20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

ホーム  ->  メタボ対策 レシピ  ->  健康レシピ  ->  ダイエットレシピ  -> 奈良和え

奈良和え

奈良和え


奈良和え

材料

1)<三杯酢>を作ります。鍋に<三杯酢>の調味料を入れてひと煮立ちさせて冷ましておく。
2)小口切りにしたきゅうりを塩水に入れてしんなりしたら絞っておく。
3)汐昆布をざるに入れて、表面の塩をさっと流して水気を切っておく。
4)だいこん、にんじんを薄めの短冊切り、れんこんを薄めの輪切りにし、湯がいておく。
5)干しシイタケを戻し(※)、油揚げと一緒に、鍋にひたひたのだし汁を入れて、煮立ったら砂糖大さじ1弱と、酒少々、しょうゆ大さじ1を入れてコトコト煮ておく。
6)すり鉢にゴマを入れてすり、半分位つぶれたら、1)の三杯酢を混ぜ入れる。
7)ボウルに4)の野菜を入れ、5)のシイタケと油揚げを混ぜ入れる(具材のみ、汁はいれない)
8)7)のボウルに6)のゴマ入り三杯酢をいれて合わせる。
9)昆布を混ぜ合わせて、器に盛る。

※干しシイタケは電子レンジで戻すとふっくらと戻ります。器にかさを下にしてひたひたの水を入れて600Wで1分程。加熱時間はシイタケの厚みや大きさで異なるので、目安にして下さい。

作り方

大根    80g
にんじん  50g
油揚げ   1枚(油抜きをする)
れんこん  60g
きゅうり  小1本
干ししいたけ 2枚

ごま    15g

ささめ(汐昆布)10g

<三杯酢>
酢    60g
しょうゆ 大さじ1弱
砂糖   大さじ1
だし汁  100CC


だし汁  適量
砂糖   大さじ1弱
酒     少々
しょうゆ 大さじ1

メタボポイント

たっぷりのゴマとだし汁を加えてまろやかな三杯酢で味わうシンプルな郷土料理。
「酢」には血圧を低下させたり、血糖値の上昇を抑える働きがあります。また疲労物質の蓄積を抑える働きもあるので、暑さに疲れた体に効果的です。
ごまには良質なたんぱく質を含み、ビタミン、カルシウム、鉄などのミネラルも豊富な健康食品!成分の中のセサミンは悪玉コレステロールを低下させ動脈硬化を防ぐなどの効果も期待できます。栄養分をしっかり摂るには、ごまの殻を擦って「硬い皮」を壊す事が大切です。ただし、時間が経つと酸化するので、食べる直前に擦るのがお勧めです。
野菜を薄切りにする事で三杯酢がよくなじみます。副菜でもしっかり栄養補給できる1品です。

このレシピの分類

コメント

ブログへのコメントをお寄せ頂く際は「Facebook」へのアカウント登録が必要となります。
コチラより是非ご登録下さいませ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.metabo-help.com/cms/mt-tb.cgi/1767
フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