20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:291件が該当しました
お揚げの鶏挽肉はさみ焼き
お揚げの鶏挽肉はさみ焼き

鶏肉と大豆の良質のたんぱく質をたっぷり含み、れんこんの食感もありますので満腹感も十分なダイエットにはおすすめのヘルシーメニュー。お弁当のおかずにもおすすめです。油揚げなどの大豆製品に含まれるイソフラボンは、ポリフェノールの一種で、女性ホルモンと似た働きがあることで注目されています。更年期の不調を予防、改善する効果や、骨量の減少を抑制したり、骨量を増やしたりして骨粗鬆症を予防する働きがあると考えられています。

お揚げの鶏挽肉はさみ焼きの詳細を見るお揚げの鶏挽肉はさみ焼きの詳細を見る

豆腐入り和風ラタトイユ
豆腐入り和風ラタトイユ

南仏の煮込み料理を和風にアレンジ。
第6の栄養素とも言われる食物繊維がたっぷりとれ、
低カロリーでも満腹感が得られる夜食にもおススメのレシピです。

豆腐入り和風ラタトイユの詳細を見る豆腐入り和風ラタトイユの詳細を見る

ねばとろ丼
ねばとろ丼

ねばねばとろとろ、簡単「粘り丼」のできあがり。暑くて食欲がない夏もしっかりご飯。「ぬるぬる」とした食感がのどごしに良く、つるんと頂けます。ねばねばのもととなってるのは食物繊維として働くペクチンには腸内の善玉菌を増やし、整腸効果や血中コレステロール値を下げる働きがあります。また、なめこ、やまいもと食べ合わせる事で滋養、強壮効果もあります。
十六穀ごはんは白米に比べて、カルシウムやマグネシウム、ビタミンB6が豊富で、賢く簡単に栄養バランスがアップできます。
なめこの代わりに納豆でも手軽です。

ねばとろ丼の詳細を見るねばとろ丼の詳細を見る

しいたけと春菊の卵とじ
しいたけと春菊の卵とじ

お肉を使わない卵とじはカロリーも低くてヘルシー。春菊は牛乳以上のカルシウムとミネラル類を豊富に含んだ緑黄色野菜。独特の香りとしいたけの甘さが相性抜群です。まいため、しめじ、ねぎ、小松菜などを使っても美味しくいただけます。ダイエット中の方のお食事や、お夜食にもおすすめしたい1品です。

しいたけと春菊の卵とじの詳細を見るしいたけと春菊の卵とじの詳細を見る

アボガドグラタン
アボガドグラタン

とっても簡単で、おしゃれな1品。おもてなしにもお勧めです。
アボガドは栄養価が非常に高い果実で、コレステロールを減らす働きがあるオレイン酸がたっぷり、ビタミンB1、B2、E、ミネラル、食物繊維も豊富で高血圧や脳梗塞の予防にも効果的です。
大人には少量のにんにくを入れたり、コショウをしてもスパイスが効いてお勧めです。ウィンナーの代わりにハムなどでも○。

アボガドグラタンの詳細を見るアボガドグラタンの詳細を見る

パンプキン パンプキン
パンプキン パンプキン

βカロテンたっぷりの緑黄食野菜の代表、南瓜。βカロテン以外にもビタミンC・Eやカルシウムも含まれています。
お子さんといっしょに作っても楽しい、おやつメニューです。南瓜の種はビタミン・ミネラルの宝庫。リノール酸も含まれています。コレステロールや中性脂肪の低下に・・・ メタボの気になるお父さんにもおススメです。お子さんとご一緒にどうぞ。

パンプキン パンプキンの詳細を見るパンプキン パンプキンの詳細を見る

刻みきつねそば
刻みきつねそば

油揚げを甘辛く煮ずに刻んで加えることで手早くいただけるクイックメニュー。
そばは、低カロリーでありながら栄養価がとても高く、お夜食にもピッタリです。さらに、だしには脳の働きを活性化してくれる食品の1つである鰹節を使った「鰹だし」、具には大豆の栄養を含んだ「油揚げ」を使って、脳の働きを活性化させましょう。

