20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:291件が該当しました
豆腐とわかめの豚肉ロール
豆腐とわかめの豚肉ロール

青じそとたたき梅の風味がすっきりさわやかなヘルシーメニュー。ダイエット中の方にもピッタリな主食になります。脂肪分の少ないロース肉を使ってカロリーを抑えても、満腹感は十分得られます。切り口を見せれば華やかになりますので、お弁当にもぜひご利用いただきたい1品です。

豆腐とわかめの豚肉ロールの詳細を見る豆腐とわかめの豚肉ロールの詳細を見る

チーズとプルーンの豚肉巻き
チーズとプルーンの豚肉巻き

フライパン1つでおかずとつけ合わせができる便利で健康な1品!
プルーンの甘さが豚肉の旨みを引き出し、シンプルな味付けでも美味しく頂けます。
プルーンはミネラル、ビタミンをバランスよく含んだ健康フルーツ。造血に必要なビタミンB群も方法で特に乾燥したものは鉄分も多いため、貧血予防にも効果的で、抗酸化作用のあるカロテンやエネルギー代謝に必要なナイアシンなども豊富に含みます。
ほうれん草を茹でずに蒸し焼きにする事で、温かい冬にぴったりの付け合わせが1つのフライパンで簡単にでき、薄塩加減がかなり量でも頂けます。健康を気にする方にお勧めです。

チーズとプルーンの豚肉巻きの詳細を見るチーズとプルーンの豚肉巻きの詳細を見る

キャベツの巣ごもり卵
キャベツの巣ごもり卵

キャベツの甘みと彩りがきれいな巣ごもり卵は、忙しい朝にもぴったりの簡単レシピ。冬キャベツは1~3月、春キャベツは3~5月が美味しい時期ですね。芯のまわりにはビタミンCも多く含まれるので、細切りにしてムダなくいただきましょう。

キャベツの巣ごもり卵の詳細を見るキャベツの巣ごもり卵の詳細を見る

お揚げの鶏挽肉はさみ焼き
お揚げの鶏挽肉はさみ焼き

鶏肉と大豆の良質のたんぱく質をたっぷり含み、れんこんの食感もありますので満腹感も十分なダイエットにはおすすめのヘルシーメニュー。お弁当のおかずにもおすすめです。油揚げなどの大豆製品に含まれるイソフラボンは、ポリフェノールの一種で、女性ホルモンと似た働きがあることで注目されています。更年期の不調を予防、改善する効果や、骨量の減少を抑制したり、骨量を増やしたりして骨粗鬆症を予防する働きがあると考えられています。

お揚げの鶏挽肉はさみ焼きの詳細を見るお揚げの鶏挽肉はさみ焼きの詳細を見る

鶏団子の豆乳みそ煮込み
鶏団子の豆乳みそ煮込み

里芋とごぼうを使った根菜スープ。お味噌と豆乳のヘルシーで優しい味わいに仕上げました。
里芋は高血圧予防に効果的なカリウムも大量に含まれ、食物繊維もたっぷりなので、体脂肪や生活習慣病予防の方にはおすすめしたいお野菜の1つ。ごぼうとの相性も良いです。たんぱく質を効率良く吸収する働きもあるので、お肉との食べ合わせで体力アップも期待されます。

鶏団子の豆乳みそ煮込みの詳細を見る鶏団子の豆乳みそ煮込みの詳細を見る

焼きエリンギと豚肉のピリ辛ソース
焼きエリンギと豚肉のピリ辛ソース

歯ざわりがよいエリンギと豚ロースのボリュームある1品です。
エリンギにはさつまいもより豊富な食物繊維で、腸内環境を整え、コレステロール値を下げるなど、生活習慣病予防にとても効果的です。他に多く含むビタミンB2にはガン発生に関わる活性酸素の働きを抑える効果があると言われています。豚肉に多く含むビタミンB1の疲労回復効果で、季節の変わり目を元気にサポートしてくれるおかずです。

焼きエリンギと豚肉のピリ辛ソースの詳細を見る焼きエリンギと豚肉のピリ辛ソースの詳細を見る

いわしのハーブ風味
いわしのハーブ風味

ほどよく脂が乗って「いわし」の味わいがワンランクアップする季節です。
いわしの腹にハーブを入れて香りを移し、オリーブオイルとガーリックの香りが、イタリアン風焼き魚で楽しめます。作り方も至って簡単!
オリーブオイルと塩・コショウのパリパリ感が、皮までおいしく頂けます。
いわしにはカルシウムはもちろんの事、EPAやDHAといった不飽和脂肪酸が多く含まれており、これは血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きや、老化防止に役立つなど、主に生活習慣病の予防効果があると言われています。ビタミンCを含む食材と一緒に摂ることが前記の栄養素を効率よく摂取できます。レモン汁をかけて召し上がって下さい。
ハーブは他に、「タイム」なども魚料理によく使われています。手に入らなければ、乾燥したものでもおいしく頂けます。

