20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:482件が該当しました
鯵とワカメの海藻サラダ
鯵とワカメの海藻サラダ

・ワカメにはβカロチン、カルシウム、カリウム、
 ヨード、食物繊維を含みます。高血圧予防、
 動脈硬化予防、ガン予防、肥満予防、便秘予防、
 美容 などに効果的、低カロリーな優秀食材です。
 たんぱく質やビタミンをプラスして、たっぷりといただきましょう。

鯵とワカメの海藻サラダの詳細を見る鯵とワカメの海藻サラダの詳細を見る

鯖のカレーソテー
鯖のカレーソテー

・脂ののった鯖は塩焼きでもおいしくいただけますが、
 カレー粉をふって、スパイシーにソテーしてもよく合います。
 皮目は7分目くらい焼き、身のほうは3分目くらいで仕上げると、
 カリッとふっくらジューシーなソテーになります。
 焼きすぎに注意しましょう。

・鯖には良質なタンパク質、ビタミンB2、B6、D、タウリン、
 カリウム、DHA、EPAなど、さまざまな栄養成分を
 たっぷりと含まれています。中でもDHA,EPAは、
 脳の活性化によって、記憶力、学習能力の向上につながり、
 血栓や動脈硬化を防いでくれる役割や
 イライラの解消にも効果があります。
お子様にも積極的に食べさせたい食材ですね。

鯖のカレーソテーの詳細を見る鯖のカレーソテーの詳細を見る

スイートポテト
スイートポテト

さつま芋の旨みを大切に、
なるべく他の材料をプラスしないように作りました。
今回は搾り出しましたが、
型にスプーンで落とすだけでも大丈夫です。
食物繊維たっぷりで、お子様のおやつにも最適です。 

スイートポテトの詳細を見るスイートポテトの詳細を見る

豆腐と豚挽き肉団子のスープ
豆腐と豚挽き肉団子のスープ

・良質なたんぱく質と脂質をもつ
豆腐をたっぷり使って、肉団子も低カロリーにできます。
挽肉は赤身の部分を選ぶとさらにカロリーダウンに。
旬のきのこ類をたっぷり加え、
ボリューム感とお野菜を豊富に摂取し、
ビタミン・ミネラルも十分に取りましょう。

豆腐と豚挽き肉団子のスープの詳細を見る豆腐と豚挽き肉団子のスープの詳細を見る

豚肉と昆布の炒め煮
豚肉と昆布の炒め煮

・豚ばら肉のコクと、昆布や干しシイタケの戻し汁を使って
簡単においしい炒め物ができます。油が気になる方は、
赤身の多い部分を使ってカロリーをダウンさせましょう。

・切り昆布が旨みたっぷりのヘルシー食材。
大根やにんじん、れんこん等の千切りにした根菜と一緒に
甘酢につけてもおいしく、サラダ感覚でたっぷりいただけます。

豚肉と昆布の炒め煮の詳細を見る豚肉と昆布の炒め煮の詳細を見る

豆腐のピカタ
豆腐のピカタ

・牛肉や鶏胸肉などに小麦粉はたき、
パルメザンチーズを加えた卵につけて焼くお料理ピカタ。
お豆腐をしっかり水切りにして同じように
香ばしく焼き上げてカロリーダウンできます。
鱈やカジキなどの白身のお魚にもよく合います。

豆腐のピカタの詳細を見る豆腐のピカタの詳細を見る

きのこあんかけ焼きそば
きのこあんかけ焼きそば

・脂肪の吸収を抑える「キトグルカゴン」、
きのこ類の中に含まれますが、その中でも
もっとも多く含んでるのはエノキ。
煮たり、炒めたりするとカサが減るので、
食べやすくなります。低カロリーのきのこ類を
いろいろな種類を混ぜて旨みをだしましょう。

