20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:482件が該当しました
肉みそごぼう
肉みそごぼう

ごぼうの食感た楽しい1品。混ぜご飯にするだけでもごちそうになりますし、便利な常備菜としても活躍してくれます。ごぼうは食物繊維が特に多く、腸内環境を整えてくれる代表野菜。便秘解消、整腸、発がん性物質の排除などの効果がありますので、積極的に食べていきたいですね。

肉みそごぼうの詳細を見る肉みそごぼうの詳細を見る

砂肝のカリカリソテー
砂肝のカリカリソテー

砂肝は低カロリーながら、鉄分、ミネラルの他に、糖質の代謝を助けてくれるビタミンB1、脂肪の代謝を助けてくれるビタミンB2が豊富に含まれていて、ダイエット的にはとってもうれしい栄養素をたくさん持っています。また、食感がコリコリしていて、噛む回数が自然に増えて、満腹中枢に働きかけてくれ、硬いながらも胃腸にやさしいというおまけつき。ビタミンB群の吸収を助けてくれる野菜、ニラとも相性バグツンです。

砂肝のカリカリソテーの詳細を見る砂肝のカリカリソテーの詳細を見る

白菜と鶏肉の豆乳スープ
白菜と鶏肉の豆乳スープ

人気の「あったかスープ」を旬の野菜を使って簡単にヘルシーに作りましょう。
白菜は特に芯葉の黄色っぽい部分に甘みがありビタミンCもたっぷりあります。余分な塩分を排出し高血圧予防が期待できるカリウムなど健康に欠かせないミネラル類も含んでいます。食欲のない時にも食べやすく栄養補給にもうってつけの体に優しい野菜です。鶏もも肉は鶏肉の中でも脂肪が多めですが、こくのある味で、焼き目をしっかりつけてスープに入れると香ばしい食感と食べ応えがありますが、その分豆乳を使ってヘルシーに仕上げています。

白菜と鶏肉の豆乳スープの詳細を見る白菜と鶏肉の豆乳スープの詳細を見る

しょうが風味の肉じゃが
しょうが風味の肉じゃが

新じゃがと豚肉の肉じゃがです。寒さが残るこの季節にしょうがを加えて、体温まる1品です。新じゃがは水分が多く皮が薄いので、むかずに調理でき、皮の部分の香りも楽しめます。
エネルギーの源の炭水化物が主成分ですが、ビタミンCを豊富に含み、加熱しても壊れにくいのが特徴です。地域によって「豚肉」を「牛肉」で使うようですが、炭水化物はエネルギーに変換するのに必要な栄養素はビタミンB1で、これが不足すると、エネルギーになりきれず、疲れの素の「乳酸」に変化してしまいます。「牛肉」よりも「豚肉」の方がビタミンB1を多く含み、相性のいい食べ合わせなので、「豚肉」を使いましょう。

しょうが風味の肉じゃがの詳細を見るしょうが風味の肉じゃがの詳細を見る

小松菜の蒸しパン
小松菜の蒸しパン

小松菜の「緑黄色野菜」が入った、米粉の蒸しパンです。朝食、または小腹がすいた「おやつ」にいかがですか?小松菜にはビタミンA、B2、C、カルシウム、鉄分が多くで、特に豊富なカルシウムは成長期の子供に積極的にたべさせたい野菜です。又骨粗しょう症の予防にも効果があるので、中年期の女性のおやつにもおすすめです。
米粉をつかっているので、食べ応えがあり、シリコンカップは小さめの物をお勧めします。もったりさくっとした食感ですが、米粉と小麦粉を半量づつ使うとふんまり感が出ます。

※小松菜は残留農薬の多い野菜です。根元を広げて流水でよく洗い表面の農薬を落として下さい。

小松菜の蒸しパンの詳細を見る小松菜の蒸しパンの詳細を見る

お豆腐と銀杏のとろみ煮
お豆腐と銀杏のとろみ煮

秋が旬の銀杏(ぎんなん)ですが、最近は水煮の銀杏をよくみかけ、殻付き銀杏をあまり見かけませんね。銀杏には速効性の高いエネルギー源である糖質と感染症を予防する働きをもつカロテンが豊富なのが特徴ですが、ビタミンCも多く含んでいるので、風邪をひきやすい季節の変わり目にぴったりの食材です。仕上げで煮汁にしょうがを加えると、朝夕冷え込むこの季節に体が温まります。

※銀杏には「メチルピリドキシン」という物質によって大量に食べると食中毒を起こす事があるので、5歳未満のお子様には与えない方がよいと言われています。

お豆腐と銀杏のとろみ煮の詳細を見るお豆腐と銀杏のとろみ煮の詳細を見る

豚肉の南蛮漬け
豚肉の南蛮漬け

お野菜をたっぷり入れてサラダ感覚でいただけるダイエッターにおすすめなメニュー、南蛮漬け。南蛮漬けは、鷹の爪(赤唐辛子)を入れた合わせ酢に漬けたもの。酢は煮立たせることで味がまろやかになります。お酢の有名な健康効果は、お酢が血液をサラサラにしてくれること。お酢パワーで血流を改善し代謝を活発にしましょう!

