20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:482件が該当しました
サーモンのムニエル 角切り野菜ソース
サーモンのムニエル 角切り野菜ソース

サーモンにはビタミンDはもちろん、ビタミンB群が豊富に含まれています。
夏の暑さで疲れやすく、食欲がないときなどはB群のなかでもB1をしっかりとりましょう。

さらにサーモン特有の赤い色素アスタキサンチンは抗酸化作用でおなじみのカロテノイド色素の1種です。
今回は夏野菜を加え彩りよくソテーした付け合わせ兼ソースと一緒にいただきます。

野菜にしっかり味をつけることでソースがわりにでき、ムニエルと一緒にいただくと味のバランスがとれます。
サーモンは魚のなかでも脂が多いのでワインビネガーで酸味をきかせてさっぱり仕上げます。

サーモンのムニエル 角切り野菜ソースの詳細を見るサーモンのムニエル 角切り野菜ソースの詳細を見る

雑穀ハンバーグ
雑穀ハンバーグ

精白米と比べると栄養価がとても高く、特にミネラルが豊富な雑穀。
肉の量を減らしても、ボリューム感と食べ応えのあるハンバーグ。
不足しがちな野菜と合わせれば栄養バランス抜群の1品に。

雑穀ハンバーグの詳細を見る雑穀ハンバーグの詳細を見る

アスパラロール
アスパラロール

アスパラガスにはその名前からもわかるように、
アミノ酸の1種アスパラギン酸が含まれています。

アスパラギン酸は利尿作用など
体内の老廃物を処理する働きや肝機能の促進、
疲労回復効果が期待できるすぐれものです。

また、ビタミンPともいわれるルチンも含まれています。
ルチンは毛細血管を強化し、血圧効果作用があるので、
メタボ予防(動脈硬化・高血圧予防)になります。

せっかくの高血圧予防ですから、塩は控えめにし、レモンの酸味でさわやかにいただきましょう。

カットしてピンチョス風にすればお弁当のおかずにもぴったりです。

アスパラロールの詳細を見るアスパラロールの詳細を見る

肉豆腐
肉豆腐

・フライパン一つで、お野菜とたんぱく質をたっぷりとれる万能おかず。脂肪の気になる方は、脂身のない赤身を選びましょう。また、お砂糖やミリン、お醤油はお好みで減らして、薄味に仕上げれば、煮浸しのようにお野菜もたっぷりいただけます。

肉豆腐の詳細を見る肉豆腐の詳細を見る

かぼちゃプリン
かぼちゃプリン

自然の甘味を生かしたかぼちゃをたっぷり使ったプリン。
ココットに入れても、多めに生地を作って底が取れないタイプのデコ型で焼き上げてもおいしくいただけます。

かぼちゃは美肌効果、風邪の予防で知られているビタミンCもたっぷり。
また、体内でビタミンAに変わるβカロチンを多く含んでいます。βカロチンは粘膜や皮膚の抵抗力を高め、生活習慣病やガン予防に効果があるといわれています。

・シナモンやバニラなど香りはお好みで。オールスパイスを加えるとほんのりオリエンタルな香りに。

・裏漉しするとよりいっそう滑らかな仕上がりになります

かぼちゃプリンの詳細を見るかぼちゃプリンの詳細を見る

さわらの塩焼き ゴマ風味のお豆腐タレ添え
さわらの塩焼き ゴマ風味のお豆腐タレ添え

鰆(サワラ)は、発育や美容のビタミンと言われるビタミンB2を多く含み、
皮膚や髪をみずみずしく保ち、口や胃などの粘膜を健やかにする働きがあります。

また、鰆(サワラ)に多く含まれるナイアシンは、2日酔いを予防したり血行をスムーズにする働きがあるので、
冷え症や皮膚の炎症などにも有効だそうです。
サワラは他に、ビタミンDも多く含んでいます。
ビタミンDは腸でカルシウムの吸収率を高める作用があるため、
サワラを効率良く食べると骨が丈夫になります。

少し酸味の利いたお豆腐のタレで美味しくお召し上がり下さい。 

さわらの塩焼き ゴマ風味のお豆腐タレ添えの詳細を見るさわらの塩焼き ゴマ風味のお豆腐タレ添えの詳細を見る

豚肉のキムチ巻き
豚肉のキムチ巻き

・キムチは乳酸菌の発酵食品。キムチにたくさんついている乳酸菌は、腸内にいる有害細菌の増殖を抑えることによって、腸の働きを正常にしてくれるのです。でも乳酸菌は、体内では長く生きることが出来ないと言います。日々の食卓にキムチを取り入れるととても良いですね。

豚肉のキムチ巻きの詳細を見る豚肉のキムチ巻きの詳細を見る

ブリの梅照り焼き
ブリの梅照り焼き

・ぶりには最初に塩をふっておきましょう。
余計な水分と臭みが抜けて、おいしくなります。
また、先に焼きつけてから味をからめると崩れにくく、短時間で味が染みて、おいしく仕上がります。
お砂糖を加えずカロリーをおさえ、梅干でサッパリ感をプラスしたこれからの季節にもぴったりの照り焼きです。

