20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:579件が該当しました
豆乳野菜スープ
豆乳野菜スープ

温かいものが恋しい季節です。具だくさんの体温まる豆乳和風スープです。
大豆は消化があまりよくない食べ物とされてますが、豆乳になるとその消化吸収率は極めて高くなり、胃腸にやさしい高い栄養素(高タンパク質、脂質)が含まれている「機能性食品」です。豆乳のタンパク質は、コレステロール、血圧を下げて動脈硬化の予防に良いと言われています。
野菜たっぷり具だくさんで、胃腸にも体にも優しい栄養満点のスープでおいしい汁物を楽しみましょう。
好みで水溶き片栗粉でとろみをつけても美味しく温まります。

豆乳野菜スープの詳細を見る豆乳野菜スープの詳細を見る

お餅の梅おろし汁
お餅の梅おろし汁

お餅を使った優しい味の汁もの。簡単に済ませたい時や胃腸が弱っているときにもお勧めのメニューです。
お餅は、白米などに比べて糖質が高く、血糖値が上がりやすいという問題はあるものの、上手に食べればダイエットの大敵というわけではありません。ご飯に比べて噛む回数が少なくなる傾向にあるため、ついつい食べすぎてしまいがち。しっかり咀嚼をしていただけば、腹持ちもよく、満腹の状態が長持ちします。

お餅の梅おろし汁の詳細を見るお餅の梅おろし汁の詳細を見る

こんにゃくのピカタ
こんにゃくのピカタ

低カロリーの代表食材のこんにゃくに卵衣をつけて焼いたピカタ。満腹感もあり、食物繊維も豊富なので、ダイエット中の方や便秘がちの方におすすめしたい1品です。こんにゃくの水気を事前にしっかりとばしておけば、臭みも水っぽさもなくなります。

こんにゃくのピカタの詳細を見るこんにゃくのピカタの詳細を見る

りんごかん
りんごかん

旬のりんごを食感が残るピューレ状にして寒天で固めたりんごかん。甘酸っぱくプルンとした食感で、あとを引くおいしさ。ダイエットにも強い味方の寒天レシピです。 皮つきだと鮮やかなピンク色に、皮をむくとクリーム色になります。りんごは、できればほどよい酸味がある加熱処理向きの紅玉がおすすめです。栄養価はビタミン、ミネラルはもちろん、抗酸化作用があるポリフェノールも含んでいますので、生活習慣予防や風邪対策にもおすすめしたいフルーツです。

りんごかんの詳細を見るりんごかんの詳細を見る

アサリとかぶの蒸し煮
アサリとかぶの蒸し煮

春と秋に旬をむかえる「あさり」ですが、淡白ながらもしっかりしたうまみを持っているので、味付けや調理法はシンプルがお勧めです。あさりの蒸し汁がたっぷり含んだ上品なかぶとかいわれのピリッとした辛みがよく合う1品です。アサリにはタウリンや鉄などのミネラルを含み、コレステロールを下げ、動脈硬化を予防する働きもあると言われています。かぶの葉はカロテンのほか、ビタミンB1、B2、Cなどを方法に含むので美肌効果も期待できます。栄養価の高い「かぶの葉」も捨てずに活用して下さい。

アサリとかぶの蒸し煮の詳細を見るアサリとかぶの蒸し煮の詳細を見る

こんにゃくとしいたけのバルサミコ炒め
こんにゃくとしいたけのバルサミコ炒め

・低カロリーで食物繊維たっぷりの
こんにゃくと椎茸。ダイエットに最適な食材です。
物足りなさを感じないように、
バルサミコ酢やニンニクでコクと旨みを足して、
満足感のあるお惣菜に仕上げます。

・バルサミコ酢は年代の違いによって
さまざまな味わいが楽しめます。
 甘味が足りないと思ったら、
はちみつを少し加えてもおいしくいただけますよ!

