20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:122件が該当しました
秋刀魚のカレーグラタン
秋刀魚のカレーグラタン

カレー粉やローズマリーで青魚特有の臭みを消して仕上げます。
脳を活性化させ頭の回転をよくする、おなじみの「DHA(ドコサヘキサエン酸)」が豊富に含まれるさんま。
焼き魚より子供が喜ぶ「グラタン」にアレンジしてみてはいかがですか?

秋刀魚のカレーグラタンの詳細を見る秋刀魚のカレーグラタンの詳細を見る

グリーンスムージー
グリーンスムージー

とろみがあって美味しいスムージー。緑黄色野菜の中でも抜群の栄養価を誇るほうれん草と、抗酸化作用のあるパセリに加え、糖分が多く食物繊維も多く満腹感を得られるバナナを使えば、栄養補給だけではなく、ダイエットにも役立ちます。忙しい朝にもピッタリなスムージーは、生活の中に取り入れていきたいメニューですね。

グリーンスムージーの詳細を見るグリーンスムージーの詳細を見る

グリーンアスパラのスープ
グリーンアスパラのスープ

旬のグリーンアスパラを、香りごとたっぷりいただきたいスープです。
アスパラにふくまれるアスパラギン酸には新陳代謝を促すとともに、
タンパク質合成を高める効果があり、滋養強壮や疲労回復、ダイエットに効果的です。
野菜が苦手なお子様やお父様も、スープにすると食べやすくなりますね。

お好みで、アスパラの芽の部分や、生クリームなどを飾ってみてください。

グリーンアスパラのスープの詳細を見るグリーンアスパラのスープの詳細を見る

乾杯ゼリー
乾杯ゼリー

「夏のおやつ」もしくは「食後のデザート」にちょっと健康志向の野菜ジュースのゼリーはいかがですか?ひんやりぷりんっとした食感がうれしく、混ぜて、入れるだけの簡単健康デザート。
野菜ジュースだけでは甘みが足りないので、混ざりやすい液状の甘味料を合わせました。ジュースの色と上にのせたヨーグルトがまるで「ビール」みたい。パパと一緒に乾杯!しましょう。

乾杯ゼリーの詳細を見る乾杯ゼリーの詳細を見る

フルーツマカロニサラダ
フルーツマカロニサラダ

暑さで食欲がなくなりがちなこの季節こそ、豊富に含まれているビタミンやミネラルなどの栄養を調理で失うことなく食べられるフルーツがお勧め!バナナの抗酸化力は完熟したときがいちばん高いので、皮に黒い点ができた位を目安にいただきましょう。牛乳とお酢を使ってマヨネーズの分量を減らすことでカロリーを抑えましょう。

フルーツマカロニサラダの詳細を見るフルーツマカロニサラダの詳細を見る

さっぱり牛乳ようかん
さっぱり牛乳ようかん

あずきと寒天で作るようかんをアレンジしたレシピ。夏休み中のお子さんと一緒に作っても楽しいデザートです。
お子さんの成長に欠かせないカルシウムを効率よくとるのにおすすめなのはなんといっても牛乳、お休み中のしっかりとりたい栄養素の1つです。牛乳寒天とあずきは相性がいいので、一緒にいただけば甘さを上手にコントロールできるので、手作りならでは1品になります。

さっぱり牛乳ようかんの詳細を見るさっぱり牛乳ようかんの詳細を見る

パセリバナナスムージー
パセリバナナスムージー

カロテン、ビタミン類、鉄、ミネラル、食物繊維が豊富なパセリは、栄養価が高く消化を良くしてくれる野菜。苦みを和らげるために甘いバナナと合わせていただけば、お子様でも十分飲める甘さに仕上がります。バナナは腸内環境も整えてくれますので、便秘がちな方、美肌を意識されるかたには体の強い味方になってくれるスムージーです。

パセリバナナスムージーの詳細を見るパセリバナナスムージーの詳細を見る

キウイヨーグルトスムージー
キウイヨーグルトスムージー

ビタミンCたっぷりのキウイは、1個で1日のビタミンCの約7割を摂ることができます。ビタミンCを毎日しっかり摂取しておけば、夏は紫外線対策に、冬は風邪などのウィルスに対する免疫力が高まってきます。ヨーグルトは少量でも継続的に食べることが大切。腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。
野菜を入れたい場合は、ほうれん草、小松菜、パセリなど少量加えて味を調整してみましょう。

