20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:291件が該当しました
生姜たっぷり水餃子鍋
生姜たっぷり水餃子鍋

餃子にもスープにも生姜をふんだんに使った体がホカホカ温まる鍋料理です。
生姜には、辛味成分が熱をだして体を芯から温めます。そして血行促進し、免疫力がアップ、新陳代謝が活発になり肌の老廃物を取り除き栄養素を届けます。その流れで、ダイエットにも効果があるまさに寒い冬にぴったりの食材です。ねぎとの食べあわせで高血圧予防や動脈硬化の予防にも期待できます。
スープは薄味ですが、好みで塩を少々いれてよいかと思います。
生姜は冷凍が出来るので、まるのまま冷凍しても「すりおろし」に便利です。

生姜たっぷり水餃子鍋の詳細を見る生姜たっぷり水餃子鍋の詳細を見る

鶏手羽先のカレーマヨ焼き
鶏手羽先のカレーマヨ焼き

鶏手羽先は主菜としても優秀なのはもちろんですが、栄養以外にもうれしいことが・・・。
ふつうの鶏肉に比べ、食べるのに少々手間がかかるので、少量でも満腹感を得やすく、無意識のうちに食事時間を長くとることができます。ついつい早食いになってしまうという方にはピッタリの食材というわけなのです。たまには手間を惜しまず、時間をかけて鶏手羽先の旨みを味わいましょう。野菜を添えるのもお忘れなく・・・。

鶏手羽先のカレーマヨ焼きの詳細を見る鶏手羽先のカレーマヨ焼きの詳細を見る

牡蠣のクリーム煮
牡蠣のクリーム煮

旬の牡蠣をつかったあったかシチュー。
牡蠣にはビタミン、ミネラルがバランスよく豊富に含まれている事から「海のミルク」と言われています。グリコーゲンには、疲労回復・滋養強壮に役立ち、新陳代謝の促進、免疫力強化などの効果が期待出来る亜鉛も多く含まれています。これからの時期おいしい食べ方が色々あります。旬を味わって健康に健やかな冬を過ごして下さい。

牡蠣のクリーム煮の詳細を見る牡蠣のクリーム煮の詳細を見る

くるみと鶏肉炒め
くるみと鶏肉炒め

くるみと鶏肉の栄養価、味、共に相性抜群の1品です。
くるみは「植物性の卵」と言われるほどたんぱく質が豊富で、栄養価の高い食材です。必須脂肪酸を多く含み、中でもαーリノレン酸はストレスの軽減や肥満、高血圧、糖尿病など現代病に役立ちます。ほかにもビタミンB1、ビタミンE、カルシウム、食物繊維などを含んでおり、ビタミンB1は糖質の代謝を助け、ビタミンEは、αーリノレン酸、などの相互作用で、動脈硬化を防ぐ効果もあります。また血行を良くし、滋養強壮にも良いと言われています。
クコの実はドライフルーツとして見る機会がありますが、こちらも漢方薬として使われており、疲労回復や脂肪肝などの肝臓病、高コレステロール予防効果があるといわれている健康食品です。
お疲れ気味の現代人に、うれしい栄養が豊富な副菜です。作り方も簡単なので、頑張るお父さんの1品にいかがですか?

※ナッツ類は全般的に消化が悪いので、食べ過ぎには注意しましょう。

くるみと鶏肉炒めの詳細を見るくるみと鶏肉炒めの詳細を見る

豚ヒレ肉の酢豚
豚ヒレ肉の酢豚

おなじみの「酢豚」もヒレ肉を使って、揚げずにヘルシーに頂きましょう。
ヒレ肉は豚肉の中でもB1の含有量は最も多く、疲労回復に良いとされています。この分量で1日の必要量がほぼ確保できます。脂肪も少ないため低カロリーです。
ピーマンは免疫力を高めるカロテンも豊富で油で調理すると吸収されやすくなります。ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴なので炒め物でも栄養素を引き出せます。たまねぎとの食べ合わせで高血圧予防や動脈硬化予防にも効果的です。
脂肪が少ないおいしいヒレ肉と栄養価の高い野菜でバランスのよい1品です。

豚ヒレ肉の酢豚の詳細を見る豚ヒレ肉の酢豚の詳細を見る

ブリ丼ぶり
ブリ丼ぶり

ブリ大根が有名な「ブリ」ですが、ご飯にのせた「丼ブリ物」はいかがですか?
ブリには良質なたんぱく質と脂質が豊富に含み、ビタミンB群、CやDやEなどもバランスよく含まれ、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮するタウリンも含まれています。
切身は骨が少ないので食べやすく、皮までパリパリ焼いておいしく頂けます。うす切りスライスのにんじんはさっと茹でるだけで食べやすくなり、かなりの量でも頂けます。にんじんに含まれるビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保つ肌荒れ防止効果もあるので、肌の乾燥が気になる寒い季節にもおすすめです。

