男女問わず若々しく健康に年齢を重ねて欲しい・・・医学博士 内山明好によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策の取組みを掲載した情報サイトメタボヘルプ.com。

昨日どれだけ野菜を食べましたか?1日目標摂取量350gの野菜。大地が育んだ健康の源、野菜がもつスゴイ力をわかりやすく・・・「野菜大百科」=野菜不足のあなたに!

カテゴリー

はくさい

アブラナ科の越年草。
食物繊維が豊富で、一度に多く食べられるので便秘にも効果的。
ビタミンCを多く含むが、それ以外のビタミン含有量は少ない。

ツルタマサコの「ヴェジトーク」

アブラナ科 旬:晩秋~冬
冬野菜の定番、白菜。
霜が降りてから収穫したものは甘みが強く、
美味とされています。

白菜は冬が旬という季節柄、からだを温める煮込み料理やスープ、
鍋などで摂るのがおススメです。
白菜の栄養はカリウム、マグネシウムなどの
ミネラルを含んでおり、これらは高血圧の予防に役立つ栄養素です。
カリウムは摂りすぎてしまった塩分を排泄してくれるので、
濃い味嗜好の方も積極的に取り、
上手に塩分コントロールをしてみてはいかがでしょう。

料理研究家:鶴田真子

バジル

シソ科の一年草。バジリコ。
カルシウム、鉄、マグネシウムなどミネラルが豊富。
香り成分であるオイゲノール(クローブ、シナモンにも含まれる)、
カンファー(クスノキに豊富に含まれる)、リナロールには鎮静作用、
殺菌抗菌作用がある。僅かに含まれるサポニンは鎮咳効果を持つ。

パセリ

セリ科の二年草。β-カロテン、ビタミンCが非常に豊富で、
抗がん作用が期待される。鉄、亜鉛、マンガンなどミネラルも多く、
活性酸素の除去に効果的とされ、その匂い成分であるアピオールには殺菌作用、
口臭予防効果もある。

ツルタマサコの「ヴェジトーク」

せり科 旬:周年
日本にパセリをもたらしたのはオランダ人であることから、
「オランダせり」ともいわれています。
付け合せや彩りに使用されますが、残されていることもしばしば。
しかし、パセリの栄養価を知れば残すことができなくなるかも・・・
パセリのカロテン、ビタミンCの量は緑黄色野菜の中でも群を抜いています。
カロテン含有量はにんじん並みです。

生で添えるだけでなく、みじん切りにして
コロッケやハンバーグの具にたっぷり混ぜたり、
てんぷらやおひたしにするなどたくさん摂れる工夫するとよいですね。

料理研究家:鶴田真子

ピーマン

ナス科の一年草の果実。
β-カロテン、ビタミンCが豊富で、抗菌、抗酸化作用がある。
カプサイシンなどがん抑制物質も含まれ、ナトリウムとカリウム比が1対19で、
高血圧症の予防にも効果がある。

ツルタマサコの「ヴェジトーク」

なす科 旬:夏
最近ではカラフルなピーマンをみかけるようになりましたが、
色の違いはいつ摘みとったによって違います。
緑のピーマンは未熟なうちに収穫したもの。
完熟させると赤くなります。
ピーマンにはビタミンC・カロテンが含まれ、
特に赤いピーマンは太陽をたくさん浴びた分、栄養が豊富です。
緑のピーマン特有の青臭さが苦手な方は、
赤ピーマンや肉厚で甘みのあるパプリカがおススメです。

料理研究家:鶴田真子

ほうれんそう(旬:12、1月)

ほうれんそう
アカザ科の一、二年草。
非常に栄養価の高い野菜で、β-カロテン、ビタミンB群、
ビタミンC、マグネシウム、亜鉛、鉄などのミネラルもバランスよく含む。
クロロフィル、フェノールなどがんの予防に効果的とされる成分も豊かに含み、
骨髄における血球の再生に不可欠なビタミンBc(葉酸)の含有量も多い。


食べ合わせ
ビタミンCやタンパク質を含む食材と食べ合わせると貧血予防に有効です。
こまと一緒に食べると、ガン組織を死滅させる働きもあります。

保存方法
乾かないようにしめらせた新聞紙で包み、ビニール袋へいれて冷蔵庫の野菜室へ。
立てて保存することが望ましい。
冷凍する場合は、塩1つまみを入れて熱湯でさっとゆで、冷水につける。
しぼって水気を切り、使いやすい大きさに切って冷凍する。
凍ったまま汁物やいためもの、自然解凍にして和え物に使うと良い。

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

8月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