20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:579件が該当しました
あっさりひじき煮
あっさりひじき煮

冷蔵庫に常備しておけば、卵焼きやチャーハン、ちらし寿司に混ぜるなど用途が多彩で便利なひじき煮。水溶性食物繊維やミネラルを豊富に含むひじきは、何といってもカルシウムの含有量が豊富。一人当たり1回で食するひじき(15g)に含まれるカルシウムの量は、牛乳1杯分に匹敵します。
カルシウムを効率よく吸収するためには、大豆製品を一緒にいただくと吸収率が良くなるますのでおすすめです。

あっさりひじき煮の詳細を見るあっさりひじき煮の詳細を見る

お揚げの鶏挽肉はさみ焼き
お揚げの鶏挽肉はさみ焼き

鶏肉と大豆の良質のたんぱく質をたっぷり含み、れんこんの食感もありますので満腹感も十分なダイエットにはおすすめのヘルシーメニュー。お弁当のおかずにもおすすめです。油揚げなどの大豆製品に含まれるイソフラボンは、ポリフェノールの一種で、女性ホルモンと似た働きがあることで注目されています。更年期の不調を予防、改善する効果や、骨量の減少を抑制したり、骨量を増やしたりして骨粗鬆症を予防する働きがあると考えられています。

お揚げの鶏挽肉はさみ焼きの詳細を見るお揚げの鶏挽肉はさみ焼きの詳細を見る

ビタミンCゆずドリンク
ビタミンCゆずドリンク

ゆずには柑橘類の中でもトップクラスのビタミンCを含んでいます。また、ゆず皮にはコラーゲンも豊富なので、果実、皮を利用した「ゆずドリンク」は美容にとても効果的。また含まれる栄養素のペクチンは、食物繊維として腸を整え、腸からのコレステロールの吸収を調節し、血中のコレステロールの上昇を抑える働きもします。まさに体の内から外からキレイにしてくれる旬のお野菜ですね。
子供から大人まで飲める、安心・安全な「ゆずジュース」を作り置きしてはいかがですか。

ビタミンCゆずドリンクの詳細を見るビタミンCゆずドリンクの詳細を見る

ちくわときゅうりの梅おろし和え
ちくわときゅうりの梅おろし和え

体の具合が悪い時、風邪をひいた時、食欲がない時には、消化が良く、栄養価が高く、免疫力を高める食事をいただきたいものですね。そんなときに
海藻と野菜を使ったビタミン・ミネラルたっぷりの和えものをさっぱりといただきましょう。

ちくわときゅうりの梅おろし和えの詳細を見るちくわときゅうりの梅おろし和えの詳細を見る

カマンベールチーズ焼きかぼちゃ
カマンベールチーズ焼きかぼちゃ

かぼちゃの甘みとバルサミコ酢のマイルドが酸味がほどよいグリルメニュー。
かぼちゃは各種ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく含む緑黄食野菜です。中でも注目したいのがカボチャに豊富なビタミンA、C、E。熟していないものは甘みが弱くカロテンも少ないので、丸のままなら時間を置いておきましょう。

カマンベールチーズ焼きかぼちゃの詳細を見るカマンベールチーズ焼きかぼちゃの詳細を見る

りんごのブルスケッタ風
りんごのブルスケッタ風

「ブルスケッタ」とはカリカリに焼いたパンに具をのせて食べるイタリア料理。りんごは生活習慣病予防やダイエットにおすすめの優秀フルーツです。低カロリーで、疲労回復や美肌を作る栄養素が含まれているので、空気が乾燥し体内の水分が失われやすい秋・冬にピッタリ!また、大人だけでなくお子様のおやつにも適しています。カロリーを抑えたい方は、食パンを低カロリーのクラッカーに代用しても良いですね。

りんごのブルスケッタ風の詳細を見るりんごのブルスケッタ風の詳細を見る

長芋とアボカドのビネグレットサラダ
長芋とアボカドのビネグレットサラダ

ビネグレットソースとは、フランス料理でフレンチドレッシングを意味します。お酢の代わりにレモン汁と粒マスタードでさっぱりしたドレッシングに仕上げました。アボカドの濃厚な味のもとになっている脂質には、コレステロール値を下げる働きのあるオレイン酸がたっぷり。女性に好まれる食材ですが、メタボパパや男性にもぜひいただいて欲しい食材の1つです。

