20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:482件が該当しました
豆腐のあんかけご飯
豆腐のあんかけご飯

豆腐とあるもの野菜(旬の野菜)で簡単どんぶりの出来上がり。あんかけのとろみをご飯にのせると中華風丼ぶりになります。
豆腐の原料は「大豆」。良質なタンパク質や脂質の含有量が多く栄養価の高い「機能性食品」です。今が旬のスナップエンドウには緑黄色野菜(カロテンやビタミンCが豊富)と豆の栄養を兼備しており、体に、おなかに優しいどんぶりです。さやは肉厚で歯ごたえがありながら実は甘く、おいしい季節です。長いものさくさくした食感ととうふととろみのふんわりした食感も味わって下さい。

豆腐のあんかけご飯の詳細を見る豆腐のあんかけご飯の詳細を見る

かぶとベーコンの春雨スープ
かぶとベーコンの春雨スープ

かぶのやさしい味と春雨の食感がまろやかなスープです。
春雨自体はでんぷんの固まりで、カロリーはそれほど低くありませんが、水を吸って膨らむので少量でも満腹感があり、お腹が満たされます。かぶの白い根には豊富なビタミンCの他、消化を助ける酵素のアミラーゼやジアスターゼが豊富で、胸やけ、食べ過ぎなど不快感を取り除く整腸作用があります。
塩分が気になる方はベーコンの代わりに豚バラを使い、仕上げの塩・コショウで塩分を調整して下さい。

かぶとベーコンの春雨スープの詳細を見るかぶとベーコンの春雨スープの詳細を見る

あっさり塩麹入りポテトサラダ
あっさり塩麹入りポテトサラダ

塩麹を使ったやさしい味のポテトサラダ。日本古来の発酵食品である塩麹を使うことで、美容や疲労回復、便秘解消にも一役かってくれます。マヨネーズは大さじ1でカロリーが約100kcalあるため、ポテトサラダを作る際には、できる限り美味しく減らしていきたいもの。お酢と牛乳を使って代用すれば、半量で作れるので、カロリーを抑えることができます。

あっさり塩麹入りポテトサラダの詳細を見るあっさり塩麹入りポテトサラダの詳細を見る

きのこソテー 塩麹ドレッシング
きのこソテー 塩麹ドレッシング

きのこは、食物繊維、ビタミンB類、ビタミンD2、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んだ低カロリー食品のため、ダイエット中には重宝するお野菜です。しいたけやエリンギ、マッシュルームなど他のきのこ類でも代用できます。発酵調味料の塩麹をドレッシングにつかえば、マイルドな味わいになりますので、ぜひお試しください。

きのこソテー 塩麹ドレッシングの詳細を見るきのこソテー 塩麹ドレッシングの詳細を見る

さっぱりネギ肉巻き
さっぱりネギ肉巻き

冬の甘いネギだからおいしい1品。ネギの白い部分は加熱すると甘くておいしくなり、辛みと香りのもとは硫化アリルを含み、消化液を分泌して食欲増進の働きがあります。
豚肉は疲労回復に効果的で、筋肉に溜まっている疲労物質「乳酸」を取り除いてくれます。又、脳の働きを活発にさせるビタミンB12 も豊富に含んでくれるので、体が疲れている人、頭(脳)が疲れている人にうれしい食材です。ロース肉は脂肪が適度に含んでいる部位ですが、牛肉と同じ部位に比べるとカロリーはやや低いので、ダイエット中にはおすすめです。

さっぱりネギ肉巻きの詳細を見るさっぱりネギ肉巻きの詳細を見る

苺のビタミンCジュース
苺のビタミンCジュース

イチゴ、グレープフルーツ、オレンジの3種類の果実を絞った生ジュース。それぞれビタミンCがたっぷりの果実なので、美白や美肌などビューティー効果も期待できます。生のまま使うジュースはビタミンCを壊すことなく吸収できますので、紫外線が気になってくる春におすすめの1品です。

苺のビタミンCジュースの詳細を見る苺のビタミンCジュースの詳細を見る

小松菜のじゃこ炒め
小松菜のじゃこ炒め

小松菜は栄養価の高い野菜で、鉄分、カルシウムはほうれん草以上で、特にカルシウムの量は牛乳並みで野菜の中では飛びぬけています。豊富なビタミンCも風邪予防にも効果があり、カロテンは動脈硬化や生活習慣病にも効きます。じゃこ(小魚)もカルシウムを多く含む食品として知られています。「カルシウム」を吸収するにはビタミンDが必要ですが、じゃこにはビタミンDも含まれます。どちらとも手頃な食材で簡単に作れます。

