20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:122件が該当しました
パセリバナナスムージー
パセリバナナスムージー

カロテン、ビタミン類、鉄、ミネラル、食物繊維が豊富なパセリは、栄養価が高く消化を良くしてくれる野菜。苦みを和らげるために甘いバナナと合わせていただけば、お子様でも十分飲める甘さに仕上がります。バナナは腸内環境も整えてくれますので、便秘がちな方、美肌を意識されるかたには体の強い味方になってくれるスムージーです。

パセリバナナスムージーの詳細を見るパセリバナナスムージーの詳細を見る

キウイヨーグルトスムージー
キウイヨーグルトスムージー

ビタミンCたっぷりのキウイは、1個で1日のビタミンCの約7割を摂ることができます。ビタミンCを毎日しっかり摂取しておけば、夏は紫外線対策に、冬は風邪などのウィルスに対する免疫力が高まってきます。ヨーグルトは少量でも継続的に食べることが大切。腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。
野菜を入れたい場合は、ほうれん草、小松菜、パセリなど少量加えて味を調整してみましょう。

キウイヨーグルトスムージーの詳細を見るキウイヨーグルトスムージーの詳細を見る

マンゴースムージー
マンゴースムージー

国産のマンゴーも出回るようになってきたり、缶づめも豊富に揃ってきたり、身近な存在となった南国フルーツ。マンゴーは体の内外をキレイにする栄養素がたくさん含まれており、活性酸素を抑制する働きがあるカロテン、免疫力を高めるビタミンC、酸化防止作用のあるビタミンEなどの相乗効果でがん予防を始め、美肌効果も期待されます。フレッシュ感のあるマンゴーをぜひ味わってみてください。

マンゴースムージーの詳細を見るマンゴースムージーの詳細を見る

鶏そぼろむすび
鶏そぼろむすび

行楽の季節にぴったりの「そぼろむすび」です。
サニーレタスと一緒に食べると、手も汚れません。米と一緒にコンソメで味付けするので、冷めてもしっかりおいしく、鶏そぼろで、おなかもふくれます。パプリカは彩りだけでなく、ピーマン特有の青臭さや苦みがなく、甘みがあってジューシー。カラフルな色の成分には強い抗酸化作用があり、動脈硬化やガン予防、皮膚や目の粘膜を保護する働きも持っています。少量でも積極的に取り入れたいですね。
ポイントは、鶏ひき肉をしっかり炒めて肉の水分をとばすと、肉の臭みもとれてご飯と一緒でもおいしく頂けます。

鶏そぼろむすびの詳細を見る鶏そぼろむすびの詳細を見る

カラフルおやき
カラフルおやき

チヂミを一口サイズで焼いた「お焼き」です。手軽なシーフードミックスを使って簡単ながらも、生地には白玉粉を加えてもちっとした柔らか食感で、野菜嫌いのお子さんもパクパクと食べ切りやすいサイズです。にらに含まれるカロテンは脂質と合わせると吸収が良いので、ごま油との相性も◎です。桜エビを少し加える事でカルシウムもアップ、香ばしさも加わり、食欲も引き立たせます。

カラフルおやきの詳細を見るカラフルおやきの詳細を見る

カレークリームスープ
カレークリームスープ

ピリ辛味のカレースープに野菜がごろごろ。牛乳、チーズ、魚も入って栄養満点で、食べ応えがあります。エリンギの豊富な食物繊維は腸内を掃除し、コレステロール値を下げるなど生活習慣病に効果的です。クリームチーズはチーズの中でも塩分控えめで、コクとまろみが加わるだけでなく、チーズの成分グルタミン酸を生み出す乳酸菌は、お腹の調子を整えたり便秘や肌荒れの改善、善玉菌の活性を促す効果があります。
カレー粉を使うと子供には少し辛めな味になりますが、器に盛ってからヨーグルとトを加えると辛さが落ち着きます。

カレークリームスープの詳細を見るカレークリームスープの詳細を見る

筍と砂糖さやの和風スパゲッティ
筍と砂糖さやの和風スパゲッティ

スパゲッティの茹で汁を活用して、簡単にできる旬野菜のパスタです。
昆布茶と日本酒で和風にすると、さっぱりいただけます。
独特な歯ごたえが特徴のたけのこ。食物繊維やカリウムが豊富なので、動脈硬化予防、高血圧予防にも有効な脱メタボの強い味方です。
筍を切ったときにみられる白い粉は、チロシンというアミノ酸。これは新陳代謝を活発にし、脳を活性化する働きも・・・
勉強に励むお子様にも、お父さんのメタボ予防にも、ぜひどうぞ!

