20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

検索結果:482件が該当しました
とうがんのスープ
とうがんのスープ

とうがんと和風だしの香りの上品なスープです。
とうがん(冬瓜)は、カリウムが多く含む野菜で、体内から余分なナトリウム(塩分)を排出して血圧を正常に保つ働きをします。カリウムには水分代謝を高める作用があるので、高血圧予防に効くと言う訳です。食卓では馴染みの少ない季節野菜ですが、皮をむいて使いやすいサイズにカットしてから冷凍保存も可能です。淡白な風味なので、おいしい和風だしの香りととろみが素材のうまみを生かせます。オクラのネバネバのもととなってる食物繊維も整腸効果や血中コレステロール値を下げる効果があるので、味も体にも優しいスープです。冷たくしてもおいしく頂けます。オクラの火の通しすぎに注意して下さい。

とうがんのスープの詳細を見るとうがんのスープの詳細を見る

レンジで筑前煮
レンジで筑前煮

沢山の野菜が摂れて、味もしっかりついてるので人気の高い筑前煮。火を使わず、下準備にもふる活用!電子レンジで作ります。
むね肉はたんぱく質は多いのに低脂肪。ヘルシー食材だけでなく「糖化」予防に良い「カルノシン」が多いと注目されています。糖化は血糖値が急上昇することで、この糖化現象が起こると、体内老化を早めるといわれています。
もも肉を使わずむね肉を使ってカロリーだけでなく、糖化も防ぎます。ただし、調理中に水分が抜けやすくパサパサしがち。下準備を一手間加えるだけで、ふっくら食感になります。

干しシイタケは水で戻すよりも早くふっくらと戻りますが、加熱しすぎに注意して下さい。

レンジで筑前煮の詳細を見るレンジで筑前煮の詳細を見る

こんにゃくステーキ
こんにゃくステーキ

こんにゃくといえば、ダイエット食材の代表格。
今回は表面にしっかり味をつけて食欲そそるステーキにしていただきます。
付け合せには旬のきのこを添えてヘルシーに・・・
フライパンひとつであっという間にできるお手軽メニューです。
こんにゃくに含まれる食物繊維は腸内の余分なものを排出し、便通を促進する効果があるのでダイエットだけでなく、便秘でお悩みの方にもおススメの食材です。
また、コンニャクイモに含まれる成分は美肌にも効果が期待できます。
メタボ予防だけでなく、アンチエイジングにもうれしいレシピです。


こんにゃくステーキの詳細を見るこんにゃくステーキの詳細を見る

カポナータ
カポナータ

イタリアの夏野菜料理「カポナータ」。電子レンジだけで簡単に作れて、夏野菜いっぱい、旨みが凝縮した1品。なすびの紫色の皮に含まれる「ナスニン」は血中コレステロール値をさげ動脈硬化をふせぐ作用があるので、水にさらさないように(水溶性なので水に溶けてしまう)皮ごと調理します。ビタミンCが豊富なパプリカなどと組み合わせる事でその効果はさらにアップします。
火を使わず、夏の暑いキッチンにはうれしい調理法。切ってレンジをするだけなので、この夏是非!作ってみてください。

カポナータの詳細を見るカポナータの詳細を見る

米粉のガレット
米粉のガレット

生地のモチモチ感が楽しめる米粉のガレット。基本のガレットをマスターすれば後はお好きな具をのせてお召し上がりください。小麦粉は9割近くが海外からの輸入ですが米はほぼ100パーセント自国、日本でまかなえています。日本の食料自給率40%と低いので、米粉を使って料理を楽しめば、自給率アップにもつながりますね。

米粉のガレットの詳細を見る米粉のガレットの詳細を見る

こんにゃくと野菜の田楽
こんにゃくと野菜の田楽

こんにゃくは「腸のお掃除やさん」としてもおなじみな食物繊維が豊富に含まれています。さらに、コレステロールや血糖値にはたらきかけるなど、メタボ予防のためにもおススメな食材の1つ。
こんにゃくそのものにしっかりした味がないので、田楽味噌のような濃厚な味噌だれでいただけば美味しくいただけます。彩りも緑黄色野菜をプラスすし、型で抜いて竹串にさせば、見た目にも美味しい田楽が出来上がります。お弁当のおかずにもなる1品です。

こんにゃくと野菜の田楽の詳細を見るこんにゃくと野菜の田楽の詳細を見る

玉ねぎジャムと生ハムのベーグルサンド
玉ねぎジャムと生ハムのベーグルサンド

血液サラサラ~効果が期待される玉ねぎ。
りんご酢でじっくり煮込んで、爽やかな酸味と玉ねぎの甘味がお口に広がります。
チーズや卵料理、グリルしたお肉やお魚に添えて、万能コンフィチュール!

