20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:291件が該当しました
トマトときのこの和風ペンネ
トマトときのこの和風ペンネ

めんつゆでサッと作れるヘルシーパスタ。めんつゆは和風の万能調味料で、どんな材料とも相性がよく、これだけで味付けができるので時間短縮もなりますね。夏に栄養価が高くなるトマトは、ガンや老化を予防するすぐれた栄養素、抗酸化作用のあるリコピンが豊富です。お好きなきのこを入れてお召し上がりください。

トマトときのこの和風ペンネの詳細を見るトマトときのこの和風ペンネの詳細を見る

蒸し鶏のゆずみつがらめ
蒸し鶏のゆずみつがらめ

ゆずの香りと酸味がきいたヘルシーメニュー。ゆずを使った料理が1品あると献立がしまり、華やかになりますね。
ゆずはカルシウム、カリウム、ビタミンなど栄養豊富ですが、果肉の中よりも果皮の中
に豊富に含まれているので、皮ごと使ってみましょう。柑橘系の果物含まれるクエン酸は、疲れの元である乳酸を再利用して、体内の乳酸を減らしてくれるはたらきがありますので、疲れを上手にとって病気になりにくいからだにしたいものですよね。

蒸し鶏のゆずみつがらめの詳細を見る蒸し鶏のゆずみつがらめの詳細を見る

カリカリこんにゃく唐揚げ
カリカリこんにゃく唐揚げ

ピーナッツとガーリックがきいたクセになる味。鶏肉を食べているような感覚で召し上がっていただけるので、ダイエット中やメタボ対策のお父さんが揚げ物が食べたくなったらぜひお試しください。揚げ物は高カロリーになりがちですが、こんにゃくはノンカロリーに近いので食べても脂肪にならず、しっかり噛んで食べるので、食べ応えもあってダイエットの強い味方!食物繊維も豊富に含み、腸壁を刺激しながら消化するので、便秘解消にも効果があります。

カリカリこんにゃく唐揚げの詳細を見るカリカリこんにゃく唐揚げの詳細を見る

にらの元気丼
にらの元気丼

食欲のない日に手軽に作れる疲労回復レシピ。にらは、疲労回復の働きをするビタミンB1を多く含み、さらにビタミンB1を体内に長くとどめて効力を持続させる硫化アリルが入っているので、スタミナがつくといわれているお野菜の1つ。からだを温める効果もありますので、夏バテしたり、カゼをひきやすい人は、積極的に食べるのが良いでしょう。夜食にいただく時は、雑炊にしてもいいですね。

にらの元気丼の詳細を見るにらの元気丼の詳細を見る

ねぎみそチャーハン
ねぎみそチャーハン

豚肉とネギは相性の良い食べ合わせの1つ!ネギはたくさん使うと美味しくなりますので1本まるごと使いましょう。豚肉のビタミンB1は、ネギに多く含まれるアリシンと一緒に摂ると、体内への吸収率が高まり、疲労感や倦怠感が回復されるだけでなく、糖質・脂質の代謝がよりアップされるので、ダイエットにも効果があります。美味しくヘルシーにいただきたいですね。

ねぎみそチャーハンの詳細を見るねぎみそチャーハンの詳細を見る

ホタテと野菜の中華風マリネ
ホタテと野菜の中華風マリネ

ごま油ににんにく、赤唐辛子をきかせた中華風マリネです。漬け汁にじっくり漬け込むことで臭みが取れ、仕上がりにこくがでます。たまねぎも生食でもサクサク食べれます。
ホタテは低脂肪で良質なたんぱく質が摂れる食材です。タウリンのほか、ミネラルを豊富に含み、コレステロールを下げて動脈硬化を予防する効果もあります。滋養強壮にも効果があるので、前日に作り置き、朝の1品にしても元気がでます。食べる直前にゴマをかけても栄養価がアップします。

ホタテと野菜の中華風マリネの詳細を見るホタテと野菜の中華風マリネの詳細を見る

ナスとズッキーニのアンチョビピザ
ナスとズッキーニのアンチョビピザ

6月~8月が旬の夏野菜、ズッキーニ。オリーブ油との相性が良く、一緒に炒めるとカロテンの吸収率が高まり、免疫力アップが期待できます。さらにナスと一緒にいただくと、肥満防止や糖尿病予防の効果も期待できる食べ合わせ◎のコンビ。じゃことチーズでカルシウムも強化されますので、メタボパパからお子様までピッタリのメニューです。