キウイヨーグルトスムージーの詳細を見るキウイヨーグルトスムージーの詳細を見る

マンゴースムージー
マンゴースムージー

国産のマンゴーも出回るようになってきたり、缶づめも豊富に揃ってきたり、身近な存在となった南国フルーツ。マンゴーは体の内外をキレイにする栄養素がたくさん含まれており、活性酸素を抑制する働きがあるカロテン、免疫力を高めるビタミンC、酸化防止作用のあるビタミンEなどの相乗効果でがん予防を始め、美肌効果も期待されます。フレッシュ感のあるマンゴーをぜひ味わってみてください。

マンゴースムージーの詳細を見るマンゴースムージーの詳細を見る

鶏そぼろむすび
鶏そぼろむすび

行楽の季節にぴったりの「そぼろむすび」です。
サニーレタスと一緒に食べると、手も汚れません。米と一緒にコンソメで味付けするので、冷めてもしっかりおいしく、鶏そぼろで、おなかもふくれます。パプリカは彩りだけでなく、ピーマン特有の青臭さや苦みがなく、甘みがあってジューシー。カラフルな色の成分には強い抗酸化作用があり、動脈硬化やガン予防、皮膚や目の粘膜を保護する働きも持っています。少量でも積極的に取り入れたいですね。
ポイントは、鶏ひき肉をしっかり炒めて肉の水分をとばすと、肉の臭みもとれてご飯と一緒でもおいしく頂けます。

鶏そぼろむすびの詳細を見る鶏そぼろむすびの詳細を見る

カラフルおやき
カラフルおやき

チヂミを一口サイズで焼いた「お焼き」です。手軽なシーフードミックスを使って簡単ながらも、生地には白玉粉を加えてもちっとした柔らか食感で、野菜嫌いのお子さんもパクパクと食べ切りやすいサイズです。にらに含まれるカロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、ごま油との相性も◎です。桜エビを少し加える事でカルシウムもアップ、香ばしさも加わり、食欲も引き立たせます。

カラフルおやきの詳細を見るカラフルおやきの詳細を見る

カレークリームスープ
カレークリームスープ

ピリ辛味のカレースープに野菜がごろごろ。牛乳、チーズ、魚も入って栄養満点で、食べ応えがあります。エリンギの豊富な食物繊維は腸内を掃除し、コレステロール値を下げるなど生活習慣病に効果的です。クリームチーズはチーズの中でも塩分控えめで、コクとまろみが加わるだけでなく、チーズの成分グルタミン酸を生み出す乳酸菌は、お腹の調子を整えたり便秘や肌荒れの改善、善玉菌の活性を促す効果があります。
カレー粉を使うと子供には少し辛めな味になりますが、器に盛ってからヨーグルとトを加えると辛さが落ち着きます。

カレークリームスープの詳細を見るカレークリームスープの詳細を見る

筍と砂糖さやの和風スパゲッティ
筍と砂糖さやの和風スパゲッティ

スパゲッティの茹で汁を活用して、簡単にできる旬野菜のパスタです。
昆布茶と日本酒で和風にすると、さっぱりいただけます。
独特な歯ごたえが特徴のたけのこ。食物繊維やカリウムが豊富なので、動脈硬化予防、高血圧予防にも有効な脱メタボの強い味方です。
筍を切ったときにみられる白い粉は、チロシンというアミノ酸。これは新陳代謝を活発にし、脳を活性化する働きも・・・
勉強に励むお子様にも、お父さんのメタボ予防にも、ぜひどうぞ!

