20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:579件が該当しました
大根といかの煮もの
大根といかの煮もの

旬の野菜をたくさん食べるレシピ。冬の野菜にはビタミンが多く抵抗力を高めて体を温める働きがあります。大根には、でんぷん分解酵素であるアミラーゼが多く含まれています。アミラーゼは消化吸収を促進するので、胃もたれや二日酔い、胸やけなどを解消する健康効果があります。いかにはビタミンEの抗酸化作用で体内にある過剰な活性酸素を抑えます。おいしい物を飲食する機会の多い年末年始にかけて、食卓にとりいれてはいかかでしょう。

大根といかの煮ものの詳細を見る大根といかの煮ものの詳細を見る

シーフードスープ
シーフードスープ

魚貝類のうまみだけで誰でもおいしく作れる有効成分たっぷりの健康的な一品です。
えび・いか・貝類に含まれるタウリンはコレステロールや血糖値の低下・血圧の上昇を抑えます。えびは高たんぱくでありながら、低脂肪でダイエットにも最適です。いかにはビタミンEの抗酸化作用で体内にある過剰な活性酸素を抑えます。
魚貝類の量を多めにすると、うまみが出すぎて濃い目のスープに仕上がります。具材の量が増えるときはそれに合わせて水の量を少し多めにしてみましょう。

シーフードスープの詳細を見るシーフードスープの詳細を見る

具だくさんのさつま汁風
具だくさんのさつま汁風

具だくさんで野菜のうまみが凝縮したさつま汁です。これ1品で朝食の栄養がぐっとアップします。本来のさつま汁は鶏肉の骨と野菜を一緒にみそで味付けした汁のようですが、鶏むね肉を使用する事でカロリーをぐっとおさえるも、野菜のうまみで美味しさは十分に味わえます。前日から作りおきしておけば、忙しい朝にも栄養価の高いスープで朝から元気に。

具だくさんのさつま汁風の詳細を見る具だくさんのさつま汁風の詳細を見る

クラムチャウダー
クラムチャウダー

電子レンジだけで作れる体温まるスープがです。
じゃがいもにはビタミンC、ビタミンB6、カリウム、などが多くふくまれます。ビタミンCは熱に強いため煮ても壊れにくく、ガン・心筋梗塞などの成人病の予防に効果的です。また、じゃがいもに多く含まれるカリウムは、体内の塩分量を調節し高血圧を予防します。又、クロロゲンは血糖値の安定化を促します。ホワイトソースを作ることで塩分を調整できます。あさりの殻を使用する事や、砂抜きで塩分がふくまれているので、塩は極力ひかえても旨みが出せます。

クラムチャウダーの詳細を見るクラムチャウダーの詳細を見る

小松菜と鶏肉の炒め
小松菜と鶏肉の炒め

小松菜は栄養価の高い野菜で、鉄分、カルシウムはほうれん草以上で、特にカルシウムの量は牛乳並みで野菜の中では飛びぬけています。豊富なビタミンCも風邪予防にも効果があり、カロテンは動脈硬化や生活習慣病にも効きます。手頃な食材でもう1品簡単に作れます。
※小松菜は虫の付きやすい野菜のため残留農薬の多い野菜です。下ごしらえで根元を広げて流水でよく洗い、表面の農薬を落とします。農薬は短時間ゆでるだけで溶けだすので、ゆで時間は1分程で大丈夫です。

小松菜と鶏肉の炒めの詳細を見る小松菜と鶏肉の炒めの詳細を見る

しっとりおから
しっとりおから

おからも「低カロリーで良質のタンパク質を含む栄養価の高い豆腐や豆乳」の大豆の一部。ヘルシーフーズの代表格です。豆乳には少ない食物繊維が多く、カルシウムをたっぷり含んでいます。食物繊維の量はトップクラスで腸内環境を整え、便秘の解消にもなります。生活習慣病や老化防止、大腸ガンの予防にもつながります。

※生おからも「乾煎り」してから冷凍しておくと保存も効くので、作り方6)の時点で生おから全部を乾煎りし、使用する分以外は冷凍保存しておくと便利です。

しっとりおからの詳細を見るしっとりおからの詳細を見る

ごまとおからのヘルシークッキー
ごまとおからのヘルシークッキー

ごまとおからを使ったヘルシークッキーです。ごまには良質なたんぱくを含み、ビタミンE、B群、カルシウム、鉄などのミネラルも豊富な健康食品です。おからは「低カロリーで良質のタンパク質を含む栄養価の高い豆腐や豆乳」の大豆の一部。おかずだけでなくおやつにも活用しましょう。クッキーにはバターや砂糖など糖分が加わるため、健康食材でカロリーを抑えましょう。
※おからは乾煎りしておくと冷凍保存ができ、電子レンジでも手軽にできます。(耐熱皿に広げて600Wで5分、かきまぜて5分)

