20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:482件が該当しました
かにかま入りみぞれ椀
かにかま入りみぞれ椀

大根おろしたっぷりのやさしい味わいのみぞれ椀。大根には消化酵素やビタミンCが豊富。しかしこの酵素は熱に弱いため「生の大根おろし」がお勧めですが、寒い時期においしく温まりながら頂けるのがみぞれ椀です。すった大根を温かい味噌汁に入れて頂くと大根の甘みが増して一味違った味噌汁になります。食欲がでない朝に、食べすぎが気になる時にもおすすめです。大根は胃腸の働きを活性化し、ガンの抑制効果も期待できます。大根おろしは下ろしたら時間をおかずに頂きましょう。

かにかま入りみぞれ椀の詳細を見るかにかま入りみぞれ椀の詳細を見る

豆乳野菜スープ
豆乳野菜スープ

温かいものが恋しい季節です。具だくさんの体温まる豆乳和風スープです。
大豆は消化があまりよくない食べ物とされてますが、豆乳になるとその消化吸収率は極めて高くなり、胃腸にやさしい高い栄養素(高タンパク質、脂質)が含まれている「機能性食品」です。豆乳のタンパク質は、コレステロール、血圧を下げて動脈硬化の予防に良いと言われています。
野菜たっぷり具だくさんで、胃腸にも体にも優しい栄養満点のスープでおいしい汁物を楽しみましょう。
好みで水溶き片栗粉でとろみをつけても美味しく温まります。

豆乳野菜スープの詳細を見る豆乳野菜スープの詳細を見る

しょうが風味の肉じゃが
しょうが風味の肉じゃが

新じゃがと豚肉の肉じゃがです。寒さが残るこの季節にしょうがを加えて、体温まる1品です。新じゃがは水分が多く皮が薄いので、むかずに調理でき、皮の部分の香りも楽しめます。
エネルギーの源の炭水化物が主成分ですが、ビタミンCを豊富に含み、加熱しても壊れにくいのが特徴です。地域によって「豚肉」を「牛肉」で使うようですが、炭水化物はエネルギーに変換するのに必要な栄養素はビタミンB1で、これが不足すると、エネルギーになりきれず、疲れの素の「乳酸」に変化してしまいます。「牛肉」よりも「豚肉」の方がビタミンB1を多く含み、相性のいい食べ合わせなので、「豚肉」を使いましょう。

しょうが風味の肉じゃがの詳細を見るしょうが風味の肉じゃがの詳細を見る

アサリとかぶの蒸し煮
アサリとかぶの蒸し煮

春と秋に旬をむかえる「あさり」ですが、淡白ながらもしっかりしたうまみを持っているので、味付けや調理法はシンプルがお勧めです。あさりの蒸し汁がたっぷり含んだ上品なかぶとかいわれのピリッとした辛みがよく合う1品です。アサリにはタウリンや鉄などのミネラルを含み、コレステロールを下げ、動脈硬化を予防する働きもあると言われています。かぶの葉はカロテンのほか、ビタミンB1、B2、Cなどを方法に含むので美肌効果も期待できます。栄養価の高い「かぶの葉」も捨てずに活用して下さい。

アサリとかぶの蒸し煮の詳細を見るアサリとかぶの蒸し煮の詳細を見る

とろりんカボチャのムース
とろりんカボチャのムース

甘いのが苦手な男性にもおすすめな、かぼちゃの味のとろとろムースです。
砂糖を通常のムースより控えめなので、かぼちゃの味が引き立ちます。かぼちゃはとても栄養価の高い野菜で、特に豊富なのが、免疫力を高めるカロテンやビタミン類。ビタミンEはホルモンを調整機能もあり、肩こり、更年期障害の改善にも良いとされています。大人から子供までお勧めの食材です。ハロウィンのデザートにいかがですか?

とろりんカボチャのムースの詳細を見るとろりんカボチャのムースの詳細を見る

ヘルシー鶏からあげ
ヘルシー鶏からあげ

ジューシーな鶏のから揚げはカロリーが高いのが気になるところ・・。そんな方におすすめしたい油で揚げずに蒸し焼きにする唐揚げレシピです。にんにくのみじん切りが入ったつけ汁で、香ばしさが出てきます。冷めても美味しいのでお弁当のおかずにも重宝しますね!さらにカロリーダウンしたい方は、鶏の皮を取りのぞきましょう。