筍と砂糖さやの和風スパゲッティの詳細を見る筍と砂糖さやの和風スパゲッティの詳細を見る

米粉のいちごロールケーキ
米粉のいちごロールケーキ

いちごと生クリームの人気の高いロールケーキです。カロリーが高くなりがちなバターを使わず、サラダ油でカロリーを抑えました。
全卵を使用、米粉も砂糖もふるいにかけず、手間なし簡単!ふんわり仕上がります。ポイントは「おいしい玉子」を使うと、仕上がりに差がつきます。4月はいちごも安価に入手できますので、手作りおやつにいかがでしょうか。手土産にも喜ばれる、米粉のいちごロールケーキを作ってみてください。

米粉のいちごロールケーキの詳細を見る米粉のいちごロールケーキの詳細を見る

もちもちれんこん餅
もちもちれんこん餅

外はカリカリ、中はもっちりのれんこん餅。米粉は価格こそ小麦粉より少々高いものの、ダマになりにくい米粉を使えば点心も、ふんわりもっちりと仕上がります。桜えびは大さじ1の量でカルシウムが約200mgと豊富に含まれていますので、骨粗鬆症予防や成長期のお子様にはぜひ食べていただきたい食品です。肩こりもカルシウムが不足して背骨が弱くなったために起きる場合もありますので、日常的に摂取していきたいですね。

もちもちれんこん餅の詳細を見るもちもちれんこん餅の詳細を見る

米粉のベジタブルグラタン
米粉のベジタブルグラタン

野菜がたっぷり入ったヘルシーグラタン。小麦粉アレルギーのお子さんでも代用できる「米粉」を使っており、さらに日常のお野菜で、手軽に作れる1品です。
たまねぎの効能は、血液をサラサラにしてくれたり、血管の強化、疲労回復などありますがトマトとの食べ合わせもよく、ガン予防やストレス解消にも効果的。トマトはじゃがいもとの食べ合わせが良く、活性酸素を除去し老化防止が期待できます。普段よく食べる野菜たちも食べ合わせによって相乗効果がうまれますね。おうちにある野菜で簡単にアレンジできて、フライパン1つで出来るのもうれしいところです。

米粉のベジタブルグラタンの詳細を見る米粉のベジタブルグラタンの詳細を見る

さくさくジンジャークッキー
さくさくジンジャークッキー

寒い時期にぴったりしょうが入りのおやつです。混ぜ合わせるだけなので、ケーキと違いコツもいりません。小さじ2位では少し生姜の香りが残る程度なので、お子さんでもおいしく頂けます。体にとても良い「ジンジャーティー」と合わせてどうぞ。この紅茶のカフェインは利尿作用や発汗作用により、体内の老廃物を外に出す働きがあります。テアフラビンという赤い色素には体を温める効果が強力にあります。黒砂糖は甘味をつけるだけでなく、滋養強壮作用、コレステロールや中性脂肪を低下させる作用があるので、おいしく健康的な飲み物になります。生姜のすり下ろしをそのままいれると、食物繊維が一緒にとれるので便秘の人にはお勧めです。
絞った後の生姜は、お茶パックに入れて湯船に入れると、香りも楽しめて体もポカポカ。食後のたのしみにどうぞ。

さくさくジンジャークッキーの詳細を見るさくさくジンジャークッキーの詳細を見る

ごまとおからのヘルシークッキー
ごまとおからのヘルシークッキー

ごまとおからを使ったヘルシークッキーです。ごまには良質なたんぱくを含み、ビタミンE、B群、カルシウム、鉄などのミネラルも豊富な健康食品です。おからは「低カロリーで良質のタンパク質を含む栄養価の高い豆腐や豆乳」の大豆の一部。おかずだけでなくおやつにも活用しましょう。クッキーにはバターや砂糖など糖分が加わるため、健康食材でカロリーを抑えましょう。
※おからは乾煎りしておくと冷凍保存ができ、電子レンジでも手軽にできます。(耐熱皿に広げて600Wで5分、かきまぜて5分)