豚肉の南蛮漬けの詳細を見る豚肉の南蛮漬けの詳細を見る

炊き込みパエリア
炊き込みパエリア

具だくさんで手間いらずな炊き込みのパエリアです。
カレー粉は少量でほんのり色づきカレー風味がつく程度なのでお子様でも、召し上がれます。あさりの貝殻から具を取ったり、手羽中の骨と身をせせる事で、食べてるうちに満腹感が得られて脳の刺激にも効果的です。
野菜からの栄養が加熱によって溶けだしても、ご飯が吸いこんでくれるので、余すとこなく摂取できます。トマト色素に含まれるリコピンは、紫外線や放射能、ストレスなどからの活性酸素のダメージから守る働きがあります。ミニトマトは甘みや酸味、香りがしっかりしているので、加熱して形が崩れてもトマトの旨みは損なわれずに頂けます。

炊き込みパエリアの詳細を見る炊き込みパエリアの詳細を見る

たこのイタリアン・ソテー
たこのイタリアン・ソテー

たこは強火で手早く炒めないと、身が固くなって風味も落ちますので注意を。
たこは、高たんぱく低カロリーなのでダイエットに格好の食材。また、アミノ酸の一種で抗酸化作用が強いタウリンという成分が多く含まれており、血圧の上昇抑制、コレステロールや血糖値低下、心臓や肝臓の機能強化にはたらきます。ビタミンCが豊富なさやえんどうとの食べ合わせはスタミナアップが期待されますので、食欲がないときや疲れたときなどに、さっぱりといただきたい1品です。

たこのイタリアン・ソテーの詳細を見るたこのイタリアン・ソテーの詳細を見る

ホタテのソテー
ホタテのソテー

フライパン1つでできる野菜たっぷりソースを添えたホタテソテーです。
ホタテは低脂肪で良質なたんぱく質が摂れる食材で、タウリンのほかミネラルを豊富に含み、コレステロールを下げて動脈硬化を予防する効果もあります。にんじん+セロリ+たまねぎの食べ合わせは、風邪予防や糖尿病予防、肥満防止の効果も良いと言われています。食材それぞれの特徴を活かしたからだにもおいしい「食べ合わせ」です。

ホタテのソテーの詳細を見るホタテのソテーの詳細を見る

ブロッコリーのスフレグラタン
ブロッコリーのスフレグラタン

冬においしいブロッコリーを使ったビタミンたっぷりのスフレ風グラタンです。
ブロッコリーは抗ガン作用が高いと注目される野菜のひとつで、カロテンとビタミンCが豊富です。さつまいもにもビタミンC、B1、B6、食物繊維が豊富で、グラタンながら、ビタミンが沢山とれるまさに「あったかサラダ」感覚の1品です。
卵黄と卵白を分けて、卵白を角がたつまで泡だててから混ぜ合わせる、この一手間が、ふんわりした口当たりに、そしていつもと違う1品になります。特に女性やお子様に好まれる食感です。
ふんわりふくらんだ焼き立てを召し上がって下さい。

ブロッコリーのスフレグラタンの詳細を見るブロッコリーのスフレグラタンの詳細を見る

切り干し大根のはりはり漬け
切り干し大根のはりはり漬け

・歯ごたえのよい箸休めにぴったりのあっさり漬物です。最後にごま油を少々ふれば、中華にもぴったりの漬物に。
・大根を天日乾燥して作られるのが切り干し大根。水分がぐんと減る代わりに、ビタミン、ミネラル類をはじめ、食物繊維、タンパク質、糖質が増えるから、生の大根よりも栄養豊富になります。食物繊維のなかに含まれる「リグニン」という成分は、発ガン抑制などの成分としても注目を集めています。

切り干し大根のはりはり漬けの詳細を見る切り干し大根のはりはり漬けの詳細を見る

えびと白菜のあんかけチャーハン
えびと白菜のあんかけチャーハン

高タンパク低脂肪なエビと白菜のチャーハン。ねぎをたっぷり使い、ごま油の風味を効かせてあるので、ヘルシーな食材でも食欲が満たされます。エビに含まれるゆでると赤くなる色素成分アスタキサンチンは、強い抗酸化力で発がんを抑制し、血液をサラサラにします。無駄なくえびの栄養を摂りたい方は、殻ごと食べるが良いでしょう。

えびと白菜のあんかけチャーハンの詳細を見るえびと白菜のあんかけチャーハンの詳細を見る

ヘルシーカレービーフン
ヘルシーカレービーフン

米粉から作られるビーフンは台湾料理でおなじみの麺。独特の食感がやみつきになりそうですね。米の粉が原料なので、栄養的には炭水化物(糖質)を含んでおり、他の三大栄養素(たんぱく質や脂質)に比べて消化吸収が早く、すぐにエネルギーとして役立ちます。野菜や肉類と一緒に調理して、栄養バランスを補っていただきましょう。