ブリの梅照り焼きの詳細を見るブリの梅照り焼きの詳細を見る

切り干し大根とお揚げのサラダ
切り干し大根とお揚げのサラダ

・生大根を切り干し大根に加工すると、重量がおよそ1/10になります。生の大根1kgで切り干し大根が100gできることになります。栄養は凝縮され、うまみもたっぷりのおいしい食材です。
食物繊維、カルシウム、鉄分も豊富に含まれており、煮ものだけでなくサラダやお味噌汁などに加えて日々の食卓でいただきたいものです。

切り干し大根とお揚げのサラダの詳細を見る切り干し大根とお揚げのサラダの詳細を見る

はんぺんピザ
はんぺんピザ

・新鮮な白身魚のすり身が主原料のはんぺんは、良質なお魚のたんぱく質を含んでいます。
そして低脂肪なので、余分な脂肪をとらずにたんぱく質をとることができます。
消化吸収がよいので、育ち盛りのお子さまから食生活に気を使うお年寄りまで、おすすめの食品です。

はんぺんピザの詳細を見るはんぺんピザの詳細を見る

筍とアスパラガスの旬の炒め物
筍とアスパラガスの旬の炒め物

筍とアスパラガスという旬の食材を使った
少々贅沢な炒め物です。

食物繊維の豊富な筍ときのこがたっぷりと入り、
そしてアスパラガスは食品では摂取が難しい葉酸を含んでいますので
貧血気味な方には特にお勧めな素材です。
正に春の元気を頂くような一品ですね。 


筍とアスパラガスの旬の炒め物の詳細を見る筍とアスパラガスの旬の炒め物の詳細を見る

ワンタンスープ
ワンタンスープ

・ランチにも最適な温まるワンタンスープです。あらかじめ、ワンタンを茹でておけるので、
スープを熱々にしてお手軽に注いでいただけます。
野菜不足にならないように、チンゲン菜、ホウレン草、
小松菜などをスープに加えたり、青菜の和え物を添えるとよいでしょう。

ワンタンスープの詳細を見るワンタンスープの詳細を見る

カジキマグロの甘酢炒め
カジキマグロの甘酢炒め

・豚肉の代わりにカジキマグロを使って、脂肪分、カロリーを抑えた酢豚風のおかずです。
たんぱく質、お野菜のビタミンもたっぷりとれる一品です。
旬の筍や、エリンギ、スナップエンドウなどを加えても春らしくおいしくいただけます。

カジキマグロの甘酢炒めの詳細を見るカジキマグロの甘酢炒めの詳細を見る

キノコのタラコ炒め
キノコのタラコ炒め

・オリーブオイルの代わりに、バターを使ってもコクがアップします。
セージがなければローリエ、にんにくなど、お好みのものでも。
濃い目の味付けにして、パスタのソースにしてもおいしくいただけますよ。

キノコのタラコ炒めの詳細を見るキノコのタラコ炒めの詳細を見る

ブリのタプナードグリル
ブリのタプナードグリル

・南仏プロヴァンスを代表するオリーブとアンチョビ、オリーブオイルを使ったソース。
冷蔵庫で2週間は保存できるので、多めに作っておくと便利です。
ディップの代わりに使ったり、パンにのせてはさんでサンドイッチに、
お魚、お肉のソースにもぴったりの万能ソースです。

ブリのタプナードグリルの詳細を見るブリのタプナードグリルの詳細を見る

鶏うどん
鶏うどん

蒸し鶏を使った簡単なレシピ。さっぱりとしていますが、
鶏のおだしがよく出て
おいしく頂けます。たっぷりとネギも添えれば、
風邪の引き始めのメニューにも最適です。

鶏うどんの詳細を見る鶏うどんの詳細を見る

コーンケーキ
コーンケーキ

バター不使用。お砂糖もほんの少しで、
コーンの甘みだけで作ったケーキです。
朝食代わりや、お子様のおやつにもいかがでしょうか。 

コーンケーキの詳細を見るコーンケーキの詳細を見る

切り干し大根
切り干し大根

・大根を天日乾燥して作られた切り干し大根。
水分がぐんと減る代わりに、ビタミン、ミネラル類をはじめ、
食物繊維、タンパク質、糖質が増えるから、
生の大根より栄養価はぐんとアップです。
食物繊維のなかに含まれる「リグニン」という成分は、
発ガン抑制などの成分としても注目を集めています。
カルシウムもたっぷりな切り干し大根、煮ものだけでなく、
サラダや汁物に活用しましょう。

切り干し大根の詳細を見る切り干し大根の詳細を見る

かぼちゃとピーマンのゴマ炒め
かぼちゃとピーマンのゴマ炒め

・ゴマに含まれるゴマリグナンには肝臓で脂肪の分解を促進し、
脂肪を燃焼しやすくする働きがあります。
また、セサミンが脂質の代謝を高め、
ビタミンB1の吸収を高めるミネラルも豊富に含まれます。
アンチエイジング、美肌と女性にはうれしい積極的にとりたい食材です。
日々の生活に大さじ1~2杯取り入れるとよいでしょう。

かぼちゃとピーマンのゴマ炒めの詳細を見るかぼちゃとピーマンのゴマ炒めの詳細を見る

豚肉と大根の煮もの
豚肉と大根の煮もの

・カロリー減をするならば、豚肉の脂身は取り除いておきましょう。
焼き目をつけることで、煮込んだ時に香ばしく、
うまみもでてきます。
大根の葉にはビタミンCもたっぷり含まれています。
捨てないで塩茹でしてたっぷりといただきましょう

豚肉と大根の煮ものの詳細を見る豚肉と大根の煮ものの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

7月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...