20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:122件が該当しました
メープルバナナシェイク
メープルバナナシェイク

食べきれなくなったバナナはスライスして冷凍しておき、すぐに作れる栄養ドリンクです。
バナナは、大腸で善玉菌の栄養になるオリゴ糖も豊富に含まれているので、腸内環境の改善の効果もあります。また抗酸化力は、果物の中でもトップクラス。牛乳のカルシウムをプラスして、老若男女全ての方に食べていただきたい1品です。
メープルシロップの代用は、はちみつ、お砂糖をご利用ください。

メープルバナナシェイクの詳細を見るメープルバナナシェイクの詳細を見る

バナナの豆乳ババロア
バナナの豆乳ババロア

バナナの香りと甘みを利用したヘルシースイーツ。豆乳は植物性たんぱく質が豊富でビタミンやカルシウムも豊富ですが、においが苦手という方も。そんな方にはバナナの香りと合わせることで、豆乳臭さがやわらぎます。バナナは、皮に黒い斑点(シュガースポット)がついたものか、冷凍バナナを使ってもOKです。優秀なエネルギー源であるバナナと豆乳の栄養をしっかりキャッチしましょう。

バナナの豆乳ババロアの詳細を見るバナナの豆乳ババロアの詳細を見る

シャリシャリはちみつレモンシャーベットドリンク
シャリシャリはちみつレモンシャーベットドリンク

爽やかな酸味ですっきりした飲み心地の夏のドリンク。レモンにはビタミンC、はちみつにはビタミンBが豊富に含まれてるので、免疫力が高まり夏バテ改善にも一役買ってくれます。少し手間に思う「レモンシャーベット」も簡単な材料で作れる上、甘さ調整も好みで出来ます。タイマーを使えば、ながらに作業でできるので、意外と簡単。子供と「共同作業」でつくる、食べる、楽しさを味わって下さい。
糖類に溶けやすい液状のオリゴ糖を使用しました。
レモンは果汁をしぼって製氷皿にストックしておくと、便利です。

シャリシャリはちみつレモンシャーベットドリンクの詳細を見るシャリシャリはちみつレモンシャーベットドリンクの詳細を見る

フルーツインゼリー
フルーツインゼリー

夏の季節にうれしい、涼しげな手作りデザートです。2種類の甘みを使い、あっさりと仕上げ、さらにレモンを加え、さわやかに・・・
お好みのフルーツや季節のフルーツでお楽しみください。もちろん缶詰を使っても美味しく仕上がります。缶詰のシロップも捨てずに使うとよいですね。寒天は海藻のてんぐさからできているので、食物繊維が豊富です。
カロリーも少ないので、メタボ予防やダイエットには欠かせない食材。腸内お掃除やさんとして知られる食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにしたり、余分なコレステロールを体外に排出してくれる作用も期待できますので、積極的に摂りましょう。

フルーツインゼリーの詳細を見るフルーツインゼリーの詳細を見る

フルーツあんみつ
フルーツあんみつ

食物繊維&ビタミン豊富なフルーツあんみつです。
想像以上に簡単で失敗もないデザートですから「食育」の第一歩としてお子さんと一緒に楽しみながら作ってみてはいかがですか?
寒天だけでなく、フルーツやあずきにも食物繊維が含まれています。
現代の食事は欧米化がすすみ、高脂肪・高たんぱくな食事の傾向があり、これに伴い食物繊維も不足傾向にあります。おやつからも食物繊維をとる工夫をしたいものです。
フルーツはお好みで。また、缶詰のゆであずきを使用する場合は少量の水を加え、しっかり加熱すると独特の缶くささがなくなります。

フルーツあんみつの詳細を見るフルーツあんみつの詳細を見る

グリルチキンナゲット
グリルチキンナゲット

子供にも大人にも人気のチキンナゲット。おうちでも簡単にできます。揚げずに「焼く」チキンナゲットなので、低カロリー。塩分も控えています。少し物足りない方は出来上がり後に塩やケチャップなど味付けを調整できます。鶏むね肉は脂肪が少なく、味は淡白ですが、皮や玉ねぎをいれる事で旨みがでます。お弁当のおかずに、冷凍ストックも出来ます。
小麦粉の代わりにおからを入れました。おからの「冷凍保存」があれば色々な料理に使えるので便利です。

