20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:122件が該当しました
かぼちゃのヘルシーサラダ
かぼちゃのヘルシーサラダ

かぼちゃは免疫力を高めるカロテンやビタミン類が豊富に含まれ、
緑黄色野菜の中でも栄養価の高い野菜です!
脂質と一緒に摂ると吸収率がアップするのでマヨネーズとの相性も抜群。
マヨネーズのカロリーを抑えるために、牛乳を加えてヘルシーにしましょう。
あと1品加えたいときや、朝食にもぴったりの1品です。

かぼちゃのヘルシーサラダの詳細を見るかぼちゃのヘルシーサラダの詳細を見る

レーズン入り豆乳スコーン
レーズン入り豆乳スコーン

甘さを抑えたヘルシーな豆乳スコーン。レーズンはすぐ利用できるエネルギーが蓄えられていますので、朝食やお子様のおやつにもぴったり。食物繊維や、鉄、セレン、多量のカリウムやビタミンA等を含有しており、高血圧や、むくみ、貧血、便秘に効果があります。たくさん焼いて余ったら、冷凍しておけば温め直していただきましょう。

レーズン入り豆乳スコーンの詳細を見るレーズン入り豆乳スコーンの詳細を見る

お豆腐煮込みハンバーグ
お豆腐煮込みハンバーグ

お子様から大人まで人気のハンバーグ。ヘルシーで美味しく仕上げるために、ひき肉とお豆腐を混ぜています。お豆腐を使うことでカロリーはカットしていますが、食感はふわふわで、お肉のうま味も感じることができます。お肉とお豆腐のタンパク源は確保できてますので、残りのビタミン類を摂取するためには、サラダを添えるか、一緒にきのこ類やイモ類、根菜類などの野菜を煮込んでいただいてもよいでしょう。

お豆腐煮込みハンバーグの詳細を見るお豆腐煮込みハンバーグの詳細を見る

きな粉とバナナのハニートースト
きな粉とバナナのハニートースト

栄養たっぷりで朝食にぴったりのトースト。バナナは歯ごたえもあり、咀嚼が増えると満腹感の増加される上に、消化能力が低くなりがちな午前中の胃腸の負担を最小限に抑え、胃腸の機能を回復させます。きな粉も同様に栄養価も高く、消化も良いので、お子様や高齢者の方に食べていただきやすいメニューです。

きな粉とバナナのハニートーストの詳細を見るきな粉とバナナのハニートーストの詳細を見る

ししゃものチーズ焼き
ししゃものチーズ焼き

酒の肴にポピュラーなししゃもは丸ごと食べられるため大変バランスの良い食品です。特に子持ちししゃもはたんぱく質やカルシウムに加えてビタミンAやB2も豊富に含まれており粘膜を強くしたり、免疫機能を調整する効果があります。動脈硬化やさまざまな生活習慣病の予防にも効果があります。
カルシウム素材の最強コンビ、骨量をアップしたい方におすすめの1品です。

ししゃものチーズ焼きの詳細を見るししゃものチーズ焼きの詳細を見る

きな粉ボーロ
きな粉ボーロ

幼い頃に口にした乳ボーロは、懐かしい日本の味として定着しています。 洋風クッキーよりもバターの配合量が少ないので、カロリーが気になる方やお子様のおやつにもおすすめです。 きなこは大豆をじっくりと炒り上げ粉状したもの。香ばしい香りが美味しく、大豆サポニン、大豆イソフラボンなどの大豆の成分を手軽にとれるので、健康食品として幅広く利用されています。きな粉を入れて"和風"のボーロをお楽しみください。

きな粉ボーロの詳細を見るきな粉ボーロの詳細を見る

カニかまサラダのオープンサンド
カニかまサラダのオープンサンド

手軽に作れるオープンサンドは、お子様の朝食やランチにピッタリ。ほうれん草は軽く水で洗ってからレンジでチンして、すぐに冷水にとって冷ますとアク抜きできますので、茹でるより楽に調理ができます。マヨネーズはヨーグルトを使うことで少量に抑えることができてカロリーカットに。ツナやコーンなどお子様がお好きな食材を使ってアレンジしてみてください。