ナスとズッキーニのアンチョビピザの詳細を見るナスとズッキーニのアンチョビピザの詳細を見る

新玉ねぎと豚肉の南蛮づけ
新玉ねぎと豚肉の南蛮づけ

収穫後にすぐ出荷される新玉ねぎ。日持ちはあまりしませんが、みずみずしく、辛味が少ないのが特徴です。辛味成分に含まれる硫化アリルには血栓を防止し、悪玉コレステロールを減らす作用があります。また、豚肉と食べ合わせる事で疲労回復に必要なビタミンB1の吸収を助ける効果もあります。赤唐辛子はずっとつけておくと辛味がじわじわでるので、辛い物が苦手な方は早めに取り出して下さい。

新玉ねぎと豚肉の南蛮づけの詳細を見る新玉ねぎと豚肉の南蛮づけの詳細を見る

牛肉と野菜の三杯酢
牛肉と野菜の三杯酢

熱いうちでも冷やしても、美味しく頂けるさっぱりおかずです。牛肉は良質なたんぱく質が豊富で、肌にハリをもたせるコラーゲンも含まれていますが、他の肉に比べてカロリーが高めなので、脂肪の少ないもも肉がお勧めです。生姜と玉ねぎの食べ合わせは、血行促進や高血圧予防に効果的で、トマトとピーマンは高血圧予防にも良いとされています。
三杯酢でさっぱり頂くおかずなので、具材は炒めすぎないのがポイントです。

牛肉と野菜の三杯酢の詳細を見る牛肉と野菜の三杯酢の詳細を見る

香り野菜の焼うどん
香り野菜の焼うどん

見た目もさわやかで素材の味がストレートに伝わる塩味は、野菜の持ち味が光る1品。シンプルですがクセになる味わいです。免疫力UPのためにビタミンA、Cが含まれる野菜をチョイスしました。ごまの香りとレモンの酸味がアクセントとなって食欲をそそいでくれます。クレソンや三つ葉など香りの楽しめるお野菜でもぜひ試してみてください。

香り野菜の焼うどんの詳細を見る香り野菜の焼うどんの詳細を見る

豆腐のたっぷりあんかけ
豆腐のたっぷりあんかけ

「畑の肉」ともいわれ、高い栄養価でおなじみの豆腐。豆腐にはさまざまな栄養が含まれていますが、今回は主菜代わりにもなる大豆たんぱく質に注目したメニューです。
大豆たんぱく質には人間の体内では合成できないアミノ酸(必須アミノ酸)が多く含まれているだけでなく、コレステロールや中性脂肪といった脂質代謝の改善作用も期待できます。豆腐だけだと物足りなさを感じる、働き盛りのお父さんや育ち盛りのお子さんのために、あんかけの具材に少量の豚肉とたっぷり野菜を加えることで満足感の得られる主菜になります。食欲をそそるしょうがの香りでいただきます。

豆腐のたっぷりあんかけの詳細を見る豆腐のたっぷりあんかけの詳細を見る

春の卯の花
春の卯の花

おからは、もともと大豆から豆腐を作る時に出来る搾りかすです。良質な脂質、食物繊維、ビタミン、カルシウム、鉄分、ミネラルなどの栄養素のほか、大豆イソフラボン、大豆サポニン、大豆レシチンなどの栄養成分を含み、栄養のバランスにとても優れた食品。ぜひ日常の食卓に並べて欲しい食材です。ホッとするやさしい味のサラダは、低カロリーなので、ダイエット中の方にはピッタリですね。

春の卯の花の詳細を見る春の卯の花の詳細を見る

ヘルシーオードブル
ヘルシーオードブル

中国料理の漬物として知られるザ―サイと、日本のお漬物たくあんが意外に相性良く、それぞれの食感も活かしたオードブル。きゅうりはナトリウムの排出をうながし、利尿作用があるため、「塩分の摂り過ぎ」を気にされる方にはおすすめのお野菜です。きゅうりの先端は残留物質がたまりやすいので、厚めに皮をむいていただきましょう。

ヘルシーオードブルの詳細を見るヘルシーオードブルの詳細を見る

ピーマンとれんこんのきんぴら
ピーマンとれんこんのきんぴら

歯ごたえがあるれんこんのしゃきしゃききんぴら。ちりめんじゃこはカルシウムが豊富。カルシウムには精神を安定させ、ストレスに対する抵抗力をつける働きがありますので、ストレス解消には欠かせない食材。丈夫な骨を作るためにも、お子様の成長期にもいただきたいですね。