※小松菜は虫の付きやすい野菜のため残留農薬の多い野菜です。下ごしらえで根元を広げて流水でよく洗い、表面の農薬を落としましょう。

小松菜のじゃこ炒めの詳細を見る小松菜のじゃこ炒めの詳細を見る

パプリカと海鮮のカラフル炒め
パプリカと海鮮のカラフル炒め

カラフルで大型の肉厚ピーマンのパプリカ。甘みがあってジューシーですので、ピーマンより食べやすく、栄養価の面でも抗酸化作用が高いビタミンCがたっぷり。ガン予防に効果があるとされるカロテンも豊富です。さらに美肌作りにはオリーブオイルとの食べ合わせが良いとされています。高タンパクで低カロリーなダイエット中にはおすすめな海鮮、えび、イカと一緒に召し上がってください。

パプリカと海鮮のカラフル炒めの詳細を見るパプリカと海鮮のカラフル炒めの詳細を見る

牛肉のエスニックサラダ
牛肉のエスニックサラダ

牛肉は部位によってカロリーが変わるため、脂肪分のない赤身のもも肉を使えば、50gで100kcal弱のカロリーになります。ナンプラーは塩味だけではなく、発行した魚のうまみもプラスされますので、味に奥行きを与えてくれます。

牛肉のエスニックサラダの詳細を見る牛肉のエスニックサラダの詳細を見る

ちくわとツナのサラダ ゆず風味
ちくわとツナのサラダ ゆず風味

小腹がすいた時や夕食でもう1品増やしたいときのクイックメニュー。ちくわはたんぱく質が多く含まれ低カロリー、低脂肪な食品。ゆずの皮をプラスすれば爽やかな香りが広がります。玉ねぎのみじん切りがシャリシャリして美味しいツナソースが余った場合は、別のサラダに和えていただいても美味しいです。

ちくわとツナのサラダ ゆず風味の詳細を見るちくわとツナのサラダ ゆず風味の詳細を見る

まるごと1本長ネギスープ
まるごと1本長ネギスープ

2人分で長ネギ1本まるごと使った栄養満点スープ。ネギは、ご存じのとおり薬効成分のある野菜として知られていますが、独特の強い香りの正体は「硫化アリル」と呼ばれる栄養成分。血液をサラサラにして、血行を良くして体を温める働きもあります。冷蔵庫にあるお野菜を一緒に入れ、くたくた、しんなり、しゃきしゃきといった長ねぎの色々な食感を楽しみながら、寒い季節の風邪予防にいかがでしょうか。

まるごと1本長ネギスープの詳細を見るまるごと1本長ネギスープの詳細を見る

かぶと鶏肉のほくほくスープ
かぶと鶏肉のほくほくスープ

かぶを丸ごといただける野菜たっぷりメニュー。しょうがの効果で体が温まりますので、寒くなるこれからの時期にぴったりの簡単レシピです。かぶは大根と同様に、お肉の脂をよくすうことができる野菜。カロリーOFFのためムネ肉を使っていますが、しっかりとうま味を吸ってくれます。白い実の部分には、消化酵素のジアスターゼが含まれているので、胃もたれや胸やけの解消の効果があります。

かぶと鶏肉のほくほくスープの詳細を見るかぶと鶏肉のほくほくスープの詳細を見る

米粉のベジタブルグラタン
米粉のベジタブルグラタン

野菜がたっぷり入ったヘルシーグラタン。小麦粉アレルギーのお子さんでも代用できる「米粉」を使っており、さらに日常のお野菜で、手軽に作れる1品です。
たまねぎの効能は、血液をサラサラにしてくれたり、血管の強化、疲労回復などありますがトマトとの食べ合わせもよく、ガン予防やストレス解消にも効果的。トマトはじゃがいもとの食べ合わせが良く、活性酸素を除去し老化防止が期待できます。普段よく食べる野菜たちも食べ合わせによって相乗効果がうまれますね。おうちにある野菜で簡単にアレンジできて、フライパン1つで出来るのもうれしいところです。

米粉のベジタブルグラタンの詳細を見る米粉のベジタブルグラタンの詳細を見る

白菜とツナのシャキシャキサラダ
白菜とツナのシャキシャキサラダ

身近な食材で「箸やすめ」の副菜が1品簡単に作れる1品。鍋の付け合わせにもいかがでしょうか。
ツナ缶は、商品を選んでカロリーを抑えながらも、淡白な白菜とは相性バツグン!白菜の芯にはカリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。レモン汁のビタミンCやパセリにも豊富なミネラルがあり、これらは体の調子を整える大事な栄養素ですので、少しづつでも、毎日の献立で摂取したいですね。
早めに作り置きしておくと、白菜から水分が出てきて水っぽくなるので、食べる1時間位前に作るのが最適です。ツナ缶の代わりに「ホタテの缶詰」を代用するとおもてなしにも使えます。