油揚げは、豆腐を切って油で揚げたもの。このような大豆製品は、良質なたんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミンEなどを含んでおり、栄養満点であることから日常でよく使いたい食材の1つです。

刻みきつねそばの詳細を見る刻みきつねそばの詳細を見る

かぶのポタージュ(マッシュルーム入り)
かぶのポタージュ(マッシュルーム入り)

根菜類が旬を迎える秋、かぶのポタージュスープです。
かぶには大根と同様に消化酵素のジアスターゼが含まれているので、胃もたれ胸やけ解消の効果があります。マッシュルームにはシイタケに比べたんぱく質が多く、ビタミンB2、カリウム、食物繊維が含まれています。食物繊維の働きで余分なコレステロール値を下げ動脈硬化や高血圧の予防が期待できるほか、腸内を洗浄して体の中からきれいにしてくれます。脂肪の代謝を助けて効率よくエネルギーに変えてくれる、ビタミンB2との相乗効果でダイエットにもおすすめできるきのこです。
フレンチテイストながら、ごはんにも合う秋のスープはいかがですか?

かぶのポタージュ(マッシュルーム入り)の詳細を見るかぶのポタージュ(マッシュルーム入り)の詳細を見る

松の実とほうれん草のバター炒め
松の実とほうれん草のバター炒め

これからの寒い季節に厚みが増しておいしいほうれん草と、薬膳やパスタ料理でもおなじみの松の実。この2つの食べ合わせの相性はよく、ほううれん草のβ‐カロテンとビタミンCと、松の実の良質な不飽和脂肪酸は、潤いのある美肌作りに有効です。バターはおおよそ13g で、1日の上限量になりますので、香りづけ程度に使いましょう。

松の実とほうれん草のバター炒めの詳細を見る松の実とほうれん草のバター炒めの詳細を見る

青葱チヂミ ポーク味噌だれ
青葱チヂミ ポーク味噌だれ

葱とごまの風味のシンプルなチヂミにボリューム満点のたれを添えていただきます。
まとめて焼いて冷凍にしておけば夜食やおやつにも使える便利メニュー夜食のときはさっぱりポン酢など、
たれを工夫しカロリーオフしていただきましょう。

葱には殺菌作用があるので、これからの季節の風邪予防に役立つ食材の1つ。
さらに、葱は豚肉に含まれるビタミンB1の吸収率を高めてくれるので、一緒にとることで効果がupします。
お疲れ気味のお父さんのお酒のお供にもピッタリです。

青葱チヂミ ポーク味噌だれの詳細を見る青葱チヂミ ポーク味噌だれの詳細を見る

にらたま親子丼
にらたま親子丼

親子丼に緑黄色野菜のにらを加えたどんぶりメニュー。
どんぶり物はついご飯が多くなり、野菜は少なくなってしまいがち・・・
ご飯をいつもの量より少なくし具を上手に盛り付けて、見た目の
ボリューム感を出すように工夫しましょう。
にらにはさまざまなビタミン・ミネラルがバランスよく含まれています。
また、玉葱でもおなじみの辛味成分「硫化アリル」も含まれています。
新陳代謝の促進やスタミナをつけたい方には効果的です。

にら&玉葱のダブルパワーで、健康な体をつくりましょう。

にらたま親子丼の詳細を見るにらたま親子丼の詳細を見る

長芋のステーキ
長芋のステーキ

滋養強壮でおなじみの長いもですが、
現代人に不足しがちなカリウムも多く摂れる食材のひとつです。
高血圧の方はもちろん、日頃から塩辛いものがお好きな方にもおススメです。

長芋のステーキの詳細を見る長芋のステーキの詳細を見る

さっぱり春雨冷めん
さっぱり春雨冷めん

暑さで食欲がない時に、さっぱりといただきたい冷麺。ローカロリーな春雨を使うことで、ダイエットやメタボ対策の方におすすめです。野菜はお好みで盛りつけていただけますが、タンパク質を上手に摂取するために茹で卵は一緒にいただきましょう。スプラウトはがん抑制効果が高い成分が入っていますので、少量でも十分な栄養がとれることで人気が出てきた食材です。

