20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:579件が該当しました
グリーンアスパラのスープ
グリーンアスパラのスープ

旬のグリーンアスパラを、香りごとたっぷりいただきたいスープです。
アスパラにふくまれるアスパラギン酸には新陳代謝を促すとともに、
タンパク質合成を高める効果があり、滋養強壮や疲労回復、ダイエットに効果的です。
野菜が苦手なお子様やお父様も、スープにすると食べやすくなりますね。

お好みで、アスパラの芽の部分や、生クリームなどを飾ってみてください。

グリーンアスパラのスープの詳細を見るグリーンアスパラのスープの詳細を見る

きのこたっぷりオムレツ
きのこたっぷりオムレツ

不足しがちな必須アミノ酸がふくまれるしめじと、甘い玉ねぎが入ったオムレツ。エリンギの歯ごたえと濃厚なソースでいただくので、少量のお肉でも食べ応えがあります。
エリンギはさつまいもより食物繊維が豊富に含まれているため、ダイエット効果に優れた食材の1つ。コレステロール値を下げる効果もあるため、生活習慣予防には欠かせない存在ですので、積極的に摂っていきましょう。

きのこたっぷりオムレツの詳細を見るきのこたっぷりオムレツの詳細を見る

あじのおすし
あじのおすし

暑さからくる疲労を回復してくれるお酢。火を使わないことも嬉しいポイントの酢飯をつかって、しっかり栄養を補給しましょう。
あじ(鯵)にはビタミンA・B・E、カルシウム、カリウム、タウリンなど様々な栄養素がバランスよく含まれていることから、お子供様の成長や健康の維持、美肌に効果が期待される魚です。
暑い季節には、さっぱりと食べられて食欲が湧くメニューをいただきましょう。

あじのおすしの詳細を見るあじのおすしの詳細を見る

枝豆入り塩つくね
枝豆入り塩つくね

枝豆のつぶつぶの食感、歯応えを楽しめる夏バージョンのつくね。
枝豆の栄養素は、良質なたんぱく質の他、高血圧予防のカリウムや、造血や体の発育を助けてくれる葉酸がしっかり含まれています。
また大根おろしは消化を助けるはたらきをすることもありますので、夏の疲れた胃腸をサポートしてくれます。おろしポン酢でさっぱりいただきましょう。

枝豆入り塩つくねの詳細を見る枝豆入り塩つくねの詳細を見る

さっぱりミントソーダ
さっぱりミントソーダ

暑い季節、体内にこもった熱を追い出すときは、体を冷やす効果のある食材を摂りましょう。ミントや炭酸水は熱を下げる効果が期待されます。ミントはさらに、喉の渇きや炎症を抑えてくれる効果が。はちみつの潤いを足して、さっぱりいただきましょう。

さっぱりミントソーダの詳細を見るさっぱりミントソーダの詳細を見る

グレープフルーツとクコの実の寒天ゼリー
グレープフルーツとクコの実の寒天ゼリー

低カロリーで食物繊維を含む寒天はダイエッターには安心して楽しめるデザート。
クコの実は、ファイトケミカルに分類される栄養が多く含まれている健康食品で、美肌効果が期待できるといわれています。グレープフルーツにはビタミンCが豊富に含まれ、1個で一日に必要な量の7割を摂取できます。またカリウムが多く含まれ、むくみや高血圧の予防に効果的!暑い季節には、見た目も涼しげなフレッシュデザートで楽しみましょう。

グレープフルーツとクコの実の寒天ゼリーの詳細を見るグレープフルーツとクコの実の寒天ゼリーの詳細を見る

米粉の海鮮チヂミ
米粉の海鮮チヂミ

もちっとした食感をいかして米粉をつかったチヂミ。ボリューム満点ですが、低カロリーな食品をたくさん使っていますので、ダイエット中の方にいかがでしょうか。

米粉の海鮮チヂミの詳細を見る米粉の海鮮チヂミの詳細を見る

豚ヒレ肉のトマト煮
豚ヒレ肉のトマト煮

ヨーグルトの酸味が味をそそるカルシウムが摂れる1品。骨は毎日作りかえられていますので、骨の主成分であるカルシウムも毎日摂取したいもの。残念ながらカルシウムは体に吸収されにくい栄養素なので、吸収率をあげてくれるビタミンCの食品と食べ合わせると良いでしょう。今回はトマトやブロッコリーなどビタミンCが豊富に含まれる野菜と一緒に食べましょう。

豚ヒレ肉のトマト煮の詳細を見る豚ヒレ肉のトマト煮の詳細を見る

ホタテのクリームコロッケ
ホタテのクリームコロッケ

ホタテの貝柱は高タンパクで低カロリーな食品の1つ。脂質や炭水化物をエネルギーに変えるビタミンB2が含まれるので、ダイエットやカロリー制限などの時のたんぱく質の摂取にピッタリです。また栄養価の高いほうれん草とじゃがいもの食べ合わせはがん予防や結構を促進してくれる効果があります。

ホタテのクリームコロッケの詳細を見るホタテのクリームコロッケの詳細を見る

さっぱり牛乳ようかん
さっぱり牛乳ようかん

あずきと寒天で作るようかんをアレンジしたレシピ。夏休み中のお子さんと一緒に作っても楽しいデザートです。
お子さんの成長に欠かせないカルシウムを効率よくとるのにおすすめなのはなんといっても牛乳、お休み中のしっかりとりたい栄養素の1つです。牛乳寒天とあずきは相性がいいので、一緒にいただけば甘さを上手にコントロールできるので、手作りならでは1品になります。

