20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:579件が該当しました
ゴーヤオムレツ
ゴーヤオムレツ

卵はほぼ全ての栄養素を含む「完全栄養食品」といわれますが、残念ながらビタミンCは含まれていないのはご存知でしょうか?
そのビタミンCたっぷりの旬野菜ゴーヤをプラスしてオムレツを作れば「完全栄養レシピ」の完成です。
材料もシンプルで、調理時間も短いので忙しい方にもおススメのメニューです。

ゴーヤオムレツの詳細を見るゴーヤオムレツの詳細を見る

夏のビタミンCサラダ
夏のビタミンCサラダ

ビタミンCを豊富に含む野菜代表ゴーヤととフルーツ代表グレープフルーツのビタミンC補給の最強サラダです。この季節に気になるシミやそばかすの原因はメラニン色素の沈着。
それを抑える「美白のビタミンCパワー」たっぷりの夏サラダで美しく、元気に夏を乗り切りましょう。苦みが苦手な方は、ゴーヤを長めに茹でる、ドレッシングにはちみつを少量加えるなどの工夫をすると食べやすくなります。

夏のビタミンCサラダの詳細を見る夏のビタミンCサラダの詳細を見る

ヘルシーバナナケーキ
ヘルシーバナナケーキ

バターをサラダ油に代用してカロリーカットしたバナナケーキ。完熟バナナはもちろん、冷凍バナナでも代用できるので、いつでも作ることができます。バナナの抗酸化力は、果物、野菜の中でもトップクラス!さらに完熟したときがいちばん高いので、皮に黒い斑点がついたころを目安に使ってはいかがでしょうか。

ヘルシーバナナケーキの詳細を見るヘルシーバナナケーキの詳細を見る

菜の花のポークロール
菜の花のポークロール

おひたしやからし和え、吸い物の具が定番の菜の花ですが、
主菜と組み合わせるなど、幅広く使える食材のひとつです。
菜の花は生活習慣病に役立つ栄養素が豊富なうえ、野菜のなかではたんぱく質が多いのも特徴のひとつです。
菜の花を巻くことで、少量のお肉でもボリューム感がでて、食べ応えがあります。さらに、油を使わずに煮ているので、カロリーも控えめ。
だしには菜の花から溶け出したビタミンCがたっぷり!薄味に仕上げて、残さずいただきましょう。

菜の花のポークロールの詳細を見る菜の花のポークロールの詳細を見る

コトコト鶏手羽だいこん
コトコト鶏手羽だいこん

鶏肉の皮や骨に多く含まれている「コラーゲン」を摂取するなら、やはり手羽先がおすすめです。このたんぱく質の1つ「コラーゲン」は水溶性なので、今回のように煮込み料理にすると煮汁に溶け出たコラーゲンもしっかりキャッチできるので調理法も工夫をするとよいですね。
鶏手羽先は鶏肉の中ではカロリーが高めなので、一緒に煮込む食材は相性もよく低カロリーな大根はいかがでしょうか。大根は煮物に使うなら肉質が均一な中間の部分を使うとより美味しく仕上がります。

コトコト鶏手羽だいこんの詳細を見るコトコト鶏手羽だいこんの詳細を見る

春雨の中華風サラダ
春雨の中華風サラダ

・春雨はあまり栄養素が多く含まれていませんが、低カロリーでボリュームがでるので、ダイエットにも最適な食材です。煮汁を吸いやすいので、スープや麻婆豆腐などに加えると、旨みをたっぷりすっておいしくいただけます。

春雨の中華風サラダの詳細を見る春雨の中華風サラダの詳細を見る

3色雑穀丼
3色雑穀丼

どんぶりにするとついご飯が多めになってしまいがち・・・今回はご飯茶碗に軽く1杯程度の雑穀ご飯でカロリーは控えつつ、ミネラル豊富な主食にします。具はあまり細かくせずに見た目にボリューム感が出るようにします。
お弁当にもぴったりなメニューです。雑穀の栄養はその種類によりさまざまです。お気に入りを見つけてもよいですし、
ブレンドされているものもたくさん出回っているので、少量加えて試してみてはいかがでしょうか。たとえば黒米にはビタミンB1・B2・ナイアシン・カルシウム・マグネシウムなどが含まれており、コレステロール低下や動脈硬化予防など脱メタボにうれしい効果があります。