さっぱり春雨冷めんの詳細を見るさっぱり春雨冷めんの詳細を見る

牛肉と焼き野菜のサラダ
牛肉と焼き野菜のサラダ

牛肉は、コレステロールを増やしてしまうため、食べ過ぎには注意が必要ですが、たんぱく質、脂質、鉄を多く含む栄養価の高い食品。さらにたんぱく質の元になるアミノ酸のうち、体内で合成することができない必須アミノ酸が多く含まれている優れた食品です。ナスとトマトの食べ合わせはガン、肥満、糖尿病予防に効果があります。

牛肉と焼き野菜のサラダの詳細を見る牛肉と焼き野菜のサラダの詳細を見る

みょうがのチャーハン
 みょうがのチャーハン

旬のみょうがと豚肉のバランスがくせになるチャーハンです。
豚肉は余分な脂をとりながら、有効活用するので油は使わずに仕上がり、豚肉本来のうまみは生かして作りましょう。豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1や脳の働きを活発にするビタミンB12などお疲れ気味のお父さんから受験勉強にがんばるお子さんまで、みんなで摂りたい食材のひとつです。旬の野菜、香り豊かなみょうがを加えるとさっぱりいただけます。ついつい食べ過ぎないように、ご飯の量は控えめに・・・

 みょうがのチャーハンの詳細を見る みょうがのチャーハンの詳細を見る

うなぎの薬味どんぶり
うなぎの薬味どんぶり

「暑い日が続く夏に元気が出るようにうなぎを食べる」という言葉は、栄養素が豊富なうなぎだからこその習慣ともいえるでしょう。うなぎは、ビタミンA、B1、B2、D、EやDHA、EPA、 ミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム)など身体に大切な栄養素が大変豊富な事でも有名です。うなぎの脂っこさを緩和させ薬味やきゅうりを和えて、さっぱりと後口の良いサラダ丼はいかがでしょうか。

うなぎの薬味どんぶりの詳細を見るうなぎの薬味どんぶりの詳細を見る

おからハンバーグ
おからハンバーグ

女性の美と健康に役立つ成分がたくさん含まれるおから。脂肪代謝や脳の活性化に働「レシチン」や骨粗鬆症、乳がん等に効果「イソフラボン」も多く含まれています。おからの繊維はおなかの中で膨らむので腹持ちがよくなりますし、余分な脂肪の吸収も妨げるので、ダイエットにも役立ちますので、日常のお食事に積極的に取り入れたい食材の1つです。

おからハンバーグの詳細を見るおからハンバーグの詳細を見る

ポークマリネ
ポークマリネ

薄切りの豚肉でコクとうま味を出した、ボリュームのあるマリネです。
豚肉をワインビネガーで漬け込んでおくと
マリネにピッタリなさっぱりした味わいに仕上がります。
3色のピーマンを加え、見た目も鮮やかな一品。
ピーマンはその色からもわかるように緑黄色野菜で、
豊富に含まれるビタミンAは脂溶性ビタミンなので
油と一緒に調理することで吸収率がup↑します。
油も適量を効果的に使うことで、
栄養価up↑につながるわけです。

ポークマリネの詳細を見るポークマリネの詳細を見る

野菜とそぼろの煮物
野菜とそぼろの煮物

煮物はつい味付けをしっかりしてしまいがち。
せっかく野菜をたくさんとれても、
調味料をたくさん使うと塩分や糖分が多くなってしまいます。
塩分・糖分を抑えただけでは物足りなくなってしまうので、
しょうがやごま油の香りを生かし、
さらに良質のたんぱく質を加えてバランスのよい副菜に・・・
たまねぎとかぼちゃ本来の甘みを楽しめるメニューです。

野菜とそぼろの煮物の詳細を見る野菜とそぼろの煮物の詳細を見る

ナスと豚肉の薬味添え
ナスと豚肉の薬味添え

豚肉は普段の食卓にも頻繁に使う食材。特に夏バテ対策には牛肉より豚肉が適しています。それは、ビタミンB1という栄養分が疲労回復に効果的なためであり、このビタミンB1は、牛肉の約10倍も含まれています。旬の野菜ナスと一緒に薬味を添えてさっぱりいただきましょう。

ナスと豚肉の薬味添えの詳細を見るナスと豚肉の薬味添えの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

9月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...