20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:579件が該当しました
まるごとトマトの和風煮
まるごとトマトの和風煮

トマトをまるごと豆乳で煮込んだ和風おかず。つぶしながらスープと一緒に食べることで、トマトに含まれるビタミン類を逃すことなくいただけます。さらにトマトの特長的な風味は豆乳独特の臭みを消してくれます。有害な活性酸素をおさえる抗酸化作用があるので、日常的にいただきたい野菜の1つです。

まるごとトマトの和風煮の詳細を見るまるごとトマトの和風煮の詳細を見る

こんにゃくのピカタ
こんにゃくのピカタ

低カロリーの代表食材のこんにゃくに卵衣をつけて焼いたピカタ。満腹感もあり、食物繊維も豊富なので、ダイエット中の方や便秘がちの方におすすめしたい1品です。こんにゃくの水気を事前にしっかりとばしておけば、臭みも水っぽさもなくなります。

こんにゃくのピカタの詳細を見るこんにゃくのピカタの詳細を見る

鶏手羽先のカレーマヨ焼き
鶏手羽先のカレーマヨ焼き

鶏手羽先は主菜としても優秀なのはもちろんですが、栄養以外にもうれしいことが・・・。
ふつうの鶏肉に比べ、食べるのに少々手間がかかるので、少量でも満腹感を得やすく、無意識のうちに食事時間を長くとることができます。ついつい早食いになってしまうという方にはピッタリの食材というわけなのです。たまには手間を惜しまず、時間をかけて鶏手羽先の旨みを味わいましょう。野菜を添えるのもお忘れなく・・・。

鶏手羽先のカレーマヨ焼きの詳細を見る鶏手羽先のカレーマヨ焼きの詳細を見る

箸やすめ五目豆
箸やすめ五目豆

「大豆の水煮」や「大豆の蒸し煮」を使って簡単に作れる一品。今回は「四目豆」ですが、身近な食材だけでも箸やすめに美味しくいただけます。
水でも出来上がり後にしばらく味を馴染ませると、やや薄味ながらも大豆の旨みで頂けます。大豆は「デザイナーフーズ」(がん予防に効果のある食品)の中でトップクラス!イソフラボンなど抗酸化作用のある成分が含まれており、この成分が活性酸素などによるDNAの損傷を防いでがんを抑制することが明らかになっています。ガン予防以外にも免疫力を高め、生活習慣病を防ぐ作用もあり、毎日食べたい食品ですね。

箸やすめ五目豆の詳細を見る箸やすめ五目豆の詳細を見る

ヘルシーいちごミルク寒
ヘルシーいちごミルク寒

見た目も可愛らしい苺と寒天を使ったヘルシースイーツ。
1日に7~10粒食べると必要なビタミンCが摂れ、風邪予防にもなります。さらに美肌効果も期待できるので、女性に優しい果物ですね。
スプーンでつぶして苺の食感を残して練乳をかけると、美味しくいただけます。

※粉寒天は、購入時の箱に記載された作り方を参照してご利用ください。

ヘルシーいちごミルク寒の詳細を見るヘルシーいちごミルク寒の詳細を見る

豆乳野菜スープ
豆乳野菜スープ

温かいものが恋しい季節です。具だくさんの体温まる豆乳和風スープです。
大豆は消化があまりよくない食べ物とされてますが、豆乳になるとその消化吸収率は極めて高くなり、胃腸にやさしい高い栄養素(高タンパク質、脂質)が含まれている「機能性食品」です。豆乳のタンパク質は、コレステロール、血圧を下げて動脈硬化の予防に良いと言われています。
野菜たっぷり具だくさんで、胃腸にも体にも優しい栄養満点のスープでおいしい汁物を楽しみましょう。
好みで水溶き片栗粉でとろみをつけても美味しく温まります。

豆乳野菜スープの詳細を見る豆乳野菜スープの詳細を見る

お餅の梅おろし汁
お餅の梅おろし汁

お餅を使った優しい味の汁もの。簡単に済ませたい時や胃腸が弱っているときにもお勧めのメニューです。
お餅は、白米などに比べて糖質が高く、血糖値が上がりやすいという問題はあるものの、上手に食べればダイエットの大敵というわけではありません。ご飯に比べて噛む回数が少なくなる傾向にあるため、ついつい食べすぎてしまいがち。しっかり咀嚼をしていただけば、腹持ちもよく、満腹の状態が長持ちします。