こんにゃくとしいたけのバルサミコ炒めの詳細を見るこんにゃくとしいたけのバルサミコ炒めの詳細を見る

鶏むね肉だんごのあんかけ風
鶏むね肉だんごのあんかけ風

みんなが大好きな「肉だんご」を食べ応えがあって、ヘルシーに作りました。「おから」を混ぜ合わせる事で量が増すので、ボリュームがあり、メタボがちなパパやお子様にもピッタリ。
揚げ物ですが、肉だんごの具材は「鶏むね肉」と「おから」でカロリーを抑えています。むね肉は低脂肪で淡白な食材なので、どんな料理にも使いやすく、味付けによってアレンジしやすい特徴があります。やや味もシンプルなので、しょうがの効いたあんかけを絡める事で旨みを味わえましょう。

鶏むね肉だんごのあんかけ風の詳細を見る鶏むね肉だんごのあんかけ風の詳細を見る

大根の照りしょうが煮
大根の照りしょうが煮

シンプルですが、ごはんが進む野菜たっぷりおかず。お弁当のおかずにもよく合うメニューです。ご飯の上にのせて、温泉卵を添えれば立派な丼にも早変わり!大根の葉部分には豊富な栄養素が含まれており、特に大根の葉には抗酸化作用の強いβカロテンが豊富に含有されていますので、葉がついている場合は一緒に調理していただきましょう。

大根の照りしょうが煮の詳細を見る大根の照りしょうが煮の詳細を見る

豆腐とれんこんのつくね
豆腐とれんこんのつくね

れんこんのシャリシャリした歯ざわりが柔らかいお豆腐とマッチした1品。冷めてもかたくならないので、お弁当にもピッタリです。今が旬のれんこんにはビタミンCが多く、野菜にはめずらしいビタミンB1、B2も含まれているので、疲労回復や口内炎、肌荒れを防ぐのに効果的です。食物繊維も豊富なので、体の内側からきれいにしてくれますね!

豆腐とれんこんのつくねの詳細を見る豆腐とれんこんのつくねの詳細を見る

ひじき入りだし巻きたまご
ひじき入りだし巻きたまご

ひじきはカルシウムが豊富であり牛乳の約12倍!!
鉄分の不足は冷え性・肩や首筋のこり、悪性貧血の原因にもなるので、日常の食卓でひじきの栄養をしっかり摂っておきたいです。
そして、約半分が食物繊維であることから、肥満予防効果も期待できます。
育ち盛りのお子様やメタボ気味のお父様、妊婦の方や、授乳婦さんにもぜお勧めしたい1品です。

ひじき入りだし巻きたまごの詳細を見るひじき入りだし巻きたまごの詳細を見る

ヘルシー鶏からあげ
ヘルシー鶏からあげ

ジューシーな鶏のから揚げはカロリーが高いのが気になるところ・・。そんな方におすすめしたい油で揚げずに蒸し焼きにする唐揚げレシピです。にんにくのみじん切りが入ったつけ汁で、香ばしさが出てきます。冷めても美味しいのでお弁当のおかずにも重宝しますね!さらにカロリーダウンしたい方は、鶏の皮を取りのぞきましょう。

ヘルシー鶏からあげの詳細を見るヘルシー鶏からあげの詳細を見る

鶏ささみのゴボウサラダ
鶏ささみのゴボウサラダ

秋から美味しくなるゴボウ。時間短縮のために市販のごまドレッシングを使いましたが、カロリーが高くなるため、分量には気をつけましょう。量を減らすコツは、かけるのではなく、和えていただくこと!食物繊維が豊富なごぼうと、免疫力を高めてくれるにんじんの食べ合わせは便秘予防や肥満防止に効果が期待されますので、ダイエット中の方にはおすすめサラダです。

鶏ささみのゴボウサラダの詳細を見る鶏ささみのゴボウサラダの詳細を見る

しいたけと春菊の卵とじ
しいたけと春菊の卵とじ

お肉を使わない卵とじはカロリーも低くてヘルシー。春菊は牛乳以上のカルシウムとミネラル類を豊富に含んだ緑黄色野菜。独特の香りとしいたけの甘さが相性抜群です。まいため、しめじ、ねぎ、小松菜などを使っても美味しくいただけます。ダイエット中の方のお食事や、お夜食にもおすすめしたい1品です。

しいたけと春菊の卵とじの詳細を見るしいたけと春菊の卵とじの詳細を見る

かぼちゃとにんじんの味噌スープ
かぼちゃとにんじんの味噌スープ

にんじんとかぼちゃにはカロテンが豊富です。カロテンは免疫力を高めてガンや動脈硬化など予防する効果があります。カロテンたっぷりで抵抗力アップ!電子レンジでできる手軽なスープで健康力アップ!ごま油のごま風味が味噌汁とは違うアクセントになっています。

