20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:482件が該当しました
鶏つくねのスープ
鶏つくねのスープ

ヘルシーな鶏つくねのつなぎにジャガイモを使用。ジャガイモにはカリウムを多く含むので、体内の余計な塩分も排出してくれます。ビタミンCも豊富で、でんぷんに包まれているため加熱にも壊れにくい特徴があります。しょうがは肉の臭みをとる作用に加え、血行をよくするので、スープで飲んで体はポカポカ、風邪の流行るこれからの季節にもぴったりです。
鶏つくねからも美味しいダシがでるので、鶏ガラスープは薄めにし、スパイスでコショウをパッと振りかけても美味しくいただけます。

※鶏つくねは少々多めの分量ですが、火が通ったら引き上げて冷凍保存可能。お弁当の1品、朝食の1品のストックにも役立ちます。

鶏つくねのスープの詳細を見る鶏つくねのスープの詳細を見る

秋鯛のバターソテー
秋鯛のバターソテー

どんな白身魚にもアレンジできる万能メニュー。淡白な白身魚もバターでソテーをすれば、しっかり味のおかずになりますね。ただ、バターは10gで75kcalもある高カロリー食材。1日に10g摂取までが理想ですので摂りすぎに注意しましょう。少量でも美味しく風味を出すために、バターソテーの場合は焼きあがりの最後に使うのがポイントです。

秋鯛のバターソテーの詳細を見る秋鯛のバターソテーの詳細を見る

ほくほくじゃがいものジェノバソース添え
ほくほくじゃがいものジェノバソース添え

じゃがいもはカリウム、ビタミンCが多いので高血圧症や喘息、アレルギーにも効果的です。又ビタミンC はでんぷんに包まれているため加熱によって壊れにくいという特徴もあります。粉拭き芋にする事によってほくほく食感が味わえ、この季節にはぴったりのサラダです。ジェノバソースのバジルは、野菜の中でもトップクラスの栄養成分が含まれており、胃腸の働きをよくする働きもあります。
ソースは時間が経つとオイルとバジルが分離してくるので、じゃがいもにかけて添えるよりも、ちいさな容器に入れ、じゃがいもで混ぜながら食べると美味しくいただけます。

ほくほくじゃがいものジェノバソース添えの詳細を見るほくほくじゃがいものジェノバソース添えの詳細を見る

炒りこんにゃくの卵合え
炒りこんにゃくの卵合え

こんにゃくは食物繊維の一種のグルコマンナンを含み、便秘解消に役立つばかりでなく、血中コレステロールと中性脂肪を低下させたり、下血圧降下、ガン抑制の作用があるなど、健康サポートに最適の食材です。しかもノーカロリーですからダイエットにも安心。
卵にはコレステロールが含まれるので敬遠されがちの食材ですが、アミノ酸のすべてが含む優れたたんぱく質食品なので、食べないというよりも、食べる量を制限する事でバランスのよい栄養素が摂取できます。
辛いものが好きな方には仕上げに七味唐辛子を適量振りかけても食がそそるでしょう。

炒りこんにゃくの卵合えの詳細を見る炒りこんにゃくの卵合えの詳細を見る

鮭と生わかめの酢の物
鮭と生わかめの酢の物

さまざまな種類のお酢がありますが、 三杯酢には米酢や純米酢など さっぱりとしたものが合います。コクが欲しい時には、 玄米酢や黒酢などを使ってもおいしくいただけます。
お酢には栄養分の必要以上な消化吸収を抑える作用や、 体内に取り込んだ栄養分のエネルギーへの 代謝を促進する作用があります。 また血糖値の上昇を抑える効果も。
毎日の食卓に取り入れたい調味料ですね。

鮭と生わかめの酢の物の詳細を見る鮭と生わかめの酢の物の詳細を見る

とろーりにんじんポタージュ
とろーりにんじんポタージュ

ビタミン不足解消にとっておきのスープ。手軽に作れますので朝食にもおすすめです。
にんじんに含まれるビタミンAは、眼精疲労からくる肩こりなどにも効果的な栄養素ですので、1日中パソコンなどで目を酷使している人や、目の小じわが気になる方はぜひ召し上がってみてください。野菜にしっかりと火を通さすことで野菜本来の甘味が出ますので、柔らかくなるまで煮つめましょう。

とろーりにんじんポタージュの詳細を見るとろーりにんじんポタージュの詳細を見る

さばの味噌オイスター
さばの味噌オイスター

こくのある「オイスターソース」を使うことで短時間で仕上がる「さばみそ」
忙しいおかあさんにぴったりなメニューです。
さらに、さばには脳を活性化し学習能力を高めるDHAが豊富なのでお子さんにもおススメ。
「新・おふくろの味」にしてはいかが?