※<合わせ調味料>を仕上げにかけるとよりしっかりした味付けになりますが、塩分を気にされる方は、そのままお召し上がりください。

ブリ丼ぶりの詳細を見るブリ丼ぶりの詳細を見る

ローズマリー風味のトマトスープ
ローズマリー風味のトマトスープ

ローズマリーの香りが効いたスープ(飲めるソース)です。
ぱりっと焼いた鶏もも肉に自家製トマトソースをたっぷりかけて「トマトソース」というより「トマトスープ」感覚で飲むのがお勧めで、自家製ならではの優しい味付けが最後の一滴までおいしく飲めます。トマトは脂溶性なので少量の油を使って煮詰めるのは効果的で、皮の赤い色素に含まれるリコピンには抗酸化作用でガンや動脈硬化などの予防にも効果が高く、皮ごとに詰めるのがおすすめです。煮詰める時間がやや掛かりますが、余った分は冷凍保存も可能で、さらに煮詰めると、パスタと絡めてトマトソースにも、チーズを足してトマトリゾットにも応用できて便利です。
応用可能な分、味付けが優しい仕上がりになってるので、味見をして塩分や糖分を調整してください。

ローズマリー風味のトマトスープの詳細を見るローズマリー風味のトマトスープの詳細を見る

ほっこりかぶの柚子味噌がけ
ほっこりかぶの柚子味噌がけ

柚子のさわやかな酸味と味噌の相性がくせになる柚子味噌は温野菜に合う万能調味料。柚子胡椒の量はお好みで調整してオリジナル、季節の味噌だれをお楽しみください。柚子にはビタミンA・C・E(エース)が含まれており、抗酸化パワー抜群!また旬野菜かぶは根の白い部分は消化を助ける酵素が含まれ、葉の緑の部分にはビタミン・ミネラルが豊富という栄養バランス抜群の野菜です。一緒にとって冬の寒さに負けない体をつくりましょう。

ほっこりかぶの柚子味噌がけの詳細を見るほっこりかぶの柚子味噌がけの詳細を見る

ねばとろ丼
ねばとろ丼

ねばねばとろとろ、簡単「粘り丼」のできあがり。暑くて食欲がない夏もしっかりご飯。「ぬるぬる」とした食感がのどごしに良く、つるんと頂けます。ねばねばのもととなってるのは食物繊維として働くペクチンには腸内の善玉菌を増やし、整腸効果や血中コレステロール値を下げる働きがあります。また、なめこ、やまいもと食べ合わせる事で滋養、強壮効果もあります。
十六穀ごはんは白米に比べて、カルシウムやマグネシウム、ビタミンB6が豊富で、賢く簡単に栄養バランスがアップできます。
なめこの代わりに納豆でも手軽です。

ねばとろ丼の詳細を見るねばとろ丼の詳細を見る

アボガドグラタン
アボガドグラタン

とっても簡単で、おしゃれな1品。おもてなしにもお勧めです。
アボガドは栄養価が非常に高い果実で、コレステロールを減らす働きがあるオレイン酸がたっぷり、ビタミンB1、B2、E、ミネラル、食物繊維も豊富で高血圧や脳梗塞の予防にも効果的です。
大人には少量のにんにくを入れたり、コショウをしてもスパイスが効いてお勧めです。ウィンナーの代わりにハムなどでも○。

アボガドグラタンの詳細を見るアボガドグラタンの詳細を見る

パンプキン パンプキン
パンプキン パンプキン

βカロテンたっぷりの緑黄食野菜の代表、南瓜。βカロテン以外にもビタミンC・Eやカルシウムも含まれています。
お子さんといっしょに作っても楽しい、おやつメニューです。南瓜の種はビタミン・ミネラルの宝庫。リノール酸も含まれています。コレステロールや中性脂肪の低下に・・・ メタボの気になるお父さんにもおススメです。お子さんとご一緒にどうぞ。

パンプキン パンプキンの詳細を見るパンプキン パンプキンの詳細を見る

刻みきつねそば
刻みきつねそば

油揚げを甘辛く煮ずに刻んで加えることで手早くいただけるクイックメニュー。
そばは、低カロリーでありながら栄養価がとても高く、お夜食にもピッタリです。さらに、だしには脳の働きを活性化してくれる食品の1つである鰹節を使った「鰹だし」、具には大豆の栄養を含んだ「油揚げ」を使って、脳の働きを活性化させましょう。

油揚げは、豆腐を切って油で揚げたもの。このような大豆製品は、良質なたんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミンEなどを含んでおり、栄養満点であることから日常でよく使いたい食材の1つです。

刻みきつねそばの詳細を見る刻みきつねそばの詳細を見る

かぶのポタージュ(マッシュルーム入り)
かぶのポタージュ(マッシュルーム入り)

根菜類が旬を迎える秋、かぶのポタージュスープです。
かぶには大根と同様に消化酵素のジアスターゼが含まれているので、胃もたれ胸やけ解消の効果があります。マッシュルームにはシイタケに比べたんぱく質が多く、ビタミンB2、カリウム、食物繊維が含まれています。食物繊維の働きで余分なコレステロール値を下げ動脈硬化や高血圧の予防が期待できるほか、腸内を洗浄して体の中からきれいにしてくれます。脂肪の代謝を助けて効率よくエネルギーに変えてくれる、ビタミンB2との相乗効果でダイエットにもおすすめできるきのこです。
フレンチテイストながら、ごはんにも合う秋のスープはいかがですか?

