20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:291件が該当しました
サバ缶のそぼろ
サバ缶のそぼろ

・お手軽なサバの缶詰を使った常備菜です。
・お魚は鮮度が落ちやすいため買い置きが出来ずに疎遠になる方。
そんな方には缶詰をおすすめします。DHAやEPAの量も生のサバより、水煮缶に含まれる量は多く含まれています。
・DHAやEPAは、中性脂肪を下げる効果や、動脈硬化を予防する効能があります。
・しし唐をお好みの量を加えて混ぜあわせ、ご飯にかけていただくととてもおいしいです。
・冷蔵庫へ常備しておけば、お浸しや、野菜や海藻のたっぷり入ったお味噌汁などを合わせて、簡単夏のお昼ご飯になりますね。

サバ缶のそぼろの詳細を見るサバ缶のそぼろの詳細を見る

豆乳スコーン
豆乳スコーン

その高い栄養価からいまや世界中で愛飲されている豆乳。
今回はイギリスのアフタヌーンティに欠かせないスコーンにプラス。
豆乳に含まれる大豆イソフラボンはがん予防や骨粗しょう症予防などに役立ちます。

豆乳スコーンの詳細を見る豆乳スコーンの詳細を見る

イカと新じゃがいもの煮物
イカと新じゃがいもの煮物

・イカは、低脂肪、低カロリー、
 高たんぱくでダイエットに向きの食材です。
 また、豊富に含まれるタウリンが、
 血中のコレステロールを下げたり、
 中性脂肪を減らしたり、
 血圧を正常に保つ働きがあります。

・イカの煮物など、長く強火にかけると
 固くなりがちなので、さっと煮含めるように
 最後にイカを加えて、味をなじませると
 ふっくら仕上がります!

・新じゃがいもの代わりに、サツマイモや
里芋など、季節に合わせた芋類と合わせても
おいしくできます。
旬のものを積極的に日々に取り入れましょう。

イカと新じゃがいもの煮物の詳細を見るイカと新じゃがいもの煮物の詳細を見る

厚揚げのさっぱりサラダ
厚揚げのさっぱりサラダ

・厚揚げの代わりに油揚げや木綿豆腐など、大豆製品を使ってもおいしくいただけます。高たんぱく質、低カロリーで栄養豊富な豆腐製品はダイエット中にも、女性にも毎日の食卓に積極的にとりたい食品です。

厚揚げのさっぱりサラダの詳細を見る厚揚げのさっぱりサラダの詳細を見る

サーモンのムニエル 角切り野菜ソース
サーモンのムニエル 角切り野菜ソース

サーモンにはビタミンDはもちろん、ビタミンB群が豊富に含まれています。
夏の暑さで疲れやすく、食欲がないときなどはB群のなかでもB1をしっかりとりましょう。

さらにサーモン特有の赤い色素アスタキサンチンは抗酸化作用でおなじみのカロテノイド色素の1種です。
今回は夏野菜を加え彩りよくソテーした付け合わせ兼ソースと一緒にいただきます。

野菜にしっかり味をつけることでソースがわりにでき、ムニエルと一緒にいただくと味のバランスがとれます。
サーモンは魚のなかでも脂が多いのでワインビネガーで酸味をきかせてさっぱり仕上げます。

サーモンのムニエル 角切り野菜ソースの詳細を見るサーモンのムニエル 角切り野菜ソースの詳細を見る

アスパラロール
アスパラロール

アスパラガスにはその名前からもわかるように、
アミノ酸の1種アスパラギン酸が含まれています。

アスパラギン酸は利尿作用など
体内の老廃物を処理する働きや肝機能の促進、
疲労回復効果が期待できるすぐれものです。

また、ビタミンPともいわれるルチンも含まれています。
ルチンは毛細血管を強化し、血圧効果作用があるので、
メタボ予防(動脈硬化・高血圧予防)になります。

せっかくの高血圧予防ですから、塩は控えめにし、レモンの酸味でさわやかにいただきましょう。

カットしてピンチョス風にすればお弁当のおかずにもぴったりです。

アスパラロールの詳細を見るアスパラロールの詳細を見る

鶏うどん
鶏うどん

蒸し鶏を使った簡単なレシピ。さっぱりとしていますが、
鶏のおだしがよく出て
おいしく頂けます。たっぷりとネギも添えれば、
風邪の引き始めのメニューにも最適です。

鶏うどんの詳細を見る鶏うどんの詳細を見る

ひじきの昆布茶煮
ひじきの昆布茶煮

・昆布や海藻類には、
カリウムやアルギン酸が含まれており、
昆布茶に含まれる塩分のみならず、
他の食品から吸収された塩分を吸着して
体外に排出する働きがあります。手軽に、
昆布のお出汁がとれ、味付けのポイントにもなる昆布茶。
尿酸値の高めの方にもカツオ出汁を避け、
昆布茶を上手に利用するとよいでしょう。