長芋とアボカドのビネグレットサラダの詳細を見る長芋とアボカドのビネグレットサラダの詳細を見る

メープルシナモンのさつまいもスティック
メープルシナモンのさつまいもスティック

お子様や女性が大好きな野菜の代表であるさつまいも。おやつになる大学芋をヘルシーに仕上げました。さつまいもは抗酸化作用た高く、美肌効果が期待されるビタミンC、ガン予防効果のあるビタミンEの両方を兼ね備えている栄養たっぷり野菜。食物繊維も含まれていますので、便秘がちな方にもおすすめのお野菜です。ラム酒はお子様が苦手であれば省いて作りましょう。

メープルシナモンのさつまいもスティックの詳細を見るメープルシナモンのさつまいもスティックの詳細を見る

ホットしょうが紅茶
ホットしょうが紅茶

しょうがのジャムを加えてた体を温める紅茶。
しょうがジャムの作り方はこちら>>

紅茶にはポリフェノールの1種、テアフラビンが含まれており、抗酸化作用や抗ウィルス作用があります。またしょうがには、抗菌作用や血行を良くする効果が期待できますから
合わせていただくと、冷えや風邪予防に役立ちます。
しょうがジャムの代わりに、手軽にすりおろししょうがとはちみつで代用してもOKです。

ホットしょうが紅茶の詳細を見るホットしょうが紅茶の詳細を見る

鶏団子の豆乳みそ煮込み
鶏団子の豆乳みそ煮込み

里芋とごぼうを使った根菜スープ。お味噌と豆乳のヘルシーで優しい味わいに仕上げました。
里芋は高血圧予防に効果的なカリウムも大量に含まれ、食物繊維もたっぷりなので、体脂肪や生活習慣病予防の方にはおすすめしたいお野菜の1つ。ごぼうとの相性も良いです。たんぱく質を効率良く吸収する働きもあるので、お肉との食べ合わせで体力アップも期待されます。

鶏団子の豆乳みそ煮込みの詳細を見る鶏団子の豆乳みそ煮込みの詳細を見る

ごぼうとしいたけの甘辛煮
ごぼうとしいたけの甘辛煮

ごぼうのしっかりした食感に、うまみ成分たっぷりのしいたけと温泉卵を絡めた食べ応えのある副菜。ごぼうはおなじみの食物繊維が豊富な野菜ですが、不溶性食物繊維で、便秘解消、発がん性物質の排除などに効果的です。しいたけとの食べ合わせは美肌効果も期待されますので、女性にもお勧めしたいレシピです。

ごぼうとしいたけの甘辛煮の詳細を見るごぼうとしいたけの甘辛煮の詳細を見る

焼きエリンギと豚肉のピリ辛ソース
焼きエリンギと豚肉のピリ辛ソース

歯ざわりがよいエリンギと豚ロースのボリュームある1品です。
エリンギにはさつまいもより豊富な食物繊維で、腸内環境を整え、コレステロール値を下げるなど、生活習慣病予防にとても効果的です。他に多く含むビタミンB2にはガン発生に関わる活性酸素の働きを抑える効果があると言われています。豚肉に多く含むビタミンB1の疲労回復効果で、季節の変わり目を元気にサポートしてくれるおかずです。

焼きエリンギと豚肉のピリ辛ソースの詳細を見る焼きエリンギと豚肉のピリ辛ソースの詳細を見る

さけとちりめんじゃこのふりかけ
さけとちりめんじゃこのふりかけ

お子様の成長や女性に必要なカルシウム。
そのカルシウムをたっぷりのちりめんじゃこに加え、カルシウムの吸収を促進するビタミンD が豊富に含まれる鮭を使ったふりかけは、常備菜にも、お弁当のおかずにもピッタリです。生活習慣病やガン予防のためには、日常的に免疫力を高めることが有効。そのためには「抗酸化力」をつけるライフワークを実現していきたいですね。
ちりめんじゃこは軽く洗って塩けを少し落とすと、さけの塩けとなじみやすくなって、口当たりも柔らかくなります。

さけとちりめんじゃこのふりかけの詳細を見るさけとちりめんじゃこのふりかけの詳細を見る

肉みそごぼう
肉みそごぼう

ごぼうの食感た楽しい1品。混ぜご飯にするだけでもごちそうになりますし、便利な常備菜としても活躍してくれます。ごぼうは食物繊維が特に多く、腸内環境を整えてくれる代表野菜。便秘解消、整腸、発がん性物質の排除などの効果がありますので、積極的に食べていきたいですね。