かぶのポタージュ(マッシュルーム入り)の詳細を見るかぶのポタージュ(マッシュルーム入り)の詳細を見る

松の実とほうれん草のバター炒め
松の実とほうれん草のバター炒め

これからの寒い季節に厚みが増しておいしいほうれん草と、薬膳やパスタ料理でもおなじみの松の実。この2つの食べ合わせの相性はよく、ほううれん草のβ‐カロテンとビタミンCと、松の実の良質な不飽和脂肪酸は、潤いのある美肌作りに有効です。バターはおおよそ13g で、1日の上限量になりますので、香りづけ程度に使いましょう。

松の実とほうれん草のバター炒めの詳細を見る松の実とほうれん草のバター炒めの詳細を見る

青葱チヂミ ポーク味噌だれ
青葱チヂミ ポーク味噌だれ

葱とごまの風味のシンプルなチヂミにボリューム満点のたれを添えていただきます。
まとめて焼いて冷凍にしておけば夜食やおやつにも使える便利メニュー夜食のときはさっぱりポン酢など、
たれを工夫しカロリーオフしていただきましょう。

葱には殺菌作用があるので、これからの季節の風邪予防に役立つ食材の1つ。
さらに、葱は豚肉に含まれるビタミンB1の吸収率を高めてくれるので、一緒にとることで効果がupします。
お疲れ気味のお父さんのお酒のお供にもピッタリです。

青葱チヂミ ポーク味噌だれの詳細を見る青葱チヂミ ポーク味噌だれの詳細を見る

にらたま親子丼
にらたま親子丼

親子丼に緑黄色野菜のにらを加えたどんぶりメニュー。
どんぶり物はついご飯が多くなり、野菜は少なくなってしまいがち・・・
ご飯をいつもの量より少なくし具を上手に盛り付けて、見た目の
ボリューム感を出すように工夫しましょう。
にらにはさまざまなビタミン・ミネラルがバランスよく含まれています。
また、玉葱でもおなじみの辛味成分「硫化アリル」も含まれています。
新陳代謝の促進やスタミナをつけたい方には効果的です。

にら&玉葱のダブルパワーで、健康な体をつくりましょう。

にらたま親子丼の詳細を見るにらたま親子丼の詳細を見る

長芋のステーキ
長芋のステーキ

滋養強壮でおなじみの長いもですが、
現代人に不足しがちなカリウムも多く摂れる食材のひとつです。
高血圧の方はもちろん、日頃から塩辛いものがお好きな方にもおススメです。

長芋のステーキの詳細を見る長芋のステーキの詳細を見る

さっぱり春雨冷めん
さっぱり春雨冷めん

暑さで食欲がない時に、さっぱりといただきたい冷麺。ローカロリーな春雨を使うことで、ダイエットやメタボ対策の方におすすめです。野菜はお好みで盛りつけていただけますが、タンパク質を上手に摂取するために茹で卵は一緒にいただきましょう。スプラウトはがん抑制効果が高い成分が入っていますので、少量でも十分な栄養がとれることで人気が出てきた食材です。

さっぱり春雨冷めんの詳細を見るさっぱり春雨冷めんの詳細を見る

牛肉と焼き野菜のサラダ
牛肉と焼き野菜のサラダ

牛肉は、コレステロールを増やしてしまうため、食べ過ぎには注意が必要ですが、たんぱく質、脂質、鉄を多く含む栄養価の高い食品。さらにたんぱく質の元になるアミノ酸のうち、体内で合成することができない必須アミノ酸が多く含まれている優れた食品です。ナスとトマトの食べ合わせはガン、肥満、糖尿病予防に効果があります。

牛肉と焼き野菜のサラダの詳細を見る牛肉と焼き野菜のサラダの詳細を見る

みょうがのチャーハン
 みょうがのチャーハン

旬のみょうがと豚肉のバランスがくせになるチャーハンです。
豚肉は余分な脂をとりながら、有効活用するので油は使わずに仕上がり、豚肉本来のうまみは生かして作りましょう。豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1や脳の働きを活発にするビタミンB12などお疲れ気味のお父さんから受験勉強にがんばるお子さんまで、みんなで摂りたい食材のひとつです。旬の野菜、香り豊かなみょうがを加えるとさっぱりいただけます。ついつい食べ過ぎないように、ご飯の量は控えめに・・・

 みょうがのチャーハンの詳細を見る みょうがのチャーハンの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

12月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...