ひじきの昆布茶煮の詳細を見るひじきの昆布茶煮の詳細を見る

こんにゃくのピリ辛炒め
こんにゃくのピリ辛炒め

・こんにゃくに含まれるグルコマンナンには
一緒に食べたものを胃内で包み込み、
消化吸収させない性質があります。
すべてではありませんが、糖分や塩分、
脂肪などが小腸で吸収される量を減らすので、
糖尿病や高脂血症予防の効果があります。

メタボのお父さんにぴったりの食材!

こんにゃくのピリ辛炒めの詳細を見るこんにゃくのピリ辛炒めの詳細を見る

たらとせりのにんにく味噌鍋
たらとせりのにんにく味噌鍋

旬魚たらと旬野菜の白菜&せりの鍋です。
たらは脂質が少ないので冬太りが気になる方にはおススメ!さらに低エネルギーながら良質のたんぱく質が含まれており、そのたんぱくな味わいはどんな料理とも合うので旬のこの時期に大いに活用したい魚です。白菜もたらもあっさりとした味わいなので、スープはにんにくを効かせて香りとコクをつけます。にんにく味噌は万能調味料として使えるすぐれものです。水分量は白菜の水分をみながら加えましょう。

たらとせりのにんにく味噌鍋の詳細を見るたらとせりのにんにく味噌鍋の詳細を見る

大根の豆板醤煮
大根の豆板醤煮

大根にはビタミンCが含まれています。
体内で合成することのできないビタミンCは
野菜や果物から上手に摂取しましょう。

このビタミンCは女性にうれしい効果が
たくさん期待できます。たとえば、この季節に
気になる、メラニン色素の生成を抑制したり、
コラーゲンの合成を促進したり・・・

こまめに摂りたいビタミンのひとつです。

大根の豆板醤煮の詳細を見る大根の豆板醤煮の詳細を見る

ところてんサラダ
ところてんサラダ

ダイエットの人気食材「ところてん」を簡単アレンジでいつもと違ったレシピで楽しみましょう。
ところてんはてんぐさ・おごのりなどの海藻が主成分であることからもわかるように、低カロリーな食材です。食物繊維が豊富なことから整腸作用が期待できますが、栄養そのものはあまり期待できないので、
上手に他の食材やメニューで補いましょう。今回は玉ねぎとトマトの栄養をプラスし、味付けもおなじみのからしではなくわさびを使って仕上げます。わさび風味も美味ですよ!

ところてんサラダの詳細を見るところてんサラダの詳細を見る

きのこあんかけ焼きそば
きのこあんかけ焼きそば

・脂肪の吸収を抑える「キトグルカゴン」、
きのこ類の中に含まれますが、その中でも
もっとも多く含んでるのはエノキ。
煮たり、炒めたりするとカサが減るので、
食べやすくなります。低カロリーのきのこ類を
いろいろな種類を混ぜて旨みをだしましょう。

・あんかけの調味料はお野菜、魚介、お肉と
いろいろなものにぴったりマッチします。
焼きそばのあんとしてだけでなく、
中華丼などにしてもおいしくいただけますよ。

きのこあんかけ焼きそばの詳細を見るきのこあんかけ焼きそばの詳細を見る

人参の白玉団子
人参の白玉団子

簡単に作れる白玉団子でおやつ感覚でお野菜を
とることができます。見た目も綺麗なオレンジ色で
デザートにお出ししたら喜ばれそう。 

人参の白玉団子の詳細を見る人参の白玉団子の詳細を見る

真鯛の煮付け
真鯛の煮付け

・真鯛は脂肪分が少なく、たんぱく質、
ビタミンをバランスよく含んでいます。
こってりした煮汁がぴったりの白身魚です。
・魚介類を煮る時のポイントは、短時間で火を通し、
 しっとりと仕上げること。サッと仕上げて臭みが
出ないように気をつけましょう。
 大きい魚には切れ目を入れておくと火の通りがよく、
 味のなじみがよくなります。中火にして落し蓋をして、
 煮詰めていくと魚の旨みをギュッと
 閉じ込めることができます。

