20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

ホーム  ->  健康レシピ  ->  ダイエットレシピ  ->  旬をあじわうレシピ  -> きのこんもり鶏おこわ

きのこんもり鶏おこわ

きのこんもり鶏おこわ


きのこんもり鶏おこわ

材料

1)もち米は1時間位水に浸け、20分位水切りしておく。
2)干しシイタケを容器に入れてひたひたの水を加えてレンジ(600W)で1分加熱(※)する。かさと軸を切って、薄切りに切る。軸の底の厚い部分を切り落とし残りの部分も使う。
3)鶏肉は小さめサイズに切って<合わせ調味料>に浸しておく。
4)にんじん、しめじ、えのき、まいたけは食べやすい長さや大きさに切る。
5)炊飯器に1)のもち米を入れ、内釜にある「おこわ」の2合の水量にあわせる。3)の鶏肉(調味料ごと)と4)で切った具材を入れて、炊く。

(※)シイタケの大きさなどにより加熱時間が異なるため、様子をみながら加熱して下さい。

作り方

もち米     2合
 
鶏もも肉   70g
しめじ     60g
えのきだけ 1/4袋
まいたけ   50g
にんじん   40g
干しシイタケ 2枚  

<合わせ調味料>
しょうゆ  大さじ2
酒      大さじ2
だしの素(昆布だし)8g

メタボポイント

秋の味覚きのこをたっぷり入った「おこわ」です。いろんな種類のきのこと鶏肉の旨みがごはんにしみこみ、がっつり頂く主食です。きのこには食物繊維が多くで、ビタミンB類、ビタミンD2、ミネラルなどの栄養素も豊富に含んだ低カロリー食材です。きのこの食物繊維に含まれるβ-グルカンという成分は、免疫力を高めて生活習慣病の予防に効果的です。干しシイタケに豊富に含まれる成分エリタデニンは、血中のコレステロールや中性脂肪を減らします。きのこはたんぱく質食品(鶏肉!)と一緒に食べれば、きのこに含まれるビタミンB2との相乗効果により、美肌効果が期待できます。
もち米100%でおなかの持ちもしっかり。行楽のおでかけのお供にいかがですか?

このレシピの分類

コメント

ブログへのコメントをお寄せ頂く際は「Facebook」へのアカウント登録が必要となります。
コチラより是非ご登録下さいませ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.metabo-help.com/cms/mt-tb.cgi/1798
フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

9月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