・ パンはお好みのパンでOKです。バゲットや全粒粉の入ったようなハード系のパンが似合います。
・ 玉ねぎのジャムにはお好みのスパイスやエストラゴン、タイムなどのハーブを入れて煮込んでもおいしいです。

玉ねぎジャムと生ハムのベーグルサンドの詳細を見る玉ねぎジャムと生ハムのベーグルサンドの詳細を見る

アボガドとにらのコチュジャン和え
アボガドとにらのコチュジャン和え

にらとアボガドの濃厚さがマッチして後ひく1品。
中華料理や韓国料理でおなじみの個性的な香りをもつ「にら」。強い香りのもと硫化リアルはビタミンB1の吸収率を高め、糖の分解を促進します。アボガドも栄養価が非常に高く、ビタミンB1、B2、E、ミネラル食物繊維も豊富で、にらとの相性もばっちりです。コレステロールを減らす働きのオレイン酸がたっぷりなので、メタボ気味のお父さんのおつまみにぴったりの副菜です。

アボガドとにらのコチュジャン和えの詳細を見るアボガドとにらのコチュジャン和えの詳細を見る

大豆と桜のご飯
大豆と桜のご飯

大豆を水につけて浸しておくだけで、そのまま炊飯器にいれればふっくら炊き上がるお手軽レシピ。ほんのり桜の塩気と香りが優しい混ぜご飯。 冷めてもおいしいので、お弁当にもお薦めです。大豆に含まれるたんぱく質は、血管を丈夫にし、血中コレステロールを低下させ、動脈硬化を予防します。また大豆はイソフラボンを含む唯一の見近な食品です。 イソフラボンはポリフェノールの一種で、更年期症状の軽減や骨粗しょう症の予防にもなり、女性は積極的に摂取しましょう!

大豆と桜のご飯の詳細を見る大豆と桜のご飯の詳細を見る

春の彩りいなり寿司
春の彩りいなり寿司

基本のいなり寿司に卵、きぬさや、桜でんぷなど彩りを加えて春らしくアレンジ。ひな祭りや行楽弁当のお供にいかがでしょうか?さやえんどうに含まれるビタミンCと桜でんぷや卵に含まれるたんぱく質で、ストレスや肌荒れを防ぐ作用が強まりますので、食べ合わせには相性がよいといえます。

春の彩りいなり寿司の詳細を見る春の彩りいなり寿司の詳細を見る

ピリ辛牛肉のレタス包み
ピリ辛牛肉のレタス包み

にんにく香るピリ辛な味が食欲をそそる1品。
切り干し大根は、大根を細く切り、天日で干して乾燥させた食材ですが、干すことで糖化されて甘味がさらに増し、栄養価も増加するため、調味料の糖分が省ける優れもの!食感も良いので、牛肉との相性も良いです。レタスや細切りにした大根、にんじんに巻いて食べればさらに野菜をたくさんいただけるメニューになりますね。

ピリ辛牛肉のレタス包みの詳細を見るピリ辛牛肉のレタス包みの詳細を見る

中華風 焼き秋刀魚
中華風 焼き秋刀魚

定番の秋刀魚の塩焼きを中華風にアレンジ。
生姜は魚の臭みをとるのはもちろん、風邪予防や冷え性にも効果的な食材です。
オレイン酸・リノール酸を含むごま油で風味をプラスします。

中華風 焼き秋刀魚の詳細を見る中華風 焼き秋刀魚の詳細を見る

切り干し大根のシャキシャキサラダ
切り干し大根のシャキシャキサラダ

切干大根を使った簡単サラダです。
大根は、生のままより、乾物にした切干大根の方が栄養価は高いうえ、乾物なので年中常備できます。高血圧や脳卒中予防に効果のあるカリウムを多く含み、骨の強化、便秘の解消、さらには肌の改善効果もあると言われています。クレソンにはビタミンやミネラルが豊富で、血液の酸化防止や生活習慣病の予防や強壮、消化促進などにも有効といわれています。積極的に食べて血液をきれいにしましょう。
切り干大根はさっとゆでるのがコツです。シーチキンは好みによって分量を調整して下さい。少なめの方が大根のシャキシャキ感がいかされてドレッシングと馴染みます。