グリルチキンナゲットの詳細を見るグリルチキンナゲットの詳細を見る

黒ごま鶏だんごと蒸し野菜のごまマヨネーズ
黒ごま鶏だんごと蒸し野菜のごまマヨネーズ

黒ゴマに含まれるゴマリグナンには肝臓で脂肪の分解を促進し脂肪を燃焼しやすくする効果・コレステロルの上昇を抑える効果・血圧低下効果など、メタボにうれしい効果がいっぱい。
たっぷりの彩り野菜を添えて上手に摂取しましょう!

黒ごま鶏だんごと蒸し野菜のごまマヨネーズの詳細を見る黒ごま鶏だんごと蒸し野菜のごまマヨネーズの詳細を見る

キャロットパンケーキ
キャロットパンケーキ

いつものパンケーキににんじんのすりおろしを加えた栄養価の高いパンケーキ。にんじん嫌いのお子さんにオススメのメニューです。たくさん作って冷凍にしておくと便利!にんじんといえばカロテンですが、これは皮に多く含まれています。
きれいに洗って皮ごとすりおろして、カロテンをたっぷりとりましょう。

キャロットパンケーキの詳細を見るキャロットパンケーキの詳細を見る

ごぼうと小ねぎのフリッタータ
ごぼうと小ねぎのフリッタータ

フリッタータはイタリア語でオムレツのこと。
卵には記憶力を鍛えるホスファチジルコリンが含まれています。
お子さんの朝食やお弁当のおかずに・・・
受験生にもおすすめの応援メニューです。

ごぼうと小ねぎのフリッタータの詳細を見るごぼうと小ねぎのフリッタータの詳細を見る

豚肉のカラフルピカタ
豚肉のカラフルピカタ

ソースの赤、卵の黄色、にらの緑などお皿の上のカラフルな色合いは、栄養バランスも良い印ですね。
豚ヒレ肉は、脂肪分が少なくカロリーも低いので、美味しく食べてエネルギーをダウンさせるにはピッタリです。すべての部位の中で最も柔らかく、消化率も良いので、お子様のお食事にもおすすめ!含まれるビタミンB1は、疲労回復・肥満予防に効果的ですので、ダイエットレシピに加えてみてはいかがでしょう。

豚肉のカラフルピカタの詳細を見る豚肉のカラフルピカタの詳細を見る

野菜のファルシ
野菜のファルシ

野菜を器(カップ)に見立てて、お肉を詰めれば見た目もかわいく、野菜嫌いのお子さんにもぴったりな1品です。
お肉の量は控えめにし、定番の玉ねぎの代わりに長葱を使うことで甘さよりも長葱特有の香りが引き立つので、大人の方でも美味しく召し上がっていただけます。オーブンで焼くと、野菜の旨みが凝縮されるのはもちろんヘルシーな仕上がりになります。蒸しても美味しくいただけます。

野菜のファルシの詳細を見る野菜のファルシの詳細を見る

揚げなし大学芋
揚げなし大学芋

揚げずにつくる大学芋です。フライパンで揚げ焼きにするので、揚げる手間がありません。カロリーも抑えられ、電子レンジを活用してつくるので、時間短縮で、手間なくすぐに作れます。さつまいもは加熱によって一部が糖質に代わり甘みが増すので、砂糖の量を控えても、甘みを感じるので子供のおやつにもぴったり。ビタミンC、B1、B6、そして食物繊維も豊富に含んでいます。冷めて食べる方が味がなじんでおいしいので、お弁当の1品にもお勧めです。
※市販の「大学芋」はかなり甘いので、それに比べると甘さは抑えめです。砂糖は好みや健康状態に応じて調整して下さい。

揚げなし大学芋の詳細を見る揚げなし大学芋の詳細を見る

ソーセージとさつま芋のハニーマスタード
ソーセージとさつま芋のハニーマスタード

ソーセージの脂を利用して、さつま芋に旨味、塩気を吸わせるようにソテーし、後の味付けはシンプルにハチミツと粒マスタードのみを使った1品。素材の美味しさを十分堪能できます。お弁当のおかずやお子様のお食事におすすめの1品です。

