20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:579件が該当しました
しそみょうがの豚しゃぶ
しそみょうがの豚しゃぶ

香り高く特有の味わいを持ったみょうがの香り成分は、血液の循環を良くし、消化を促進する働きがあります。青じそはカロテン、ビタミン、ミネラルなども豊富で、特にカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラス!どちらも夏の香味野菜です。おいしい季節に相性の良い豚肉と食して下さい。豚肉に含まれるビタミンB1は筋肉にたまっていく疲労物質「乳酸」を取り除くので、夏バテにお勧めの1品です。簡単に作れるのもうれしいですね。

しそみょうがの豚しゃぶの詳細を見るしそみょうがの豚しゃぶの詳細を見る

夏野菜のラタトィユ
夏野菜のラタトィユ

野菜の中で特に夏期に収穫される夏野菜。その中でも代表的なナス、トマト、ズッキーニを使ったトマト煮のラタトゥイユ。夏野菜は、カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどを多く含む野菜が多く、夏ばてなどに効果が高いと言われてます。温かくても冷たく冷やしても美味しくいただけるラタトゥイユはぜひ一度作りたいメニューの1つですね。セロリや南瓜など、お好みで野菜を足してみてください。

夏野菜のラタトィユの詳細を見る夏野菜のラタトィユの詳細を見る

枝豆生姜ごはん
枝豆生姜ごはん

すがすがしい夏の訪れを楽しめるシンプルな混ぜご飯。豆と野菜の両方の栄養的特徴を持った緑黄色野菜で、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、食物繊維、鉄分などが豊富に含まれています。また、しょうがの辛み・香り成分には抗酸化作用があり、老化を防ぎ、がんの発生・進行を防ぐ効果がありますので、メタボパパにはぴったりなメニューですね。

枝豆生姜ごはんの詳細を見る枝豆生姜ごはんの詳細を見る

ベーコンとじゃがいものさっぱりサラダ
ベーコンとじゃがいものさっぱりサラダ

マヨネーズを使わないさっぱり味のポテトサラダ。ベーコンのしっかりした味があり、冷めても美味しく食べられるので、お弁当のおかずにもピッタリです。じゃがいもには、ご飯の3倍ものビタミンB1が含まれており、ビタミンB1は糖質を体の中で分解する酵素をサポートして、エネルギーに変える能力 がありますので、ビタミンB1によって糖質が効率よく使われ、脂肪として体に蓄積されにくくする働きがあるということです。脳にも十分なエネルギーが供給されるので、集中力がついてイラつきも少なくなります。

ベーコンとじゃがいものさっぱりサラダの詳細を見るベーコンとじゃがいものさっぱりサラダの詳細を見る

ナスとベーコンの和風パスタ
ナスとベーコンの和風パスタ

ベーコンを使ったコクと旨味が加わった和風パスタ。ナスにはブルーベリー同様、目の疲労や視力回復の効果がある他、活性酸素の働きを抑制しガン予防の効果も期待されます。できれば、皮も一緒にいただきましょう。

ナスとベーコンの和風パスタの詳細を見るナスとベーコンの和風パスタの詳細を見る

おくらのチヂミ
おくらのチヂミ

おくらはスタミナ野菜の定番!手軽に一品作れるので、「あと1品」が足りない時に重宝してくれますね。今回もオクラだけで作れる簡単で美味しいチヂミ。お子様のおやつやお父さんのおつまみにいかがでしょうか。
おくらのネバネバのもとになっているのは、食物繊維としてはたらくペクチンとムチン。ペクチンは腸内の善玉菌を増やし、整腸効果が期待されます。ムチンは粘膜を保護する効果が。体力アップにペクチン、ムチンパワーのおくらをぜひ、どうぞ。

おくらのチヂミの詳細を見るおくらのチヂミの詳細を見る

オクラの豚肉ロール
オクラの豚肉ロール

オクラのグリーンが食欲をそそる一品。
オクラのネバネバ成分は、整腸効果のある水溶性の食物繊維。血中のコレステロール値を下げる働きもあります。たんぱく質の消化と吸収を助ける作用もあるため、豚肉との食べ合わせもよく、免疫力向上やスタミナ増強にも効果が期待されます。
カロリーをさらに抑えたい方は、塩焼きにした後、大根おろしとポン酢をつけても美味しくいただけます。

