20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:480件が該当しました
銀むつの煮付け
銀むつの煮付け

・銀むつは白身の魚なので、高たんぱく低カロリー。
血中のコレステロールを下げる働きのあるDHAを豊富に含み、
カルシウムの吸収を助ける働きのある
ビタミンDも多く含んでいるため、生活習慣病、
骨粗鬆症の予防に効果的です。冬場は脂がのって
とてもおいしい季節です、旬のものをぜひ食卓へ。

銀むつの煮付けの詳細を見る銀むつの煮付けの詳細を見る

鶏ささみの梅シソ焼き
鶏ささみの梅シソ焼き

・鶏ささみは高タンパク質、低脂肪で栄養豊富で知られています。
積極的にいただきたい食材です。

鶏ささみの梅シソ焼きの詳細を見る鶏ささみの梅シソ焼きの詳細を見る

牡蠣のさくさくフライ
牡蠣のさくさくフライ

・「海のミルク」と言われる牡蠣。
小さな実に栄養を凝縮させたヘルシー食材です。
アミノ酸の一種タウリンが多く含まれており、タウリンには、
血圧や血中のコレステロール値を下げる効果があり、
高血圧症や、動脈硬化の防止に役立ちます。

・さくさくの食感を得るために、クラッカーは粗く砕くとよいですが、
油を吸収しやすいため、カロリーが高くなります。
カロリーを抑えたい時は細かく、
食感をより楽しみたい時は粗めにと使い分けてみてください

牡蠣のさくさくフライの詳細を見る牡蠣のさくさくフライの詳細を見る

カジキのピリ辛炒め
カジキのピリ辛炒め

・かじきはカリウムを多く含むんでいます。
カリウムはナトリウムの排泄を促し、
高血圧予防に役立ちます。
また真かじきは脳や神経組織の発育、
機能維持に不可欠な脂質であるDHAを多く含んでいます。

・豆板醤はお好みで量を加減してください。
ブリやさわらなど旬のお魚でもおいしくいただけます。

カジキのピリ辛炒めの詳細を見るカジキのピリ辛炒めの詳細を見る

温野菜と豚の香味ソース
温野菜と豚の香味ソース

・一つのお鍋で手早くできる野菜が
たっぷりのメインです。豚肉を茹でた後の灰汁は
丁寧にとりのぞきましょう。お好みの野菜をプラスしたり、
鶏のささみなどでもおいしくいただけますよ。

温野菜と豚の香味ソースの詳細を見る温野菜と豚の香味ソースの詳細を見る

こんにゃくのピリ辛炒め
こんにゃくのピリ辛炒め

・こんにゃくに含まれるグルコマンナンには
一緒に食べたものを胃内で包み込み、
消化吸収させない性質があります。
すべてではありませんが、糖分や塩分、
脂肪などが小腸で吸収される量を減らすので、
糖尿病や高脂血症予防の効果があります。

メタボのお父さんにぴったりの食材!

こんにゃくのピリ辛炒めの詳細を見るこんにゃくのピリ辛炒めの詳細を見る

シーフードドリア
シーフードドリア

・どこか懐かしいシーフードドリアを少しヘルシーに
カロリーダウンさせて豆乳ホワイトソースを作ります。
フィリングの下味はしっかりつかることがおいしさのポイント。
お子様にはとろけるタイプのチーズをたっぷりかけて、
カルシウムをプラスしても。

シーフードドリアの詳細を見るシーフードドリアの詳細を見る

たらとせりのにんにく味噌鍋
たらとせりのにんにく味噌鍋

旬魚たらと旬野菜の白菜&せりの鍋です。
たらは脂質が少ないので冬太りが気になる方にはおススメ!さらに低エネルギーながら良質のたんぱく質が含まれており、そのたんぱくな味わいはどんな料理とも合うので旬のこの時期に大いに活用したい魚です。白菜もたらもあっさりとした味わいなので、スープはにんにくを効かせて香りとコクをつけます。にんにく味噌は万能調味料として使えるすぐれものです。水分量は白菜の水分をみながら加えましょう。

たらとせりのにんにく味噌鍋の詳細を見るたらとせりのにんにく味噌鍋の詳細を見る

豚肉とりんごのソテー
豚肉とりんごのソテー

・りんごのキャラメリゼされた甘酸っぱさと、
豚肉の香ばしい焼き加減がマッチしたソテー。
豚肉はプルーンや洋梨などのソテーにもよく合います。

・豚肉にはほかの食肉と比べて、
ビタミンB1が数倍も含まれており、
豚肉100gを食べるだけで、1日の必要量を
満たすことができます。加熱しても壊れにくく、
体内での吸収効率に優れています。
カロリーが気になる方はヒレの部分など
低脂肪の部分を上手に利用しましょう。

豚肉とりんごのソテーの詳細を見る豚肉とりんごのソテーの詳細を見る

タコとカブの昆布茶和え
タコとカブの昆布茶和え

・タコはコラーゲンやタウリンを豊富に含み、
亜鉛、ナイアシン、鉄分、ビタミンB2なども
含んでいます。低カロリーなので、
ダイエット中にも上手に使いたい食材です。
タウリンは、コレステロール値を減少し、
肝機能の強化や疲労回復に役立ちます。

タコとカブの昆布茶和えの詳細を見るタコとカブの昆布茶和えの詳細を見る

そば粉のクレープ 
そば粉のクレープ 

そば粉に豊富に含まれるルチンは、
動脈硬化を防ぐ効果もあると言われています。
年越しそば(それ以外でも)など、
ご家庭で打たれた方はその残りなどを
使って作ってみてはいかがでしょうか。