・あんかけの調味料はお野菜、魚介、お肉と
いろいろなものにぴったりマッチします。
焼きそばのあんとしてだけでなく、
中華丼などにしてもおいしくいただけますよ。

きのこあんかけ焼きそばの詳細を見るきのこあんかけ焼きそばの詳細を見る

人参の白玉団子
人参の白玉団子

簡単に作れる白玉団子でおやつ感覚でお野菜を
とることができます。見た目も綺麗なオレンジ色で
デザートにお出ししたら喜ばれそう。 

人参の白玉団子の詳細を見る人参の白玉団子の詳細を見る

納豆入りたまご焼き
納豆入りたまご焼き

卵焼きだけでも美味しいですが、納豆を入れるとコクが出て
またちがった味わいです。
忙しいお食事の時などは両方の栄養が一度にとれるので、
便利ですね。 

納豆入りたまご焼きの詳細を見る納豆入りたまご焼きの詳細を見る

パンコントマテ
パンコントマテ

・スペイン、カタルーニャ地方の名物料理の一つ
パン・コン・トマテ。薄切りパンに、にんにく、
フレッシュトマト、エクストラヴァージンオリーブオイルを
塗りこんだものです。シンプルな材料なだけに、
素材にはこだわって、上質なオリーブオイルや
岩塩をぜひ使ってみてください!
アンチョビや生ハム、チーズなどをちらしても
おいしくいただけます。
リコピンたっぷりのトマトを使ったヘルシーパン、
スープに添えたり、サラダに添えて
野菜をたっぷりいただきましょう!

パンコントマテの詳細を見るパンコントマテの詳細を見る

鶏団子とカブのスープ
鶏団子とカブのスープ

・10月から11月にが旬のかぶ。
根の部分はビタミンCを多く含み、
分解酵素アミラーゼ(ジアスターゼ)が
たっぷり含まれています。
ジアスターゼは整腸効果があります。
葉は緑黄色野菜で、カロチン・ビタミンC・鉄・
カルシウム・カリウム・食物繊維なども豊富。
スープに、お浸しにと丸ごといただきましょう!

鶏団子とカブのスープの詳細を見る鶏団子とカブのスープの詳細を見る

真鯛の煮付け
真鯛の煮付け

・真鯛は脂肪分が少なく、たんぱく質、
ビタミンをバランスよく含んでいます。
こってりした煮汁がぴったりの白身魚です。
・魚介類を煮る時のポイントは、短時間で火を通し、
 しっとりと仕上げること。サッと仕上げて臭みが
出ないように気をつけましょう。
 大きい魚には切れ目を入れておくと火の通りがよく、
 味のなじみがよくなります。中火にして落し蓋をして、
 煮詰めていくと魚の旨みをギュッと
 閉じ込めることができます。

真鯛の煮付けの詳細を見る真鯛の煮付けの詳細を見る

カレイの煮付け
カレイの煮付け

・カレイは、高たんぱく、低脂肪で、消化も良く、
離乳期の子供や高齢者、
胃弱の人などにも適した食材です。ビタミンB群やタウリンを
多く含んでいます。
また、「えんがわ」には、コラーゲンがたっぷり!
スープや煮こごりにして食べるようにすると、
コラーゲンを効果的に摂取することができますよ。

カレイの煮付けの詳細を見るカレイの煮付けの詳細を見る

きゅうりとささみの和え物
きゅうりとささみの和え物

・生姜は胃腸を刺激して、血行を増進させ身体を温めてくれ、
冷え症の改善になります。涼しくなってくるこの季節、
薬味にしてたっぷりいただきたいものです。

・鶏ささみは茹で過ぎるとぱさついてしまいます。
新鮮な鶏ささみを購入し、さっと茹でて、
冷めるまで湯の中に入れて予熱で
火を通すとしっとりとおいしくいただけますよ。

きゅうりとささみの和え物の詳細を見るきゅうりとささみの和え物の詳細を見る

ラムの香り焼き
ラムの香り焼き

・羊肉は、低コレステロール、
不飽和脂肪酸やビタミンB12 をはじめとする
ビタミン群、亜鉛、鉄分、必須アミノ酸を
バランス良く豊富に含む 栄養価値の高いお肉。
また、カルニチンがどの肉より多く含まれていて、
ダイエット効果(基礎代量促進)、成人病予防効果、
老化予防、脳の活性化、
痴呆予防効果があると言われています。