ピーマンとれんこんのきんぴらの詳細を見るピーマンとれんこんのきんぴらの詳細を見る

生姜たっぷり水餃子鍋
生姜たっぷり水餃子鍋

餃子にもスープにも生姜をふんだんに使った体がホカホカ温まる鍋料理です。
生姜には、辛味成分が熱をだして体を芯から温めます。そして血行促進し、免疫力がアップ、新陳代謝が活発になり肌の老廃物を取り除き栄養素を届けます。その流れで、ダイエットにも効果があるまさに寒い冬にぴったりの食材です。ねぎとの食べあわせで高血圧予防や動脈硬化の予防にも期待できます。
スープは薄味ですが、好みで塩を少々いれてよいかと思います。
生姜は冷凍が出来るので、まるのまま冷凍しても「すりおろし」に便利です。

生姜たっぷり水餃子鍋の詳細を見る生姜たっぷり水餃子鍋の詳細を見る

こんにゃくのピカタ
こんにゃくのピカタ

低カロリーの代表食材のこんにゃくに卵衣をつけて焼いたピカタ。満腹感もあり、食物繊維も豊富なので、ダイエット中の方や便秘がちの方におすすめしたい1品です。こんにゃくの水気を事前にしっかりとばしておけば、臭みも水っぽさもなくなります。

こんにゃくのピカタの詳細を見るこんにゃくのピカタの詳細を見る

鶏手羽先のカレーマヨ焼き
鶏手羽先のカレーマヨ焼き

鶏手羽先は主菜としても優秀なのはもちろんですが、栄養以外にもうれしいことが・・・。
ふつうの鶏肉に比べ、食べるのに少々手間がかかるので、少量でも満腹感を得やすく、無意識のうちに食事時間を長くとることができます。ついつい早食いになってしまうという方にはピッタリの食材というわけなのです。たまには手間を惜しまず、時間をかけて鶏手羽先の旨みを味わいましょう。野菜を添えるのもお忘れなく・・・。

鶏手羽先のカレーマヨ焼きの詳細を見る鶏手羽先のカレーマヨ焼きの詳細を見る

牡蠣のクリーム煮
牡蠣のクリーム煮

旬の牡蠣をつかったあったかシチュー。
牡蠣にはビタミン、ミネラルがバランスよく豊富に含まれている事から「海のミルク」と言われています。グリコーゲンには、疲労回復・滋養強壮に役立ち、新陳代謝の促進、免疫力強化などの効果が期待出来る亜鉛も多く含まれています。これからの時期おいしい食べ方が色々あります。旬を味わって健康に健やかな冬を過ごして下さい。

牡蠣のクリーム煮の詳細を見る牡蠣のクリーム煮の詳細を見る

かにかま入りみぞれ椀
かにかま入りみぞれ椀

大根おろしたっぷりのやさしい味わいのみぞれ椀。大根には消化酵素やビタミンCが豊富。しかしこの酵素は熱に弱いため「生の大根おろし」がお勧めですが、寒い時期においしく温まりながら頂けるのがみぞれ椀です。すった大根を温かい味噌汁に入れて頂くと大根の甘みが増して一味違った味噌汁になります。食欲がでない朝に、食べすぎが気になる時にもおすすめです。大根は胃腸の働きを活性化し、ガンの抑制効果も期待できます。大根おろしは下ろしたら時間をおかずに頂きましょう。

かにかま入りみぞれ椀の詳細を見るかにかま入りみぞれ椀の詳細を見る

豆乳野菜スープ
豆乳野菜スープ

温かいものが恋しい季節です。具だくさんの体温まる豆乳和風スープです。
大豆は消化があまりよくない食べ物とされてますが、豆乳になるとその消化吸収率は極めて高くなり、胃腸にやさしい高い栄養素(高タンパク質、脂質)が含まれている「機能性食品」です。豆乳のタンパク質は、コレステロール、血圧を下げて動脈硬化の予防に良いと言われています。
野菜たっぷり具だくさんで、胃腸にも体にも優しい栄養満点のスープでおいしい汁物を楽しみましょう。
好みで水溶き片栗粉でとろみをつけても美味しく温まります。

豆乳野菜スープの詳細を見る豆乳野菜スープの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...