3色雑穀丼の詳細を見る3色雑穀丼の詳細を見る

手羽先のグリル バルサミコソース
手羽先のグリル バルサミコソース

鶏手羽先は鶏肉の部位の中では脂質が多くコクがあるので、調理法は油を使わない煮物がおススメです。手羽先にはおなじみコラーゲンが豊富に含まれているので、みずみずしい肌を保つためにもうれしい部位です。コクのある鶏手羽肉をさっぱりいただける工夫として、バルサミコ酢を使用するとあっさりとした仕上がりになります。主菜としてはもちろん、ワインのお供にもピッタリな一品です。

手羽先のグリル バルサミコソースの詳細を見る手羽先のグリル バルサミコソースの詳細を見る

箸休めこんにゃく
箸休めこんにゃく

こんにゃくは言わずと知れたダイエットには欠かせない食品。
注目されるのはやはり「食物繊維」です。腸の働きを活発にし、体内の不要な老廃物を吸着し排出してくれるお掃除やさんだけでなく、メタボにうれしい、コレステロールを吸収したり、血糖値を改善してくれる効果も・・・
ただし、こんにゃくは9割以上が水分からできており、栄養は期待できませんので、メニュー名通り、「箸休め」として活用するとよいですね。

箸休めこんにゃくの詳細を見る箸休めこんにゃくの詳細を見る

若鶏と菜の花のお吸い物
若鶏と菜の花のお吸い物

鶏肉のうま味がシンプルに味わえる春のお吸い物。菜の花は、ビタミンC、B1、B2、カルシウム、カリウム、食物繊維が含まれた万能野菜です。その他に、女性に不足がちな葉酸や鉄などのミネラルも含まれています。春の食卓に菜の花料理を一品プラスするだけで、効率的に幅広い栄養を摂取することができるますね。

若鶏と菜の花のお吸い物の詳細を見る若鶏と菜の花のお吸い物の詳細を見る

春のミモザサラダ 
春のミモザサラダ 

白身と黄身が見た目と味のアクセントになるミモザサラダは春のおもてなしメニューにピッタリ。はちみつとマスタードをきかせたドレッシングは、菜の花のほろ苦さを引き立ててくれます。菜の花は栄養価の高い緑黄色野菜。ブロッコリーと同様に豊富に含まれるビタミンCは、水溶性ですので、茹ですぎに注意しましょう。

春のミモザサラダ の詳細を見る春のミモザサラダ の詳細を見る

ひじき豆腐
ひじき豆腐

和菓子のように可愛らしく茶巾絞りの中に練からしをのせた1品。ひじきは美肌に効果のある栄養素で、皮膚を健康に保つビタミンA、便秘 解消に役立つ食物繊維が豊富な食品。凝った料理に見えますが、とても簡単なのでぜひお試しください。

ひじき豆腐の詳細を見るひじき豆腐の詳細を見る

ヘルシー和風ハンバーグ
ヘルシー和風ハンバーグ

1皿で食品数をたくさんとれる、満足メニューです。
今回のハンバーグは和風仕立てなので、具のきのこはえのきとしいたけにしましたが、きのこ類はいずれもローカロリーなので、洋風ならマッシュルームやエリンギなどにしてもよいですね。
付け合せやソース、薬味にも野菜を取り入れて、積極的に摂取することで、人気メニューも栄養バランスのよい1皿に変身します。付け合せはご家庭の冷蔵庫の野菜で代用してみてはいかがでしょうか。