ごまとおからのヘルシークッキーの詳細を見るごまとおからのヘルシークッキーの詳細を見る

ソイミルクプリン
ソイミルクプリン

女性にうれしい大豆イソフラボンとコラーゲンコンビのぷるぷるスイーツです。
大豆が原料の豆乳には、良質の植物性たんぱく質が豊富にふくまれており、豆乳にすることで、消化吸収がよくなるので効率よく様々な栄養を摂取できます。さらに美肌にも役立つダブルコンビを摂取できるデザートレシピ。豆乳特有の臭みもメープルシロップを使用することで解消!できます。

ソイミルクプリンの詳細を見るソイミルクプリンの詳細を見る

七夕ちらし寿司
七夕ちらし寿司

老若男女問わず、みんな大好きなうなぎ。具だくさんのちらしずしは、美味しくて、見た目にも華やかですので、お子様の偏りがちな食事から味覚や健康を守るためにも、ぜひ取り入れたいメニューです。うなぎは、夏バテ解消の疲労回復の効果や、皮膚などを健康に維持する美容効果、脳卒中の予防、口内炎、丈夫な骨の維持、高血圧の予防などさまざまな効果があります。食材としてごちそう感がありますので、ホームパーティーのメニューとしても便利ですね。

七夕ちらし寿司の詳細を見る七夕ちらし寿司の詳細を見る

さつまいものヨーグルトサラダ
さつまいものヨーグルトサラダ

さつまいもの皮周辺には活性酸素(生活習慣病やがんの原因といわれる)を除去する抗酸化物質が含まれています。皮むかずに調理し、さつまいもの栄養をまるごといただきましょう。

さつまいものヨーグルトサラダの詳細を見るさつまいものヨーグルトサラダの詳細を見る

カルシウムグラタン
カルシウムグラタン

お子様の成長に欠かせない栄養素、カルシウム。残念ながらカルシウムは体に吸収されにくい栄養素ですので、工夫しながら上手に救急率を高めていきたいですね。木綿豆腐は絹こし豆腐よりカルシウム含有量が高いので、ぜひ木綿豆腐をお選びください。牛乳などの「乳製品」、小松菜などの「緑の野菜」、ひじきの「海藻」など様々な食品グループを合わせてみてはいかがでしょうか。

カルシウムグラタンの詳細を見るカルシウムグラタンの詳細を見る

ベジバーグ
ベジバーグ

お子様の苦手な野菜をみじん切りにしてハンバーグに詰め込んだ1品。ハンバーグとして野菜を摂取しながら、徐々に野菜嫌いを克服していけたらいいですね。しいたけは他のきのこ類に、さらだほうれん草は小松菜など別の葉もの野菜を使って代用していただけます。

ベジバーグの詳細を見るベジバーグの詳細を見る

ひとくちロールサンド
ひとくちロールサンド

見た目も可愛らしいひとくちサイズのロールサンドは、大人の方はもちろん、お子様も喜んで食べていただけます。卵の代わりにウィンナーやハムを巻いたり、いちごジャムの代わりにチョコクリームを挟んでもOKとアレンジもたくさんありますね。ご家族で一緒に作られても楽しいですね。

ひとくちロールサンドの詳細を見るひとくちロールサンドの詳細を見る

ひじき豆腐
ひじき豆腐

和菓子のように可愛らしく茶巾絞りの中に練からしをのせた1品。ひじきは美肌に効果のある栄養素で、皮膚を健康に保つビタミンA、便秘 解消に役立つ食物繊維が豊富な食品。凝った料理に見えますが、とても簡単なのでぜひお試しください。

ひじき豆腐の詳細を見るひじき豆腐の詳細を見る

さんまご飯
さんまご飯

手間をかけずに簡単旬の炊き込みごはん風。
さんまには魚の油脂成分DHAが豊富です。
脳の機能を維持し、頭をよくするといわれるDHA、受験生の強い味方です。

さんまご飯の詳細を見るさんまご飯の詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...