ヘルシー鶏からあげの詳細を見るヘルシー鶏からあげの詳細を見る

みかんとしょうがのくず湯
みかんとしょうがのくず湯

体がほかほか温まるとろりとしたのどごしのドリンク。みかんの甘さの後にしょうがの香りがふんわりただよいます。「疲れたら1日1個」といわれるみかん。ビタミンCやカ露天、クエン酸などの働きによって風邪予防や疲労回復、美肌にも役立ってくれます。

みかんとしょうがのくず湯の詳細を見るみかんとしょうがのくず湯の詳細を見る

しいたけと春菊の卵とじ
しいたけと春菊の卵とじ

お肉を使わない卵とじはカロリーも低くてヘルシー。春菊は牛乳以上のカルシウムとミネラル類を豊富に含んだ緑黄色野菜。独特の香りとしいたけの甘さが相性抜群です。まいため、しめじ、ねぎ、小松菜などを使っても美味しくいただけます。ダイエット中の方のお食事や、お夜食にもおすすめしたい1品です。

しいたけと春菊の卵とじの詳細を見るしいたけと春菊の卵とじの詳細を見る

かぼちゃとにんじんの味噌スープ
かぼちゃとにんじんの味噌スープ

にんじんとかぼちゃにはカロテンが豊富です。カロテンは免疫力を高めてガンや動脈硬化など予防する効果があります。カロテンたっぷりで抵抗力アップ!電子レンジでできる手軽なスープで健康力アップ!ごま油のごま風味が味噌汁とは違うアクセントになっています。

かぼちゃとにんじんの味噌スープの詳細を見るかぼちゃとにんじんの味噌スープの詳細を見る

ジンジャー炊き込みごはん
ジンジャー炊き込みごはん

味付けが意外と難しい炊き込みご飯ですが、おいしい炊き込みご飯ができあがります。<だし汁>を冷まして入れるのがポイントなので、前日から仕込んでおくと時間が短縮できます。
鶏肉は肉類の中でも脂肪が少なく、皮にはコラーゲンがたっぷり、細かく切る事で皮の苦手な人もあっさり食べれます。ごぼうには食物繊維が多く、腸内環境を整えてくれます。人参はカロテンの力で免疫力を高める効果があるので、こまめに摂取したい食物です。主食をでありながら、他の栄養素も一緒に摂れるので、小さいお子さんや老人の方にもおすすめです。生姜を少々入れることで味にアクセントがつくので、生姜が苦手なお子さんには量を調整してください。

ジンジャー炊き込みごはんの詳細を見るジンジャー炊き込みごはんの詳細を見る

ふろふき大根きのこ味噌のせ
ふろふき大根きのこ味噌のせ

昆布だしでじっくり煮た大根に、コクのあるきのこ味噌を添えていただく1品。ショウガをアクセントに加えれば、体もポカポカ温まってきます。えのきは疲労回復に効果のあるビタミンB1の含有量がきのこ類でもトップクラスですので、夕食に食べると1日の疲れを取り、安眠をもたらしてくれます。

ふろふき大根きのこ味噌のせの詳細を見るふろふき大根きのこ味噌のせの詳細を見る

きのこんもり鶏おこわ
きのこんもり鶏おこわ

秋の味覚きのこをたっぷり入った「おこわ」です。いろんな種類のきのこと鶏肉の旨みがごはんにしみこみ、がっつり頂く主食です。きのこには食物繊維が多くで、ビタミンB類、ビタミンD2、ミネラルなどの栄養素も豊富に含んだ低カロリー食材です。きのこの食物繊維に含まれるβ-グルカンという成分は、免疫力を高めて生活習慣病の予防に効果的です。干しシイタケに豊富に含まれる成分エリタデニンは、血中のコレステロールや中性脂肪を減らします。きのこはたんぱく質食品(鶏肉!)と一緒に食べれば、きのこに含まれるビタミンB2との相乗効果により、美肌効果が期待できます。
もち米100%でおなかの持ちもしっかり。行楽のおでかけのお供にいかがですか?

