20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:190件が該当しました
アスパラガスのアーモンドサラダ
アスパラガスのアーモンドサラダ

・旬の生き生きしたアスパラガスを使った温製サラダ。アスパラガスの茹で加減はちょっと固いかなと思うくらいで湯からあげ、あとは予熱で火を通しましょう。アスパラガスには、抗酸化物質である「ルチン」による血管強化やアミノ酸の一種「アスパラギン酸」による新陳代謝の活性化効果、疲労物質の除去効果による疲労回復効果などがあるとされています。

アスパラガスのアーモンドサラダの詳細を見るアスパラガスのアーモンドサラダの詳細を見る

グリンピースと桜海老の軽い煮込み
グリンピースと桜海老の軽い煮込み

・水分は極少なくして、野菜の旨みをじっくり閉じ込めるように蒸し煮にするのが美味しさのポイント!旬のグリンピースは生を使いましたが、冷凍でも美味しくいただけます。
桜海老の代わりにベーコンや生ハムなど、旨みがでる食材をプラスするとコクがでます。

グリンピースと桜海老の軽い煮込みの詳細を見るグリンピースと桜海老の軽い煮込みの詳細を見る

筍のきんぴら
筍のきんぴら

・ちりめんじゃこは、しらすの乾燥の具合によって
呼び方が変わります。
しらすを干したものが「しらす干し」、
さらに干したものが「ちりめんじゃこ」となります。
骨ごと食べられる小魚は、
カルシウム供給源として優れています。
お酢や梅干し、柑橘系などと合わせるとカルシウムが
吸収しやすい形に変化されます。
きんぴらはお弁当のおかずにもぴったり。
お子様にもたっぷり食べさせたい食材ですね。

筍のきんぴらの詳細を見る筍のきんぴらの詳細を見る

ホタテのカルパッチョ
ホタテのカルパッチョ

・素材の味がそのまま生かされるカルパッチョです。
オリーブオイルはぜひ上質のものを使ってください!
ホタテの代わりに、 鯛やひらめでもおいしくいただけます。

・タイムは防腐・殺菌効果を持つハーブです。
すがすがしい香りが夏のお料理によく合います。

ホタテのカルパッチョの詳細を見るホタテのカルパッチョの詳細を見る

筍とせりの煮合わせ
筍とせりの煮合わせ

旬の野菜と煮物の定番野菜を加えた煮合わせです。
素材のあじを楽しむためにも、だしを本格的にとってみましょう。
意外と簡単にとれるかつお昆布だし。前日から昆布+水を冷蔵庫に準備しておくと便利です。
にんじんはその赤い色でおなじみのカロテンが豊富です。活性酸素を抑制する働きはもちろん、パソコンで疲れた目にも効果あり。
せりは葉酸、鉄分による造血作用が、貧血だけでなく女性にうれしい美肌づくりに役立ちます。
肌のトラブルでお悩みの方にもおススメのメニューです。

筍とせりの煮合わせの詳細を見る筍とせりの煮合わせの詳細を見る

モロヘイヤとサーモンのサラダ
モロヘイヤとサーモンのサラダ

・モロヘイヤには、カラダの抵抗力を高めるβ-カロテンやビタミンC、
疲労回復を促すビタミンB1やビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン類、
そしてカルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルが多く含まれているます。

また、青菜には珍しいネバネバ成分ムチンが含まれています。
ムチンは、タンパク質の消化を促し、また消化器の粘膜を保護して
消化不良や食欲不振を防ぎ、疲れた胃のトラブルを予防してくれます。

モロヘイヤとサーモンのサラダの詳細を見るモロヘイヤとサーモンのサラダの詳細を見る

菜の花の白ワイン蒸し
菜の花の白ワイン蒸し

今が旬の菜の花はそのほろ苦い味わいが春の到来を感じさせる春野菜の代表ですね。
季節の変わり目のこの時期は免疫力アップで、体調を万全に整えたいもの。そんなときにピッタリなのが菜の花です。
濃い緑色からもわかるように、緑黄色野菜ですので、ビタミンCそしてカロテンも豊富に含まれているので、風邪予防はもちろん美肌効果など女性にうれしい効果のためにも積極的に旬の菜の花をとりいれてみてはいかがでしょうか。

菜の花の白ワイン蒸しの詳細を見る菜の花の白ワイン蒸しの詳細を見る

ブロッコリーの辛し和え
ブロッコリーの辛し和え

・ちくわは、熱湯をかけてから水気を切っておきます。その一手間で、 よりふっくらとした口当たりになります。
辛子醤油は、菜の花やセリ、ウドなど旬の野菜にもよく合います。
・ブロッコリーはβ-カロテンやビタミンB群、ビタミンC、Eを多く含むほか、カルシウムやカリウム、鉄などのミネラル、食物繊維も豊富な優秀お野菜。とくに、ビタミンCの含有量は豊富で、女性にはたっぷりとりたいお野菜の一つです。

ブロッコリーの辛し和えの詳細を見るブロッコリーの辛し和えの詳細を見る

いちごのフワフワゼリー
いちごのフワフワゼリー

ビタミンCでいっぱいの苺。6~7個食べれば成人の一日分のビタミンCを取ることができるそうです。
旬の苺をフレッシュで頂くのもよいですが、ゼリーにしてゼラチンに含まれるコラーゲンも一緒に頂きましょう。

いちごのフワフワゼリーの詳細を見るいちごのフワフワゼリーの詳細を見る

菜の花と桜海老の風味和え
菜の花と桜海老の風味和え

菜の花も桜海老も春にピッタリな旬の食材です。
どんな食材も年間通して手に入るようになりましたが、やはり旬素材を使ったメニューの風味は格別。
今回は桜海老の香りを利用したシンプルな味付けの海老の風味香る和え物です。
旬の桜海老を酒蒸し、を菜の花と和えて一緒にいただきます。
桜海老は彩りだけでなく栄養も豊富で、日本人に不足しがちなカルシウム含まれています。このカルシウムは菜の花に多く含まれるビタミンCの吸収には欠かせません。菜の花と桜海老は栄養面からも旬食材のベストカップルなのです。