オクラの豚肉ロールの詳細を見るオクラの豚肉ロールの詳細を見る

パッタイ(タイ風焼きそば)
パッタイ(タイ風焼きそば)

甘酸っぱい不思議な味のタイの焼きそば「パッタイ」は、タイのお米でできた麺を使います。ベタベタくっつく場合は水分を加えて調整しながら炒めましょう。パクチーの香草が食欲をそそる1品です。もやしとニラシャキシャキした歯応えを楽しめる1品ですね。

パッタイ(タイ風焼きそば)の詳細を見るパッタイ(タイ風焼きそば)の詳細を見る

鶏もものさっぱりビネガー煮
鶏もものさっぱりビネガー煮

たっぷりの玉ねぎの上にお肉をのせてビストロ風に。白ワインビネガーは、煮込み料理やドレッシングなど様々なお料理に活躍してくれる調味料の1つです。玉ねぎはたまにどっさり食べるより、毎日50g(中たまねぎ1/4程度)を食べれば血液サラサラ効果が期待されます。このメニューで1日の玉ねぎ摂取はOK!

鶏もものさっぱりビネガー煮の詳細を見る鶏もものさっぱりビネガー煮の詳細を見る

長芋のチーズ焼き
長芋のチーズ焼き

長芋のほくほくとした食感と甘みをたっぷり感じられるシンプルレシピ。長芋は消化の良いスタミナ食ですので、疲れたときや胃腸が弱ったときにおすすめです。手のかゆみが気になる方は冷凍してから調理すると比較的やわらぐことができるでしょう。

長芋のチーズ焼きの詳細を見る長芋のチーズ焼きの詳細を見る

ごぼうハンバーグロコモコ丼
ごぼうハンバーグロコモコ丼

ごぼうのささがきがたっぷり入ったお肉に負けないボリュームのハンバーグを彩り豊かなロコモコ丼にしてみました。
お肉の代わりに木綿豆腐を使うことでカロリーを抑えています。
ごぼうに含まれる食物繊維は、便秘解消、整腸、発がん性物質の排除などに効果的。血糖値の上昇を抑制する働きもありますので、メタボ対策にもバッチリ!
よく噛んで食べることが大切なお子様にも、お昼ご飯にいかがでしょうか。ごぼうは水にさらすとうまみも出てしまうので、そのままささがきにして調理しましょう。

ごぼうハンバーグロコモコ丼の詳細を見るごぼうハンバーグロコモコ丼の詳細を見る

豚肉のとろ卵煮
豚肉のとろ卵煮

あっさり味の鳥がらベースとレモン風味が漂う丼。豚肉の旨味と味のしみた大根が食欲をそそります。とろりとした卵は、子どもからお年寄りまで大好きですね。
豚肉は、疲労回復の効果の他、強い抗酸化作用を持つビタミンB2、ビタミンEも豊富に含んでおり、老化やガンの原因になる活性酸素を除去したり、動脈硬化の原因になる過酸化脂質の生成を防ぐ働きがあります。

豚肉のとろ卵煮の詳細を見る豚肉のとろ卵煮の詳細を見る

鶏肉の根菜煮
鶏肉の根菜煮

鶏肉は牛・豚肉と比べて淡白で、低脂肪、皮を除けばコレステロールも抑える事ができます。また消化吸収が早く、たんぱく質を豊富に含み、ビタミンAが豊富です。ビタミンAは、粘膜や皮膚を健康に保つ効果があります。これは脂溶性ビタミンで脂肪に溶けやすいので、調理は油と一緒に調理するとよいでしょう。ごぼうやレンコンには食物繊維が豊富で腸内環境を整える効果が期待されます。冬が旬の根菜や葉ものは火を通すと美味しくなりますので、良質なたんぱく質を旬の野菜と召し上がって下さい。