カニかまサラダのオープンサンドの詳細を見るカニかまサラダのオープンサンドの詳細を見る

ジャーマンカレートースト
ジャーマンカレートースト

じゃがいもとよく合うカレー風味はお子様からお父様まで大好きな1品。お弁当やお手軽ブランチにいかがでしょうか。電子レンジで調理することで、スピーディーに仕上がります。マヨネーズの代用に牛乳とお酢を加えてカロリーOFFに。じゃがいもに含まれるビタミンCの損失を防ぐには茹でてから皮をむいて調理するとよいでしょう。

ジャーマンカレートーストの詳細を見るジャーマンカレートーストの詳細を見る

新玉ねぎと春キャベツのポタージュ
新玉ねぎと春キャベツのポタージュ

春に収穫する春キャベツと新玉ねぎのスープ。
キャベツは、胃を守る効果がよく知られていますが、新陳代謝を高める作用も注目されており、ダイエッターには嬉しいお野菜の1つ。キャベツに含まれるビタミンC、ビタミンUは、ともに水溶性ビタミンのため、スープとして一緒にいただくと効率良く栄養を摂取できます。新たまねぎは、水分が多く、やわらかく、辛味が少ないたまねぎと一緒に優しい甘みをたっぷり味わいましょう。

新玉ねぎと春キャベツのポタージュの詳細を見る新玉ねぎと春キャベツのポタージュの詳細を見る

コーンとじゃが芋のミルクスープ
コーンとじゃが芋のミルクスープ

牛乳をたっぷり使ったスープレシピ。牛乳・乳製品のカルシウムは吸収性がよく、牛乳1本(200ml)を飲むと約200mgのカルシウムがとれ、成人の1日に必要なカルシウム量の約1/3を摂取できます。食生活が豊かになった今も不足しがちなカルシウム。吸収率を高める食べ方として乳製品から積極的に摂っていきたいですね。

コーンとじゃが芋のミルクスープの詳細を見るコーンとじゃが芋のミルクスープの詳細を見る

豆腐ステーキ タルタルソース添え
豆腐ステーキ タルタルソース添え

手早く作れてボリュームがあり飽きない美味しさのお豆腐ステーキ。タルタルソースにつかうマヨネーズは少量にする工夫もしていますので、ダイエットレシピにおすすめです。お豆腐1丁(300g)に含まれるたんぱく質は牛肉100g分、卵3個分に相当し、消化吸収がよいので、高齢者の方やお子様にもピッタリですね。

豆腐ステーキ タルタルソース添えの詳細を見る豆腐ステーキ タルタルソース添えの詳細を見る

ちくわとニラの焼きそば
ちくわとニラの焼きそば

お肉の代用としてちくわを使ったシンプル焼きそば。ねぎとニラをたっぷり使って野菜をたっぷりいただきましょう。ニラは結構をよくして体を温め胃腸の働きを助けてくれ、抗酸化作用によるガン抑制予防や風邪予防も期待されます。お子様のお昼ご飯やメタボパパのお夜食にいかがでしょうか。

ちくわとニラの焼きそばの詳細を見るちくわとニラの焼きそばの詳細を見る

さば缶のトマトトースト
さば缶のトマトトースト

保存食の役割もある缶詰のアレンジレシピ。簡単に作れ、忙しい朝にも簡単にいただけます。
さばは、カルシウムも豊富で、おなじみのEPAやDHAも豊富に含まれ、さらにビタミンB2は青魚の中で最も多く含まれていますので、美肌効果や動脈硬化の予防、老化防止に役立ちます。
トマトやパセリのビタミン、茹で卵のたんぱく質も一緒に摂取し、簡単で栄養バランスの取れた朝食をいただきましょう。

さば缶のトマトトーストの詳細を見るさば缶のトマトトーストの詳細を見る

ピーマンとじゃこの炒め煮
ピーマンとじゃこの炒め煮

「あと1品作りたい」ときの栄養たっぷりクイック副菜。
ピーマンは、免疫力を高めるカロテンも豊富で油で調理すると吸収されやすいので、炒め物の調理がおすすめ。ピーマンに含まれるビタミンCも熱に強いのが特徴です。骨ごと食べられるじゃこなどの小魚は、カルシウム供給源として優れもの。さらにカルシウムの吸収をよくするビタミンDも含まれているので吸収が促進されます。
冷めても美味しくいただけますので、お弁当のおかずにもピッタリです。