真鯛の煮付けの詳細を見る真鯛の煮付けの詳細を見る

鶏ときのこの蒸し焼き
鶏ときのこの蒸し焼き

蒸し焼きにすることによって、
油を引かなくても調理でき、
食物繊維たっぷりのきのこを 
肉の旨みも一緒に頂くことができます。

鶏ときのこの蒸し焼きの詳細を見る鶏ときのこの蒸し焼きの詳細を見る

くるま麩のステーキ(作者:midori12さん・東京都)
くるま麩のステーキ

お肉を使用せずして、お肉の食感が楽しめます!

メタボ対策のレシピは何かと手間がかかるものが
多いと思いますが、
本来は簡単に日常的に作れるものが
長く続けられるコツだと思います。
このレシピは簡単な上、お肉を我慢しなければ
ならない人のお腹も満足させてくれるものだと思います。

くるま麩のステーキの詳細を見るくるま麩のステーキの詳細を見る

ごはんに合います!いかとこんにゃくのソテー(作者:あゆみんさん・埼玉県)
ごはんに合います!いかとこんにゃくのソテー

いかは低カロリーで高タンパク。
タウリンはコレステロールや
中性脂肪を下げる働きがあります。
こんにゃく、しめじは低カロリー。
食物繊維が豊富でコレステロールや高血圧、
動脈硬化を予防する働きがあります。
これらは歯ごたえがあるので
良く噛んで食べることで食べる量を
抑えることにつながります。
厚揚げの大豆タンパクには
コレステロールや
中性脂肪を下げる働きがあります。
これらの食材を使うことで
ボリュームはありながら高タンパクで低カロリー。
安心して食べることができます。

こんにゃく、厚揚げは大きさをそろえて
3ミリ厚さに切ると
味のとおりも良く食べやすいです。
いかは輪切りの方が歯ごたえよく食べられます。
ブラックペッパーもほどよく、
ごはんにとても合う味に仕上げました。

ごはんに合います!いかとこんにゃくのソテーの詳細を見るごはんに合います!いかとこんにゃくのソテーの詳細を見る

モロッコいんげんとグレープフルーツのサラダ
モロッコいんげんとグレープフルーツのサラダ

グレープフルーツには抗酸化作用が強いビタミンCが含まれています。
がん予防はもちろん、肌の新陳代謝を促進するので、美肌やアンチエイジング効果がうれしいフルーツです。

また、整腸作用のあるペクチンは便秘解消・予防の強い味方です。
肌を内側外側の両方からサポートしてくれるグレープフルーツを積極的に摂りましょう。
(ただし、カルシウム拮抗剤を服用されている方は摂りすぎ注意です。医師に確認のうえ、摂取しましょう)

モロッコいんげんは、普通のいんげんに比べ、肉質がやわらかくスジもあまり気にならない食べやすいインゲンです。風味もよいのでオススメです。
もちろん、普通のいんげんでも美味しくいただける、さっぱりした夏にぴったりのサラダです。

モロッコいんげんとグレープフルーツのサラダの詳細を見るモロッコいんげんとグレープフルーツのサラダの詳細を見る

アボカドカプレーゼ
アボカドカプレーゼ

「森のバター」といわれるアボカド。脂肪分が全体の約20%を占めます。
しかし、脂肪といってもコレステロールを下げる働きがあり、動脈硬化予防に効果的な不飽和脂肪酸がほとんど。
ビタミン・ミネラルのバランスもよいので、メタボのお父さんからアンチエイジングを目指すお母さん、さらに、お子さんの成長に欠かせない、必須アミノ酸も含まれていますので家族みんなでとりましょう。
今回はクリームチーズの濃厚な味わいと黒胡椒をアクセントにいただけますので、前菜としてもご利用ください。

アボカドカプレーゼの詳細を見るアボカドカプレーゼの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

5月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...