20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:579件が該当しました
さけとちりめんじゃこのふりかけ
さけとちりめんじゃこのふりかけ

お子様の成長や女性に必要なカルシウム。
そのカルシウムをたっぷりのちりめんじゃこに加え、カルシウムの吸収を促進するビタミンD が豊富に含まれる鮭を使ったふりかけは、常備菜にも、お弁当のおかずにもピッタリです。生活習慣病やガン予防のためには、日常的に免疫力を高めることが有効。そのためには「抗酸化力」をつけるライフワークを実現していきたいですね。
ちりめんじゃこは軽く洗って塩けを少し落とすと、さけの塩けとなじみやすくなって、口当たりも柔らかくなります。

さけとちりめんじゃこのふりかけの詳細を見るさけとちりめんじゃこのふりかけの詳細を見る

れんこんと鶏ささみの梅肉サラダ
れんこんと鶏ささみの梅肉サラダ

れんこんの美味しい時期は11月~春先まで。ビタミンCが豊富でビタミンB1、B2も含まれているため、疲労回復や目の充血、肌荒れ防止に役立ちます。他にも食物繊維も豊富なので腸内の発がん物質など有害物質を排泄し、善玉菌が増え、腸内環境が整います。ヘルシーな鶏ささみで少しボリュームのある食感になり、満腹感も期待できます。れんこんと鶏肉の食べ合わせは、造血作用による貧血防止や肝機能の強化にも効果があり、貧血がちな女性にはおすすめしたい1品です。

れんこんと鶏ささみの梅肉サラダの詳細を見るれんこんと鶏ささみの梅肉サラダの詳細を見る

肉みそごぼう
肉みそごぼう

ごぼうの食感た楽しい1品。混ぜご飯にするだけでもごちそうになりますし、便利な常備菜としても活躍してくれます。ごぼうは食物繊維が特に多く、腸内環境を整えてくれる代表野菜。便秘解消、整腸、発がん性物質の排除などの効果がありますので、積極的に食べていきたいですね。

肉みそごぼうの詳細を見る肉みそごぼうの詳細を見る

砂肝のカリカリソテー
砂肝のカリカリソテー

砂肝は低カロリーながら、鉄分、ミネラルの他に、糖質の代謝を助けてくれるビタミンB1、脂肪の代謝を助けてくれるビタミンB2が豊富に含まれていて、ダイエット的にはとってもうれしい栄養素をたくさん持っています。また、食感がコリコリしていて、噛む回数が自然に増えて、満腹中枢に働きかけてくれ、硬いながらも胃腸にやさしいというおまけつき。ビタミンB群の吸収を助けてくれる野菜、ニラとも相性バグツンです。

砂肝のカリカリソテーの詳細を見る砂肝のカリカリソテーの詳細を見る

白菜と鶏肉の豆乳スープ
白菜と鶏肉の豆乳スープ

人気の「あったかスープ」を旬の野菜を使って簡単にヘルシーに作りましょう。
白菜は特に芯葉の黄色っぽい部分に甘みがありビタミンCもたっぷりあります。余分な塩分を排出し高血圧予防が期待できるカリウムなど健康に欠かせないミネラル類も含んでいます。食欲のない時にも食べやすく栄養補給にもうってつけの体に優しい野菜です。鶏もも肉は鶏肉の中でも脂肪が多めですが、こくのある味で、焼き目をしっかりつけてスープに入れると香ばしい食感と食べ応えがありますが、その分豆乳を使ってヘルシーに仕上げています。

白菜と鶏肉の豆乳スープの詳細を見る白菜と鶏肉の豆乳スープの詳細を見る

かぼちゃのヘルシーサラダ
かぼちゃのヘルシーサラダ

かぼちゃは免疫力を高めるカロテンやビタミン類が豊富に含まれ、
緑黄色野菜の中でも栄養価の高い野菜です!
脂質と一緒に摂ると吸収率がアップするのでマヨネーズとの相性も抜群。
マヨネーズのカロリーを抑えるために、牛乳を加えてヘルシーにしましょう。
あと1品加えたいときや、朝食にもぴったりの1品です。

かぼちゃのヘルシーサラダの詳細を見るかぼちゃのヘルシーサラダの詳細を見る

柑橘ドレッシングサラダ
柑橘ドレッシングサラダ

ミカンやグレープフルーツなどの柑橘系の風味を活かした手作りドレッシングのサラダ。ごま油のしっかりした味と相性が抜群です。市販のドレッシングよりカロリーを抑えることができ、さらにかけて食べるよより和えた方が、全体的なドレッシングの量を少なくすることもできますので、ぜひ和えていただきましょう。サラダの野菜は、レタスやキャベツ、きゅうりトマト、セロリなど、お好みでアレンジしてください。