鶏肉の根菜煮の詳細を見る鶏肉の根菜煮の詳細を見る

豚コンのしょうが焼き
豚コンのしょうが焼き

豚肉を通常の半分に減らし、こんにゃくを加えて満腹感はそのままにした1品。お肉が好きでついつい食べすぎてしまいがちな人にいかがでしょうか。冷めても美味しいのでお弁当のおかずにも合います。ねごや玉ねぎは、豚肉のビタミンB群の吸収率がアップさせ疲労回復効果を増進してくれますので、積極的に一緒に調理したいですね。

豚コンのしょうが焼きの詳細を見る豚コンのしょうが焼きの詳細を見る

トマトとタコの緑あえ
トマトとタコの緑あえ

トマトやきゅうりは、夏の暑さ払いにぴったりのみずみずしいお野菜。低カロリーなタコと一緒に召し上がりましょう。甘みの強いフルーツトマトを使ったり、冷たく冷やして食べると美味しさが引き立ちます。

トマトとタコの緑あえの詳細を見るトマトとタコの緑あえの詳細を見る

サーモンの黒ごまパン粉焼き
サーモンの黒ごまパン粉焼き

揚げものが食べたい時には、衣に風味をつけてノンフライにすれば、カロリーを抑えても美味しくいただけます。サーモンは、良質なたんぱく質が含まれている他、ビタミンが豊富な魚で、特に、ビタミンDが多く、カルシウムの吸収を手助けしてくれますので、お子様の成長時期にしっかりいただきたいお魚の1つです。
そのままでも美味しくいただけますが、お好みでレモン汁をふっていただきましょう。

サーモンの黒ごまパン粉焼きの詳細を見るサーモンの黒ごまパン粉焼きの詳細を見る

昆布のピリ辛佃煮風
昆布のピリ辛佃煮風

だしを取った後の昆布も立派なおかずに早変わり!あつあつのご飯にはもちろん、ちょっとした箸休めにも最適です。昆布はカルシウム、食物繊維など、日常的に摂りたい栄養がたっぷり含まれている上に、低カロリーなのでカロリー摂取の気になる方にうれしい食品ですね。

昆布のピリ辛佃煮風の詳細を見る昆布のピリ辛佃煮風の詳細を見る

さっぱりトマトそうめん
さっぱりトマトそうめん

トマトは緑黄色野菜の代表選手!
赤い色素に含まれるリコピンは、抗酸化作用があり、老化の防ぐ、肌や皮膚を守る美肌作用、ガン予防にも効果がある健康野菜。生で食べるときはなるべく完熟したものを選びましょう。
きゅうりは、セロリや青じそに変えても美味しくいただけます。
オリーブオイルは、善玉を増やす効果があるので体に良いのですが、
1g9キロカロリーもあるので、1日の摂取量は控えめに。
おおよその目安としては、1日に1人大さじ1杯程度としましょう。

さっぱりトマトそうめんの詳細を見るさっぱりトマトそうめんの詳細を見る

ロースハムとキャベツの米粉焼き
ロースハムとキャベツの米粉焼き

小麦アレルギーの方の代替品として利用することができる米粉。小麦粉はパンや菓子だけでなく、麺類や天ぷらなどの衣など広範囲で使われているので米粉を代用することで、バラエティに富んだ食事を楽しむことができますね。また、食べた感じが軽いのが米粉で焼いたときの特徴です。ダイエットにぴったりなお野菜のキャベツでお試しください。

ロースハムとキャベツの米粉焼きの詳細を見るロースハムとキャベツの米粉焼きの詳細を見る

ひじきのサラダ
ひじきのサラダ

カルシウムが豊富な栄養満点サラダです。ひじきにはカルシウム、食物繊維、鉄分が豊富で、女性特有の症状にぴったりの食材です。妊婦、発育盛りの子供、お年寄りにも是非お勧めです。又、食物繊維は肥満防止にも良いとされてるので、肥満が気になる人にもうれしい食材です。
カルシウムが効率よく働くには、マグネシウムが必要とされていますが、ひじきにはマグネシウムもバランスよく含まれており、ドレッシング(酢のクエン酸)と混ぜ合わせる事で、カルシウムの吸収にも食べ合わせ効果が発揮できます。
えのきの食感がのどにぬるっと入って食べやすく、箸やすめにいかがですか?

ひじきのサラダの詳細を見るひじきのサラダの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

11月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...