お餅の梅おろし汁の詳細を見るお餅の梅おろし汁の詳細を見る

イカとセロリの塩炒め
イカとセロリの塩炒め

イカやセロリのそれぞれの旨みが引き立つシンプルな塩味の炒めものです。
イカは低脂肪、低カロリー、高タンパクの食材です。イカにはタウリンが沢山含まれており、胆汁の分泌を促進し、 肝機能を高める働きがあると言われています。お酒を飲まれる方のおかずにお勧めです。
セロリには「カリウム」を多く含み、これはナトリウム(塩分)を体から排出する役割があり、高血圧に効果的です。また、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが含み、特に葉の部分はカロテンや疲労回復に効果があるビタミンB1、B2がたっぷり、血液をサラサラにする効果も含まれるので1本丸々使いましょう。セロリは冬がおいしい季節ですが、生で食べるのは季節がら量があまり食べれないのが難点。炒め物にすると冬でも丸ごと1本あっという間に頂けるので、お勧めの1品です。

※粉チーズを振ると洋風の風味が楽しめます。

イカとセロリの塩炒めの詳細を見るイカとセロリの塩炒めの詳細を見る

たらとキャベツの蒸し煮
たらとキャベツの蒸し煮

鍋物によく使う魚ですが、オリーブオイルとにんにくで洋風蒸し煮はいかかですか?
鱈は通年とれる魚ですが、特に12月~2月の厳冬期に頂くのがおいしく、これから出番の多い季節です。たんぱく質が豊富なのに脂質が少なく、低カロリーでヘルシーな食材の割りにグルタミン酸やイノシン酸が豊富なので、おいしさを感じます。トマトはビタミンEと一緒に食べると皮のリコピンを効果的に摂取できます。鱈にはビタミンEも含まれているので、鱈×トマトは実は相性のいい食べ合わせです。

たらとキャベツの蒸し煮の詳細を見るたらとキャベツの蒸し煮の詳細を見る

ジンジャー炊き込みごはん
ジンジャー炊き込みごはん

味付けが意外と難しい炊き込みご飯ですが、おいしい炊き込みご飯ができあがります。<だし汁>を冷まして入れるのがポイントなので、前日から仕込んでおくと時間が短縮できます。
鶏肉は肉類の中でも脂肪が少なく、皮にはコラーゲンがたっぷり、細かく切る事で皮の苦手な人もあっさり食べれます。ごぼうには食物繊維が多く、腸内環境を整えてくれます。人参はカロテンの力で免疫力を高める効果があるので、こまめに摂取したい食物です。主食をでありながら、他の栄養素も一緒に摂れるので、小さいお子さんや老人の方にもおすすめです。生姜を少々入れることで味にアクセントがつくので、生姜が苦手なお子さんには量を調整してください。

ジンジャー炊き込みごはんの詳細を見るジンジャー炊き込みごはんの詳細を見る

かぼちゃとにんじんの味噌スープ
かぼちゃとにんじんの味噌スープ

にんじんとかぼちゃにはカロテンが豊富です。カロテンは免疫力を高めてガンや動脈硬化など予防する効果があります。カロテンたっぷりで抵抗力アップ!電子レンジでできる手軽なスープで健康力アップ!ごま油のごま風味が味噌汁とは違うアクセントになっています。

かぼちゃとにんじんの味噌スープの詳細を見るかぼちゃとにんじんの味噌スープの詳細を見る

簡単ローストチキン
簡単ローストチキン

予め作っておいた漬けダレにしっかり味をしみ込ませれば、後はオーブンで焼くだけの簡単ローストチキン。オーブンで焼くため、肉の奥までしっかり旨みが入り、風味豊かでジューシーなのにさっぱり味に仕上がります。余分な油をしっかり落としたい方は、アルミホイルを折っ て、鶏の下に敷いておくと余分が再付着することなく上手に油をカットできます。

簡単ローストチキンの詳細を見る簡単ローストチキンの詳細を見る

豆腐とわかめの豚肉ロール
豆腐とわかめの豚肉ロール

青じそとたたき梅の風味がすっきりさわやかなヘルシーメニュー。ダイエット中の方にもピッタリな主食になります。脂肪分の少ないロース肉を使ってカロリーを抑えても、満腹感は十分得られます。切り口を見せれば華やかになりますので、お弁当にもぜひご利用いただきたい1品です。

