20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:482件が該当しました
セロリの洋風きんぴら
セロリの洋風きんぴら

ごぼうとにんじんに飽きたら、おすすめしたい洋風のきんぴらです。
セロリもパプリカも生で食べられる野菜なので、さっと火を通すだけでできる「時短レシピ」。
調味料も洋風にアレンジして、一味違ったきんぴらはいかがでしょうか。火を通しても香りが消えないセロリの風味がアクセントになって冷めても美味しい1品。
パプリカは脂溶性ビタミン豊富なので、オリーブオイルを使うことで効率よく栄養が摂取できます。

セロリの洋風きんぴらの詳細を見るセロリの洋風きんぴらの詳細を見る

たらの野菜たっぷり酒蒸し
たらの野菜たっぷり酒蒸し

電子レンジだけで作れて、料理酒とみりんの旨みで簡単に本格的な味に仕上がる1品。
たらの身は高たんぱく、低カロリーで、脂質が非常に少なく、消化の良い魚です。肥満の予防改善、ダイエットに最適でヘルシーな食材の1つ。体を温めてくれる冬の鍋物でもってこいの魚ですが、単品でも手軽に魚料理の1品ができあがりますね。甘塩たらの他、カレイもお勧めです。塩味が無い魚の場合は塩コショウを振りかけましょう。

たらの野菜たっぷり酒蒸しの詳細を見るたらの野菜たっぷり酒蒸しの詳細を見る

エリンギの玄米ピラフ
エリンギの玄米ピラフ

・炊いている途中で、 蓋を開けて様子を見ながら炊く時間を調整するとよいでしょう。
 チーズはぜひ削りたてを! 風味、塩味がプラスされピラフ全体にコクがでます。
・玄米が苦手な方も、発芽玄米は食べやすく、 白米と同じように炊くことができるので、
日々の食卓に積極的に取り入れたいものです。
さらっとした食感がピラフやリゾットにぴったりです。
発芽玄米の中で最も注目されている栄養素はギャバ。
白米に比べて発芽玄米は10倍のギャバを含んでいます。
ギャバには精神を安定させる効果があり、自律神経失調症、更年期障害などの精神的な症状にも 効果を発揮し、脳の緊張をほぐし、 イライラを軽減させる効果があります。
 また、 肝臓の働きを活性化させて血圧を下げる効果と、肝臓の働きを促す効果もみられます。

エリンギの玄米ピラフの詳細を見るエリンギの玄米ピラフの詳細を見る

小松菜の蒸しパン
小松菜の蒸しパン

小松菜の「緑黄色野菜」が入った、米粉の蒸しパンです。朝食、または小腹がすいた「おやつ」にいかがですか?小松菜にはビタミンA、B2、C、カルシウム、鉄分が多くで、特に豊富なカルシウムは成長期の子供に積極的にたべさせたい野菜です。又骨粗しょう症の予防にも効果があるので、中年期の女性のおやつにもおすすめです。
米粉をつかっているので、食べ応えがあり、シリコンカップは小さめの物をお勧めします。もったりさくっとした食感ですが、米粉と小麦粉を半量づつ使うとふんまり感が出ます。

※小松菜は残留農薬の多い野菜です。根元を広げて流水でよく洗い表面の農薬を落として下さい。

小松菜の蒸しパンの詳細を見る小松菜の蒸しパンの詳細を見る

しょうが風味の肉じゃが
しょうが風味の肉じゃが

新じゃがと豚肉の肉じゃがです。寒さが残るこの季節にしょうがを加えて、体温まる1品です。新じゃがは水分が多く皮が薄いので、むかずに調理でき、皮の部分の香りも楽しめます。
エネルギーの源の炭水化物が主成分ですが、ビタミンCを豊富に含み、加熱しても壊れにくいのが特徴です。地域によって「豚肉」を「牛肉」で使うようですが、炭水化物はエネルギーに変換するのに必要な栄養素はビタミンB1で、これが不足すると、エネルギーになりきれず、疲れの素の「乳酸」に変化してしまいます。「牛肉」よりも「豚肉」の方がビタミンB1を多く含み、相性のいい食べ合わせなので、「豚肉」を使いましょう。

しょうが風味の肉じゃがの詳細を見るしょうが風味の肉じゃがの詳細を見る

しょうが昆布
しょうが昆布

えごま油はα-リノレン酸が豊富。
このα-リノレン酸は体内で合成されないので、
食品から摂らなくてはなりません。
細胞の活性化に役立つ必須脂肪酸でもあるので、
上手にお料理に活用しましょう。