柑橘ドレッシングサラダの詳細を見る柑橘ドレッシングサラダの詳細を見る

根菜のパスタスープ
根菜のパスタスープ

れんこん、にんじんなどの根菜がごろごろ入り、パスタも入った食べごたえ充分なスープ。野菜が苦手な方もスープにすれば味がしっかりしみこんで美味しくいただけます。れんこんは体の内側からキレイにしてくれるカリウム、カルシウム、鉄、銅などのミネラル分がたっぷり。食物繊維も多く含まれています。

根菜のパスタスープの詳細を見る根菜のパスタスープの詳細を見る

さつまいもとかぼちゃのベーコン炒め
さつまいもとかぼちゃのベーコン炒め

ベーコンの旨みと染み出る脂を利用したメニュー。
さつまいもにふくまれるビタミンCは、リンゴの10倍以上もあり、抵抗力をアップしたり、美肌効果もあり、活性酵素を除去するので、ガンの予防にも活躍します。このビタミンCを壊さないためには、皮の付いたまま調理すると良いです。かぼちゃの栄養であるビタミンAやEの吸収をよくするためには、油脂を含む食品と一緒に食べるようにすると良いので、ベーコンとの相性も抜群です。

さつまいもとかぼちゃのベーコン炒めの詳細を見るさつまいもとかぼちゃのベーコン炒めの詳細を見る

お豆腐と銀杏のとろみ煮
お豆腐と銀杏のとろみ煮

秋が旬の銀杏(ぎんなん)ですが、最近は水煮の銀杏をよくみかけ、殻付き銀杏をあまり見かけませんね。銀杏には速効性の高いエネルギー源である糖質と感染症を予防する働きをもつカロテンが豊富なのが特徴ですが、ビタミンCも多く含んでいるので、風邪をひきやすい季節の変わり目にぴったりの食材です。仕上げで煮汁にしょうがを加えると、朝夕冷え込むこの季節に体が温まります。

※銀杏には「メチルピリドキシン」という物質によって大量に食べると食中毒を起こす事があるので、5歳未満のお子様には与えない方がよいと言われています。

お豆腐と銀杏のとろみ煮の詳細を見るお豆腐と銀杏のとろみ煮の詳細を見る

豚肉の南蛮漬け
豚肉の南蛮漬け

お野菜をたっぷり入れてサラダ感覚でいただけるダイエッターにおすすめなメニュー、南蛮漬け。南蛮漬けは、鷹の爪(赤唐辛子)を入れた合わせ酢に漬けたもの。酢は煮立たせることで味がまろやかになります。お酢の有名な健康効果は、お酢が血液をサラサラにしてくれること。お酢パワーで血流を改善し代謝を活発にしましょう!

豚肉の南蛮漬けの詳細を見る豚肉の南蛮漬けの詳細を見る

炊き込みパエリア
炊き込みパエリア

具だくさんで手間いらずな炊き込みのパエリアです。
カレー粉は少量でほんのり色づきカレー風味がつく程度なのでお子様でも、召し上がれます。あさりの貝殻から具を取ったり、手羽中の骨と身をせせる事で、食べてるうちに満腹感が得られて脳の刺激にも効果的です。
野菜からの栄養が加熱によって溶けだしても、ご飯が吸いこんでくれるので、余すとこなく摂取できます。トマト色素に含まれるリコピンは、紫外線や放射能、ストレスなどからの活性酸素のダメージから守る働きがあります。ミニトマトは甘みや酸味、香りがしっかりしているので、加熱して形が崩れてもトマトの旨みは損なわれずに頂けます。

炊き込みパエリアの詳細を見る炊き込みパエリアの詳細を見る

生ハムサラダピザ
生ハムサラダピザ

高カロリーなピザ用チーズを少量にして、比較的低カロリーなモツァレラチーズを使い、サラダをたっぷりとのせていただくサラダピザ。チーズは、脂肪分が多いため高カロリーなイメージですが、種類によって低カロリーなものもありますので、まったく食べないよりは、低カロリーのものを上手に取り入れていきたいですね。
ハムの中でも塩分が多い生ハムは、味のアクセント程度に少量いただきましょう。