豆腐とわかめの豚肉ロールの詳細を見る豆腐とわかめの豚肉ロールの詳細を見る

かぶとお麩の豆乳丼
かぶとお麩の豆乳丼

身体も心もほっと和むような優しい味のどんぶりです。かぶは豆乳で煮ることで甘みが増し、苦手な方でも美味しく食べられます。かぶは、葉の部分もカロテンやビタミンB群、ビタミンCと栄養効果が高いので、捨てずに使いましょう。ごまは、活性酸素を撃退するパワーもありますので、日常に積極的に取り入れてほしい食品の1つです。

かぶとお麩の豆乳丼の詳細を見るかぶとお麩の豆乳丼の詳細を見る

鶏団子の豆乳みそ煮込み
鶏団子の豆乳みそ煮込み

里芋とごぼうを使った根菜スープ。お味噌と豆乳のヘルシーで優しい味わいに仕上げました。
里芋は高血圧予防に効果的なカリウムも大量に含まれ、食物繊維もたっぷりなので、体脂肪や生活習慣病予防の方にはおすすめしたいお野菜の1つ。ごぼうとの相性も良いです。たんぱく質を効率良く吸収する働きもあるので、お肉との食べ合わせで体力アップも期待されます。

鶏団子の豆乳みそ煮込みの詳細を見る鶏団子の豆乳みそ煮込みの詳細を見る

ホットしょうが紅茶
ホットしょうが紅茶

しょうがのジャムを加えてた体を温める紅茶。
しょうがジャムの作り方はこちら>>

紅茶にはポリフェノールの1種、テアフラビンが含まれており、抗酸化作用や抗ウィルス作用があります。またしょうがには、抗菌作用や血行を良くする効果が期待できますから
合わせていただくと、冷えや風邪予防に役立ちます。
しょうがジャムの代わりに、手軽にすりおろししょうがとはちみつで代用してもOKです。

ホットしょうが紅茶の詳細を見るホットしょうが紅茶の詳細を見る

キャベツの巣ごもり卵
キャベツの巣ごもり卵

キャベツの甘みと彩りがきれいな巣ごもり卵は、忙しい朝にもぴったりの簡単レシピ。冬キャベツは1~3月、春キャベツは3~5月が美味しい時期ですね。芯のまわりにはビタミンCも多く含まれるので、細切りにしてムダなくいただきましょう。

キャベツの巣ごもり卵の詳細を見るキャベツの巣ごもり卵の詳細を見る

メープルシナモンのさつまいもスティック
メープルシナモンのさつまいもスティック

お子様や女性が大好きな野菜の代表であるさつまいも。おやつになる大学芋をヘルシーに仕上げました。さつまいもは抗酸化作用た高く、美肌効果が期待されるビタミンC、ガン予防効果のあるビタミンEの両方を兼ね備えている栄養たっぷり野菜。食物繊維も含まれていますので、便秘がちな方にもおすすめのお野菜です。ラム酒はお子様が苦手であれば省いて作りましょう。

メープルシナモンのさつまいもスティックの詳細を見るメープルシナモンのさつまいもスティックの詳細を見る

長芋とアボカドのビネグレットサラダ
長芋とアボカドのビネグレットサラダ

ビネグレットソースとは、フランス料理でフレンチドレッシングを意味します。お酢の代わりにレモン汁と粒マスタードでさっぱりしたドレッシングに仕上げました。アボカドの濃厚な味のもとになっている脂質には、コレステロール値を下げる働きのあるオレイン酸がたっぷり。女性に好まれる食材ですが、メタボパパや男性にもぜひいただいて欲しい食材の1つです。

長芋とアボカドのビネグレットサラダの詳細を見る長芋とアボカドのビネグレットサラダの詳細を見る

お揚げの鶏挽肉はさみ焼き
お揚げの鶏挽肉はさみ焼き

鶏肉と大豆の良質のたんぱく質をたっぷり含み、れんこんの食感もありますので満腹感も十分なダイエットにはおすすめのヘルシーメニュー。お弁当のおかずにもおすすめです。油揚げなどの大豆製品に含まれるイソフラボンは、ポリフェノールの一種で、女性ホルモンと似た働きがあることで注目されています。更年期の不調を予防、改善する効果や、骨量の減少を抑制したり、骨量を増やしたりして骨粗鬆症を予防する働きがあると考えられています。

お揚げの鶏挽肉はさみ焼きの詳細を見るお揚げの鶏挽肉はさみ焼きの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

9月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...