さばの味噌オイスターの詳細を見るさばの味噌オイスターの詳細を見る

カラフル野菜のバランス炒め
カラフル野菜のバランス炒め

見た目で食欲をそそるだけでなく、実は栄養もバッチリ!
良質のたんぱく質、卵と豚肉にフィトケミカルを含むトマト・ピーマン・玉ねぎを加え家族の健康に一役かう健康レシピを作りましょう。第7の栄養素ともいわれる「フィトケミカル」は抗酸化作用が期待できる今話題の色素成分です。積極的に摂って健康維持にこころがけましょう。

カラフル野菜のバランス炒めの詳細を見るカラフル野菜のバランス炒めの詳細を見る

チキンのトマトバジル煮込み
チキンのトマトバジル煮込み

カリッと焼いた鶏肉にバジル風味のソースが香る夏らしい1品。レモンの風味がさわやかに仕上げてくれます。バジルの香りの元になっているリナロールなどの精油成分には、リラックス効果や集中力を高める効果、胃腸の働きをよくする効果が期待されます。

チキンのトマトバジル煮込みの詳細を見るチキンのトマトバジル煮込みの詳細を見る

うなぎご飯
うなぎご飯

うなぎには良質のたんぱく質をはじめ、ビタミン、ミネラルが豊富にかつバランスよく配合されています。
皮にはお肌に嬉しいコラーゲンもたっぷり。不足しがちなこれらの栄養素を、無理なくおいしく補ってくれる食材、それがうなぎなのです。土用の丑の日にうなぎを食べて、夏バテ知らずになりましょう!

うなぎご飯の詳細を見るうなぎご飯の詳細を見る

黒ごまバナナミルク
黒ごまバナナミルク

バナナは体をクールダウンさせてくれる夏におすすめのフルーツ。牛乳は美肌効果、ごまは、「血・水」を作り出す臓器に栄養を送ってうるおいを与える作用があり、夏に痛みがちな肌や髪のうるおいを整えてくれる効果が期待されます。ごまは炒るとグンと風味が増しますので、ぜひ炒ってからお召し上がりください。まとめてすって、冷蔵・冷凍も可能です。

黒ごまバナナミルクの詳細を見る黒ごまバナナミルクの詳細を見る

七夕ちらし寿司
七夕ちらし寿司

老若男女問わず、みんな大好きなうなぎ。具だくさんのちらしずしは、美味しくて、見た目にも華やかですので、お子様の偏りがちな食事から味覚や健康を守るためにも、ぜひ取り入れたいメニューです。うなぎは、夏バテ解消の疲労回復の効果や、皮膚などを健康に維持する美容効果、脳卒中の予防、口内炎、丈夫な骨の維持、高血圧の予防などさまざまな効果があります。食材としてごちそう感がありますので、ホームパーティーのメニューとしても便利ですね。

七夕ちらし寿司の詳細を見る七夕ちらし寿司の詳細を見る

さつまいものヨーグルトサラダ
さつまいものヨーグルトサラダ

さつまいもの皮周辺には活性酸素(生活習慣病やがんの原因といわれる)を除去する抗酸化物質が含まれています。皮むかずに調理し、さつまいもの栄養をまるごといただきましょう。

さつまいものヨーグルトサラダの詳細を見るさつまいものヨーグルトサラダの詳細を見る

真鯛のアクアパッツァ
真鯛のアクアパッツァ

 アクアパッツァとは、魚介類(白身魚と貝類)をトマトや
 オリーブなどとともに水で煮込んだイタリア料理です。

 切り身を使って仕上げた
フライパンひとつでできるお手軽アクアパッツァ。
真鯛の代わりに、スズキや金目鯛、かさご、
めばるなどの白身魚でもおいしくいただけます。
玉ねぎやトマトもたっぷり入ってボリュームもありますが、
ヘルシーな一皿です。