かぼちゃとにんじんの味噌スープの詳細を見るかぼちゃとにんじんの味噌スープの詳細を見る

ジンジャー炊き込みごはん
ジンジャー炊き込みごはん

味付けが意外と難しい炊き込みご飯ですが、おいしい炊き込みご飯ができあがります。<だし汁>を冷まして入れるのがポイントなので、前日から仕込んでおくと時間が短縮できます。
鶏肉は肉類の中でも脂肪が少なく、皮にはコラーゲンがたっぷり、細かく切る事で皮の苦手な人もあっさり食べれます。ごぼうには食物繊維が多く、腸内環境を整えてくれます。人参はカロテンの力で免疫力を高める効果があるので、こまめに摂取したい食物です。主食をでありながら、他の栄養素も一緒に摂れるので、小さいお子さんや老人の方にもおすすめです。生姜を少々入れることで味にアクセントがつくので、生姜が苦手なお子さんには量を調整してください。

ジンジャー炊き込みごはんの詳細を見るジンジャー炊き込みごはんの詳細を見る

きんぴらサラダ
きんぴらサラダ

いつものきんぴらを少しのアレンジでと、豊かな食物繊維とみずみずしい歯ざわりのサラダに変身!味つけしたきんぴらがあれば、ドレッシングいらずで召し上がれてカロリーOFFに。ごぼうに含まれる食物繊維は、消化吸収されずにお腹の中を通過するため、胃や腸をきれいに掃除し便秘を改善、ダイエット中の方の味方にもなり、大腸ガンの予防も期待されます。

きんぴらサラダの詳細を見るきんぴらサラダの詳細を見る

きのこんもり鶏おこわ
きのこんもり鶏おこわ

秋の味覚きのこをたっぷり入った「おこわ」です。いろんな種類のきのこと鶏肉の旨みがごはんにしみこみ、がっつり頂く主食です。きのこには食物繊維が多くで、ビタミンB類、ビタミンD2、ミネラルなどの栄養素も豊富に含んだ低カロリー食材です。きのこの食物繊維に含まれるβ-グルカンという成分は、免疫力を高めて生活習慣病の予防に効果的です。干しシイタケに豊富に含まれる成分エリタデニンは、血中のコレステロールや中性脂肪を減らします。きのこはたんぱく質食品(鶏肉!)と一緒に食べれば、きのこに含まれるビタミンB2との相乗効果により、美肌効果が期待できます。
もち米100%でおなかの持ちもしっかり。行楽のおでかけのお供にいかがですか?

きのこんもり鶏おこわの詳細を見るきのこんもり鶏おこわの詳細を見る

かぼちゃマフィン
かぼちゃマフィン

バターなし、サラダ油なしのヘルシーかぼちゃマフィンです。
甘さ控えめなので、朝食にも代用できます。
かぼちゃには免疫力を高めるカロテンやビタミン類が豊富です。多くの野菜は新鮮な程栄養価が高いのですが、かぼちゃは別で、熟している物が甘みが多く栄養価も高くなります。
野菜といっても「おやつ」なので、子供もよろこんで食べてくれます。
レンジを使うと、下ごしらえも簡単にできます。ふんまりというより、ぽってりもっちりとした食感です。

※容量の目安・・・かぼちゃ1/4コで300g程度です。裏ごしすると200g程度になります。余ったものはラップに包み冷凍保存も可能です。

かぼちゃマフィンの詳細を見るかぼちゃマフィンの詳細を見る

さつま芋とにんじんの白あえ
さつま芋とにんじんの白あえ

箸やすめとしても優しい味の「白和え」は、胃腸にも優しいサラダで、「食欲の秋」にぴったりの1品です。
白和えの衣である「豆腐」は良質なたんぱく質と消化吸収が抜群に良い機能性食品です。
豆腐のたんぱく質は、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させ、血圧上昇を抑えるといわれています。さつま芋とにんじん、さやいんげんの組み合わせは、抗酸化作用が高く、免疫力を高め、美肌効果をもつビタミンCの両方を兼ね備えているので、風邪予防や美肌づくりの相乗効果をもたらします。

さつま芋とにんじんの白あえの詳細を見るさつま芋とにんじんの白あえの詳細を見る

レーズン入りバナナジャム
レーズン入りバナナジャム

バナナはそのまま食べも美味しいですが、調理をすれば保存もきき、さらに美味しくいただけることも。
バナナはポリフェノールによる抗酸化作用は果物、野菜の中でトップクラス。免疫力を高める効果も期待されます。冷やしすぎると傷みやすいので常温で保存しましょう。

レーズン入りバナナジャムの詳細を見るレーズン入りバナナジャムの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

11月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...