ソーセージとさつま芋のハニーマスタードの詳細を見るソーセージとさつま芋のハニーマスタードの詳細を見る

秋刀魚のカレーグラタン
秋刀魚のカレーグラタン

カレー粉やローズマリーで青魚特有の臭みを消して仕上げます。
脳を活性化させ頭の回転をよくする、おなじみの「DHA(ドコサヘキサエン酸)」が豊富に含まれるさんま。
焼き魚より子供が喜ぶ「グラタン」にアレンジしてみてはいかがですか?

秋刀魚のカレーグラタンの詳細を見る秋刀魚のカレーグラタンの詳細を見る

グリーンスムージー
グリーンスムージー

とろみがあって美味しいスムージー。緑黄色野菜の中でも抜群の栄養価を誇るほうれん草と、抗酸化作用のあるパセリに加え、糖分が多く食物繊維も多く満腹感を得られるバナナを使えば、栄養補給だけではなく、ダイエットにも役立ちます。忙しい朝にもピッタリなスムージーは、生活の中に取り入れていきたいメニューですね。

グリーンスムージーの詳細を見るグリーンスムージーの詳細を見る

グリーンアスパラのスープ
グリーンアスパラのスープ

旬のグリーンアスパラを、香りごとたっぷりいただきたいスープです。
アスパラにふくまれるアスパラギン酸には新陳代謝を促すとともに、
タンパク質合成を高める効果があり、滋養強壮や疲労回復、ダイエットに効果的です。
野菜が苦手なお子様やお父様も、スープにすると食べやすくなりますね。

お好みで、アスパラの芽の部分や、生クリームなどを飾ってみてください。

グリーンアスパラのスープの詳細を見るグリーンアスパラのスープの詳細を見る

乾杯ゼリー
乾杯ゼリー

「夏のおやつ」もしくは「食後のデザート」にちょっと健康志向の野菜ジュースのゼリーはいかがですか?ひんやりぷりんっとした食感がうれしく、混ぜて、入れるだけの簡単健康デザート。
野菜ジュースだけでは甘みが足りないので、混ざりやすい液状の甘味料を合わせました。ジュースの色と上にのせたヨーグルトがまるで「ビール」みたい。パパと一緒に乾杯!しましょう。

乾杯ゼリーの詳細を見る乾杯ゼリーの詳細を見る

フルーツマカロニサラダ
フルーツマカロニサラダ

暑さで食欲がなくなりがちなこの季節こそ、豊富に含まれているビタミンやミネラルなどの栄養を調理で失うことなく食べられるフルーツがお勧め!バナナの抗酸化力は完熟したときがいちばん高いので、皮に黒い点ができた位を目安にいただきましょう。牛乳とお酢を使ってマヨネーズの分量を減らすことでカロリーを抑えましょう。

フルーツマカロニサラダの詳細を見るフルーツマカロニサラダの詳細を見る

さっぱり牛乳ようかん
さっぱり牛乳ようかん

あずきと寒天で作るようかんをアレンジしたレシピ。夏休み中のお子さんと一緒に作っても楽しいデザートです。
お子さんの成長に欠かせないカルシウムを効率よくとるのにおすすめなのはなんといっても牛乳、お休み中のしっかりとりたい栄養素の1つです。牛乳寒天とあずきは相性がいいので、一緒にいただけば甘さを上手にコントロールできるので、手作りならでは1品になります。

さっぱり牛乳ようかんの詳細を見るさっぱり牛乳ようかんの詳細を見る

パセリバナナスムージー
パセリバナナスムージー

カロテン、ビタミン類、鉄、ミネラル、食物繊維が豊富なパセリは、栄養価が高く消化を良くしてくれる野菜。苦みを和らげるために甘いバナナと合わせていただけば、お子様でも十分飲める甘さに仕上がります。バナナは腸内環境も整えてくれますので、便秘がちな方、美肌を意識されるかたには体の強い味方になってくれるスムージーです。

パセリバナナスムージーの詳細を見るパセリバナナスムージーの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

5月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...