白菜とツナのシャキシャキサラダの詳細を見る白菜とツナのシャキシャキサラダの詳細を見る

鶏ささみと梅干しのお椀
鶏ささみと梅干しのお椀

鶏ささみにまぶした片栗粉がほどよい「とろみ」になって冬にぴったりのスープです。とろみのある口当たりが優しく、汁も冷めにくいので体が温まります。鶏のささみはご存じのとおり、脂肪分が少なく低カロリー。鶏肉の中で一番柔らかく、味も淡白でスープやサラダにぴったりです。
梅干しに含まれる「すっぱさの素」のクエン酸には唾液と胃液の分泌を促進し、胃腸の働きを整えます。クエン酸によって出る唾液には、活性酸素を除去する働きもあるので、老化や病気の予防に効果的ですが、塩分の多い保存食品なので、減塩タイプで塩分を調整しましょう。白ネギは細かく切りすぎずに歯ごたえをもって食感を出しましょう。

鶏ささみと梅干しのお椀の詳細を見る鶏ささみと梅干しのお椀の詳細を見る

ほうれん草と牡蠣のオイスター炒め
ほうれん草と牡蠣のオイスター炒め

市場には冬によく出回り入手しやすい牡蠣。
牡蠣に含まれる栄養素の質と量とのバランスは、食材の中でもトップクラス。ほうれん草は年中食べれますが、旬は冬なので、夏のほうれん草に比べると栄養価値は2倍になります。豊富な鉄分に加えて多種多様なミネラル類(カロテン、ビタミンC、カルシウム)も多く、良質な牡蠣のたんぱく質やビタミンCと食べ合わせる事で、鉄分を効率よく摂取でき、貧血予防にも有効です。
唐辛子の「カプサイシン」には塩分の摂取感覚を増強させる働きがあるので、少量の塩分でも十分に満足できるようになるので、とうがらしををうまく使えば、塩分の摂り過ぎ予防に役立ちます。
ほうれん草は残留農薬や硝酸塩が多いことがありますので、たっぷりの流水でしばらくふり洗い、水に溶けだした農薬などの再付着を防ぎましょう。

ほうれん草と牡蠣のオイスター炒めの詳細を見るほうれん草と牡蠣のオイスター炒めの詳細を見る

ひらひら大根とえび団子
ひらひら大根とえび団子

大根や水菜は、年中出回ってますが「旬」は冬。美味しい時期ですね。
大根はピーラーでそぐと同じ厚さになり火の通りがよくなるので、短時間で煮あがります。淡白な大根がえびの旨みを吸って深い味わいに。
大根には、でんぷん分解酵素であるアミラーゼが多く含まれており、アミラーゼは胃腸の調子を整えて、胃炎や胃潰瘍などの予防にも効果があるとされています。えびは、大人から子供まで人気がある食材の1つで、高タンパクで低脂肪なのでヘルシーな食材。血中のコレステロールを下げ、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果的なタウリンが豊富に含まれています。

ひらひら大根とえび団子の詳細を見るひらひら大根とえび団子の詳細を見る

ほうれん草と豚肉の卵炒め
ほうれん草と豚肉の卵炒め

「風邪のひきやすい冬の季節」にぴったりな1品。
ほうれん草は年中食べれますが、旬は冬で、夏の物に比べると栄養価値は2倍!この時期に食べたい野菜の1つですね。
豊富な鉄分に加えて多種多様なミネラル類(カロテン、ビタミンC、カルシウム)も多く、造血作用もあります。玉子は特に良質な動物性タンパク質を豊富に含み、必須アミノ酸がバランスよく含まれているので、免疫力アップに効果的です。免疫力が低下すると風邪をひきやすくなり体力も低下します。豚肉はビタミンB1を多く含み、疲労回復に効果的です。

ほうれん草と豚肉の卵炒めの詳細を見るほうれん草と豚肉の卵炒めの詳細を見る

マーボー大根
マーボー大根

冬の野菜の代表格「大根」と豚ひき肉が絡み、ごはんによく合う主菜レシピ。
大根の栄養を最も効果的にとれるのは生食ですが、寒い季節は、温めて大根の甘みを味わいましょう。大根は胃腸の働きを整えて食欲をアップさせる効果があり、豚肉は肉類の中で最もビタミンB1が豊富で、鶏肉の約6倍、牛肉の約8倍ともいわれています。ビタミンB1は「疲労回復のビタミン」とも呼ばれ、疲れの元になる乳酸が体にたまるのを防ぎます。旬の野菜は安価で手軽に手に入りますので、沢山食べて元気な冬をお過ごしください。

マーボー大根の詳細を見るマーボー大根の詳細を見る

かきのバランス鍋
かきのバランス鍋

鍋は家族団らんの食卓にぴったりなメニュー。今回はその名も「バランス鍋」
3大栄養素である、炭水化物・たんぱく質・脂質がこの鍋ひとつにしっかり含まれています。
白菜をしっかり昆布だしで煮ると白菜の上品な甘みがだしにプラスされてやさしい味に仕上がります。
白菜から溶け出た栄養たっぷりのだしは薄味にしていただきます。

かきのバランス鍋の詳細を見るかきのバランス鍋の詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

7月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...