さっぱり牛乳ようかんの詳細を見るさっぱり牛乳ようかんの詳細を見る

グリーンアスパラといかのアンチョビパスタ
グリーンアスパラといかのアンチョビパスタ

アンチョビが風味のアクセントになったさっと炒めてできる簡単パスタ。独特のうま味と甘みがあり、料理用途が広いのが特徴のイカは、低脂肪、低カロリー、高たんぱくでダイエットに適しています。アスパラは抗酸化作用が強く、ガン抑制、美容効果が期待され、これからの時期に旬を迎えるお野菜ですので、自然な甘みが楽しめますね。

グリーンアスパラといかのアンチョビパスタの詳細を見るグリーンアスパラといかのアンチョビパスタの詳細を見る

うるめいわしの南蛮漬け
うるめいわしの南蛮漬け

ウルメイワシはいわしの中でも一番低カロリーです。イワシは魚介類の中では比較的脂肪分が多い方ではあるのですが、EPAという多価不飽和脂肪酸が中心で、悪玉コレステロールを減らして、動脈硬化の原因となる血栓の生成を防ぐ働きがあります。丸ごと食べられてカルシウム補給にぴったりですね!

うるめいわしの南蛮漬けの詳細を見るうるめいわしの南蛮漬けの詳細を見る

高野豆腐そぼろ
高野豆腐そぼろ

・高野豆腐は栄養の宝庫!たんぱく質は一般豆腐の7倍、脂質は8倍あります。脂質の代謝を促進する大豆サポニンや、ビタミンE、イソフラボン、そのほかにもカルシウム、マグネシウム、ビタミンK、亜鉛、食物繊維など、アミノ酸以外の栄養素も豊富に含んでいます。女性も積極的にとりいれたい食材です。

・脂質の割合が多いかもしれませんが、その8割以上が不飽和脂肪酸です。中性脂肪やコレステロールをへらす働きにすぐれています。

高野豆腐そぼろの詳細を見る高野豆腐そぼろの詳細を見る

もちもち鬼まんじゅう
もちもち鬼まんじゅう

素朴な野菜の甘みを利用したおまんじゅう。蒸しているのでヘルシーに仕上がり、お年寄りからお子さんのおやつにもよろこばれます。フライパンに水を張り沸騰させ、耐熱皿にクッキングシートを敷き、フタをしてもOKです。白玉粉は上新粉でも代用できます。

もちもち鬼まんじゅうの詳細を見るもちもち鬼まんじゅうの詳細を見る

カイ・ヤッサイ(タイ風オムレツ)
カイ・ヤッサイ(タイ風オムレツ)

タイ料理に欠かせない独特の風味をもつパクチーの香りが漂うオムレツ。挽肉とお野菜を卵で包んだオムレツはほのかに甘みのあってやさしい味わいです。辛さもほとんどないので、辛いものが苦手な方にも美味しくいただける一品です。

カイ・ヤッサイ(タイ風オムレツ)の詳細を見るカイ・ヤッサイ(タイ風オムレツ)の詳細を見る

ピーマンのマッシュルームとひき肉詰め
ピーマンのマッシュルームとひき肉詰め

・ひき肉にたっぷりのマッシュルームをみじん切りにして混ぜることで、カロリーをダウンさせることができます。マッシュルームの代わりにエリンギなども合います。
トマトの中身をくりぬいて、この具を詰めて、オーブンでこんがり焼いてもおいしい野菜のグリルに。

ピーマンのマッシュルームとひき肉詰めの詳細を見るピーマンのマッシュルームとひき肉詰めの詳細を見る

タンドリーチキン
タンドリーチキン

おつまみにも人気の「タンドリーチキン」。鶏肉を香辛料などで半日程漬けこんだ料理ですが、意外や簡単。材料を合わせたビニール袋に漬けこみ、焼くだけ。朝準備しておけば夜にはスパイシーなチキンが手間なくできます。カレー粉に使われるスパイスには、発汗作用で新陳代謝を高め、食欲増進、胃腸の働きを高め、疲労を回復する効能があります。また殺菌作用も高く、食べ物の腐敗を防ぐ効果も持っています。

付け合わせのブルーベリーは6月~7月に店頭でもよく出回ります。そのまま食べても甘酸っぱい酸味がスパイシーなカレー味とよく合います。

タンドリーチキンの詳細を見るタンドリーチキンの詳細を見る

豚しゃぶのガーリックソース
豚しゃぶのガーリックソース

ガーリックの香りが食欲を注ぐ、豚しゃぶとお野菜のヘルシーおかず。豚もも肉は脂肪が少ない赤身肉で比較的柔らかいので、ゆでていただくメニューに適しています。一緒にいただく野菜はニラ、もやし、なす、きのこ類などでも美味しくいただけます。

豚しゃぶのガーリックソースの詳細を見る豚しゃぶのガーリックソースの詳細を見る

パセリバナナスムージー
パセリバナナスムージー

カロテン、ビタミン類、鉄、ミネラル、食物繊維が豊富なパセリは、栄養価が高く消化を良くしてくれる野菜。苦みを和らげるために甘いバナナと合わせていただけば、お子様でも十分飲める甘さに仕上がります。バナナは腸内環境も整えてくれますので、便秘がちな方、美肌を意識されるかたには体の強い味方になってくれるスムージーです。

パセリバナナスムージーの詳細を見るパセリバナナスムージーの詳細を見る

フレッシュベリースムージー
フレッシュベリースムージー

ベリーを混ぜ合わせたアンチエイジングスムージーです。
ブルーベリーには、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、強い抗酸化パワーで疲れ目を癒す効果が期待されます。いちごには、免疫力をアップさせるビタミンCが含まれています。また、ヨーグルトが含有する乳酸菌によって、便秘をふせぎ、にきぴや吹き出物の軽減も期待できます。

フレッシュベリースムージーの詳細を見るフレッシュベリースムージーの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...