20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:291件が該当しました
健康青汁むすび(作者:早百合さん・三重県)
健康青汁むすび

青汁は肥満防止・健康維持に効果的で
普段不足がちになる野菜も摂取することができます。
ちりめんのカルシウム・梅でアルカリ。
体の中から食べて綺麗に出来る食材を集めました。

青汁でご飯を炊く!? 
青臭いのでは・・・?とおもわれますが、
全く青臭くないんです。
青汁は少し値段が高いわ~と思われたら
自分でミキサーで作って下さい。ほうれん草がお手軽です。

健康青汁むすびの詳細を見る健康青汁むすびの詳細を見る

赤大根とフルーツのサラダ
赤大根とフルーツのサラダ

メタボリックシンドローム予防には血圧の管理も重要です。
血圧が気になる方も含め、
カリウムは上手に野菜やフルーツから摂取しましょう。

カリウムは体内の余分なナトリウムを排出し
血圧を正常に保つのに役立ちます。

大根やキウイにはカリウムが豊富です。
ソースにバルサミコ酢を使用し、香りと酸味で美味しくいただけば
減塩効果も期待できる1品です。

赤大根とフルーツのサラダの詳細を見る赤大根とフルーツのサラダの詳細を見る

さっぱり、でもスタミナ☆えのきおからバーグ(作者:みつぞうさん・新潟県)
さっぱり、でもスタミナ☆えのきおからバーグ

ハンバーグの生地にえのきだけとおからを混ぜたことで、
繊維質がたっぷりとれます。
その上、摂取カロリーもダウン。
●山芋・オクラのネバネバと、しょうが・
  にんにくのパワーでスタミナアップ。
●梅干し入りのあんで、さっぱりといただけます。

※夫が病気の治療のため、
  医師から食事制限(カロリー・コレステロール・
  塩分・アルコール)を受けました。
  私も病院の栄養士さんから指導を受け、
  夫と2人3脚で頑張ってきました。
  結果、半年で20キロの減量に成功しました。
  これはその半年の中で考えたメニューです。
  およそ300キロカロリーほどで、
  ハンバーグが2個食べられます。
  この他に野菜の料理2品とごはん1膳、
  お味噌汁をプラスしても600キロカロリー程度です。
  満足感もあり、
  野菜や食物繊維がたっぷりとれるメニューです。

さっぱり、でもスタミナ☆えのきおからバーグの詳細を見るさっぱり、でもスタミナ☆えのきおからバーグの詳細を見る

ハーブチキンとグレープフルーツの散らし寿司(作者:ochikeronさん・東京都)
ハーブチキンとグレープフルーツの散らし寿司

グレープフルーツとカリっと焼き上げた
ハーブチキンでさっぱり爽やか☆
ダイエット中でもお肉が食べたい人に
オススメのレシピです。
ポイントはアーモンドとグレープフルーツ!
アーモンドには悪玉コレステロールを下げるオレイン酸、
抗酸化物質であるビタミンE、更には食物繊維も
多く含まれているので
メタボリックシンドローム対策に効果的!
グレープフルーツは糖質が少なくビタミンたっぷり!
ナリンギンという成分が脂肪の分解を促進してくれます。
更にはクエン酸のパワーで新陳代謝も良くなります。
チキンに使ったハーブはリラックス効果があるので
心も体も健康になれます♪

ハーブチキンとグレープフルーツの散らし寿司の詳細を見るハーブチキンとグレープフルーツの散らし寿司の詳細を見る

豚ヒレ肉のプルーン煮
豚ヒレ肉のプルーン煮

・ビタミンB1 の豊富な豚肉ですが、中でもヒレ肉は
低脂肪、高たんぱくとなります。比較的低カロリーなお肉で、
毎日の食卓に取り入れたい食材です。

・ドライプルーンを入れることで、自然な甘酸っぱさが加わり、
ソースにコクを与えます。赤ワインは飲み残しのもので十分、
たっぷり使い、しっかり煮詰めましょう。
フランスパンなどを添えて、ソースをつけて食べてもおいしいです。
おもてなしのメニューにもぴったりのメインです。

・献立にプラスするなら、新鮮でシンプルなグリーンサラダや
ブロッコリー、にんじん、アスパラなど温野菜などで
バランスをとりましょう。

豚ヒレ肉のプルーン煮の詳細を見る豚ヒレ肉のプルーン煮の詳細を見る

なすのねぎ味噌田楽
なすのねぎ味噌田楽

なすには体を冷やす作用があるので、
これからの暑い季節にはぴったりです。
また、なす特有の紫色の色素成分、
ナスニン・ポリフェノールにはメタボ予防にうれしい
コレステロール値を改善する効果が期待できます。

低カロリーなので、ダイエットには欠かせない
食材ですが、油と相性がよく、
油を多く吸う素材なので、
油を使うときは予め量をきめておくなど工夫しましょう。

なすのねぎ味噌田楽の詳細を見るなすのねぎ味噌田楽の詳細を見る

豚肉の菜の花ロール
豚肉の菜の花ロール

おひたしやからし和え、吸い物の具が定番の菜の花ですが、
意外に幅広く使える食材のひとつです。
菜の花は生活習慣病に役立つ栄養素が豊富で、野菜のなかではたんぱく質が多いのも特徴のひとつです。
豚肉で巻くことでボリューム感が出るので、主菜にもぴったり。
油を使わずに煮ているので、カロリーも控えめです。
だしには菜の花から溶け出したビタミンCがたっぷり!残さずいただきましょう。

豚肉の菜の花ロールの詳細を見る豚肉の菜の花ロールの詳細を見る

しそ団子と野菜の煮合わせ
しそ団子と野菜の煮合わせ

ついしっかり味付けをしたくなる「煮物」
干しいたけの旨みや野菜の香りを利用した減塩効果大のあっさりした煮合わせ。
鶏だんごには生姜と大葉の香りを加え、薄味でも満足できる1品です。

しそ団子と野菜の煮合わせの詳細を見るしそ団子と野菜の煮合わせの詳細を見る

モロヘイヤ椀
モロヘイヤ椀

温・冷どちらでも美味しいお椀。
汁仕立てにすることで健康野菜の代表、モロヘイヤをたっぷり摂取できます。
胃腸や粘膜を保護し、肝機能を高める働きや血糖値、コレステロール値の上昇を抑えるともいわれていますので、免疫力アップが期待されます。生だとアクが強いので、茹でたりスープとして食べるのがおすすめです。

モロヘイヤ椀の詳細を見るモロヘイヤ椀の詳細を見る

おかひじきとじゅんさいの酢の物
おかひじきとじゅんさいの酢の物

「シャキシャキ」したおかひじきと
「つるん」としたじゅんさいの対照的な食感がたのしめるヘルシーレシピ。
両方とも低カロリーなので、安心して召し上がれます。

おかひじきとじゅんさいの酢の物の詳細を見るおかひじきとじゅんさいの酢の物の詳細を見る

賀茂なすとかぶのしらす和え
賀茂なすとかぶのしらす和え

かぶは根と葉では栄養成分が異なるので、葉も捨てずに上手に活用しましょう。
葉は緑黄色野菜でビタミンC・カロテン・カルシウムが豊富です。
さらにしらす・ごまを加え、不足しがちなカルシウムも強化できる1品です。

賀茂なすとかぶのしらす和えの詳細を見る賀茂なすとかぶのしらす和えの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

5月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...