ピーマンとじゃこの炒め煮の詳細を見るピーマンとじゃこの炒め煮の詳細を見る

ツナマヨのレタス包み
ツナマヨのレタス包み

熱々のご飯に大人気のツナツナマヨをまぜ、残っているサラダ菜で包むと、見た目も可愛らしい1品になります。マヨネーズを使いすぎるとカロリーオーバーとなるため、ひと工夫を。ツナは開封した缶のふたを押さえながら、汁けをしっかり切って使いましょう。

ツナマヨのレタス包みの詳細を見るツナマヨのレタス包みの詳細を見る

箸やすめ五目豆
箸やすめ五目豆

「大豆の水煮」や「大豆の蒸し煮」を使って簡単に作れる一品。今回は「四目豆」ですが、身近な食材だけでも箸やすめに美味しくいただけます。
水でも出来上がり後にしばらく味を馴染ませると、やや薄味ながらも大豆の旨みで頂けます。大豆は「デザイナーフーズ」(がん予防に効果のある食品)の中でトップクラス!イソフラボンなど抗酸化作用のある成分が含まれており、この成分が活性酸素などによるDNAの損傷を防いでがんを抑制することが明らかになっています。ガン予防以外にも免疫力を高め、生活習慣病を防ぐ作用もあり、毎日食べたい食品ですね。

箸やすめ五目豆の詳細を見る箸やすめ五目豆の詳細を見る

ぶりのカリカリ焼き
ぶりのカリカリ焼き

熱々のごま油でぶりの香ばしさが引き立ちます。ぶりには良質のタンパク質や脂質が豊富に含まれ、ビタミンB群、CやDやEなどもバランスよく含まれており、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮するタウリンも含まれています。脂ののった寒ブリをあますとこなく味わいましょう。

ぶりのカリカリ焼きの詳細を見るぶりのカリカリ焼きの詳細を見る

簡単!焼き揚げ餃子
簡単!焼き揚げ餃子

子供に人気の食材で作る、フライパンで簡単「焼き揚げ」餃子です。<合わせ具材A>はシーチキンが肉の食感で大葉の香りがアクセントになっており、<合わせ具材B>はチーズの味とちくわのもっちりした食感が楽しめます。どの食材も手軽ですぐに出来る1品です。具材はどれもさっと火を通すだけでいいものなので、焼き時間が早く、少々多めの油で焼き揚げるのがポイントです。
大葉にはミネラル類やカルシウムが多く、添えものにはもったいない程、栄養豊富ですが、香りがあるので子供の場合そのまま食べる機会少ない食材ですが、シーチキンの味とうまく絡んで10枚使ってもほんのりアクセントになる程度です。「ちくわ」の代わりに「いか」と使っても、よりもっちり感が味わえます。

簡単!焼き揚げ餃子の詳細を見る簡単!焼き揚げ餃子の詳細を見る

プチトマトのお豆腐グラタン
プチトマトのお豆腐グラタン

ホワイトソースよりも断然カロリーが低いお豆腐ソースは、アイディア次第でトーストにぬって焼いたり、ディップとして野菜スティックに添えてもOKです。今回は口当たりをなめらかにするために絹ごしを使いましたが、木綿豆腐を使えばさらにカルシウムがとれるのでお試しください。

プチトマトのお豆腐グラタンの詳細を見るプチトマトのお豆腐グラタンの詳細を見る

豆乳カルボナーラ
豆乳カルボナーラ

お子様から女性の方々に日常的にご利用いただきたい豆乳。豆乳に豊富に含まれているビタミンB群とビタミンE、これらのビタミンは美容ビタミンともいわれ、ビタミンB群には肌荒れや、吹き出物を防ぐなど、お肌のトラブルに効果があります。ベーコンを炒めた際にでる油はキッチンペーパーで小まめにとることや、生クリームの代用として豆乳を使うことで、カロリーを抑えることができます。

豆乳カルボナーラの詳細を見る豆乳カルボナーラの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...