ヘルシーカレービーフンの詳細を見るヘルシーカレービーフンの詳細を見る

なすとズッキーニのパスタ
なすとズッキーニのパスタ

低カロリーでヘルシーな茄子とズッキーニを使ったダイエット中でもうれしいパスタです。
トマトベースのソースにも栄養がいっぱい!
トマトに含まれる赤い色素「リコピン」は抗酸化作用があるので、老化防止や
生活習慣病予防に役立ちます。
さらに、このリコピンは熱に強いので今回のようにソースにすることで
体内への吸収率がアップするというメリットもあるすぐれもの。
まとめて作って、パスタだけでなく、白身魚や鶏肉、オムレツのソースなどに幅広く活用したいソースです。
また、トマトには血圧を下げる作用のある「ルチン」も含まれていますので、メタボ予防にも効果大です。

なすとズッキーニのパスタの詳細を見るなすとズッキーニのパスタの詳細を見る

桜海老とじゃがいものチヂミ
桜海老とじゃがいものチヂミ

・桜海老には骨を作る「カルシウム」、
コレステロールを下げる「タウリン」、
動脈硬化を防ぐ「EPA、DHA」もたっぷり含まれている
優秀食材!香ばしい香りや旨みがあるので、
薄味でも満足感があり、塩分の取りすぎを防ぎます。

・小麦粉を使わず、ジャガイモをたっぷりすりおろして
よりヘルシーに、
もちっとした食感を楽しめるチヂミです。
ネギや赤ピーマン、白ゴマを加えても
おいしくいただけます。

桜海老とじゃがいものチヂミの詳細を見る桜海老とじゃがいものチヂミの詳細を見る

シイタケと鶏肉の柚子こしょう炒め
シイタケと鶏肉の柚子こしょう炒め

シイタケは、煮ても、揚げても、焼いても美味しく、ミネラルや食物繊維が豊富な万能野菜!
エリンギにはさつま芋より豊富な食物繊維が腸内を掃除し、コレステロール値を下げるなど生活習慣病予防にとても効果的です。きのこ全般にはビタミンB2が多く含まれるので、ガンの発生に関わる活性酸素の働きを抑えると言われています。ふっくらと美味しそうな椎茸が手に入ったら是非お試しください。
ポイントは、シャキシャキの食感を残すことです。野菜を入れる順番をお忘れなく。

シイタケと鶏肉の柚子こしょう炒めの詳細を見るシイタケと鶏肉の柚子こしょう炒めの詳細を見る

まぐろのカリフォルニア風サラダ
まぐろのカリフォルニア風サラダ

暑い日は、火を使わずに簡単にお料理したい。そんなときのおすすめ栄養満点レシピです。
香味野菜をたっぷり使ったメニューは、風味が出て食欲をそそる1品になります。
まぐろは、脳の機能を高め、学習・記憶能力の向上や痴呆症の予防にもなるDHA(ドコサヘキサエン酸)の含有量が魚の中でもトップ。アボカドは、時間が経つととどんどん色が黒ずんでくるので、レモン汁をふりかけますが、ない場合は、食べる直前に切って盛り付けましょう。

まぐろのカリフォルニア風サラダの詳細を見るまぐろのカリフォルニア風サラダの詳細を見る

奈良和え
奈良和え

たっぷりのゴマとだし汁を加えてまろやかな三杯酢で味わうシンプルな郷土料理。
「酢」には血圧を低下させたり、血糖値の上昇を抑える働きがあります。また疲労物質の蓄積を抑える働きもあるので、暑さに疲れた体に効果的です。
ごまには良質なたんぱく質を含み、ビタミン、カルシウム、鉄などのミネラルも豊富な健康食品!成分の中のセサミンは悪玉コレステロールを低下させ動脈硬化を防ぐなどの効果も期待できます。栄養分をしっかり摂るには、ごまの殻を擦って「硬い皮」を壊す事が大切です。ただし、時間が経つと酸化するので、食べる直前に擦るのがお勧めです。
野菜を薄切りにする事で三杯酢がよくなじみます。副菜でもしっかり栄養補給できる1品です。

奈良和えの詳細を見る奈良和えの詳細を見る

ししとうと豚肉の甘辛炒め
ししとうと豚肉の甘辛炒め

ししとうがらしは下ごしらえも簡単で調理しやすい夏の野菜です。8月中旬をすぎるとピリッと辛い物もありますが、カロテンやビタミンCが豊富で夏バテ対策にもお勧めです。
カロテンは脂溶性なので、肉などと一緒に油炒めすると相乗効果が期待でき、ビタミンCは油揚げなどのたんぱく質と一緒に食べ合わせると体力アップ!食欲増進、ガン予防にも効果的です。

ししとうと豚肉の甘辛炒めの詳細を見るししとうと豚肉の甘辛炒めの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

10月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...