菜の花と桜海老の風味和えの詳細を見る菜の花と桜海老の風味和えの詳細を見る

ブルーベリーチーズケーキ
ブルーベリーチーズケーキ

初夏には、地方の道の駅などでシーズンの
ブルーベリーをよく見かけます。
そんなフレッシュなブルーベリー、
生で頂くのももちろんとても美味しいですが、
ちょっと一手間加えると、旬の果物の甘酸っぱい
美味しいケーキになります。

ブルーベリーチーズケーキの詳細を見るブルーベリーチーズケーキの詳細を見る

汁なしサラダフォー
汁なしサラダフォー

・干し海老のいい出汁とレモンのさっぱり感でいただける簡単ベトナム麺。
 夏にぴったりのエスニック麺です。
お好みで、ボイルしたささみ、魚介などにナンプラーを からめて乗せてもおいしくいただけます。

汁なしサラダフォーの詳細を見る汁なしサラダフォーの詳細を見る

白菜と春菊の和え物
白菜と春菊の和え物

・旬の春菊と白菜をたっぷり食べられるシンプルレシピ。
 シンプルなので、素材の下ごしらえをきちんと
 することがポイントです。
 さっと茹でた野菜はきちんと水気をとって合わせましょう。
 ゴマ油を少々最後にまわしかけても香ばしくよく合います。

白菜と春菊の和え物の詳細を見る白菜と春菊の和え物の詳細を見る

りんごの葛湯
りんごの葛湯

旬のりんごは生で頂いても十分美味しいですが、一手間加えて温かい葛湯と一緒にして頂くと、優しい美味しさが広がります。

りんごの葛湯の詳細を見るりんごの葛湯の詳細を見る

大根の照り焼き
大根の照り焼き

・年末年始の食べすぎにもぴったりのヘルシー照り焼き。蒸した大根は甘味を増し、周りは強めの火でカリッと香ばしく焼き付けましょう。オリーブオイルの代わりにバターで焼いても一層香ばしくおいしくいただけます。大根は厚めに焼けば、満足感を味わうことができ、食べすぎを防ぎます。

・春の七草「すずしろ」のことでもある大根、根の部分にはビタミンCや消化酵素のジアスターゼを豊富に含んでいます。
また、葉の部分は緑黄色野菜の仲間で、カロチン・ビタミンC・カルシウムなどがつまっています。旬の時期にたっぷりと摂取したい食材ですね。

大根の照り焼きの詳細を見る大根の照り焼きの詳細を見る

牛肉と里芋の味噌汁
牛肉と里芋の味噌汁

・たんぱく質とお野菜のビタミンがたっぷりとれる具沢山の汁もの。生姜は牛肉のくさみを抜くとともに、身体を温める効果があります。寒さが本格化するこの季節、すりおろしたり、千切りにしたりしていろいろなお料理や飲みものに加えるとよいでしょう。

牛肉と里芋の味噌汁の詳細を見る牛肉と里芋の味噌汁の詳細を見る

茄子とトマトのグラタン
茄子とトマトのグラタン

・トマトソースは多めの分量になります。たくさん作っておいてメインやパスタに使いまわせる万能便利ソースです。米茄子の代わりにズッキーニやパプリカ、エリンギなどきのこ類を使ってもおいしくいただけます。

茄子とトマトのグラタンの詳細を見る茄子とトマトのグラタンの詳細を見る

カジキマグロのホワイトマスタードソース
カジキマグロのホワイトマスタードソース

・焼き汁の旨みもとじこめた粒マスタードの酸味もきいた簡単ソース。白身魚はもちろん、魚介類、肉類、茹でたキャベツやじゃがいもにもぴったりの万能ソースです。
・トマトは珍しいマイクロトマトを使ってみました。いつもとちょっと違った食材は、おもてなしやパーティーでも大活躍です。

カジキマグロのホワイトマスタードソースの詳細を見るカジキマグロのホワイトマスタードソースの詳細を見る

カリフラワーのポタージュ
カリフラワーのポタージュ

・旬のカリフラワーを使ったビタミンCたっぷりのヘルシーなポタージュです。牛乳の半量を生クリームにしても濃厚で、よりクリーミーになります。濃度をつけて、小さなグラスに注げば、パーティーにもぴったりの一口スープに。ピンクペッパーや角切りのトマトなど、赤いものを浮かべるととてもかわいいクリスマススープになりますね。

カリフラワーのポタージュの詳細を見るカリフラワーのポタージュの詳細を見る

チキンのディアボラ風
チキンのディアボラ風

クリスマスにおすすめのメインメニュー。
ディアボラ風とは「悪魔風」という意味。イタリアでは鶏1羽を広げて、燃えたぎる火の上で焼かれた様子が、地獄のようだということでこんな名前がついたと言います。必ずと言っていいほど、赤唐辛子や黒胡椒などが使われた味付けがされています。
鶏肉は塩、こしょうしてからしばらく置いておくと、一味おいしく仕上がります。出てきた水分はキッチンペーパーで軽くふき取っておきましょう。脂身が気になる方は、胸肉で代用してもよいでしょう。その場合も塩、こしょうして置いておくのは一緒ですが、強火で両面を短時間で焼き上げて、取り出し、予熱で中まで火を通すとぱさぱさになりにくくおいしくいただけます。

チキンのディアボラ風の詳細を見るチキンのディアボラ風の詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

5月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...