噛み応えのある切り昆布と昆布茶のダブル使いで
昆布のうまみを楽しめる1品です。

しょうが昆布の詳細を見るしょうが昆布の詳細を見る

長いものとろとろスープ
長いものとろとろスープ

長いもを使ったとろっとした食感の体温まるスープです。
すり下ろさずに、玉ねぎ同様サクサク切って柔らかくなったところをミキサーで撹拌。やや粒粒とした粗みじん程度に残すのがおすすめです。長いものぬめりには胃などの粘膜を保護し、タンパク質の吸収を助けます。又ビタミンB群、C、カリウムなどのミネラルや食物繊維などをバランスよく含む「健康食材」です。長いもに含まれる消化酵素は熱に弱いので、よりすぐれた消化作用を期待するなら生食ですが、寒いこの季節にはとろっとした食感が、体をじんわり温めてくれます。

長いものとろとろスープの詳細を見る長いものとろとろスープの詳細を見る

れんこんとエビのタルタルソース
れんこんとエビのタルタルソース

カロリーが高くなりがちなタルタルソース。野菜をたっぷり入れ、高タンパクで低カロリーなエビと一緒にいただけば、ダイエットの強い見方メニューとなってくれます。淡泊な味で食感が良いれんこんは、様々なメニューに使え、栄養も抜群!ビタミン、ミネラルを豊富に含み、食物繊維も豊富です。
バケットの他に、お肉やお魚料理にも合う1品です。

れんこんとエビのタルタルソースの詳細を見るれんこんとエビのタルタルソースの詳細を見る

いかとがんものさっと煮
いかとがんものさっと煮

イカにはタウリンが豊富に含まれています。タウリンには、血中のコレステロールを下げ、中性脂肪を少なくするなど、脂質代謝にはたらきかける作用があります。さらに、血圧を正常に保つ役割も。
まさにメタボ予防にピッタリの食材なのです。
大豆製品のがんもどきと組み合わせれば、良質なたんぱく質豊富な満腹感のある1品に。短時間で仕上がるのもうれしいメニューです。

いかとがんものさっと煮の詳細を見るいかとがんものさっと煮の詳細を見る

鶏ささみのホイル焼き
鶏ささみのホイル焼き

・鶏のささみは、脂肪分が少なく低カロリー。鶏肉の中で最も柔らかく、
味も淡白で、和洋中どんなお料理にもあわせやすいものです。
チーズを少しふって、味にコクとボリュームをプラスすると、
野菜もたっぷり食べられます。
たんぱく質を摂取しながらのダイエットは
リバウンドしにくいと言われています。
ビタミンB1も豊富なささみ、良質なたんぱく質を
日々の食卓に取り入れたいものです。

鶏ささみのホイル焼きの詳細を見る鶏ささみのホイル焼きの詳細を見る

ホタテのピリ辛スープ
ホタテのピリ辛スープ

・春雨も入っているので、腹持ちもよく、卵のたんぱく質やお野菜でボリューム満点のスープです。
お夜食や、ダイエット中にもほどよい辛味が満腹感を与えます。
お野菜はお好みの青菜、チンゲン菜や小松菜、ホウレン草などでもおいしくいただけます。

ホタテのピリ辛スープの詳細を見るホタテのピリ辛スープの詳細を見る

豚肉とかぼちゃのにんにく蒸し焼き
豚肉とかぼちゃのにんにく蒸し焼き

にんにくとタイムの風味がきいたメイン級のごちそうが、フライパン1つでできる嬉しいメニューです。蒸し焼にすることで余分なカロリーもカット。にんにくと一緒に豚肉を使えば、アリシンが豚肉のビタミンB1を脂溶性に変え、吸収の効率を大幅にアップさせてくれるため、疲労回復が早まります。タイムは1枝ごとに小分けをして冷凍し、別の機会にもぜひ利用してみて下さい。

豚肉とかぼちゃのにんにく蒸し焼きの詳細を見る豚肉とかぼちゃのにんにく蒸し焼きの詳細を見る

野菜のファルシ
野菜のファルシ

野菜を器(カップ)に見立てて、お肉を詰めれば見た目もかわいく、野菜嫌いのお子さんにもぴったりな1品です。
お肉の量は控えめにし、定番の玉ねぎの代わりに長葱を使うことで甘さよりも長葱特有の香りが引き立つので、大人の方でも美味しく召し上がっていただけます。オーブンで焼くと、野菜の旨みが凝縮されるのはもちろんヘルシーな仕上がりになります。蒸しても美味しくいただけます。

野菜のファルシの詳細を見る野菜のファルシの詳細を見る

玉ねぎの肉詰め煮
玉ねぎの肉詰め煮

脇役になりがちな「たまねぎ」の存在感たっぷり、ほぼ1コのたまねぎが1食で食べれる、ダイナミックな1品です。たまねぎは生で使うと辛味が、加熱すると甘みが出ます。特有の辛みのもと成分、硫化アリルは疲労回復に必要なビタミンB1の吸収を助け、血液をサラサラにする効果がありますが、加熱時間が長いと溶けだしてしまいます。玉ねぎ成分とたっぷり含んだスープも残さず頂きましょう。