筍と砂糖さやの和風スパゲッティの詳細を見る筍と砂糖さやの和風スパゲッティの詳細を見る

新玉ねぎと春キャベツのポタージュ
新玉ねぎと春キャベツのポタージュ

春に収穫する春キャベツと新玉ねぎのスープ。
キャベツは、胃を守る効果がよく知られていますが、新陳代謝を高める作用も注目されており、ダイエッターには嬉しいお野菜の1つ。キャベツに含まれるビタミンC、ビタミンUは、ともに水溶性ビタミンのため、スープとして一緒にいただくと効率良く栄養を摂取できます。新たまねぎは、水分が多く、やわらかく、辛味が少ないたまねぎと一緒に優しい甘みをたっぷり味わいましょう。

新玉ねぎと春キャベツのポタージュの詳細を見る新玉ねぎと春キャベツのポタージュの詳細を見る

米粉のいちごロールケーキ
米粉のいちごロールケーキ

いちごと生クリームの人気の高いロールケーキです。カロリーが高くなりがちなバターを使わず、サラダ油でカロリーを抑えました。
全卵を使用、米粉も砂糖もふるいにかけず、手間なし簡単!ふんわり仕上がります。ポイントは「おいしい玉子」を使うと、仕上がりに差がつきます。4月はいちごも安価に入手できますので、手作りおやつにいかがでしょうか。手土産にも喜ばれる、米粉のいちごロールケーキを作ってみてください。

米粉のいちごロールケーキの詳細を見る米粉のいちごロールケーキの詳細を見る

レーズン入り豆乳スコーン
レーズン入り豆乳スコーン

甘さを抑えたヘルシーな豆乳スコーン。レーズンはすぐ利用できるエネルギーが蓄えられていますので、朝食やお子様のおやつにもぴったり。食物繊維や、鉄、セレン、多量のカリウムやビタミンA等を含有しており、高血圧や、むくみ、貧血、便秘に効果があります。たくさん焼いて余ったら、冷凍しておけば温め直していただきましょう。

レーズン入り豆乳スコーンの詳細を見るレーズン入り豆乳スコーンの詳細を見る

簡単!焼き揚げ餃子
簡単!焼き揚げ餃子

子供に人気の食材で作る、フライパンで簡単「焼き揚げ」餃子です。<合わせ具材A>はシーチキンが肉の食感で大葉の香りがアクセントになっており、<合わせ具材B>はチーズの味とちくわのもっちりした食感が楽しめます。どの食材も手軽ですぐに出来る1品です。具材はどれもさっと火を通すだけでいいものなので、焼き時間が早く、少々多めの油で焼き揚げるのがポイントです。
大葉にはミネラル類やカルシウムが多く、添えものにはもったいない程、栄養豊富ですが、香りがあるので子供の場合そのまま食べる機会少ない食材ですが、シーチキンの味とうまく絡んで10枚使ってもほんのりアクセントになる程度です。「ちくわ」の代わりに「いか」と使っても、よりもっちり感が味わえます。

簡単!焼き揚げ餃子の詳細を見る簡単!焼き揚げ餃子の詳細を見る

ぶりのカリカリ焼き
ぶりのカリカリ焼き

熱々のごま油でぶりの香ばしさが引き立ちます。ぶりには良質のタンパク質や脂質が豊富に含まれ、ビタミンB群、CやDやEなどもバランスよく含まれており、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮するタウリンも含まれています。脂ののった寒ブリをあますとこなく味わいましょう。

ぶりのカリカリ焼きの詳細を見るぶりのカリカリ焼きの詳細を見る

もちもちれんこん餅
もちもちれんこん餅

外はカリカリ、中はもっちりのれんこん餅。米粉は価格こそ小麦粉より少々高いものの、ダマになりにくい米粉を使えば点心も、ふんわりもっちりと仕上がります。桜えびは大さじ1の量でカルシウムが約200mgと豊富に含まれていますので、骨粗鬆症予防や成長期のお子様にはぜひ食べていただきたい食品です。肩こりもカルシウムが不足して背骨が弱くなったために起きる場合もありますので、日常的に摂取していきたいですね。

もちもちれんこん餅の詳細を見るもちもちれんこん餅の詳細を見る

きな粉ボーロ
きな粉ボーロ

幼い頃に口にした乳ボーロは、懐かしい日本の味として定着しています。 洋風クッキーよりもバターの配合量が少ないので、カロリーが気になる方やお子様のおやつにもおすすめです。 きなこは大豆をじっくりと炒り上げ粉状したもの。香ばしい香りが美味しく、大豆サポニン、大豆イソフラボンなどの大豆の成分を手軽にとれるので、健康食品として幅広く利用されています。きな粉を入れて"和風"のボーロをお楽しみください。

きな粉ボーロの詳細を見るきな粉ボーロの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

9月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...