男女問わず若々しく健康に年齢を重ねて欲しい・・・医学博士 内山明好によるアンチエイジング・ダイエット・メタボ対策の取組みを掲載した情報サイトメタボヘルプ.com。

昨日どれだけ野菜を食べましたか?1日目標摂取量350gの野菜。大地が育んだ健康の源、野菜がもつスゴイ力をわかりやすく・・・「野菜大百科」=野菜不足のあなたに!

カテゴリー

マツタケ

キシメジ科きのこの一種。
カリウムを多く含んでいて、マツタケオールという香り成分が特有の匂いを作る。
この香り成分はがん予防への効果も期待されている。
食物繊維も多く、余分なコレステロール値を下げ、
動脈硬化や高血圧の予防する効果がある。カリウムも多く含み、
高血圧、脳卒中の予防にも良いとされる。

水菜

アブラナ科の越年草。
豊富な食物繊維には整腸作用があり、β-カロテンやコラーゲンの生成を助ける
ビタミンCも多く含んでいる。鉄分は貧血症の予防に効果的。

ツルタマサコの「ヴェジトーク」

アブラナ科 旬:冬
京都の伝統野菜として有名で、
京都に冬の到来を告げる野菜として親しまれています。

関西以外では「京菜」とよばれます。
サラダはもちろん、旬の冬には鍋の具として大活躍。
なかでも鯨肉と一緒にいただく「はりはり鍋」には欠かせない食材です。

栄養はマグネシウム・鉄・リンなどミネラルが充実しています。
もちろん、ビタミンC・カロテンも含まれています。
お鍋に加えてたっぷり摂りましょう。

料理研究家:鶴田真子

ミツバ

セリ科の多年草。
他のセリ科の野菜同様、高い解毒作用を持ち、
β-カロテン、ビタミンC も多く含有する。
ミネラルも豊富で栄養価の高い香味野菜として用いられる。

みょうが

ショウガ科の多年草。
骨の成分であるリン酸カルシウムの形成促進作用のあるマンガン、
正常な血液の凝固に必要なビタミンK を多く含み、
α-ピネンという香り成分は整腸作用、食欲増進に効果が期待される。

もやし

大豆、米などの種子を水に浸して発芽成長させたもので、
大豆もやし、緑豆もやあし、アルファルファなどの種類がある。
疲労回復作用のあるアスパラギン酸や、高血圧に効果的とされるカリウム、
風邪や動脈硬化予防に効果が期待できるビタミンCを多く含有する。

モロヘイヤ

シナノキ科の一年生草本。シナツナソ。
食物繊維、ビタミン、ミネラルをバランスよく豊富に含有する、
栄養価のきわめて高い野菜。切るとムチンというねばねば成分が生じる。
この成分には血糖値の上昇を抑え、胃壁を保護する作用がある。

ツルタマサコの「ヴェジトーク」

エジプト原産 旬:初夏~初秋
エジプトでは「王様の野菜」といわれ、
強壮効果が高いといわれるモロヘイヤ。

日本でもすっかりおなじみになりましたが、
独特のぬめりが特徴です。
若芽を摘んで食用にするのでやわらかく、
癖がないのでどんなメニューにも合います。

栄養価も驚くべき高さです。
カロテン、カルシウムの他にもビタミンB群が豊富です。
なかでも「発育ビタミン」と呼ばれるビタミンB2はほうれん草の20倍!
ビタミンB2は皮膚や粘膜と大きな関係がありますから
子供からお年寄りまで、みんなで摂りたい野菜の王様です。

料理研究家:鶴田真子

フォントサイズ変更エリアここまで

最新ニュース

毎日配信!ダイエットレシピ

8月の人気レシピBEST5

メタボヘルプ.comレシピ集

メタボ対策講座

健康対策講座

ガン予防対策講座

メタボヘルプわくわく通信配信中!

ご好評につき、毎月1回の配信!会員登録をして頂くと、健康レシピ・ダイエットレシピ情報の配信や、アンチエイジングに役立つ情報をお届けいたします!プレゼント情報も!お気軽にご登録ください。

メルマガ バックナンバー一覧へ