20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:579件が該当しました
うなぎご飯
うなぎご飯

うなぎには良質のたんぱく質をはじめ、ビタミン、ミネラルが豊富にかつバランスよく配合されています。
皮にはお肌に嬉しいコラーゲンもたっぷり。不足しがちなこれらの栄養素を、無理なくおいしく補ってくれる食材、それがうなぎなのです。土用の丑の日にうなぎを食べて、夏バテ知らずになりましょう!

うなぎご飯の詳細を見るうなぎご飯の詳細を見る

千切り野菜のゴマ和え
千切り野菜のゴマ和え

夏こそ、生の野菜をたくさんとる絶好のチャンスです。中でもきゅうりはそのシャキシャキとした食感とみずみずしい香りが
夏の暑さを吹き飛ばしてくれます。また、きゅうりには体を冷やす作用があるので、節電の今夏は食材で快適に過ごす工夫としてきゅうりを使うのもよいですね。ただし、胃腸の弱い人や元々冷え症の方は食べ過ぎないようにしましょう。

千切り野菜のゴマ和えの詳細を見る千切り野菜のゴマ和えの詳細を見る

ゴーヤの和風蒸し
ゴーヤの和風蒸し

調理に油を使わずに作る、ヘルシーなゴーヤの和レシピ。
味噌の甘味と独特の風味で苦味がやわらぎますが、ゴーヤの苦味は特にわたやたねに多く含まれるので、スプーンでしっかりかき出してから使うとよいでしょう。おからを使うとお肉だけでは補えない、不足しがちな食物繊維も強化できます。もちろんカロリーオフも期待できますので一石二鳥ですね。

ゴーヤの和風蒸しの詳細を見るゴーヤの和風蒸しの詳細を見る

ジンジャエール
ジンジャエール

フレッシュなレモンとしょうがでつくる手作りジンジャエール。辛口にキリリと仕上げるために、唐辛子を少々他の香辛料と一緒に煮立てて作ります。夏の暑さを吹き飛ばしてくれる喉ごしの良いフレッシュジュースを、ぜひお試しください。

ジンジャエールの詳細を見るジンジャエールの詳細を見る

黒ごまバナナミルク
黒ごまバナナミルク

バナナは体をクールダウンさせてくれる夏におすすめのフルーツ。牛乳は美肌効果、ごまは、「血・水」を作り出す臓器に栄養を送ってうるおいを与える作用があり、夏に痛みがちな肌や髪のうるおいを整えてくれる効果が期待されます。ごまは炒るとグンと風味が増しますので、ぜひ炒ってからお召し上がりください。まとめてすって、冷蔵・冷凍も可能です。

黒ごまバナナミルクの詳細を見る黒ごまバナナミルクの詳細を見る

はちみつレモン
はちみつレモン

夏におすすめのドリンクレシピ。はちみつは、体に潤いを与えてくれ、レモンは胃を元気にしてくれます。中華料理でつかわれるクコの実は、滋養強壮(疲労回復)・脂肪肝などの肝臓病予防の効能が期待されています。アイスにする場合は、氷を入れたグラスに注いでお召し上がりください。

はちみつレモンの詳細を見るはちみつレモンの詳細を見る

夏カレー ゴーヤチップス添え
夏カレー ゴーヤチップス添え

夏定番の人気メニュー、カレー。カロリーも高めなのに、ついつい食べ過ぎてしまうカレーはダイエッター泣かせのメニューでもあります・・・
そこで、今回は夏仕様のさわやかであっさりしたカレーを作り、カロリーをOFF。さらには、夏こそしっかりとりたい栄養素「ビタミンC」たっぷりの旬野菜ゴーヤをふんだんに使って仕上げます。
あっさりしたカレーにはライスや付け合せに一工夫すれば、充分満足感が得られます。

夏カレー ゴーヤチップス添えの詳細を見る夏カレー ゴーヤチップス添えの詳細を見る

パッタイ風焼きそば
パッタイ風焼きそば

タイの焼きそば”パッタイ”をアレンジしたパッタイ風焼きそば。甘酸っぱい味が、食欲をそそりますので、暑い夏にもピッタリ!豚ひき肉に含まれるビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える働きを持「疲労回復のビタミン」とも呼ばれ、疲れの元になる乳酸が体内に溜まるのを防いでくれます。暑い夏を乗り切る1品にいかがでしょうか?

パッタイ風焼きそばの詳細を見るパッタイ風焼きそばの詳細を見る

ガパオご飯
ガパオご飯

ガパオ(gapao)というのは、タイでバジルのこと。ガパオご飯は、バジルをつかったタイ風炒め物という意味です。
バジルには濃厚な香りに加えてたくさんの健康効果があります。香りのもとになっているリナロールなどの精油成分には、リラックス効果や集中力を高める効果、食欲をうながし胃腸の働きをよくする効果があります。お肉との相性も◎。黄身をとろっとくずして全体をよく混ぜながらお召し上がりください。
さらにヘルシーにされたい方は、ご飯を雑穀米にすると良いですね!

