユにぴったりです。

・日々の食卓に旬のお野菜を取り入れて、ビタミン、ミネラルをたっぷりとって、
 猛暑に負けない体作りを!

スズキのソテー・ラタトウユ添えの詳細を見るスズキのソテー・ラタトウユ添えの詳細を見る

ナスとみょうがのピリ辛和え
ナスとみょうがのピリ辛和え

・ さっぱり辛みのあるお浸し。
塩もみしたキュウリや、キャベツ、モロヘイヤなどの葉野菜にもぴったりのマリネ液です。
冷蔵庫で味をなじませるとよりおいしくいただけます。

・ショウガには辛み成分であるジンゲロール・ ショウガオール・ジンゲロンが含まれています。
血行を促進する作用や、体を温める働きがあるほか、 新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きがあります。 またショウガの香り成分には、食欲増進の働きもあります。 薬味にたっぷりと使い、夏バテ解消に役立てましょう!


ナスとみょうがのピリ辛和えの詳細を見るナスとみょうがのピリ辛和えの詳細を見る

なすのグラタン
なすのグラタン

・なすの大部分は水分からできており、主な成分は糖質で、ビタミンとミネラルをわずかに含みます。
なすには、紫色の成分であるナスニンとポリフェノールを含んでおり、コレステロール値を下げる効果があります。
なす自体は低カロリーですが、油と相性がよく、スポンジのように吸収してしまうので、高カロリーになりがち。
カロリーが気になる場合は、焼いたり、煮ものなどにして、油は適量使うとよいでしょう。

なすのグラタンの詳細を見るなすのグラタンの詳細を見る

七夕そうめん
七夕そうめん

7月7日の七夕に食べるとされている行事食のそうめん。平安時代の書物に「七夕にそうめんを食べると大病にかからない」と書かれていて、7月7日に宮中でそうめんを食べていた習慣が一般に普及したことが、七夕そうめんの由来なのだそうです。ニンジンを星型で抜いてかわいくトッピングしたり、旬の野菜のおくらや風味を彩るみょうがと一緒にいただきましょう。オクラのネバネバはコレステロール値を下げる効果があり、みょうがの独特の香り成分は、食欲を増して消化を助けてくれますので、暑い夏にはうってつけのお野菜です!

七夕そうめんの詳細を見る七夕そうめんの詳細を見る

油揚げのおかか和え
油揚げのおかか和え

三つ葉の香りが爽やかな煮浸しです。豊かな香りの成分には食欲を高め胃もたれを防ぐ作用や、神経の興奮を鎮める働きもありますので、暑さで食欲が落ちる時期の栄養補給におすすめです。
鰹節はフライパンで乾煎りしておくと、香ばしく、旨みがアップします!油揚げは、さっと熱湯をかけてから使うと、余分な油が落とされ、おいしいだけでなく、少々のカロリーダウンになります。

油揚げのおかか和えの詳細を見る油揚げのおかか和えの詳細を見る

そら豆のポタージュ
そら豆のポタージュ

旬の食材 空豆。お店にたくさん並んでいますが、酸化しやすい成分を多く含むため、鮮度の悪いものは莢の色が黒ずんできます。できるだけ、緑の新鮮なものをお買い求めください。
ゆでたものや、焼いた空豆も美味しいですが、まだ肌寒い日に温かいポタージュはいかがでしょうか。 

そら豆のポタージュの詳細を見るそら豆のポタージュの詳細を見る

いちごジャム
いちごジャム

苺がお安く手に入るようになってきました。
生で頂くのも美味しいですが、ジャムにしておくと
保存も出来ますし、市販のジャムよりお砂糖も加減でき、
何より美味しい!パンケーキやヨーグルトに入れて
お召し上がり下さい。 

またソーダを注ぐと、綺麗な色のいちごソーダもできて
お子様のおやつにも最適です。

いちごジャムの詳細を見るいちごジャムの詳細を見る

アスパラガスの味噌焼き
アスパラガスの味噌焼き

・油揚げの香ばしさと、コクのあるゴマ味噌がアスパラガスにからまって、
簡単ジューシーなおつまみです。
小さくカットしてお弁当のおかずにも最適ですよ。

・アスパラガスはビタミンA、カロテン、タンパク質、糖質、
カルシウム、リンなどを比較的多く含んでいます。
胃の働き・肝機能・腎機能を改善し疲労を
回復に役に立つ「アスパラギン酸」も含んでいます。
また、グリーンアスパラガスは葉酸が豊富で、美肌に効果的!

アスパラガスの味噌焼きの詳細を見るアスパラガスの味噌焼きの詳細を見る

筍ご飯
筍ご飯

・鶏ささみを加えてボリュームもアップさせた旬の筍ご飯です。
青菜のお浸しなどお野菜をたっぷり添えて、いただきましょう。
・4月~5月が旬の筍、旬の野菜には栄養がたっぷりつまっています。

筍ご飯の詳細を見る筍ご飯の詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

7月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...