ごまとおからのヘルシークッキーの詳細を見るごまとおからのヘルシークッキーの詳細を見る

ノンフライ豚じゃが巻き
ノンフライ豚じゃが巻き

油であげないノンフライなので余分な油をカットでき、いつものフライよりも低カロリーです。
豚肉には良質のたんぱく質が豊富で、ビタミンB1も含まれていて疲労回復に効果的です。じゃがいもには免疫力を高めて病気予防の効果があるビタミンCが豊富です。じゃがいもの皮にはガン予防に効果があるというわれるクロロゲン酸が含まれているので、皮つきで調理しても有効成分が活用できます。

ノンフライ豚じゃが巻きの詳細を見るノンフライ豚じゃが巻きの詳細を見る

ヘルシーぶり大根
ヘルシーぶり大根

こってりした味付けの「ぶり大根」ですが、調味料を控える事でヘルシーな仕上がりになります。旬の時期は冬です。これから寒さが増すほどに味も良くなります。ぶりには良質のタンパク質や脂質が豊富に含まれます。背側を使うとカロリーを控える事ができます。ビタミンB群、CやDやEなどもバランスよく含まれ、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮するタウリンも含まれています。出来上がりから少々時間をおくと、大根やぶりに味がしみこみます。

ヘルシーぶり大根の詳細を見るヘルシーぶり大根の詳細を見る

秋のあっさりポン酢ごはん
秋のあっさりポン酢ごはん

具だくさんなのに手軽に作れる嬉しい1品。
ヘルシーで食物繊維が豊富なきのこはぜひ普段の食事に使っていただきたいお野菜です。油揚げは豆腐に比べると脂質が多くなりますが、大豆由来の成分はほぼ変わりなく良質なたんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミンEなどを含んでおり、栄養満点です。ゆずの香りが食欲をさらに増進させてくれますので、お好みで添えてみてはいかがでしょうか。

秋のあっさりポン酢ごはんの詳細を見る秋のあっさりポン酢ごはんの詳細を見る

魚介と野菜のキムチ鍋
魚介と野菜のキムチ鍋

おなじみのキムチを使った寒い冬にピッタリな鍋メニューです。キムチをごま油や豆板醤と一緒に炒めると旨みや辛味が凝縮されスープが美味しくなります。焦げやすいので、水分の多い野菜を加えて炒めると安心。キムチや豆板醤にはカプサイシンが含まれているので、抗酸化作用はもちろん、血行が促進され、代謝アップも期待できます。体の芯から温まるキムチ鍋で、新陳代謝を活発にしましょう♪

魚介と野菜のキムチ鍋の詳細を見る魚介と野菜のキムチ鍋の詳細を見る

ヘルシーローストビーフ
ヘルシーローストビーフ

ローリエとローズマリーがアクセントの赤ワインを煮つめた香り高いソースと一緒にいただく簡単ローストビーフ。フライパン1つで調理ができます。牛肉の中でもカロリーが低い牛モモ肉を使えば、食べ応えがあるわりに低カロリーに仕上がります。牛肉は良質なタンパク質と鉄分が豊富。そのタンパク質には体の働きを正常に保つための必須アミノ酸が含まれていますので、ダイエット中でも避けるのではなく、ヘルシーな調理法でいただきたいですね。

ヘルシーローストビーフの詳細を見るヘルシーローストビーフの詳細を見る

アボガドとヨーグルトのパスタサラダ
アボガドとヨーグルトのパスタサラダ

チョウのような形のパスタ、ファルファッレを使ったサラダはおもてなしにもピッタリ。アボカドは抗酸化作用の強いビタミンEを含んでおり、ビタミンCやリコピンの吸収を助ける効果があるので、トマトとの食べ合わせは◎です。ヨーグルトの栄養価の特徴は乳酸菌の働。悪玉菌の繁殖を抑えて腸の免疫力を高め、便秘や下痢の改善が期待されます。

アボガドとヨーグルトのパスタサラダの詳細を見るアボガドとヨーグルトのパスタサラダの詳細を見る

豆腐と豚にらの炒めもの
豆腐と豚にらの炒めもの

下ごしらえを簡単にする事により、手間が省けます。
相性のよい食材であり、(片栗粉によって)味のしみこんだお肉と薄味の豆腐と一緒に食べることで、食べ応えのある食感になります。
豚肉とにらの相性は良く、にらは豚肉に含まれるビタミンB1の吸収率を高め、糖の分解を促進します。血行をよくして体を温め胃腸の働きも助けます。豆腐にはコレステロールを除去する善玉コレステロールを増やす作用があるといわれているので、栄養価の高いお肉(コレステロールの原因となりやすい)との相性がよく、高血圧、動脈硬化を防ぐ「機能食材」です。