ヘルシー和風ハンバーグの詳細を見るヘルシー和風ハンバーグの詳細を見る

いんげんとしめじのごま和え
いんげんとしめじのごま和え

きのこ類は低カロリーでどんな料理とも
相性がよいのでメタボ予防には欠かせない食材。
いんげんはβ-カロテンやビタミンB群豊富な緑黄色野菜です。
そして、しめじ・いんげん共にビタミンB2が含まれており、
このビタミンB2は脂肪の代謝を助ける役割があります。
肥満防止効果に期待大!な1品です。

いんげんとしめじのごま和えの詳細を見るいんげんとしめじのごま和えの詳細を見る

押し麦のシーフードパエリア
押し麦のシーフードパエリア

食物繊維豊富な押し麦をブレンドしてパエリアを作れば、不足しがちな食物繊維の補給に役立ちます。
便秘の改善をはじめ、肥満予防に効果的です。また、魚介類に多く含まれるアミノ酸の一種「タウリン」は血圧やコレステロールを下げる働きがあり、栄養ドリンクなどに含まれていることからもわかるように、疲労回復にも一役かいます。メタボが気になる、お疲れ気味のお父さんにオススメの炊飯器でできる簡単パエリア。
ポイントはフライパンについた魚介のうまみをしっかりとって炊き込むことです。

押し麦のシーフードパエリアの詳細を見る押し麦のシーフードパエリアの詳細を見る

おあげさんグリル
おあげさんグリル

ご存知の通り、油揚げは薄くきった豆腐を油で揚げたものです。
表面についた古い油は熱湯でしっかり洗い流し、カロリーオフしましょう。
さらに魚焼グリルで焼けば余分な油も使わずにすみます。
オーブントースターでもOK!調理の工夫をして上手にカロリーオフを心がければメタボ予防が習慣化します。
ぜひひと手間なさってみてください。お酒のお供にもぴったりな1品です。

おあげさんグリルの詳細を見るおあげさんグリルの詳細を見る

野菜の生姜そぼろあん
野菜の生姜そぼろあん

中国では古くから風邪薬として利用されている生姜。
体をあたため、血液循環をスムーズにしてくれるので風邪予防に効果的です。
とろみをつけたそぼろあんをかけると、熱々で冷めにくくさらに体があたたまります。

野菜の生姜そぼろあんの詳細を見る野菜の生姜そぼろあんの詳細を見る

白身魚の酒蒸し
白身魚の酒蒸し

白身魚は良質のたんぱく質が豊富な高たんぱく低脂肪な食品です。
消化・吸収もよいことから、病院食でもよく使われます。今回のように油を一切使わずに仕上げると、胃にもやさしく、お子さんからお年寄りまで安心して召し上がっていただける1品になります。
野菜は残り野菜でOKなうえ、オーブンシートで作るのでなんといっても後片付けがか・ん・た・ん!
忙しいお母さんにはなにかとうれしいメニューです。

白身魚の酒蒸しの詳細を見る白身魚の酒蒸しの詳細を見る

トマトのファルシ(きのこソテー)
トマトのファルシ(きのこソテー)

トマトに含まれる赤い色素は抗酸化作用をもつ「リコピン」
リコピンは悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の酸化を抑制してくれるメタボ予防にはかかせない栄養素の一つです。

トマトのファルシ(きのこソテー)の詳細を見るトマトのファルシ(きのこソテー)の詳細を見る

ズッキーニのマリネ ミルフィーユ仕立て
ズッキーニのマリネ ミルフィーユ仕立て

ズッキーニはフランス料理やイタリア料理によく登場する食材のひとつで、意外にも?!カボチャの仲間です。
ズッキーニに含まれているカロテンは、油と一緒に加熱調理すると吸収率が上がり、免疫力UPにつながります。
皮膚や粘膜を正常に保つビタミンB2も含まれているので、美肌効果もあります。
じっくり加熱すると甘みが増して、味わい深くなります。 

ズッキーニのマリネ ミルフィーユ仕立ての詳細を見るズッキーニのマリネ ミルフィーユ仕立ての詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...