きのこんもり鶏おこわの詳細を見るきのこんもり鶏おこわの詳細を見る

さつま芋とにんじんの白あえ
さつま芋とにんじんの白あえ

箸やすめとしても優しい味の「白和え」は、胃腸にも優しいサラダで、「食欲の秋」にぴったりの1品です。
白和えの衣である「豆腐」は良質なたんぱく質と消化吸収が抜群に良い機能性食品です。
豆腐のたんぱく質は、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させ、血圧上昇を抑えるといわれています。さつま芋とにんじん、さやいんげんの組み合わせは、抗酸化作用が高く、免疫力を高め、美肌効果をもつビタミンCの両方を兼ね備えているので、風邪予防や美肌づくりの相乗効果をもたらします。

さつま芋とにんじんの白あえの詳細を見るさつま芋とにんじんの白あえの詳細を見る

豆腐とわかめの豚肉ロール
豆腐とわかめの豚肉ロール

青じそとたたき梅の風味がすっきりさわやかなヘルシーメニュー。ダイエット中の方にもピッタリな主食になります。脂肪分の少ないロース肉を使ってカロリーを抑えても、満腹感は十分得られます。切り口を見せれば華やかになりますので、お弁当にもぜひご利用いただきたい1品です。

豆腐とわかめの豚肉ロールの詳細を見る豆腐とわかめの豚肉ロールの詳細を見る

チーズとプルーンの豚肉巻き
チーズとプルーンの豚肉巻き

フライパン1つでおかずとつけ合わせができる便利で健康な1品!
プルーンの甘さが豚肉の旨みを引き出し、シンプルな味付けでも美味しく頂けます。
プルーンはミネラル、ビタミンをバランスよく含んだ健康フルーツ。造血に必要なビタミンB群も方法で特に乾燥したものは鉄分も多いため、貧血予防にも効果的で、抗酸化作用のあるカロテンやエネルギー代謝に必要なナイアシンなども豊富に含みます。
ほうれん草を茹でずに蒸し焼きにする事で、温かい冬にぴったりの付け合わせが1つのフライパンで簡単にでき、薄塩加減がかなり量でも頂けます。健康を気にする方にお勧めです。

チーズとプルーンの豚肉巻きの詳細を見るチーズとプルーンの豚肉巻きの詳細を見る

キャベツの巣ごもり卵
キャベツの巣ごもり卵

キャベツの甘みと彩りがきれいな巣ごもり卵は、忙しい朝にもぴったりの簡単レシピ。冬キャベツは1~3月、春キャベツは3~5月が美味しい時期ですね。芯のまわりにはビタミンCも多く含まれるので、細切りにしてムダなくいただきましょう。

キャベツの巣ごもり卵の詳細を見るキャベツの巣ごもり卵の詳細を見る

青しそとかぼちゃのグラタン
青しそとかぼちゃのグラタン

・かぼちゃの皮には、栄養が多いので、皮ごと食べるとよいでしょう。また、βカロテンとビタミンEは、油で調理すると吸収されやすくなります。
また、ビタミンC、E、βカロテン(ビタミンA)、食物繊維などを豊富に含みます。食物繊維は、便通を良くしたり血圧の急激な上昇を、防ぐ働きをします。


青しそとかぼちゃのグラタンの詳細を見る青しそとかぼちゃのグラタンの詳細を見る

米粉のふわっとシフォン
米粉のふわっとシフォン

米粉や豆乳を使った体に優しいミニシフォンケーキです。
卵の数(卵黄、卵白)が同じなので無駄なく、通常のシフォンケーキに比べて作る量が少ないので、時間短縮にもなります。
米粉のもちっと食感ではなく、ふんわりスポンジケーキの食感です。
甘さは控えめなので、お好みによって出来上がりに粉砂糖をふりかけてもおいしくなります。
小さい食べ切りサイズのケーキなので、おもてなしやお土産にも最適です。
ココアの代わりに抹茶を使ってもおいしく出来上がります。

米粉のふわっとシフォンの詳細を見る米粉のふわっとシフォンの詳細を見る

ちくわときゅうりの梅おろし和え
ちくわときゅうりの梅おろし和え

体の具合が悪い時、風邪をひいた時、食欲がない時には、消化が良く、栄養価が高く、免疫力を高める食事をいただきたいものですね。そんなときに
海藻と野菜を使ったビタミン・ミネラルたっぷりの和えものをさっぱりといただきましょう。

ちくわときゅうりの梅おろし和えの詳細を見るちくわときゅうりの梅おろし和えの詳細を見る

若鶏肉ときのこのフリカッセ
若鶏肉ときのこのフリカッセ

「フリカッセ」とはフランスの家庭料理で白い煮込みのお料理のことですが、生クリームの代用に牛乳を使ってヘルシーでやさしい味に仕上げました。さらにビタミンやミネラルが豊富なきのこがたっぷり入っており、ダイエットメニューにピッタリな1品。さらにカロリーを抑えたい方は鶏もも肉の皮を取り除けばよいでしょう。

若鶏肉ときのこのフリカッセの詳細を見る若鶏肉ときのこのフリカッセの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

11月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...