 煮込みの途中で水気がなくなってきたら、
水や白ワインを足しながら煮詰めていきましょう。

真鯛のアクアパッツァの詳細を見る真鯛のアクアパッツァの詳細を見る

コトコト鶏手羽だいこん
コトコト鶏手羽だいこん

鶏肉の皮や骨に多く含まれている「コラーゲン」を摂取するなら、やはり手羽先がおすすめです。このたんぱく質の1つ「コラーゲン」は水溶性なので、今回のように煮込み料理にすると煮汁に溶け出たコラーゲンもしっかりキャッチできるので調理法も工夫をするとよいですね。
鶏手羽先は鶏肉の中ではカロリーが高めなので、一緒に煮込む食材は相性もよく低カロリーな大根はいかがでしょうか。大根は煮物に使うなら肉質が均一な中間の部分を使うとより美味しく仕上がります。

コトコト鶏手羽だいこんの詳細を見るコトコト鶏手羽だいこんの詳細を見る

春雨の中華風サラダ
春雨の中華風サラダ

・春雨はあまり栄養素が多く含まれていませんが、低カロリーでボリュームがでるので、ダイエットにも最適な食材です。煮汁を吸いやすいので、スープや麻婆豆腐などに加えると、旨みをたっぷりすっておいしくいただけます。

春雨の中華風サラダの詳細を見る春雨の中華風サラダの詳細を見る

手羽先のグリル バルサミコソース
手羽先のグリル バルサミコソース

鶏手羽先は鶏肉の部位の中では脂質が多くコクがあるので、調理法は油を使わない煮物がおススメです。手羽先にはおなじみコラーゲンが豊富に含まれているので、みずみずしい肌を保つためにもうれしい部位です。コクのある鶏手羽肉をさっぱりいただける工夫として、バルサミコ酢を使用するとあっさりとした仕上がりになります。主菜としてはもちろん、ワインのお供にもピッタリな一品です。

手羽先のグリル バルサミコソースの詳細を見る手羽先のグリル バルサミコソースの詳細を見る

さんまのしょうが煮
さんまのしょうが煮

・圧力鍋で骨ごと食べられるさんまの煮もの。
 圧力鍋はお使いになるものによって加圧時間や 放置時間が異なります。表示通りに加圧してください。 短時間で、骨まで柔らかくなるので、 カルシウムもたっぷり摂取でき、お子様やお年寄りにも安心していただけます。

さんまのしょうが煮の詳細を見るさんまのしょうが煮の詳細を見る

豚肩肉の味噌煮込み
豚肩肉の味噌煮込み

・食材を柔らかくする効果を持つ黒糖。
こっくりしたコクや風味が特徴で、
上白糖に比べてカロリーも低く、煮物の隠し味などに
とても効果的です。さまざまな栄養素を含み、
ミネラルはカルシウム(いわしの3倍)、リン、鉄、ナトリウム、
カリウムなど、鉄分も含んでいます。
取りすぎはもちろん禁物ですが、
上手に利用して日々の食卓にとりいれていきたいものです。

豚肩肉の味噌煮込みの詳細を見る豚肩肉の味噌煮込みの詳細を見る

お野菜たっぷりけんちん汁
お野菜たっぷりけんちん汁

・根菜類がたっぷりとれるゴマ油の香り豊かな
 けんちん汁です。根菜はじっくり炒めることにより、
 コクがうまれます。ぜひしっかり炒めてからお出汁を
 加えてみてください。木綿豆腐はしっかり水気をきって、
 くずすようにして炒めると、
 お出汁や野菜のうまみがよくなじみます。
 里芋やサツマイモ、シメジやしいたけなど
 お好みの野菜をたっぷりいれて、
 野菜をたっぷりいただきましょう。

お野菜たっぷりけんちん汁の詳細を見るお野菜たっぷりけんちん汁の詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

6月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...