いわしのハーブ風味の詳細を見るいわしのハーブ風味の詳細を見る

さつまいもとかぼちゃのベーコン炒め
さつまいもとかぼちゃのベーコン炒め

ベーコンの旨みと染み出る脂を利用したメニュー。
さつまいもにふくまれるビタミンCは、リンゴの10倍以上もあり、抵抗力をアップしたり、美肌効果もあり、活性酵素を除去するので、ガンの予防にも活躍します。このビタミンCを壊さないためには、皮の付いたまま調理すると良いです。かぼちゃの栄養であるビタミンAやEの吸収をよくするためには、油脂を含む食品と一緒に食べるようにすると良いので、ベーコンとの相性も抜群です。

さつまいもとかぼちゃのベーコン炒めの詳細を見るさつまいもとかぼちゃのベーコン炒めの詳細を見る

塩鶏としいたけのみぞれ煮
塩鶏としいたけのみぞれ煮

大根おろしを使ったあっさり味の和食の煮物。しいたけとししとうがらしから野菜の美味しいうま味が出てきますので、薄味でも十分美味しくいただけます。ししとうがらしにはビタミンCが多いので、鶏肉などのたんぱく質と一緒にいただくと体力がアップし、食欲増進や美肌効果も期待されます。ヘルシーなきのこ類をたくさん加えれば、ダイエット中でも安心してたくさんいただける1品になりますね。

塩鶏としいたけのみぞれ煮の詳細を見る塩鶏としいたけのみぞれ煮の詳細を見る

ツナの佃煮
ツナの佃煮

保存もでき、ちょっとしたご飯のお供になる佃煮。ピーマンやナスなどを入れても美味しくいただけます。ツナ缶は、ヘルシーにタンパク質を補給したい場合、ノンオイルの「水煮」タイプのツナ缶を選びましょう。油漬けのカロリーの約1/3に抑えることができます。

ツナの佃煮の詳細を見るツナの佃煮の詳細を見る

なすとズッキーニのパスタ
なすとズッキーニのパスタ

低カロリーでヘルシーな茄子とズッキーニを使ったダイエット中でもうれしいパスタです。
トマトベースのソースにも栄養がいっぱい!
トマトに含まれる赤い色素「リコピン」は抗酸化作用があるので、老化防止や
生活習慣病予防に役立ちます。
さらに、このリコピンは熱に強いので今回のようにソースにすることで
体内への吸収率がアップするというメリットもあるすぐれもの。
まとめて作って、パスタだけでなく、白身魚や鶏肉、オムレツのソースなどに幅広く活用したいソースです。
また、トマトには血圧を下げる作用のある「ルチン」も含まれていますので、メタボ予防にも効果大です。

なすとズッキーニのパスタの詳細を見るなすとズッキーニのパスタの詳細を見る

奈良和え
奈良和え

たっぷりのゴマとだし汁を加えてまろやかな三杯酢で味わうシンプルな郷土料理。
「酢」には血圧を低下させたり、血糖値の上昇を抑える働きがあります。また疲労物質の蓄積を抑える働きもあるので、暑さに疲れた体に効果的です。
ごまには良質なたんぱく質を含み、ビタミン、カルシウム、鉄などのミネラルも豊富な健康食品!成分の中のセサミンは悪玉コレステロールを低下させ動脈硬化を防ぐなどの効果も期待できます。栄養分をしっかり摂るには、ごまの殻を擦って「硬い皮」を壊す事が大切です。ただし、時間が経つと酸化するので、食べる直前に擦るのがお勧めです。
野菜を薄切りにする事で三杯酢がよくなじみます。副菜でもしっかり栄養補給できる1品です。

奈良和えの詳細を見る奈良和えの詳細を見る

ししとうと豚肉の甘辛炒め
ししとうと豚肉の甘辛炒め

ししとうがらしは下ごしらえも簡単で調理しやすい夏の野菜です。8月中旬をすぎるとピリッと辛い物もありますが、カロテンやビタミンCが豊富で夏バテ対策にもお勧めです。
カロテンは脂溶性なので、肉などと一緒に油炒めすると相乗効果が期待でき、ビタミンCは油揚げなどのたんぱく質と一緒に食べ合わせると体力アップ!食欲増進、ガン予防にも効果的です。