そば粉のクレープ の詳細を見るそば粉のクレープ の詳細を見る

春菊のひろうす
春菊のひろうす

・旬の春菊には豊富なカロテンが含まれていて、
100gを食べれば成人一日のビタミンA所要量を
クリアしてしまうほど。
また、ビタミンB群の仲間である葉酸、
カルシウム、ビタミンC、ビタミンEなどを含んでいます。
緑色の色素成分であるクロロフィルは、
コレステロール値を低下させ、
血栓を予防する効果があります。
お鍋や味噌汁の具、
お浸し等でたっぷりいただきたいものです。

春菊のひろうすの詳細を見る春菊のひろうすの詳細を見る

鶏手羽と山芋のテンメンジャン煮込み
鶏手羽と山芋のテンメンジャン煮込み

・山芋には消化を促進させるアミラーゼとカタラーゼが
豊富に含まれ、胃腸の弱い人には最適な食材。
ヌルヌルとした成分ムチンは粘膜を保護し、
胃痛に効果があります。

・すりおろしてもおいしい山芋ですが、炒め煮にすることで、
鶏や甜面醤の旨みを十分にすって
ほこほこおいしい食感に。お弁当のおかずにも最適です。

鶏手羽と山芋のテンメンジャン煮込みの詳細を見る鶏手羽と山芋のテンメンジャン煮込みの詳細を見る

鶏つくねあんかけ
鶏つくねあんかけ

・淡白でやわらかく消化のよい鶏ひき肉は、
お腹を温め消化吸収にすぐれています。
たんぱく質は良質で、必須アミノ酸は豚肉や
牛肉よりも豊富に含まれています。
挽肉はぜひ赤身の部分、低脂肪の部分を選んで
カロリーダウンさせましょう

・小松菜のほか旬のホウレン草や春菊、
大根おろし、きのこのソテーなど、野菜をたっぷり
付け合せてたんぱく質、ビタミン、
ミネラルを十分に摂取しましょう!

鶏つくねあんかけの詳細を見る鶏つくねあんかけの詳細を見る

きなこのクッキー
きなこのクッキー

きなこに多く含まれる、大豆たんぱくには
血中脂質を下げる働きがあると言われています。
お正月のお餅につけるだけではなく、
こんな風にクッキーに入れることでたくさん
摂取することができ、お子様のおやつに最適です。 

きなこのクッキーの詳細を見るきなこのクッキーの詳細を見る

鮭のおろし和え
鮭のおろし和え

・いつもの塩焼きにちょっと変化をつけて和え物に。
鮭の皮はカリッと焼いて細切りにして
最後に散らしても、
食感がプラスされておいしいですよ。

・鮭は良質のたんぱく質が豊富です。
DHA(ドコサヘキサエン酸)や
EPA(エイコサペンタエン酸)も
多く含まれています。
カリウムやビタミン類も多く含まれており、
皮にはコラーゲンも含みます。
お子様や女性にもうれしい食材です

鮭のおろし和えの詳細を見る鮭のおろし和えの詳細を見る

大根の豆板醤煮
大根の豆板醤煮

大根にはビタミンCが含まれています。
体内で合成することのできないビタミンCは
野菜や果物から上手に摂取しましょう。

このビタミンCは女性にうれしい効果が
たくさん期待できます。たとえば、この季節に
気になる、メラニン色素の生成を抑制したり、
コラーゲンの合成を促進したり・・・

こまめに摂りたいビタミンのひとつです。

大根の豆板醤煮の詳細を見る大根の豆板醤煮の詳細を見る

里芋とがんもの煮もの
里芋とがんもの煮もの

・厚揚げやがんもは熱湯をまわしかけ、
油切りをしてから使うと、余分な油や臭みが抜け、
カロリーダウンにつながり、おいしくいただけます。
お豆腐よりもボリュームもあるので、
満足感のあるヘルシーお惣菜になります。

里芋とがんもの煮ものの詳細を見る里芋とがんもの煮ものの詳細を見る

鯵とワカメの海藻サラダ
鯵とワカメの海藻サラダ

・ワカメにはβカロチン、カルシウム、カリウム、
 ヨード、食物繊維を含みます。高血圧予防、
 動脈硬化予防、ガン予防、肥満予防、便秘予防、
 美容 などに効果的、低カロリーな優秀食材です。
 たんぱく質やビタミンをプラスして、たっぷりといただきましょう。

鯵とワカメの海藻サラダの詳細を見る鯵とワカメの海藻サラダの詳細を見る

鯖のカレーソテー
鯖のカレーソテー

・脂ののった鯖は塩焼きでもおいしくいただけますが、
 カレー粉をふって、スパイシーにソテーしてもよく合います。
 皮目は7分目くらい焼き、身のほうは3分目くらいで仕上げると、
 カリッとふっくらジューシーなソテーになります。
 焼きすぎに注意しましょう。

・鯖には良質なタンパク質、ビタミンB2、B6、D、タウリン、
 カリウム、DHA、EPAなど、さまざまな栄養成分を
 たっぷりと含まれています。中でもDHA,EPAは、
 脳の活性化によって、記憶力、学習能力の向上につながり、
 血栓や動脈硬化を防いでくれる役割や
 イライラの解消にも効果があります。
お子様にも積極的に食べさせたい食材ですね。

鯖のカレーソテーの詳細を見る鯖のカレーソテーの詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

9月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...