肉みそごぼうの詳細を見る肉みそごぼうの詳細を見る

砂肝のカリカリソテー
砂肝のカリカリソテー

砂肝は低カロリーながら、鉄分、ミネラルの他に、糖質の代謝を助けてくれるビタミンB1、脂肪の代謝を助けてくれるビタミンB2が豊富に含まれていて、ダイエット的にはとってもうれしい栄養素をたくさん持っています。また、食感がコリコリしていて、噛む回数が自然に増えて、満腹中枢に働きかけてくれ、硬いながらも胃腸にやさしいというおまけつき。ビタミンB群の吸収を助けてくれる野菜、ニラとも相性バグツンです。

砂肝のカリカリソテーの詳細を見る砂肝のカリカリソテーの詳細を見る

白菜と鶏肉の豆乳スープ
白菜と鶏肉の豆乳スープ

人気の「あったかスープ」を旬の野菜を使って簡単にヘルシーに作りましょう。
白菜は特に芯葉の黄色っぽい部分に甘みがありビタミンCもたっぷりあります。余分な塩分を排出し高血圧予防が期待できるカリウムなど健康に欠かせないミネラル類も含んでいます。食欲のない時にも食べやすく栄養補給にもうってつけの体に優しい野菜です。鶏もも肉は鶏肉の中でも脂肪が多めですが、こくのある味で、焼き目をしっかりつけてスープに入れると香ばしい食感と食べ応えがありますが、その分豆乳を使ってヘルシーに仕上げています。

白菜と鶏肉の豆乳スープの詳細を見る白菜と鶏肉の豆乳スープの詳細を見る

柑橘ドレッシングサラダ
柑橘ドレッシングサラダ

ミカンやグレープフルーツなどの柑橘系の風味を活かした手作りドレッシングのサラダ。ごま油のしっかりした味と相性が抜群です。市販のドレッシングよりカロリーを抑えることができ、さらにかけて食べるよより和えた方が、全体的なドレッシングの量を少なくすることもできますので、ぜひ和えていただきましょう。サラダの野菜は、レタスやキャベツ、きゅうりトマト、セロリなど、お好みでアレンジしてください。

柑橘ドレッシングサラダの詳細を見る柑橘ドレッシングサラダの詳細を見る

根菜のパスタスープ
根菜のパスタスープ

れんこん、にんじんなどの根菜がごろごろ入り、パスタも入った食べごたえ充分なスープ。野菜が苦手な方もスープにすれば味がしっかりしみこんで美味しくいただけます。れんこんは体の内側からキレイにしてくれるカリウム、カルシウム、鉄、銅などのミネラル分がたっぷり。食物繊維も多く含まれています。

根菜のパスタスープの詳細を見る根菜のパスタスープの詳細を見る

さつまいもとかぼちゃのベーコン炒め
さつまいもとかぼちゃのベーコン炒め

ベーコンの旨みと染み出る脂を利用したメニュー。
さつまいもにふくまれるビタミンCは、リンゴの10倍以上もあり、抵抗力をアップしたり、美肌効果もあり、活性酵素を除去するので、ガンの予防にも活躍します。このビタミンCを壊さないためには、皮の付いたまま調理すると良いです。かぼちゃの栄養であるビタミンAやEの吸収をよくするためには、油脂を含む食品と一緒に食べるようにすると良いので、ベーコンとの相性も抜群です。

さつまいもとかぼちゃのベーコン炒めの詳細を見るさつまいもとかぼちゃのベーコン炒めの詳細を見る

お豆腐と銀杏のとろみ煮
お豆腐と銀杏のとろみ煮

秋が旬の銀杏(ぎんなん)ですが、最近は水煮の銀杏をよくみかけ、殻付き銀杏をあまり見かけませんね。銀杏には速効性の高いエネルギー源である糖質と感染症を予防する働きをもつカロテンが豊富なのが特徴ですが、ビタミンCも多く含んでいるので、風邪をひきやすい季節の変わり目にぴったりの食材です。仕上げで煮汁にしょうがを加えると、朝夕冷え込むこの季節に体が温まります。

※銀杏には「メチルピリドキシン」という物質によって大量に食べると食中毒を起こす事があるので、5歳未満のお子様には与えない方がよいと言われています。

お豆腐と銀杏のとろみ煮の詳細を見るお豆腐と銀杏のとろみ煮の詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...