生ハムサラダピザの詳細を見る生ハムサラダピザの詳細を見る

お豆腐ペッパースープ
お豆腐ペッパースープ

たっぷりの野菜を入れ、こしょうをたっぷり入れるので体が温まるヘルシーなスープ。豆腐は歯ごたえもあり、絹ごし豆腐に比べると約3倍のカルシウムが含まれていますので、女性や育ち盛りのお子様にもおすすめです。片栗粉でとろみをつけていますので冷めにくく、節電の冬にもぴったり!ダイエット中でも満腹感が得られる1品です。

お豆腐ペッパースープの詳細を見るお豆腐ペッパースープの詳細を見る

鶏手羽の和風カレー煮
鶏手羽の和風カレー煮

時間をかけて煮込んだ大根は味が染みて美味しく、鶏手羽のコラーゲンも一緒に摂取できるヘルシーメニュー。鶏手羽にはビタミンAも含まれており、粘膜を丈夫にして、病気の回復を助ける働きが期待されます。大根を煮る時間がない人は、冷凍した大根か干した大根を使えば、短時間でも美味しくいただけますので、お試しください。

鶏手羽の和風カレー煮の詳細を見る鶏手羽の和風カレー煮の詳細を見る

ほうれん草のワンタンスープ
ほうれん草のワンタンスープ

ワンタンの皮のツルンとしたのどごしが楽しみなスープ。包む手間がないため、簡単に作れます。
ほうれん草は造血作用があるため、貧血でお悩みの方や「どうしても元気が出ない」という時には最適な野菜です。がん予防効果があるとされるカロテンも非常に多いため、積極的に食べたい野菜の1つです。しょうがを加えることで、香り豊かになり、胃を刺激して胃の調子を整えてくれるので、風邪のひき始めにもおすすめしたいメニューです。

ほうれん草のワンタンスープの詳細を見るほうれん草のワンタンスープの詳細を見る

にんじんと押し麦の豆乳スープ
にんじんと押し麦の豆乳スープ

風邪をひきやすい時期、免疫力UPの野菜を使った栄養たっぷりのスープ。人参、パセリの食べ合わせは風邪予防にピッタリ!押し麦は、食物繊維やビタミンB群、さらに日本人には不足しがちな栄養素のひとつであるカルシウムを多く含んでおり、さらに低カロリーな豆乳を使えば、ダイエットにもピッタリなスープに早変わり!スープランチにもおすすめです。

にんじんと押し麦の豆乳スープの詳細を見るにんじんと押し麦の豆乳スープの詳細を見る

たこのイタリアン・ソテー
たこのイタリアン・ソテー

たこは強火で手早く炒めないと、身が固くなって風味も落ちますので注意を。
たこは、高たんぱく低カロリーなのでダイエットに格好の食材。また、アミノ酸の一種で抗酸化作用が強いタウリンという成分が多く含まれており、血圧の上昇抑制、コレステロールや血糖値低下、心臓や肝臓の機能強化にはたらきます。ビタミンCが豊富なさやえんどうとの食べ合わせはスタミナアップが期待されますので、食欲がないときや疲れたときなどに、さっぱりといただきたい1品です。

たこのイタリアン・ソテーの詳細を見るたこのイタリアン・ソテーの詳細を見る

サーモンカナッペ
サーモンカナッペ

パーティーの前菜にピッタリな簡単カナッペ。サーモンとさっぱり味のトマトの2種類の彩り豊かな1品です。鮭に含まれる栄養素は骨粗鬆症や骨軟化症の予防に効果があるカルシウムやビタミンD、皮膚の免疫向上に役立つビタミンA、ビタミンB群や、D、Eなども多く含まれ、お肌の栄養補給・美肌づくりに効果的な食品です。トマトに含まれるビタミンCを合わせれば、ビタミンACEと呼ばれる風邪予防に強い味方の栄養素もしっかり補えます。

サーモンカナッペの詳細を見るサーモンカナッペの詳細を見る

ホタテのソテー
ホタテのソテー

フライパン1つでできる野菜たっぷりソースを添えたホタテソテーです。
ホタテは低脂肪で良質なたんぱく質が摂れる食材で、タウリンのほかミネラルを豊富に含み、コレステロールを下げて動脈硬化を予防する効果もあります。にんじん+セロリ+たまねぎの食べ合わせは、風邪予防や糖尿病予防、肥満防止の効果も良いと言われています。食材それぞれの特徴を活かしたからだにもおいしい「食べ合わせ」です。

ホタテのソテーの詳細を見るホタテのソテーの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

11月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...