ガパオご飯の詳細を見るガパオご飯の詳細を見る

ゴーヤオムレツ
ゴーヤオムレツ

卵はほぼ全ての栄養素を含む「完全栄養食品」といわれますが、残念ながらビタミンCは含まれていないのはご存知でしょうか?
そのビタミンCたっぷりの旬野菜ゴーヤをプラスしてオムレツを作れば「完全栄養レシピ」の完成です。
材料もシンプルで、調理時間も短いので忙しい方にもおススメのメニューです。

ゴーヤオムレツの詳細を見るゴーヤオムレツの詳細を見る

夏のビタミンCサラダ
夏のビタミンCサラダ

ビタミンCを豊富に含む野菜代表ゴーヤととフルーツ代表グレープフルーツのビタミンC補給の最強サラダです。この季節に気になるシミやそばかすの原因はメラニン色素の沈着。
それを抑える「美白のビタミンCパワー」たっぷりの夏サラダで美しく、元気に夏を乗り切りましょう。苦みが苦手な方は、ゴーヤを長めに茹でる、ドレッシングにはちみつを少量加えるなどの工夫をすると食べやすくなります。

夏のビタミンCサラダの詳細を見る夏のビタミンCサラダの詳細を見る

ヘルシーバナナケーキ
ヘルシーバナナケーキ

バターをサラダ油に代用してカロリーカットしたバナナケーキ。完熟バナナはもちろん、冷凍バナナでも代用できるので、いつでも作ることができます。バナナの抗酸化力は、果物、野菜の中でもトップクラス!さらに完熟したときがいちばん高いので、皮に黒い斑点がついたころを目安に使ってはいかがでしょうか。

ヘルシーバナナケーキの詳細を見るヘルシーバナナケーキの詳細を見る

コーンとじゃが芋のミルクスープ
コーンとじゃが芋のミルクスープ

牛乳をたっぷり使ったスープレシピ。牛乳・乳製品のカルシウムは吸収性がよく、牛乳1本(200ml)を飲むと約200mgのカルシウムがとれ、成人の1日に必要なカルシウム量の約1/3を摂取できます。食生活が豊かになった今も不足しがちなカルシウム。吸収率を高める食べ方として乳製品から積極的に摂っていきたいですね。

コーンとじゃが芋のミルクスープの詳細を見るコーンとじゃが芋のミルクスープの詳細を見る

いかシューマイ
いかシューマイ

イカは、低脂肪、低カロリー、高たんぱくでダイエットに向いている食材。あっさりしていて柔らかく、うま味たっぷりのシューマイは、皮を細切りにして具にまぶしつけるとボリュームのある食感になり、満腹感が期待できます。作り置きしておけば、お弁当のおかずにもピッタリです。

いかシューマイの詳細を見るいかシューマイの詳細を見る

牛肉とたけのこの八角煮
牛肉とたけのこの八角煮

中華料理では肉の臭みなどを取るために利用する「八角」。スターアニスとも呼ばれますが、今回は旬のたけのこを使って、その独特の香りから少し中華を感じる煮ものにしました。たけのこは食物繊維が豊富で腸の中からきれいにして便秘の症状を改善してくれる効果がある他、コレステロールの吸収を防ぐため、動脈硬化予防にも役立ちます。八角の香りが食欲をそそり、食べごたえのある肉の厚さが満腹感につながります。

牛肉とたけのこの八角煮の詳細を見る牛肉とたけのこの八角煮の詳細を見る

雑穀ロールキャベツ
雑穀ロールキャベツ

キャベツとトマトのほのかな甘みが美味しい野菜たっぷりの栄養満点の1品。キャベツは食物繊維が豊富で、ダイエットをサポートするヘルシー食材としておすすめしたいお野菜です。ビタミンCがずばぬけて豊富で、大きめの葉を2~3枚ほど食べれば、1日に必要なビタミンCを補うことができますので、日常の献立にぜひ取り入れたいですね。

雑穀ロールキャベツの詳細を見る雑穀ロールキャベツの詳細を見る

菜の花のポークロール
菜の花のポークロール

おひたしやからし和え、吸い物の具が定番の菜の花ですが、
主菜と組み合わせるなど、幅広く使える食材のひとつです。
菜の花は生活習慣病に役立つ栄養素が豊富なうえ、野菜のなかではたんぱく質が多いのも特徴のひとつです。
菜の花を巻くことで、少量のお肉でもボリューム感がでて、食べ応えがあります。さらに、油を使わずに煮ているので、カロリーも控えめ。
だしには菜の花から溶け出したビタミンCがたっぷり!薄味に仕上げて、残さずいただきましょう。

菜の花のポークロールの詳細を見る菜の花のポークロールの詳細を見る

ピビン麺風サラダ
ピビン麺風サラダ

ピリ辛ドレッシングにからめる韓国風ピビン麺をパスタでお手軽に。ほどよい甘みと辛さのあるコチジャンドレッシングには、歯ざわりのいい水菜を合わせました。さらに鶏ささみを使って良質のたんぱく質を補いましょう。りんごのさわやかな香りが食欲を増してくれます。

ピビン麺風サラダの詳細を見るピビン麺風サラダの詳細を見る

たけのこご飯
たけのこご飯

春はたけのこが美味しい旬の季節。たけのこは食物繊維が豊富で、腸の中からきれいにして便秘解消のお手伝いをしてくれますので、ダイエット中の方にもぜひ食べていただきたいお野菜です。にんじんを入れる彩りが綺麗ですので、細かく刻んで入れ、だしを利かせてシンプルに炊き上げましょう。

たけのこご飯の詳細を見るたけのこご飯の詳細を見る

コトコト鶏手羽だいこん
コトコト鶏手羽だいこん

鶏肉の皮や骨に多く含まれている「コラーゲン」を摂取するなら、やはり手羽先がおすすめです。このたんぱく質の1つ「コラーゲン」は水溶性なので、今回のように煮込み料理にすると煮汁に溶け出たコラーゲンもしっかりキャッチできるので調理法も工夫をするとよいですね。
鶏手羽先は鶏肉の中ではカロリーが高めなので、一緒に煮込む食材は相性もよく低カロリーな大根はいかがでしょうか。大根は煮物に使うなら肉質が均一な中間の部分を使うとより美味しく仕上がります。

コトコト鶏手羽だいこんの詳細を見るコトコト鶏手羽だいこんの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

1月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...