ししとうと豚肉の甘辛炒めの詳細を見るししとうと豚肉の甘辛炒めの詳細を見る

えのきハンバーグ
えのきハンバーグ

えのきのシャキシャキが新食感のハンバーグです。えのきには「ギャバ」という成分が豊富に含まれており、腎臓や肝臓を活発にする働きがあり、血圧や神経の安定に役立ちます。また、疲労回復に効果のあるビタミンB1もきのこ類ではトップクラス。夕食に食べると1日の疲れを取り、安眠をもたらしてくれます。
鶏肉もヘルシーな食材なので、体重が気になる方も、野菜をたくさん食べさせたい子供にも、うれしいメニューです。あんかけも、めんつゆを使った簡単なものなので、手軽に手早く作れます。
鶏挽肉とえのきは同量で作るのがポイントです。

えのきハンバーグの詳細を見るえのきハンバーグの詳細を見る

ナスとベーコンの和風パスタ
ナスとベーコンの和風パスタ

ベーコンを使ったコクと旨味が加わった和風パスタ。ナスにはブルーベリー同様、目の疲労や視力回復の効果がある他、活性酸素の働きを抑制しガン予防の効果も期待されます。できれば、皮も一緒にいただきましょう。

ナスとベーコンの和風パスタの詳細を見るナスとベーコンの和風パスタの詳細を見る

鶏もものさっぱりビネガー煮
鶏もものさっぱりビネガー煮

たっぷりの玉ねぎの上にお肉をのせてビストロ風に。白ワインビネガーは、煮込み料理やドレッシングなど様々なお料理に活躍してくれる調味料の1つです。玉ねぎはたまにどっさり食べるより、毎日50g(中たまねぎ1/4程度)を食べれば血液サラサラ効果が期待されます。このメニューで1日の玉ねぎ摂取はOK!

鶏もものさっぱりビネガー煮の詳細を見る鶏もものさっぱりビネガー煮の詳細を見る

ごぼうハンバーグロコモコ丼
ごぼうハンバーグロコモコ丼

ごぼうのささがきがたっぷり入ったお肉に負けないボリュームのハンバーグを彩り豊かなロコモコ丼にしてみました。
お肉の代わりに木綿豆腐を使うことでカロリーを抑えています。
ごぼうに含まれる食物繊維は、便秘解消、整腸、発がん性物質の排除などに効果的。血糖値の上昇を抑制する働きもありますので、メタボ対策にもバッチリ!
よく噛んで食べることが大切なお子様にも、お昼ご飯にいかがでしょうか。ごぼうは水にさらすとうまみも出てしまうので、そのままささがきにして調理しましょう。

ごぼうハンバーグロコモコ丼の詳細を見るごぼうハンバーグロコモコ丼の詳細を見る

豚コンのしょうが焼き
豚コンのしょうが焼き

豚肉を通常の半分に減らし、こんにゃくを加えて満腹感はそのままにした1品。お肉が好きでついつい食べすぎてしまいがちな人にいかがでしょうか。冷めても美味しいのでお弁当のおかずにも合います。ねごや玉ねぎは、豚肉のビタミンB群の吸収率がアップさせ疲労回復効果を増進してくれますので、積極的に一緒に調理したいですね。

豚コンのしょうが焼きの詳細を見る豚コンのしょうが焼きの詳細を見る

トマトとタコの緑あえ
トマトとタコの緑あえ

トマトやきゅうりは、夏の暑さ払いにぴったりのみずみずしいお野菜。低カロリーなタコと一緒に召し上がりましょう。甘みの強いフルーツトマトを使ったり、冷たく冷やして食べると美味しさが引き立ちます。

トマトとタコの緑あえの詳細を見るトマトとタコの緑あえの詳細を見る

豚肉とみょうがのみぞれ煮
豚肉とみょうがのみぞれ煮

薬味として利用するみょうがを、あっさり煮物にそえて風味を楽しむ1品。みょうがには食欲を増し、消化を助ける効果や、眠気を覚ます効果もあります。豚肉の脂身にはコレステロールを低下してくれる脂肪が多く含まれているので、コレステロールが気になる人にもおすすめです。

豚肉とみょうがのみぞれ煮の詳細を見る豚肉とみょうがのみぞれ煮の詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...