玉ねぎの肉詰め煮の詳細を見る玉ねぎの肉詰め煮の詳細を見る

カリフラワーのくず煮
カリフラワーのくず煮

カリフラワーと秋の野菜のだし汁がやさしい味の副菜です。カリフラワーは加熱による損失が少ないビタミンCが豊富なのが特徴で、糖の代謝をうながし疲労物質を排出するビタミンB1や脂質を効率よく代謝し、目や皮膚粘膜の健康を保つB2も多く含まれます。つまり体の中からきれいにしてくれる野菜です。鮮度が落ちるとすぐ色が悪くなるので店頭ではあまり馴染みがない野菜かもしれませんが、おいしいこの季節に是非食材として活用してみてください。ひじきとの食べ合わせで、集中力アップや骨粗しょう症予防にも効果的です。

※銀杏には「メチルピリドキシン」という物質によって大量に食べると食中毒を起こす事があるので、5歳未満のお子様には与えない方がよいと言われています。

カリフラワーのくず煮の詳細を見るカリフラワーのくず煮の詳細を見る

マンゴーのパッションサラダ
マンゴーのパッションサラダ

マンゴーの器に入った甘酸っぱい爽やかなサラダ。高タンパクで低カロリーな魚介を使っていますので、カロリーも抑えられてヘルシーにいただけます。マンゴーの栄養といえば「カロテン」。体内でビタミンAに変わり、細胞の老化を抑える抗酸化作用があるので、肌を美しく保つ効果が期待される他、便秘解消のお助けになるカリウムも含まれていますので、体の内・外から美しく保ってくれます。

マンゴーのパッションサラダの詳細を見るマンゴーのパッションサラダの詳細を見る

揚げなし大学芋
揚げなし大学芋

揚げずにつくる大学芋です。フライパンで揚げ焼きにするので、揚げる手間がありません。カロリーも抑えられ、電子レンジを活用してつくるので、時間短縮で、手間なくすぐに作れます。さつまいもは加熱によって一部が糖質に代わり甘みが増すので、砂糖の量を控えても、甘みを感じるので子供のおやつにもぴったり。ビタミンC、B1、B6、そして食物繊維も豊富に含んでいます。冷めて食べる方が味がなじんでおいしいので、お弁当の1品にもお勧めです。
※市販の「大学芋」はかなり甘いので、それに比べると甘さは抑えめです。砂糖は好みや健康状態に応じて調整して下さい。

揚げなし大学芋の詳細を見る揚げなし大学芋の詳細を見る

刺身魚のカルパッチョ
刺身魚のカルパッチョ

簡単にできて栄養価もありのイタリアン風前菜です。
アボガドには血液サラサラ効果の植物油を含みますので、オリーブオイルは少し少なめでも全体がなじみます。抗酸化作用の強いビタミンEを含んでいるので、ビタミンC(レモン)やリコピン(トマト)の吸収を助ける効果もあるので、ガン・老化予防・血中コレステロールの減少と相性抜群の食べ合わせです。トマトの皮に薬効が多いので、皮はむかずに調理します。
ポイントは刺身魚の下味。素材の全てが淡白な味なので、下味をつけないと味があまり感じられません。下味をつける事をお忘れなく。
旬の生魚を栄養価をアップさせて、おもてなしや前菜にいかがですか?

刺身魚のカルパッチョの詳細を見る刺身魚のカルパッチョの詳細を見る

さつま芋のホットデザート
さつま芋のホットデザート

さつま芋とパイナップルには共通して食物繊維とビタミンCが豊富です。
ビタミンCというと、シミ・そばかすなどに働く美肌効果のイメージが強いですがそれだけではありません!
ビタミンCはこれから季節、予防したい風邪対策にも欠かせないビタミンです。
抵抗力を高める、いわば風邪のウィルスと戦う力をつけてくれるビタミンC。
風邪の流行るこれからの季節はいつも以上にフルーツや野菜から天然のビタミンCを摂るようにこころがけましょう。

さつま芋のホットデザートの詳細を見るさつま芋のホットデザートの詳細を見る

じゃこ豆腐
じゃこ豆腐

紫外線を浴びると、体の中で細胞をサビつかせる活性酸素が発生し、老化を早めたりシミの原因になりやすいと言われています。豆腐にはそれを防ぐフラボノイド(大豆に多く含まれている栄養素)やパプリカにも抗酸化作用が高いビタミンCがたっぷり含まれています。油を使って調理すると吸収率が高まるので、マリネの相性もばっちり。簡単手軽に作って、体の中からも紫外線対策をしましょう。

じゃこ豆腐の詳細を見るじゃこ豆腐の詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

7月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...