男女問わず若々しく健康に年齢を重ねて欲しい・・・医学博士 内山明好によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策の取組みを掲載した情報サイトメタボヘルプ.com。

昨日どれだけ野菜を食べましたか?1日目標摂取量350gの野菜。大地が育んだ健康の源、野菜がもつスゴイ力をわかりやすく・・・「野菜大百科」=野菜不足のあなたに!

カテゴリー

かぶ

アブラナ科の越年草。葉はビタミンCが豊富で、関節痛や貧血に効果がある。
またカルシウムも多く含まれ、骨粗鬆症予防に効果が期待される。
実は消化を促進するジアスターゼや、
がん予防に効果が期待されるβ-カロテンも多く含んでいる。

ツルタマサコの「ヴェジトーク」

アブラナ科 旬:秋
春の七草のひとつ。別名「すずな」といわれます。
根は淡色野菜、葉は緑黄色野菜のかぶ。

根だけでなく葉も残さずにいただきましょう。
細かく刻んでさっと塩もみしすれば、手作りの即席漬けのできあがり。
さっと塩茹でして冷凍保存しておけば汁の実や彩りにと活用方法もいろいろ。

消化酵素アミラーゼが豊富なかぶの根は消化を助け、
胃もたれ、胸やけに効果があります。
調理の際は、火の通りがよいので煮すぎないよう注意しましょう。

料理研究家:鶴田真子

かぼちゃ(旬:ほぼ通年)

かぼちゃ
ウリ科の一年生つる草。
β-カロテンが豊富で、血行促進、前立腺肥大の予防に効くとされている。
ビタミンC、ビタミンEも多く含み、動脈硬化を予防する働きがある。
ビタミンEは、ホルモン調整機能があり、肩こりなどの更年期障害の症状を和らげるほか、
血行をよくすることにも効果的。


<保存方法>
カットしたものは痛みやすいため、早めに食べる。
タネの部分を取り除き、ラップをして冷蔵庫の野菜室へ。
冷凍する場合は、軽くゆでてから。調理する時は冷凍のまま使います。

カリフラワー

アブラナ科の越年草。ミネラル、ビタミンCが豊富で、
がん予防が期待されるβ-カロテンや、フェノールなども含む。

きゃべつ

アブラナ科の越年草。ビタミンC、食物繊維に富み、胃壁の粘膜を守り、
胃潰瘍を防ぐビタミンU(別名キャベジン)を含有。

ツルタマサコの「ヴェジトーク」

アブラナ科 旬:冬
キャベツの調理法はさまざま。
サラダやフライの脇役、キャベツの千切りはもちろん、
煮物・炒め物など何でも使えるすぐれもの。
和・洋・中どんな料理にも相性がよいのも魅力的です。

キャベツは栄養もさまざま。キャベツ特有のビタミンUは胃薬でもおなじみの通り、
胃炎に効果があり、胃潰瘍を抑える働きがあるといわれています。
女性にうれしいビタミンCやカルシウムも比較的多く、
ビタミンCは春菊の約2倍、
カルシウムもグリーンアスパラガスの約2倍含まれています。

これらはダイエット中に不足しやすい栄養素ですから、
積極的に摂取したいもの。
美肌効果や骨粗しょう症予防に効果が期待できます。

料理研究家:鶴田真子

きゅうり

ウリ科の一年生つる草。カリウムを含み高血圧への効果があるとされる。
β-カロテンも淡色野菜としては比較的多く含み、がん予防効果も期待される。

ツルタマサコの「ヴェジトーク」

ウリ科 旬:夏
90%以上が水分の淡色野菜のきゅうり。
食感と香りを楽しむ夏野菜のひとつです。
利尿作用があり、むくみ解消に役立つといわれています。
また、きゅうりパックでおなじみのように
皮膚のほてりをしずめ、しみを防ぐ効果も。
夏の強い日差しを浴びた日は、残ったきゅうりを利用して
きゅうりパックで美肌をめざしてみてはいかが?


料理研究家:鶴田真子

グレープフルーツ

グレープフルーツはビタミンCが豊富で、美容や疲労回復などに効果が期待できます。
さわやかな甘みとともにほのかな苦みもあり、これはポリフェノールの一種であるナリンギンで強い抗ガン作用があります。

<食材選びのコツ>
表面に傷がなく、果皮が色鮮やかであり、なるべく丸い形のものを選ぶのがコツです。
重さがあるものは、果肉がジューシーであるといえるでしょう。


<食べ方のコツ>
一度洗ってからビニール袋にいれて冷蔵庫か冷暗所へ置くと、1~2週間はもちます。
また、お砂糖や少量のワイン、ブランデーなどをかけると酸味がやわらぎます。

クレソン

アブラナ科の多年草。水ガラシ、オランダガラシとも呼ばれる。
β-カロテン、ビタミンCを豊富に含み、シニグリンという辛味成分と合わさって解毒、
抗酸化作用をする。

ゴーヤ

goya.jpg

<特徴>
ウリ科の植物。ツルレイシ、ニガウリ。
◆ビタミンCが豊富
ビタミンCはトマトの5倍、みかんの2倍強含まれています。
熱を加えても失われにくく、抵抗力を強め、抗がん物質であるインターフェロンの生成を助けます。
また、ビタミンCはコラーゲンの合成に必要なビタミンで、肌を守る作用があり、老化予防の作用も大きいです。

◆抗ガン作用
特有の強い苦みは、フラボノイドの一種であるククルビタシン類によるもの。
この成分には抗酸化作用があり、抗ガン・老化や動脈硬化の予防などが期待されます。

特有の苦味成分が食欲を増進させ、胃を健康に保つ。
豚肉や豆腐・卵などの良質たんぱく質との組み合わせがよく、ゴーヤチャンプルは夏バテ防止にもなる。

<見分け方>
いぼいぼがしっかりしていてハリがあり、手にもって弾力のあるものが新鮮です。
しんなりしているものは古いです。
緑色が浅いものは苦みがやや弱いです。

◆下準備
通常の料理では、たて2つ割りにして、種とわたをスプーンで取り除くきます。
そのままでは苦みが強いので、薄切りしたものに塩をふり、しんなりしてきたらさっと洗って
水気を取り、さっと茹でて苦みをやわらげます。



ごぼう

ごぼう

キク科ゴボウ属の多年草。
豊富な食物繊維が便秘の解消に効果を発揮する。
ミネラルも多いため高血圧の予防にも効果が期待できる。


こまつ菜

アブラナ科の野菜。ほうれんそうの約三倍のカルシウムを含む。
他にはビタミンB2、ビタミンC、鉄分が豊富で、がん、骨粗しょう症、
貧血予防などに効果が期待できる。

ツルタマサコの「ヴェジトーク」

小松菜の名前は、
東京都江戸川区小松川にあったことが由来とか・・・
おひたしでおなじみの野菜ですが、ほうれん草ほどアクがないので、
煮物や汁物の具にするときはよく洗ったものを
そのまま加えてしまってもOKなのでひと手間省ける便利野菜です。
栄養もカロテン、ビタミンCともほうれん草より多く、
特にカルシウムは野菜の中ではベストワン!
日本人の足りない栄養素、カルシウム。
乳製品だけでなく、野菜からもしっかりとりたいものです。

料理研究家:鶴田真子

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

3月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