豆腐と豚にらの炒めものの詳細を見る豆腐と豚にらの炒めものの詳細を見る

ヒレ肉の甘辛焼き
ヒレ肉の甘辛焼き

下ごしらえから完成まで簡単に調理できます。ヒレ肉はフライで食べる事が多いと思いますが、小麦粉をまぶす事でタレと肉が絡みしっかりした味付けで食べ応えがあります。豚肉の中でもB1の含有量はヒレ肉が最も多く、脂肪も少ないためヘルシーです。又、ゴマをまぶす事でカルシウム、鉄などのミネラルも摂取できます。冷めても美味しいのでお弁当にもお勧めです。

ヒレ肉の甘辛焼きの詳細を見るヒレ肉の甘辛焼きの詳細を見る

鶏つくねのスープ
鶏つくねのスープ

ヘルシーな鶏つくねのつなぎにジャガイモを使用。ジャガイモにはカリウムを多く含むので、体内の余計な塩分も排出してくれます。ビタミンCも豊富で、でんぷんに包まれているため加熱にも壊れにくい特徴があります。しょうがは肉の臭みをとる作用に加え、血行をよくするので、スープで飲んで体はポカポカ、風邪の流行るこれからの季節にもぴったりです。
鶏つくねからも美味しいダシがでるので、鶏ガラスープは薄めにし、スパイスでコショウをパッと振りかけても美味しくいただけます。

※鶏つくねは少々多めの分量ですが、火が通ったら引き上げて冷凍保存可能。お弁当の1品、朝食の1品のストックにも役立ちます。

鶏つくねのスープの詳細を見る鶏つくねのスープの詳細を見る

秋鯛のバターソテー
秋鯛のバターソテー

どんな白身魚にもアレンジできる万能メニュー。淡白な白身魚もバターでソテーをすれば、しっかり味のおかずになりますね。ただ、バターは10gで75kcalもある高カロリー食材。1日に10g摂取までが理想ですので摂りすぎに注意しましょう。少量でも美味しく風味を出すために、バターソテーの場合は焼きあがりの最後に使うのがポイントです。

秋鯛のバターソテーの詳細を見る秋鯛のバターソテーの詳細を見る

ほくほくじゃがいものジェノバソース添え
ほくほくじゃがいものジェノバソース添え

じゃがいもはカリウム、ビタミンCが多いので高血圧症や喘息、アレルギーにも効果的です。又ビタミンC はでんぷんに包まれているため加熱によって壊れにくいという特徴もあります。粉拭き芋にする事によってほくほく食感が味わえ、この季節にはぴったりのサラダです。ジェノバソースのバジルは、野菜の中でもトップクラスの栄養成分が含まれており、胃腸の働きをよくする働きもあります。
ソースは時間が経つとオイルとバジルが分離してくるので、じゃがいもにかけて添えるよりも、ちいさな容器に入れ、じゃがいもで混ぜながら食べると美味しくいただけます。

ほくほくじゃがいものジェノバソース添えの詳細を見るほくほくじゃがいものジェノバソース添えの詳細を見る

いわしのさっぱり梅煮
いわしのさっぱり梅煮

基本の和食のおかず、いわしの梅煮。骨まで食べれるのが栄養面で嬉しいところです。いわしは、メタボや生活習慣病を予防する高度不飽和脂肪酸DHAとEPAを多く含み、カルシウムとその吸収を助けるビタミンDが豊富なので骨や歯の強化や骨粗しょう症の予防にもなります。しょうがは体を芯から温めてくれますので、これからの季節にぴったりですね。

いわしのさっぱり梅煮の詳細を見るいわしのさっぱり梅煮の詳細を見る

炒りこんにゃくの卵合え
炒りこんにゃくの卵合え

こんにゃくは食物繊維の一種のグルコマンナンを含み、便秘解消に役立つばかりでなく、血中コレステロールと中性脂肪を低下させたり、下血圧降下、ガン抑制の作用があるなど、健康サポートに最適の食材です。しかもノーカロリーですからダイエットにも安心。
卵にはコレステロールが含まれるので敬遠されがちの食材ですが、アミノ酸のすべてが含む優れたたんぱく質食品なので、食べないというよりも、食べる量を制限する事でバランスのよい栄養素が摂取できます。
辛いものが好きな方には仕上げに七味唐辛子を適量振りかけても食がそそるでしょう。

炒りこんにゃくの卵合えの詳細を見る炒りこんにゃくの卵合えの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

9月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...