20年、30年後の健康を・・・医学博士 内山明好管理栄養士 鶴田真子によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策を掲載した健康情報サイトメタボヘルプ.com。

ホーム  ->  健康レシピ  ->  ダイエットレシピ  -> お豆腐と銀杏のとろみ煮

お豆腐と銀杏のとろみ煮

お豆腐と銀杏のとろみ煮


お豆腐と銀杏のとろみ煮

材料

1)豆腐を適当な大きさに切り、しいたけは石づきを切り落として薄切りにする。(石づきも使うので底の硬い部分だけ切り落としておく)
2)鍋に鶏挽肉と<合わせ調味料A>を入れて、よく混ぜ、火にかけて箸で混ぜながらポロポロのそぼろ状になるまで火を通す。
3)だし汁2カップを加えて火を強め、煮立ったらら、しいたけと石づきを加え醤油大さじ1弱と塩を少々入れる。切った豆腐を加えて温める適度に煮る。
4)片栗粉をだし汁で溶き、3)の鍋に入れてとろみをつけて、ぎんなんを入れる。
5)煮汁ごと器にもる。

作り方

豆腐(木綿・絹どちらでも)1丁
銀杏(水煮)       6ケ
生しいたけ        2~3コ
鶏挽肉          50g

<合わせ調味料A>
しょうが汁     小さじ1
酒         1/4カップ
みりん       大さじ1

片栗粉       大さじ2
(だし汁大さじ4で溶く)

だし汁       2カップ
醤油        大さじ1弱
塩         少々

下ろししょうが(好みで) 適量

メタボポイント

秋が旬の銀杏(ぎんなん)ですが、最近は水煮の銀杏をよくみかけ、殻付き銀杏をあまり見かけませんね。銀杏には速効性の高いエネルギー源である糖質と感染症を予防する働きをもつカロテンが豊富なのが特徴ですが、ビタミンCも多く含んでいるので、風邪をひきやすい季節の変わり目にぴったりの食材です。仕上げで煮汁にしょうがを加えると、朝夕冷え込むこの季節に体が温まります。

※銀杏には「メチルピリドキシン」という物質によって大量に食べると食中毒を起こす事があるので、5歳未満のお子様には与えない方がよいと言われています。

このレシピの分類

コメント

ブログへのコメントをお寄せ頂く際は「Facebook」へのアカウント登録が必要となります。
コチラより是非ご登録下さいませ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://www.metabo-help.com/cms/mt-tb.cgi/1782
フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

11月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