・生後2~7年のマトンより、生後1年未満の仔羊(ラム)は、
特有のクセも少なく、日々の食卓にも取り入れやすいです。
ローズマリーやタイムなどのハーブでマリネしてから
焼いても、カレーなどのスパイスを加えても
おいしくヘルシーにいただけます。

ラムの香り焼きの詳細を見るラムの香り焼きの詳細を見る

鶏肉と大豆のトマト煮こみ
鶏肉と大豆のトマト煮こみ

・鶏もも肉を使うことで旨みもたっぷりでますが、
脂身が気になる方は、皮をとりのぞいて使うと
カロリーダウンすることができます。
骨付きの鶏肉を使っても
コラーゲンたっぷりの煮込みになります。

・大豆は低カロリーでビタミン、ミネラル、カルシウム、
脂質、鉄分と小さいながらも栄養がいっぱい
つまっている食材。
水煮缶やドライパックを使えば簡単に調理できます。
もちろん、キドニービーンズやヒヨコ豆、
白いんげん豆などお好みの豆類を使っても
美味しくいただけます。

鶏肉と大豆のトマト煮こみの詳細を見る鶏肉と大豆のトマト煮こみの詳細を見る

鶏ささみの梅和え
鶏ささみの梅和え

・高たんぱく質、低カロリーな鶏ささみ。
脂肪分が少ないので、茹で過ぎたり、
焼きすぎたりするとパサついてしまいます。
短時間でサッと茹で、冷めるまで予熱で
火を通したり、表面をカリッと焼いて、
あとは予熱で中まで火を通すとしっとり
おいしくいただけます。
ぜひ新鮮な鶏ささみを使って仕上げてください!

鶏ささみの梅和えの詳細を見る鶏ささみの梅和えの詳細を見る

揚げ茄子とイカの煮浸し
揚げ茄子とイカの煮浸し

・茄子は皮を下にして揚げると、
綺麗な色に揚げられます。割り醤油の加減は
お好みで、一味唐辛子をふったり、また、
割り醤油の代わりに酢醤油と
もみじおろしというアレンジでも
おいしくいただけますよ!

・低脂肪、低カロリー、高タンパク質のイカ、
コレステロールを下げ、疲労回復するタウリンも
豊富に含まれています。和、洋、中の
どんなお料理にも合わせやすい食材、
日々の食卓に取り入れたい食材です。

揚げ茄子とイカの煮浸しの詳細を見る揚げ茄子とイカの煮浸しの詳細を見る

豚肉の辛子ピカタ
豚肉の辛子ピカタ

・たんぱく質やミネラル、ビタミンをバランスよく
摂取できるように、お肉を食べる時には
必ずたっぷりとお野菜を添えましょう。
ここでは、ほうれん草はさっと茹でただけで
たっぷりと盛りつけましたが、アスパラガスや
小松菜、キャベツ、旬のキノコ類なども温野菜にして
添えてもおいしくいただけます。

・一口大のヒレ肉などのピカタにすれば、
お弁当のおかずにも最適です。

豚肉の辛子ピカタの詳細を見る豚肉の辛子ピカタの詳細を見る

鯖の白ワイン煮
鯖の白ワイン煮

・予熱でじんわり火が通り蒸し焼きになるので、
鯖がふっくらしっとりと仕上がります。
ハーブはお好みのものを一種類でもかまいません。
タイムやディルはお魚によく合います

・脂がのった秋サバの季節。脂質は不飽和脂肪酸のEPA,
DHAが豊富、カルシウムやビタミンA,B2、B12、
Dを豊富に含みます。鮮度が落ちやすく、
鮮度が落ちるとアレルギーの原因になる
ヒスタミン酸が増えるので、注意が必要です。
腹部が銀色でつやつやしているもの、
眼球が透明な青色をしているものを選ぶとよいでしょう。

鯖の白ワイン煮の詳細を見る鯖の白ワイン煮の詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

5月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...