切り干し大根のシャキシャキサラダの詳細を見る切り干し大根のシャキシャキサラダの詳細を見る

あじのおすし
あじのおすし

暑さからくる疲労を回復してくれるお酢。火を使わないことも嬉しいポイントの酢飯をつかって、しっかり栄養を補給しましょう。
あじ(鯵)にはビタミンA・B・E、カルシウム、カリウム、タウリンなど様々な栄養素がバランスよく含まれていることから、お子供様の成長や健康の維持、美肌に効果が期待される魚です。
暑い季節には、さっぱりと食べられて食欲が湧くメニューをいただきましょう。

あじのおすしの詳細を見るあじのおすしの詳細を見る

乾杯ゼリー
乾杯ゼリー

「夏のおやつ」もしくは「食後のデザート」にちょっと健康志向の野菜ジュースのゼリーはいかがですか?ひんやりぷりんっとした食感がうれしく、混ぜて、入れるだけの簡単健康デザート。
野菜ジュースだけでは甘みが足りないので、混ざりやすい液状の甘味料を合わせました。ジュースの色と上にのせたヨーグルトがまるで「ビール」みたい。パパと一緒に乾杯!しましょう。

乾杯ゼリーの詳細を見る乾杯ゼリーの詳細を見る

茄子のみょうが味噌焼き
茄子のみょうが味噌焼き

さらりとしてクセのない米油にはビタミンEやオレイン酸が豊富です。
なすは油を多く吸うので、フライパンで調理するとついつい油を追加し、カロリーが上がりがち・・・
オーブントースターならその心配もなく、焦げずに焼け、油をコントロールできます。
これからが旬のみょうがには香り成分「アルファピネン」が含まれており、
食欲促進や体温を下げる効果など、夏にうれしい効果があります。

茄子のみょうが味噌焼きの詳細を見る茄子のみょうが味噌焼きの詳細を見る

フルーツマカロニサラダ
フルーツマカロニサラダ

暑さで食欲がなくなりがちなこの季節こそ、豊富に含まれているビタミンやミネラルなどの栄養を調理で失うことなく食べられるフルーツがお勧め!バナナの抗酸化力は完熟したときがいちばん高いので、皮に黒い点ができた位を目安にいただきましょう。牛乳とお酢を使ってマヨネーズの分量を減らすことでカロリーを抑えましょう。

フルーツマカロニサラダの詳細を見るフルーツマカロニサラダの詳細を見る

グリルスチーム酢豚
グリルスチーム酢豚

酢豚の素揚げの調理をグリル&スチームで代用したカロリーOFFな酢豚。
豚肉は牛肉の同じ部位と比較するとカロリーは少なめですが、部位によって異なりますので、豚肉はロースより、もも肉の方がカロリーが低いため、カロリーが気になる方は脂身の少ないもも肉を使いましょう。お野菜もいっぱい摂れるご飯がすすむメニュー、お子様からお父様まで幅広く召し上がっていただけますね。

グリルスチーム酢豚の詳細を見るグリルスチーム酢豚の詳細を見る

米粉の海鮮チヂミ
米粉の海鮮チヂミ

もちっとした食感をいかして米粉をつかったチヂミ。ボリューム満点ですが、低カロリーな食品をたくさん使っていますので、ダイエット中の方にいかがでしょうか。

米粉の海鮮チヂミの詳細を見る米粉の海鮮チヂミの詳細を見る

豚ヒレ肉のトマト煮
豚ヒレ肉のトマト煮

ヨーグルトの酸味が味をそそるカルシウムが摂れる1品。骨は毎日作りかえられていますので、骨の主成分であるカルシウムも毎日摂取したいもの。残念ながらカルシウムは体に吸収されにくい栄養素なので、吸収率をあげてくれるビタミンCの食品と食べ合わせると良いでしょう。今回はトマトやブロッコリーなどビタミンCが豊富に含まれる野菜と一緒に食べましょう。

豚ヒレ肉のトマト煮の詳細を見る豚ヒレ肉のトマト煮の詳細を見る

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

5月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ


run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...